アストラル チェイン 評価。 アストラルチェインの評価!クリア時間ややりこみ要素は?

【アストラルチェイン】難易度の選択とプレイ評価

アストラル チェイン 評価

改めてプラチナゲームスの開発力の高さを実感した。 ちょっと遊んだだけでもわかる楽しさだ。 二者一体のアクションはどんなものなのかと楽しみにしていたが、余裕で期待を超えるクオリティだった。 相棒として自動で動いてくれる「レギオン」との共闘がメインだ。 CPU操作のキャラクターは大抵のゲームではまともな働きをしてくれないが、このゲームでは違う。 多少の指示は出せるがほとんどは自動でガッツリ戦ってくれる。 レギオンの動きに合わせてあげたり、自分の動きに合わさせたりと自由自在に戦える。 また、レギオンと自分の間には常に鎖があり、それに絡めて敵の動きを止めることもできる。 カメラがかなりダイナミックに動くので、複雑な操作をしていなくてもめちゃくちゃかっこよくなる。 常にかっこよく見える角度にカメラが動いていくので爽快感がすごい。 戦闘はスピーディなのに考えることが多いので難易度はやや高めだ。 戦闘中は以下のことを考えながら戦う必要がある。 ・自分の体力 ・レギオンの体力(召喚していられる時間) ・自分とレギオンと敵の位置関係 ・レギオンのスタイルの切り替え(近距離型、遠距離型など五種) ・協力技の発動タイミング 他にも細かいことはたくさんあり、レギオンで時間稼ぎをしながら自分は回復など、工夫次第でいろんな戦い方ができる。 それから回避もしっかりしないとやられてしまう。 普段アクションゲームをしない人には難しい部分もあるが、「守護モード」という公式チートのような機能もある。 自動回避など様々な補助機能が用意されているので、アクションの難易度をかなり細かく調整することができるのだ。 個人的にはこの機能は邪魔に感じることが多いので切っているが、二周目などにサクサク進めたいときには便利そうだ。 また、アクション以外の面もよくできている。 事件の捜査パートもあり、SF的なガジェットを駆使して事件の真相を調べていく。 特にコンタクトレンズにAR機能をもたせたアイテムが楽しい。 他にもレギオンを使ってステルスゲーム的な要素もあったりする。 グラフィックはゴッドイーターに近いものを感じるが、あちらほどの厨ニ感はないしモーションの滑らかさが全く違う。 国産のゲームでは稀にみるクオリティだ。 気になる点としては、レギオンの成長画面の操作がめんどくさいくらいだ。 新しい技を得ていくのはいいが、パラメータを強化していくのは別にいらないかなと感じた。 しかしほどんど不満点はないので、ここ最近では最も気に入ったゲームだ。 【クリア後レビュー】 シナリオは良かった。 最後までずっと楽しく遊べた。 最後のシナリオ上のギミックはなかなか面白かったので、ぜひやってみてほしい。 基本的には王道ストーリーで胸が熱くなる展開が多い。 ウルトラマンのような特撮っぽいクサイ演出も多いので人は選ぶかも。 主人公のできることがシナリオに沿って増えていくので、自然に物語に入っていける感覚だった。 いかんせん操作の難しさは感じ続けたが、なれてはくるので繰り返しやるしかない。 一度クリアしたシナリオは何回でもできるので、練習や隠し要素探しをするのが良い。 捜査パートでレギオンを出した状態でのカメラ操作が難しいので、正直ストレスを感じるシーンもあった。 ただどうしても全体のテンポの悪さは感じた。 アクションがスタイリッシュな割りに敵が固く単調になったり、捜査パートで単純に迷ったりすることがあってサクサク進むという感じではない。 ベヨネッタなどに通じる硬派さがある。 レギオンの能力を使ったアドベンチャーで全く面白く無いめんdくさい そしてドベンチャーの謎解きで詰まるとゲーム進行がそこで止まる。 アクションゲームをやりたくて買ったのに、何故こんなことをしないといけないのか? プレイ2時間で謎解きにつまり止める事にした。 え?前がバカだから謎解き出来ないって?それは認めよう だが俺はアクションゲームを買ったのだ、このゲームはアクションゲームとして宣伝されていたはずだ 主人公とレギオンを同時に操作するという本作の特徴の「デュアルアクション」は決して簡単ではないものの、順を追って習得していける優しい作りになっている上に、トレーニングルームで納得いくまで訓練を積むこともでき、さらに、ゲームを進めることでスキルを獲得したり基礎能力が上がり より快適で多彩なアクションができるようになっていくので、ひたすらに楽しいです。 (アクションが苦手な人向けに、任意のアクションにオート機能を割り振れる「守護モード」も用意されています) 各レギオンの特徴を活かしたユニークな捜査や探索ができる捜査パートも良い感じです。 アクションだけでも楽しめる本作ですが、サブイベントやおまけ要素も豊富でアクションが得意というわけでもない人でもやりこみ甲斐のある作りになっていると思います。 海外の大手レビューで軒並み絶賛されているらしいので買ってみました。 アクションの幅がもの凄ーく広いです。 センスの良い近未来の街を探索するだけでも楽しい! 操作パートからイベントへの移行がスムーズで世界観にグイグイ引き込まれます。 キャラメイクできてダサい胸当ては即外せます。 早い段階でカラーチェンジできて、少しずつアクセサリーも増えていきます。 アクションについて、まず主人公キャラとレギオンの2体を左右のスティックで同時操作するのが新鮮で面白いです。 レギオンの移動もカメラの操作も右スティックなので、カメラ操作は早めに使いやすいように調整した方がいいと思います レギオンは自動で攻撃してくれるので、適宜指示するだけでも大丈夫です。 5種類のレギオンはストーリーを進めると解放されていき、それぞれ固有のアクションがあり、アビリティなどでさらにカスタマイズできます。 盛り沢山すぎる位なんですが、トレーニングモードで好きなだけ練習できます。 難易度はスタンダードで6段階の戦闘評価があり、各章をクリアするとアルティメットが解放されます。 アクションの苦手な方向けにはカジュアルと自動戦闘でコンテニュー無限のスーパーカジュアルがあり、カジュアルとスーパーカジュアルは途中で切り替えることができます。 自動戦闘で何を自動で行うかは細かく設定できます。 アクションの上手い方が極めたらとんでもない変態ムーブを連発できそうな一方、アクションが苦手でもRPG的に楽しむことも可能なので、どなたが手にとっても最後まで楽しめると思います。 【以下は愚痴】 やりこみ要素としてオーダー ミッション は結構あるんですけど、やり直しがファイル 章 ごとなのでもともとうまい人でないと戦闘評価最高まで頑張る気にならないと思います。 ファイル 章 中にケース クエスト や探し物があるんですが、自由にマップ全体を歩き回れず地点到達で区切られてしまう、しかも大抵区切られたところでオートセーブが入るので、オーダーコンプしようとするとめんどくさすぎる。 キーコンフィグが4種から選ぶだけで不自由。 警察手帳とかいらないからカメラの90度回転をボタンでできるようにして欲しかった。 そんなわけで私はやりこみは挫折しましたが、ストーリーひと通りやるだけでも面白いので、おおらかな気持ちで楽しまれるのがいいと思います。 まずこの会社は戦闘と推理物を同時に組み立てることができない会社ですね。 戦闘シーンですけど、モンハンやキングダムハーツをやりたかったんでしょうけど正直PS2時代のラチェットアンドクランク以下でした。 理由は下記の通り 1 ジャンプできない 2 ZRを押して、コンボ(邪魔されないで3・4回攻撃成功したら追加でレギオンが攻撃できるだけ)するだけなので単調 3 武器が3種類あるが、正直警棒だけでいける ピストルにすると戦闘長引くだけでレギオンも維持できないから無駄に逃げるだけになる。 1に関していえば、昔テイルズオブグレイセスというゲームが3Dゲームで戦闘中にジャンプできないってのあったけど あれは代わりに瞬時に左右前後に移動できるシステムがあったから回避は楽だった 2と3は1ができない時点でアクションゲームとして成立してない。 マリオでさえジャンプできるんだぜ? 続いて推理場面だけど 町の人間に片っ端から声かけさせるくせに 情報をまとめるというシーンになったら解答の選択をミスっても自動で次に進むんだよ だったら解答シーンなんていらない。 んで推理ゲームといえば 逆転裁判やレイトン教授が一番最初に浮かぶ人いるだろうけど このアストラルは上記2つのゲームの足元にすら及ばない。 それなら推理消して 単純にアクションゲームにすりゃいいじゃん。 レギオンの操作もチェインの動きもゲームが進行すれば勝手にやってくれるようになるけど だったら最初からそうさせればいいよ 手間かかるんだよ 以上、まとめてこの会社何がしたかったのか全くわからないです。 プラチナゲームズ開発な上に、ニーアオートマタで戦闘面を担当されていた田浦さんの初ディレクション作品ということで、発売を心待ちにしていました。 ストーリークリア(そこそこ寄り道して、14時間ほどでクリア)しましたので、その上でのレビューになります。 【アクション】 アクション面は大満足です。 触っていて非常に気持ちがいいです。 ついつい時間を忘れてプレイしてしまいます。 BGMもかっこよくて、テンション上がります。 操作はやや複雑というか、使うボタンの数が多い気もしますが、序盤はストーリーに合わせて徐々に新規アクションが追加されていく形になるので、ちょっとずつ慣れていくことができます。 この辺のバランス感は素晴らしいと思います。 また、初心者救済措置もしっかりあるので、アクションゲームが苦手な方でも楽しめるようになっていると思います。 ちなみに、ZR攻撃では指が疲れると思うので、オプションでY攻撃、ZR回避にすると遊びやすいと思います。 欲を言えば、もう少し難易度高めだとよかったかもしれません。 1週目の最高難易度"拮抗"(2週目はさらに上の難易度があります。 )でプレイしてましたが、全体的に簡単でした……と言いたいところですが、ラスボスだけ異様に強くて、苦戦しましたw でも、アクションゲームの最高難易度としてはかなり歯ごたえあったので、他のボスもこれぐらいの難易度だとよかったなぁと思いました。 【捜査パート】 捜査パートは、「捜査パートが長くて面倒くさくて、アクションパートが全然なかったらどうしよう…」なんて心配をしていましたが、一つ一つの捜査パートはそこそこ手短に終わりますし、遊び心(サッカーボールを蹴れたり、空き缶をゴミ箱に捨てられたり)もあるので、楽しめました。 アクションパートをずっとやるのは疲れるので、捜査パートが休憩になってちょうどいいです。 ただ、中盤以降、アストラル界での謎解きみたいなのが多く出てきましたが、正直、これは面白くなかったので面倒でした。 ゼルダみたいに頭を使うようなものならともかく、ただの作業でしかありませんでした。 おまけに、アストラル界って見た目が全部一緒なので、飽きてきますし… 【世界観・ストーリー】 世界観は最高です。 バイクでの出撃シーンなど、細かなSFの演出にシビレます。 ふと思えば、こういう攻殻機動隊(?)っぽい世界観のゲームってあまりないですよね。 ただ、ストーリーはありきたりというか、ごくごく普通でした。 まあ、アクションゲームなのでこんなものでしょう。 【総評】 不満点もややありますが、新規IPであるということを考えれば、全体的にクオリティの高い作品だと思いました。 期待以上でした。 久しぶりに、面白いアクションゲームに出会えてよかったです。 次のプラチナゲームズ(ベヨ3かな?)、田浦さんの作品も楽しみです。 守護モード オート で遊んでの感想です。 アクションはほとんどオートで遊んだので眺めてるだけですが、演出がめちゃくちゃかっこいい。 ささる人にはささる世界観と中二感。 ラッピーと、AI搭載の喋る自販機がかわいい。 男主人公のキャラデザは好き。 メインクリア後、オートモードでは受注できないファイル 事案 があるのが残念。 そこでしか入手できない装備があるので。 デュアルアクションに力を入れてるのは十分伝わるし、制作側からすれば自分で操作して、その爽快さを体感してほしいでしょうけどね…。 少し不満もありますが、逆に言えばとても面白いからこそ出てしまった不満です。 まだまだ遊ぶと思うし、続編も出てほしいです。

次の

【グラブル】アストラルウェポン一覧/入手方法まとめ|5凸実装!【グランブルーファンタジー】

アストラル チェイン 評価

舞台は近未来都市。 突如地上に出現した異形生物たちにより、地上は汚染され人々に危害を加える事件が多発…! 一般の警察では歯が立たない異形生物に立ち向かうため、主人公は人類が生み出した特殊兵器「レギオン」と共に、特殊部隊の一員として事件解決に向け動き出します。 特殊兵器「レギオン」と連携して敵と戦え。 本作最大の特徴である「デュアルアクション」。 「主人公とレギオンが同じ敵に同時攻撃する」「別々の敵に攻撃する」「レギオンに攻撃を任せ、主人公はアイテムでサポートする」など、主人公とレギオンがさまざまなスタイルで巧みに連携し敵と戦います。 アストラルチェインで過ごす大部分の時間は、特殊部隊として巨大人工島『アーク』周辺の手がかりを探すことに費やされます。 生態兵器『レギオン』の能力を利用しつつマップ上から疑わしい容疑者を探す単純な作業が多いですが、ありがたいことに、都市マップは探索しがいのある十分な広さがある一方で、延々と走りまわされるほど広大過ぎることはありません。 初めは都市部の探索が作業的になるのではと懐疑的でしたが、実際に歩いてみると想像以上に楽しいことが分かりました。 ロンドンをさらに未来テイクにした街並みを犯罪を探してゆったり歩きまわり、時にはサイドクエストでクリーチャーの大群と高アドレナリンのバトルを繰り広げるなどバランスが取れていて満足感があります。 ただ、マップ上のNPCは少し魂の抜けたような存在です。 私が特に満足したのは、アストラルチェインの操作性が非常にシンプルでありながら多彩なアクションができる点です。 本ゲームのハイライトは間違いなく戦闘であり、不器用なボタン操作でも、まるでシルク・ドゥ・ソレイユのような美しいアクロバティックな動きで敵を攻撃することができます。 携帯モードでプレイする分には美麗なグラフィックを維持できますが、画面をダウンスケールすると若干ジャギが目立ちます。 また、フレームレートが30で固定されていることにガッカリする人もいるかもしれませんが、実査にプレイすると全く気になりませんでした。 何にせよ本作は、日常の調査・探査の穏やかさと、カオスなバトルとのバランスがとれており、また非常に多くのゲームプレイ要素が含まれているため何度もプレイしたくなる、非常に満足できるゲームです。 レギオン(生態兵器)は本ゲームの重要な要素の一つであり、戦闘システムに深く関わっているため、使いこなすと敵グループやボスとの戦闘が非常に楽になります。 初めはレギオンの扱いに苦戦するかもしれませんが、慣れてくるにつれてコマンドはより自然になり、戦闘中にはほとんど無意識で扱えるようになります。 アクションの組合せは無数にあり、戦略性は無限です。 アストラルチェインは複数のチャプターに分かれており、各チャプターごとにメインのストーリーミッションに加え、いくつかの緊急ミッション、非緊急ミッションが用意されています。 ストーリー進行上必要のないミッションも多いですが、装備品を揃える点では便利です。 コスチューム、装飾品、カラーなどを開放する隠されたセカンダリミッションも用意されており、探索の楽しさもあります。 なおメインストーリーは30時間ほどで完了しました。 本ゲームは30FPSでスムーズに動作しますが、いかんせん携帯モードではかなりのバッテリーを消費します。 現行モデルでのプレイ持続可能時間は3時間ほどでした。 アストラルチェインはキャラクターデザインが世界観設定とマッチしており、ストーリーも複雑過ぎず没入できるのもでした。 プラチナゲームズが以前までに手掛けたアドベンチャーとは異なり、魅力的で特別な体験ができました。 ジョジョの奇妙な冒険のスタンドのようなレギオンとの共闘は、本ゲームの戦闘の主軸です。 苦労して手に入れたレギオン達と協力して、スキルと能力を駆使しつつ巨大なモンスターを破壊すると満足感が生まれます。 戦闘スタイルやコンボ、使えるスキルなどは非常に多く存在しているため、初めは気が遠くなるかもしれません。 しかし敵も単なるザコではなく、膨大な数、大きなサイズ、または素早い速度でプレーヤーを圧倒しにかかってきます。 また、ある種の条件を満たして倒すボスなども存在するため、プレーヤーのスキルが試されます。 ただ動きに関してはたまに不正確さを感じる部分があります。 例えばレギオンのマウントモードは予測不能な方向に巻き上げられるし、拳銃のコンボは後方へ強制的に反転させられるため、意図せずマップの端から落ちてしまったりすることがあり、フラストレーションを感じることもあります。 人気漫画家 "桂正和" 氏がデザインした魅力的なキャラクターがダイナミックな動きを繰り広げると、視覚的に印象深いアニメーションが完成します。 またゲームの壮大さをさらに補完しているのがサウンドトラックです。 警察本部で流れるグルーヴィーなハウスミュージックは中毒性があり、セーフハウスでの陰鬱なギターメロディーには世界を包み込むカオスからの逃亡を感じられます。 そして線路宇宙の容赦ないメタルロックはボス戦をさらに盛り上げてくれます。 アストラルチェインは、40時間プレイしても未だに、より困難な戦闘に挑んでは新しい動きを試してニヤニヤできる楽しさがあります。 ただストーリ上のセリフはいくつかの定型的な決まり文句で占められていること、ぎこちないほど静かな主人公にはもっと魅力的なキャラ付けができたのではないか、という点で残念です。 戦闘システム自体は練られたものであり、絶えず爆発する画面上での多数のコマンドと情報に慣れるのには時間がかかるでしょう。 また、世界観もオリジナリティに富んだものが創られています。 しかしいくつかの問題を抱えています。 都市の調査パートは退屈。 初めはレギオンの操作方法やゲームプレイングに慣れるという点で有用ですが、すぐに冗長になり、退屈なアクションの組合せのみで行われることになります。 また、ゲーム進行において敵はモンスターだけではありません。 カメラ(操作視点)やターゲッティングの扱いづらさの問題もプレイヤーの忍耐を削っていきます。 そして各フィールドはシナリオ中に差少なくとも2回、一部のフィールドでは3回も再利用されるため、何度も同じ場所を行き来させられ目新しさを失わせます。 フレームレートは30FPSで固定されていますが、3人以上の敵が表示される高負荷な状況では定期的に20FPS未満に低下し、画面上で何が起こっているかを理解しづらくなります。 キャラクターの表情も硬く、ユニークなキャラクターデザインを活かせていません。 特に主人公にはほとんどアイデンティティが感じられないのは認めざるをえません。 本作にはいくつかの失望を感じる点がありましたが、戦闘システムは一度マスターすれば楽しいものになります。 キャラクターのセリフが説明的で陳腐な表現が多い• あくまで現時点の参考としてみてください。 以上が『』の、海外メディアの評価内容の抜粋となります。 いずれのメディアも戦闘システムの斬新さ、戦略性の高さを強く推しており、バトルが楽しいことが伺えますね!また、服装やキャラクターカラーなど、アンロック要素を含んだサブミッションも豊富なようで、マップ探索のやりがいもありそうです。 一部、キャラクターのセリフなどが説明的過ぎて冗長と感じるメディアもありましたが、シナリオ進行自体はテンポの良いものに仕上がっているとのこと。 リリース年• 2019年 88• 2020年 71• 対応機種• iOS・Android 10• PC 107• PS4 109• Switch 74• Xbox One 85• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 67• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 10• アクション 71• アドベンチャー 43• シミュレーション 8• シューティング 24• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 12• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 77• マルチプレイ対応 75• -, , -, , , , , ,• リリース年• 2019年 88• 2020年 71• 対応機種• iOS・Android 10• PC 107• PS4 109• Switch 74• Xbox One 85• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 67• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 10• アクション 71• アドベンチャー 43• シミュレーション 8• シューティング 24• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 12• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 77• マルチプレイ対応 75•

次の

アストラルチェインの声優一覧!新茶や新オラフって誰?

アストラル チェイン 評価

メタスコア:88 私の感想評価レビュー 総合80-85点 音楽 4. 5-5. 0 グラフィック 4. 5 ゲームプレイ 4. 0 ストーリー 4. 0 システム 4. 5 簡易まとめ 5種類の特徴的なスタイル(レギオン)があり、全てを 上手く操作できるまでは慣れが必要なのですが 慣れてくると動かすのが気持ちいいアクションゲームでした。 グラフィックも綺麗でエフェクトがどれもカッコイイです。 音楽もカッコよくてボス戦はとても盛り上がります。 見た目と音楽が良かったこともあり 戦闘パートはとても楽しかったです。 戦闘パートは楽しいのですが 捜査パートの方はあまり楽しめませんでした。 設定上必要な要素ですが「結果の評価」をなくしてもっとサクッと終わらせれるもので良かったと思いました。 ストーリーは割とよくある流れで可もなく不可もなくでした。 ボス戦での演出が熱いのはとても良かったです。 世界観というか「 話の舞台が狭い」というのは残念でした。 そのせいでマップが似たりよったりでアクションも活かしきれていないように思いました。 チュートリアルが程よい長さで分かりやすく、トレーニングルームがあるというのはとても良かったです!他のゲームでも取り入れて欲しいぐらいです。 プレイ時間 クリアまで30時間、やりこみ要素はコンプリートできませんでした。 全部やれば100時間を超えると思います。 クリア後の方がかなり難しいです。 アクションゲームなのでクリアまえのボリュームは普通です。 クリア後は長いです。 気に入ったところ• ビジュアルと音楽が凄く格好良くて好きです。 アクションが気持ちいいのとトレーニングルームがあること。 初日から2時間ぐらい入り浸ってずっと動かしていました。 音楽目的で購入するのもありです。 アイリスも一瞬で切り替わって凄いと思いました。 ずっとデフォルトのままやっていましたがオプションであると喜ぶ方もいると思います。 色々なギミックを解ける多彩なアクションがあるのにもったいないと感じました。 慣れてくるとキンキンバンバンできてエフェクトも派手で楽しいです。 評価が気になってどうしても作業感が強かったです。 評価システムとは相性が悪いと思いました。 こちらも評価がなければ(オーダーに関わらなければ)良かったと思いました。 難易度が上がるのですが要らないと感じました。 気持ちよくなれない・・・。 未だに仕様が分からずに思ったようにバシっとターゲットロックできません。 変更も直感的にターゲットを合わせられない。 最初のPVでは結構ワクワクしましたが、それほどでもありませんでした。 主人公以外のキャラクター(敵キャラを含む)達の話ももう少しあればよかったと思いました。 カイル関連など。 トレーニングモードもありがたい。 他はほとんど不満がなく完成していました。 UIも演出が凝っているのに見やすいと思いました。 ミニマップはもうちょっと大きいほうが嬉しかったです。 アクションゲームが好きな方には凄くオススメです。 カタログチケットなら4750円ぐらいになるのでお得です。 それ以上の価値があります。 アクションゲームが苦手な方でも気持ちよくクリアできるような補助があるので心配はいりません。 紹介映像などを見て興味が出たならオススメです! 私はちょっと早めの中断になりますが、まだまだ遊びたいです。 上手くなればなるほどこのゲームの評価は上がると思います。 タイムアタックのような遊び方も出来るのでポテンシャルを感じました。

次の