ジョン・ウォール。 ジョン・ウォール ワシントンウィザーズ ファナティクス ブランド バッカー ネーム&ナンバー ロング

NBA屈指のスター選手 ジョン・ウォールが今夏に大学へ復学か

ジョン・ウォール

ウォールはそれを再び証明することにウズウズしており、彼はそれをウィザーズでやりたいと願っています。 「複数のチームでプレイしたいと思っている人間じゃない。 一つの組織でプレイしたいんだ。 彼らは僕にチャンスを与えてくれているし、僕は自分自身に証明するチャンスを与えたんだから、誰も責めることはできない。 僕が求めているのは一つの組織でプレイすることだけだよ」 ウォールは28歳でまだ多くの時間がありますが、年齢が増すにつれて重度の怪我から完全に回復することは難しくなります。 それでもは、一つのことに集中していると語りました。 「 怪我をコントロールすることはできない。 永遠に怪我をしない人もいれば、そうでない人もいる。 だけど試合ができるのを当たり前のように思っていはいけない。 僕はそう思ったことはないね」.

次の

ウィザーズGM、ジョン・ウォールのリハビリが順調であることを明かす

ジョン・ウォール

ジョン・ウォール|キャリア概要 学生時代 ジョン・ウォールは1990年9月6日ノースカロライナ州ローリー生まれ。 高校時代、世代トップクラスの評価を受け、マクドナルド・オールアメリカン、ジョーダンブランド・クラシックに招待される。 高校卒業後、名門ケンタッキー大学に進学。 デマーカス・カズンズ、を擁したチームはNCAAトーナメントでエリート8まで進出した。 ワシントン・ウィザーズ 2010年のNBAドラフト1巡目1位でワシントン・ウィザーズに入団。 1年目は平均16. 4得点、4. 6リバウンド、8. 3アシスト、1. 8スティールをマーク。 新人王はクリッパーズのに譲ったが、オールルーキー1stチームに選出された。 高い跳躍力とスピード、ハンドリングスキルにパスセンスを兼ね備え、リーグ屈指のポイントガードに成長。 2014年に初めてオールスターに選出され、以後2018年まで5シーズン連続で出場した。 2012年入団のブラッドリー・ビールと強力なバックコートデュオを形成し、プレイオフではカンファレンス準決勝に2度進出している。 2019年のアキレス腱断裂により同シーズンの残り試合と翌2019-20シーズンを全休。 試合に出れない間もアシスタントコーチとしてチームに帯同し、ら若手の多いチームでアドバイザー的な役割を担った。 8 5. 8 14. 409 0. 5 1. 296 5. 3 12. 425. 427 4. 4 5. 766 0. 5 4. 1 4. 6 8. 3 1. 8 0. 5 3. 8 2. 5 16. 4 2011-12 21 WAS 66 66 36. 2 5. 7 13. 423 0. 0 0. 071 5. 7 12. 440. 424 4. 8 6. 789 0. 7 3. 8 4. 5 8. 0 1. 4 0. 9 3. 9 2. 1 16. 3 2012-13 22 WAS 49 42 32. 7 6. 6 15. 441 0. 2 0. 267 6. 4 14. 452. 449 5. 0 6. 804 0. 7 3. 3 4. 0 7. 6 1. 3 0. 8 3. 2 2. 4 18. 5 2013-14 23 WAS 82 82 36. 3 7. 1 16. 433 1. 3 3. 351 5. 7 12. 458. 473 3. 9 4. 805 0. 5 3. 6 4. 1 8. 8 1. 8 0. 5 3. 6 2. 7 19. 3 2014-15 24 WAS 79 79 35. 9 6. 6 14. 445 0. 8 2. 300 5. 7 12. 478. 473 3. 6 4. 785 0. 5 4. 2 4. 6 10. 0 1. 7 0. 6 3. 8 2. 3 17. 6 2015-16 25 WAS 77 77 36. 2 7. 4 17. 424 1. 5 4. 351 5. 9 13. 448. 467 3. 5 4. 791 0. 5 4. 4 4. 9 10. 2 1. 9 0. 8 4. 1 2. 1 19. 9 2016-17 26 WAS 78 78 36. 4 8. 3 18. 451 1. 1 3. 327 7. 2 14. 480. 482 5. 4 6. 801 0. 8 3. 4 4. 2 10. 7 2. 0 0. 6 4. 1 1. 9 23. 1 2017-18 27 WAS 41 41 34. 4 6. 8 16. 420 1. 5 4. 371 5. 3 12. 436. 466 4. 3 5. 726 0. 5 3. 1 3. 7 9. 6 1. 4 1. 1 3. 9 2. 0 19. 4 2018-19 28 WAS 32 32 34. 5 7. 7 17. 444 1. 6 5. 302 6. 1 12. 507. 490 3. 8 5. 697 0. 5 3. 2 3. 6 8. 7 1. 5 0. 9 3. 8 2. 2 20. 7 Career 573 561 35. 9 6. 9 15. 433 0. 9 2. 324 5. 9 13. 457. 462 4. 3 5. 781 0. 6 3. 8 4. 3 9. 2 1. 7 0. 7 3. 8 2. 2 19. 2 5. 5 14. 366 0. 6 2. 219 4. 8 12. 402. 387 4. 7 6. 765 0. 5 3. 5 4. 0 7. 1 1. 6 0. 7 3. 3 2. 6 16. 3 2014-15 24 WAS 7 7 39. 0 6. 1 15. 391 0. 4 2. 176 5. 7 13. 430. 405 4. 7 5. 846 0. 7 4. 0 4. 7 11. 9 1. 4 1. 4 3. 9 1. 9 17. 4 2016-17 26 WAS 13 13 39. 0 9. 8 21. 452 1. 6 4. 344 8. 2 16. 482. 489 6. 0 7. 839 0. 5 3. 2 3. 7 10. 3 1. 7 1. 2 4. 2 2. 0 27. 2 2017-18 27 WAS 6 6 39. 0 9. 3 21. 441 0. 7 3. 190 8. 7 17. 491. 457 6. 7 7. 851 0. 5 5. 2 5. 7 11. 5 2. 3 1. 3 4. 5 2. 7 26. 0 Career 37 37 38. 8 7. 7 18. 419 0. 9 3. 267 6. 8 14. 456. 445 5. 5 6. 822 0. 5 3. 8 4. 3 9. 8 1. 7 1. 1 3. 9 2. 3 21.

次の

批判される契約を証明したいジョン・ウォール

ジョン・ウォール

現在、NBAはオールスターゲーム休暇中。 そんな中、選出されたものの負傷で出場が叶わなかった(ジョン・ウォール)が、夏の過ごし方について驚きのプランを明かした。 どうやらワシントン・ウィザーズの 2は学士号を取得するべく、ケンタッキー大学への復学を検討している模様。 「経営学学位を取得するために、僕はこの夏の復学を予定しているんだ」、『Washington Post』へそう語ったWallは続けて、「これは僕が今注力しないといけないことなんだ。 父親との約束だからね」とコメント。 実はWallは自身が8歳だった頃に父親を亡くしており、Wall自身はNBAにアーリーエントリーをしたため、1年で大学を退学している。 ドラフト1位指名、オールスター選出5回と名実ともに申し分ないWallは、自身がコートを去ったあとの将来を見据えているようだ。 「キャリアが終われば、僕たちは引退し、バスケットボールをつくことを止める。 だから、僕たちは他の何かを探さなければいけないんだ。 GMやドクター、ビジネスマン……何であろうと、自身の針路を信じる必要があるよね。 僕たちはただのアスリートではなく、現代社会や世界で起きている物事に対して声をあげなければいけない。 僕は誰しもが思っていることを発言する権利があると思っているんだ」、ノースカロライナ出身の27歳は一人の人間として力強いコメントを伝えている。 引退後の明確なヴィジョンには言及していないものの、学の重要性を深く理解しているWall。 そこで気になるのはウィザーズからの退団だが、復学とはサマースクールのことを意味していると推測されるので、来季もコートで躍動している姿を見れるはずだ。 バスケット好きは、NBAオールスターの裏側で開催されたもチェックしておくべし。

次の