ものの あはれ 意味。 もののあはれとは

十 宣長が「もののあはれ」を言い出さなければならなかった理由について。

ものの あはれ 意味

高校入試の古文で最もよく意味を問われるのが「をかし(おかし)」と「あはれ」です。 どちらも心が強く動いた時、感動した時に発する言葉ですが、意味や使い方に違いがあります。 まず「をかし」について述べます。 「をかし」は「面白い」とか「趣がある」と訳しますが、この面白いは、おかしくて笑ったときの面白いとは意味が違います。 知的な楽しさでの面白いです。 頭脳が「なるほど!ほう、これは面白い!」と判断し、心がわくわくした時に使うのが「をかし」です。 たとえば、一休さんのとんち話で「この橋、渡るべからず(この橋を渡ってはいけない)」という立札が橋のたもとに立ててあったとき、一休さんが橋の中央を堂々と渡り、それをとがめられて「端を渡ってはいけないとあったので、橋の真ん中を渡りました」と答えたときの「なるほどなあ!」と感心する面白さです。 また、をかしの代表的な文学として清少納言の「枕草子」があります。 枕草子には「いとをかし」のフレーズが随所に出てきます。 有名な「春はあけぼの」の段 夏は夜。 月の頃はさらなり。 闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 この文章にも、「をかし」が何度も出てきます。 これを現代語に訳すときは「面白い」という意味よりも、「情趣がある」とか、「趣がある」と訳すのがしっくりいきます。 清少納言は、「蛍」「夏の夕立ち」「秋の雁」を、季節を象徴する風物詩的なものとして受け止めています。 季節を象徴するそれらのもと、季節に彩られた自然や風景全体とのつながりに知的な楽しさを見出し、「をかし」と表現しているのです。 次に「あはれ」について述べます。 「あはれ」は「しみじみとした趣がある」と現代語に訳すのが一般的です。 現代語では「あわれ」といえば、「かわいそう」の意味になります。 古文の「あはれ」も「かわいそう」の意味もありますが、「しみじみとした趣がある」という意味になることのほうが多いです。 「をかし」も「趣がある」と現代語に訳すのですが、「をかし」と「あはれ」で「趣がある」という心の状態は異なります。 「をかし」の「趣」は「なるほどな!」という頭脳を働かせての楽しさですが、「あはれ」の「しみじみとした趣」というのは、「心が揺さぶられ、感情が動くさま」のことです。 「心情に働きかける趣」が「あはれ」なのです。 「あはれ」について、さらに詳しく説明しましょう。 私たちは、何か予期せぬものを見たり聞いたり、あるいは経験した時、あまりの思いがけなさに感情が強く動きます。 そのとき思わず、口について出る言葉が、「あはれ」なのです。 あまりの思いがけなさに感情が強く動いたとき、その心の動きを表すのが「あはれ」であるため、「あはれ」は、実にたくさんの意味を持つことになります。 たとえばどこかに旅行に出かけたとき、思いがけず満開の桜の花が咲き誇る公園を見つけたとしましょう。 こんな時に、口をついて出ることばが「あはれ」なのです。 また、幼い子が、辛い顔をして泣いているのを見かけたとします。 私たちは、心配でいたたまれなくなり、なんとかしてあげたいという気持ちになります。 この時の感情も「あはれ」なのです。 美しい女性に偶然出会い、すぐさま恋に落ちたとします。 このときの感情も「あはれ」です。 ある人の不幸な身の上話を聞き、不憫に思い、もらい泣きをしたとします。 このときの感情もまた「あはれ」です。 このように「あはれ」は、同情であれ、美しさであれ、見事さであれ、何らかの感情が思いがけず強く動いたときに使う言葉です。 そのため、「あはれ」は、さまざまな現代語に訳すことができます。 あはれは、文脈に応じて、「感動する、かわいそうに思う、悲しく思う、素晴らしいと思う、恋をする、美しいと思う」などと訳すことができるのです。 先ほど引用した清少納言の「春はあけぼの」の段を読めば、「をかし」と「あはれ」の違いが理解できると思います。 「烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 」は、夕暮れ時、数羽のカラスが寝どころに急いで帰っていく姿に、思いがけず心が深く動くような感動をしたということです。 清少納言は蛍や夏の雨には頭脳を働かせての情趣を感じ、夕暮れの烏には心に響くようなようなしみじみとした趣を感じたのです。 また、「あはれ」の文学で代表的なものは紫式部の「源氏物語」です。 源氏物語は一言でいうと恋愛小説です。 恋愛というのは頭脳でするものではなく、心でするものです。 心が強く動くのが恋愛です。 ですから「あはれ」という語が多いのも納得でしょう。 あはれの文学とは、感動の文学というところでしょう。 最後にまとめると、「をかし」は頭脳の働きとともに湧き起こった感動や趣で、「あはれ」は、自分でも思いがけず、感情がひとりでに動いたときの、心に湧き立った感動です。

次の

『源氏物語』と『枕草子』の「あはれ」と「をかし」を数えてみました

ものの あはれ 意味

「もののあはれ」の言葉の用例は平安時代に遡る。 それは自然の移ろいや人生の機微にふれたときに感じる情趣を意味するとされる。 「もののあはれ」に通じる要素は古くからあるが、平安時代や鎌倉時代を生きた宮廷をめぐる貴族たちの生活の中で洗練された感覚と言ってよいようである。 本章では「寝覚物語絵巻」や「小野雪見御幸絵巻」「豊明絵草紙」など、当時に遡る物語絵をつぶさに眺めることによって、「もののあはれ」に通じる情趣が育まれてきた素地や源流をたどってみたい。 ここには貴族の雅びな暮らしぶりが描かれているが、そのしみじみとした情趣を視覚的に表すにふさわしい技法として工夫されたのがいわゆる「作り絵」と呼ばれる技法であろう。 華麗な色彩と、細やかな筆遣いによって「吹抜屋台」の空間や「引目鉤鼻」の人物が丁寧に描写されるが、人物の表情はきわめて暗示的である。 また「白描絵」においては、色彩を伴わない分、かえって抑制が効いたかたちで「もののあはれ」の情趣を画面に漂わせている。 「もののあはれ」という言葉の意味は「あはれ」をめぐり解釈に広がりがある。 「あはれ」は、「哀れ」という漢字を当てると、その語感は何か物悲しく儚いイメージに偏るが、本来は、賛嘆や愛情を含めて、深く心をひかれる感じを意味していたとされる。 この「もののあはれ」を知ることを18世紀において考察したのが本居宣長(1730~1801)その人に他ならない。 彼の著作によれば、「もののあはれ」を知ることこそが、人生を深く享受することにつながると指摘されている。 本展では「雪月花」に代表される自然の移ろいとともに、誰しもが経験するであろう人生の喜怒哀楽によってふとわき上がるしみじみとした情趣を広く「もののあはれ」と結びつけて考察したい。 ここに並ぶ美術作品には、制作に関与する人々の一人一人の思いが込められている。 それぞれの造形の表現技法によりながら「もののあはれ」を濃淡豊かに形象に表していて、言葉を介さずとも何かを伝えてくれるようである。 『源氏物語』は、平安時代を生きた貴族たちが、いかに四季の自然を愛で、どのような思いで人と関わっていたかを、連綿と描き出している。 その情趣ゆたかな物語が、絵巻や屏風、工芸の題材として好んで取り上げられ、現代に到るまで、古典文学の中でも特別な存在であり続けていることは言うまでもない。 本居宣長は、『源氏物語』こそは「もののあはれ」を人々に深く知らしめるために紫式部が著した物語であると述べている。 「賢木」の帖において野々宮の六条御息所を訪ねる光源氏の一行の姿や、「須磨」において月影を見上げる光源氏、「宇治十帖」の「浮舟」で匂宮と浮舟の2人が月明かりのもと舟を浮かべる景色には「もののあはれ」を誘う情趣がしたたるばかりである。 また「春はあけぼの」にはじまり、心動く対象を書き連ねるかたちで『枕草子』を著した清少納言は、「もののあはれ」の享受の仕方にウィットを織り交ぜており、中でも「香炉峰の雪」のエピソードは好んで絵画化された。 物語の展開の中で「もののあはれ」の情趣が際立つのは、和歌が詠み交わされる場面と言えよう。 和歌を詠む行為は、「もののあはれ」を深く知ることと分かちがたく結びついているのだと本居宣長も述べている。 和歌はまた、書跡における仮名文字の美しさや、洗練された料紙装飾と共に鑑賞され、受け継がれてきた歴史がある。 中世以降は、柿本人麻呂や小野小町など、歌詠みの名手が三十六歌仙として選ばれ、これをさまざまに絵画化した歌仙絵の制作も流行した。 「雪月花」にちなむ風物を愛でながら、人生の機微に触れ、心動かされる内に和歌が詠まれてきた経緯を、それぞれの歌仙の姿から連想することもできるであろう。 とくに西行(1118~1190)に関しては、その和歌と生涯の伝説を結びつけた「西行物語絵巻」が複数制作され人々に愛好された。 季節が移りゆく中、風光明媚な名所を旅しながら、折々の「もののあはれ」の情趣にひたる西行の姿が、絵画と文学の相乗効果によってしみじみと描き出されている。 夜空に輝く月は、「もののあはれ」を誘う屈指の存在として和歌に詠まれ、絵画や工芸に造形化されてきた。 鎌倉時代の「佐竹本三十六歌仙絵」にも、自ずと月をさまざまに詠んだ和歌が含まれている。 「水のおもにてる月なみをかぞふれは」という源順の和歌が8月15日の満月を詠むように、月の満ち欠けは「もののあはれ」へと心を導き、降り注ぐ月光はもの思う人々の心の動きを照らし出す趣があると言えよう。 とくに琳派の和歌色紙や「柳橋水車図屏風」、硯箱の蓋表など、流派や分野を問わず作り手が好んで取り上げたのは下弦の月である。 夜半に天空に上り明け方を迎えてから沈んでいく、いわば大人専門の時刻に見える月である。 現代とは異なって、夜は月が主たる光源であり時計や暦代わりでもあったから、人々はその形を子細に観察し厳密に描き分けた。 人々の暮らしに寄り沿う存在として、月に託す想いの細やかさは、今とは比べものにならないくらい親密であったことが、これらの造形作品によってしみじみ伝わってくる。 いわゆる「雪月花」や「花鳥風月」など、季節の移ろいとともに姿を変える自然の風物は、唐の文化や漢詩に由来する部分もあるが、今なお、日本人が素直にイメージを抱く「もののあはれ」の情趣を代表する取り合わせと言えよう。 古くは『和漢朗詠集』や『古今和歌集』などに数多く詠われた四季の題材の中でも、春の桜と秋の紅葉とは、しばしばその美しさを競う趣向によって絵画や工芸のモチーフとなってきた。 また、春の訪れを告げる鶯(うぐいす)と、夏の訪れを知らせる時鳥(ほととぎす)は、とりわけその初音が待たれる鳥である。 それゆえ右から左へ四季が移ろうことの多い花鳥図屏風には欠かせない存在となった。 色絵の陶磁器、唐織の能装束には、撫子(なでしこ)や紫陽花(あじさい)など色とりどりの季節の草花が繰り返し登場する。 今回の展覧会は、春たけなわの四月から、初夏にかけて開催される。 木々の緑が鮮やかな季節となるが、耳をすませば、鳥の鳴き声が遠くかすかに聞こえてくるかもしれない。 藤袴(ふじばかま)、女郎花(おみなえし)、萩、薄。 日本文化に特有の美意識がもしあるとすれば、それを典型的に表すモティーフとして、秋草の表現を忘れることはできない。 絵巻や屏風、漆工や陶磁器、染織を問わず、美術の各分野に共通して、秋草はそこかしこにさりげなく登場する。 なるほど扱いは脇役に過ぎないが、秋草は季節感をもたらすだけでなく、しばしばその場面の雰囲気を視覚的に暗示する役割も果たしてきた。 まさしく登場人物が心動かされる瞬間が、たおやかに風にそよぐ秋草に託されていっそうの生命感をもって表現されるのである。 中世の蒔絵にみられる「葦手絵(あしでえ)」の技法を併用した秋草から、桃山時代の「高台寺蒔絵」における明るく調和のとれた秋草を経て、江戸時代の「武蔵野図屏風」に見られるような幾何学的でリズミカルな秋草に至るまで、時代の変遷とともにその姿は様変わりするが、秋草に託して「もののあはれ」を表す造形の伝統が脈々と受け継がれていることをはっきりと見ることができる。 「もののあはれ」を知ることは、ひとり物思いに耽り、しみじみと心動かされるだけにとどまらない。 和歌に詠まれ、絵画や工芸に表現され、鑑賞されることによって、初めて人々と共有され、それぞれの憂いが晴れるという側面が確かにある。 また花見、月見、紅葉狩り、雪見など、大勢で連れ立って洒落込む季節ごとの行楽の動機づけには、「もののあはれ」の情趣への共感が等しく息づいていると言ってよい。 私たちの暮らしには1年12ヶ月や、春夏秋冬、朝昼夕晩夜、月の満ち欠け、そして人の一生と、巡り来るさまざまなサイクルがある。 これらはいにしえの人々と変わらぬ事情であるから、過去を生きた人々と心を重ねあわせることはそう難しいことではない。 一方、江戸時代に始まる両国の花火など、「もののあはれ」を誘う要素は、伝統に閉じこもることなく常に更新されてきたと言えよう。 鏑木清方の風俗画を眺めると、現代の暮らしの一齣一齣にも「もののあはれ」を感じる心が脈打っていることが実感されてくる。

次の

「ものあはれなり」「うちかをり」の

ものの あはれ 意味

接頭語の「もの」については「なんとなく」と訳するのが 概ねぴったりして、No. 1の答え通りですが、 接頭語の「うち」はやや複雑です。 1.意味のない「うち」もあります。 たごのうらに うちでてみれば ましろにぞ・・・・ この場合は単に「出て見れば」の事です。 2・すっかり、とか全く、という意味もあります。 ・・家はうち絶えての場合は、「全く絶えて」と訳します。 うちくたびれては、「すっかりくたびれて」とか 「くたびれ果てて」と訳します。 3・一面に、全体に、の意もあります。 霧がうちおほふは、「霧で一面におおわれ」と訳します。 4.ふとその行為が行われるとの意もあります。 うち聞いたところでは、の場合は 「ふと聞いたところでは」とか「小耳に挟んだところでは」 と訳します。 2,3は強調の意で4.は逆です。 難しいものです。 「うちかをり」は3の意味でしょう。 「一面に香り」とか 「一面に香りがたちこめ」のような訳です。 角川「古語辞典」参照 #3です。 間違えて他の質問に対する回答を投稿してしまいました。 大変失礼しました。 #1さんがほぼ完璧なご回答をされているので投稿するつもりはなかったのですが、誤投稿の謝罪ついでに(といっては失礼ですが)、補足的に述べてみます。 古語辞典を引いてみましたが、 「御子もいとあはれなる句を作り給へるを~」 「時はいとあはれなるほどなり」 などという例文があります。 同じ「あはれ」ですが、 前者は「人を【深く】感じさせる句をお作りになった~」、 後者は「時というものは【非常に】さびしさを感じさせる~」といったような意味になるのでしょう。 この2例は「いとあはれ」なので「とてもあはれ」という、「あはれ」を強調した文ですが、 これを「ものあはれ」に置き換えると、 前者は「人を【いくらか】感じさせる句をお作りになった~」、 後者は「時というものは【どことなく】さびしさを感じさせる~」といったような意味になると思います。 このように、#1さんのおっしゃる意味さえ掴んでおけば、それぞれのシチュエーションにおいて適切な訳が可能になることでしょう。 「うちかほり」の場合も同様で、「強く香る」「きつく香る」「しっかりと香る」などなど、場面に応じて色々な訳ができることになります。

次の