まいど お 騒がせ し ます。 <Mステ>NEWSが「WAになっておどろうプロジェクト」に登場!「皆さんと(手を)繋いでいる気持ちでやります」(ザテレビジョン)6月26日(金)に放送される「ミュージックステ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

今朝、退職が決まりました|マリノ五木田梨絵|note

まいど お 騒がせ し ます

6月26日 金 に放送される「ミュージックステーション」 毎週金曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系 の、「WAになっておどろうプロジェクト」に新生NEWSが登場。 小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久からコメントが到着した。 今回、NEWSが披露することに対して小山は、「毎週Mステでいろんなグループの『WAになっておどろう』を見ていると、だんだん自分たちの出番が近づいてくることに気付いて緊張してきちゃって… 笑 」と話し、「いよいよ来ちゃった」と、増田に言うと「いろいろなグループがやってきた中で、僕らが登場だからね」と笑いながら返した。 また、振り付けを考える際、増田が「ずっと自由演技っていうのもアリだね」と天然発言をすると、加藤は「いや、みんなで同じ振り付けをするっていうことも含めて『WAになっておどろう』だからね!」とツッコむ場面も。 「NEWSは今、WAになろう!」と、力強く呼びかけ、小山は「イントロ部分の自由演技はまっすー 増田 が仕切るので、彼がどう進めていくかに注目してください!」と見どころを挙げた。 さらにラストの自由演技については、ステイホーム期間中に手話の動画を上げていた小山に、加藤が「せっかく勉強してきたことがあるんだったら、それを使った振り付けもいいんじゃない?」と提案。 すると小山も「確かにほかのグループではやっていないことだね」と同意し、手話を取り入れた振り付けを披露してくれることを示唆した。 「手を繋いでいるところでは、皆さんと繋いでいる気持ちでやります」と力強く語った増田だが、果たしてどんなオリジナル振り付けを混じえた「WAになっておどろう」を披露するのか期待が高まる。 NEWSの3人が視聴者から寄せられた動画をチェックし、「これだ!」というものを選んでいく。 動画を見た増田は、「みんなで踊るっていうのもすてきな企画だし、たくさんの視聴者の方が参加してくれているのもうれしいな」と感激。 加藤も「まねしてくださる方も増えて、どんどん広がっているのがうれしいね」と、喜びを語った。

次の

まいど 日野店

まいど お 騒がせ し ます

クローバー会では「2014年春、北近畿タンゴ鉄道 あかまつ・あおまつに乗りに行こう」ツアーを、5月10日(土)~11日(日)の1泊2日にて20名参加で開催させていただきました。 当日朝は昨日からの雲が晴れずでしたが、集合場所の西舞鶴駅に着く頃には晴れて、開催2日間は絶好の好天に恵まれました。 宮津まではコミュータ車に乗車して宮津へと向かいました。 宮津到着後は、KTR本社会議室にて幹部の方々との会合を開催しました。 会合では上田清和社長より直々の現在KTRが置かれている現状と、上下分離方式による運営会社公募の結果、ウィラー社を選定した理由説明がありました。 カテゴリー: 関センセの遠州鉄道二俣線木製モハ1型が出た。 しかしそれでも1958年に何枚か撮っていることを想い出し、5コマだけ諸賢のご笑覧に供することにする。 撮影はいずれも1958年8月3日。 関センセもお書きの通り、この線は大日本軌道浜松支社、軌間2呎6吋の蒸気軌道であった。 1919年遠州軌道に譲渡後、遠州電気鉄道として1923年4月1日3呎6吋に改軌・電化されたが、その日で一旦軌道を廃止し、同日地方鉄道として開業という手続きを踏んでいる。 1943年遠州鉄道に。 浜松鉄道(戦後合併し遠州鉄道奥山線)とは板屋町で接続し、極度に狭い市街のため国鉄浜松駅には達し得ず、かなり手前の遠州浜松を始点としていた。 遠州馬込まで0. 7kmを1924年2月1日延長し、2呎6吋、軌道のままの仲ノ町線と接続した。 しかし浜松駅とはかなり離れているため、遠州馬込-旭町(浜松駅前だが国鉄駅とは接続なし)間を3呎6吋に改軌しなお馬込は国鉄浜松駅のヤード東端北側で、貨物受け渡しはここでやっていた。 旭町の本格ターミナル化は1927年9月で、晴れて電車が浜松駅前発着になったが、それも一旦東進して馬込でスイッチバックし、改めて西北に向かい、遠州浜松から北東にという運行は戦後も長らく続いた。 この区間は30分毎だが、仲ノ町線の単端式ガソリンカーが実に15分ヘッドのため、電車の合間にその0. 7kmのみ、日車製双頭スタイル(両方にボンネットを突き出してはいるが機関は1個、当然逆転機あり)30人乗りガソリンカーレカ1が終日ピストン往復していたのである。 旭町の新浜松への改称は1953年8月1日で、その後周知のように新浜松は高架化され、馬込での折返しもショートカットで消滅している。 カテゴリー: 総本家青信号特派員さんがデジ青[47114]50年前の撮影地を歩くー2-で京都駅高倉陸橋から撮影された替えダマ153系「こだま」号を発表されておりました。 151系の復旧までのピンチヒッターで153系を12日間使用した後157系が後続の繋ぎで1か月近く走りました。 私が157系の「こだま」を撮っていることをコメントに書きましたら、それを載せろとご本人からの要請がありましたので掲載します。 代行運転使用日数の差および準急・急行用車両の特急使用ということで記録的希少価値としては153系に軍配が上がりますが、当時既に準急用から特急用にグレードアップして臨時特急「ひびき」に使用されていた157系は151系に近い設備等のイメージもありましたので「替えだま」に続く「似だま」としてコメントし、これも記録として今回掲載しました。 撮影は1964年4月24日大阪駅です。 この投稿に関して井原、藤本両先輩から貴重なコメントをいただきました。 さて、「まいど!お騒がせ・・・」に書いてある文章を後で読んでみると、何やらぐちゃぐちゃに混乱していて恥ずかしいぐらいです。 コメントをいただいてから、このままの状態にするわけにはいけないのでわかる範囲で調べてみました。 まず最初にコメントで教えていただいた電車の所属区と所属区の移動について図解しました。 図解してみると淀川の002と高槻の001が交換された形跡が見られないように思いました。 そして、オレンジ色のクモハ32は001なのか002なのか、それとも・・・。 では、推理をしてみましょう。 カテゴリー: 伏見線廃止直後の昭和45年4月4日、鉄道友の会京都支部により505号の「お別れ」と「保存決定記念」乗車会が開催された。 大西顧問が支部長をされておられた関係で参加させていただいた。 「市電ひろば」がオープンして、長期間保管されていた7両の市電が展示されたとのことで、まずは素直に喜びたい。 個人的には、横浜市のように保存、展示のみを目的とした施設にすべきだったと思うが、美しくレストアされただけでも有難いと思わないといけないのかも知れない。 505のカフェ、703号のショップ等、展示方法に疑問が残る部分が多々あるが、くれぐれも名古屋の「市電広場」の二の舞にならないようにお願いしたい。 最末期は、九条車庫配置でデッキに折戸を設置して伏見線で使用され、客扱い終了後も架線修理車として使用されていた。 昭和49年頃一時的に他の保存車と共に錦林車庫で保存されていた。 錦林車庫/ 49-5-18 カテゴリー: 総本家青信号特派員さんの「窓から写した駅・列車」シリーズに私も参加させていただく。 1964年3月31日早朝のことで日記風の記録が手元にある。 それによると前夜宝塚からDF5062[米子]牽引の731列車で福知山に向かい、京都発下関行き817列車に乗りかえて米子に向かった。 817列車はC5785[福知山]牽引で到着したが、DF5043[米子]にバトンタッチして残念と記録している。 満員の列車なので最後部の便所の近くに陣取ったが、回送と思われるD51254[豊岡]が豊岡まで補機に着いた。 早朝5時30分に米子到着。 米子機関区ではD51530、D511044、D511129、C5712、C5763、C57101、C57120、C57165、C51260、48697、78637、C119等を撮影。 30分間でそこそこの収穫があった。 この頃はとにかくできるだけ沢山の蒸機をカメラに収めるのが目的であった。 米子を6時14分に発車する123Dキハ58系に乗車。 この列車は松江から折り返し急行「白兎」大阪・京都行きとなる車両で既にヘッドマークが掲げられていた。 まずはクモハ32002の写真からどうぞご覧ください。 見学会で撮影したものです。 正面の窓はHゴムに改造されています。 写真で見る限り塗色は茶色のようです。 ところで関三平さんの「昭和の電車 国鉄クモハ32002号 特別塗装の内勤者」ではオレンジ色をしていたとありますが、「【46552】昭和45年6月27日高槻電車区見学会」で「車両班見学メモ」の解説文の中で次のように書いてありました。 「以前高槻には32001、淀川には32002がいたのですが、吹田工場で32001に間違ってオレンジ色に塗ってしまったため淀川の32002と交換したという話が残っています。 」 これによるとオレンジ色のクモハ32は001で淀川電車区にあって、多分片町線で走っていたのではないでしょうか。 片町線の旧型電車はオレンジ色であったと思います。 ところでもう一両のクモハ32003はどこなのでしょうか。 手持ちの「電車ガイドブック」には岡山駅で1962年8月と日付のあるクモハ32001(写真の車番がはっきり見えないが活字として記載されている。 )の写真が載っています。 モノクロ写真ですが色は茶色のようです。 行き先表示から宇野線での運用のようです。 どないなっているのでしょか。 どなたかこの不思議を解いてください。 カテゴリー:.

次の

まいど 能見台店

まいど お 騒がせ し ます

6月26日 金 に放送される「ミュージックステーション」 毎週金曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系 の、「WAになっておどろうプロジェクト」に新生NEWSが登場。 小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久からコメントが到着した。 今回、NEWSが披露することに対して小山は、「毎週Mステでいろんなグループの『WAになっておどろう』を見ていると、だんだん自分たちの出番が近づいてくることに気付いて緊張してきちゃって… 笑 」と話し、「いよいよ来ちゃった」と、増田に言うと「いろいろなグループがやってきた中で、僕らが登場だからね」と笑いながら返した。 また、振り付けを考える際、増田が「ずっと自由演技っていうのもアリだね」と天然発言をすると、加藤は「いや、みんなで同じ振り付けをするっていうことも含めて『WAになっておどろう』だからね!」とツッコむ場面も。 「NEWSは今、WAになろう!」と、力強く呼びかけ、小山は「イントロ部分の自由演技はまっすー 増田 が仕切るので、彼がどう進めていくかに注目してください!」と見どころを挙げた。 さらにラストの自由演技については、ステイホーム期間中に手話の動画を上げていた小山に、加藤が「せっかく勉強してきたことがあるんだったら、それを使った振り付けもいいんじゃない?」と提案。 すると小山も「確かにほかのグループではやっていないことだね」と同意し、手話を取り入れた振り付けを披露してくれることを示唆した。 「手を繋いでいるところでは、皆さんと繋いでいる気持ちでやります」と力強く語った増田だが、果たしてどんなオリジナル振り付けを混じえた「WAになっておどろう」を披露するのか期待が高まる。 NEWSの3人が視聴者から寄せられた動画をチェックし、「これだ!」というものを選んでいく。 動画を見た増田は、「みんなで踊るっていうのもすてきな企画だし、たくさんの視聴者の方が参加してくれているのもうれしいな」と感激。 加藤も「まねしてくださる方も増えて、どんどん広がっているのがうれしいね」と、喜びを語った。

次の