微 酸性 次 亜 塩素 酸 水 作り方。 次亜塩素酸水と弱酸性電解水は

次亜塩素酸水発生装置の広告に気をつけて~それ、本当に次亜塩素酸水ですか?~|薬剤師KoKo|note

微 酸性 次 亜 塩素 酸 水 作り方

強力な除菌・消臭効果や高い安全性をもつ次亜塩素酸水。 近年では各種施設や食品工場に加えて、日常の感染症対策としてのうがいや哺乳瓶の消毒など一般家庭における衛生管理にも欠かせない殺菌料として広く知られるようになってきました。 しかし、いくら安全とはいえ製法などについての知識が乏しいと使用には不安が残るものではないでしょうか? また、さまざまな種類の次亜塩素酸水を使用した製品があるなかで、用途に応じた適切な製品を選ぶためにも次亜塩素酸水に対する知識は重要であると言えるでしょう。 そこで今回は、次亜塩素酸水の作り方や、その製法・特徴などによる分類について解説いたします。 次亜塩素酸水の基礎知識 厚生労働省の発表によると、次亜塩素酸水とは「殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液である」というように定義されています。 さらに続けて、「わが国では平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されている」とあるように、食品添加物として国に認められるほどの安全性を持つ殺菌料であることがわかります。 次亜塩素酸水は、その強力な除菌効果と国が認めるほどの高い安全性によって、病院や学校などの公共施設や食品工場などの衛生管理に広く活用されていることに加えて、ご家庭内などの身近な場所の衛生管理にまで幅広く利用されています。 次亜塩素酸水の3つの特徴 この次亜塩素酸水には、安全かつ強力な殺菌料として3つの大きな特徴がある事がわかっています。 黄色ブドウ球菌• サルモネラ菌• 腸炎ビブリオ菌• 腸管出血性大腸菌 O-157• カンピロバクター菌 など、ほとんど全ての病原菌に対して非常に強力な殺菌効果を持っていることがわかっています。 さらにその消毒効果は細菌類のみならず、• インフルエンザウイルス• 新型インフルエンザウイルスに 加えて、アルコールでは消毒することが出来ない• ノロウイルス• ロタウイルス に対しても高い消毒効果があることがわかっています。 さらに次亜塩素酸水には、有機物と反応して分解するという特性によって非常に強力な消臭効果があることもわかっています。 こうした高い安全性によって、公共施設や食品工場に加えて一般家庭などにおいても広く殺菌料として取り入れられています。 分解すると毒性のない「ただの水」になるため、空気中に散布しても環境には一切悪影響の無いほどの高い環境への無害性があります。 次亜塩素酸の作り方 次亜塩素酸は、水素原子と塩素原子が酸素原子に結合する事によって作られ、化学式では【HCIO】と表されます。 このHCIOが水溶液となることで、次亜塩素酸水となります。 この次亜塩素酸水は、製法やpH値によっていくつかに分類されています。 製法による分類 電気分解【電解水】 食塩水もしくは薄い塩酸を電気分解することによって作られた次亜塩素酸を水溶液にすることで生成する方法です。 このようにして作られた次亜塩素酸水は、「電解水」として取り扱われます。 次亜塩素酸水の電解水には、安全かつ大量に生成できるというメリットがありますが、高濃度での精製や長期保存に向かないというデメリットもあります。 次亜塩素酸ナトリウムの中和【中和水】 次亜塩素酸ナトリウムを薄い塩酸もしくは炭酸によって中和させることによってHCIOを生成することができ、これを水で希釈する事によって次亜塩素酸水を生成することが出来ます。 このようにして作られた次亜塩素酸水は、「中和水」として取り扱われます。 次亜塩素酸水の中和水には、高濃度かつ長期保存に向いた次亜塩素酸水が得られるというメリットがある反面、有毒な塩素ガスの発生が伴うという危険性のデメリットがあります。 次亜塩素酸水 電解水 のpH値による分類 次亜塩素酸水 電解水 は、そのpH値によって• 強酸性次亜塩素酸水 pH値2. 2~2. 弱酸性次亜塩素酸水 pH値2. 7~5. 微酸性次亜塩素酸水 pH値5. 0~6. 5 の3つに分類されます。 それぞれのpH値に応じて有効塩素濃度も異なりますので、使用にあたっては用途に応じた適切な使い分けが重要となります。 家庭でも作れる次亜塩素酸水 一般家庭における様々なシーンでの殺菌や消臭にも幅広く役立つ次亜塩素酸水は、市販されている生成器を使用する事によってご家庭でも生成する事ができます。 生成器の価格は価格は数万円~数十万円と幅がありますが、次亜塩素酸水を使用する頻度によっては自家生成した方がコストパフォーマンスが良い場合もあるでしょう。 ご家庭内での使用頻度や用途を考慮したうえで、市販の次亜塩素酸水を購入するか生成器によって自家生成をするかを判断すると良いでしょう。 適切な塩素濃度の次亜塩素酸水を正しく使用しましょう 家庭内のあらゆるシーンの除菌・消臭に役立つ次亜塩素酸水ですが、より安全に使用するためには適切なpH値・有効塩素濃度のものを使うことが重要です。 特に、うがいや哺乳瓶の消毒など直接口に触れる箇所に使用する場合には細心の注意を心がけるべきであると言えるでしょう。 このような口に触れる箇所の消毒やペットや人体など直接皮膚に触れる箇所への使用については、有効塩素濃度が10~80ppmの微酸性次亜塩素酸水を使用するとよいでしょう。 うがいなどの経口での使用にpH値が低い強酸性次亜塩素酸水を用いた場合には、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあるので避けるようにしましょう。 また、市販の次亜塩素酸水・自家生成の次亜塩素酸水のいずれにおいても用途に応じた適切なpH値のものを使用する事も重要です。 いずれの場合も適切な濃度へと希釈するなど、用途に応じた適切なpH値のものを使用するよう心がけましょう。 ・ ・ ・•

次の

次亜塩素酸水の作り方(EVE)

微 酸性 次 亜 塩素 酸 水 作り方

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年5月)• マークアップを に沿った形に修正する必要があります。 ( 2020年5月) 次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)は、2002年食品添加物(殺菌料)に指定された(2012年改訂)、10~80ppmの有効塩素濃度を持つ酸性電解水に付けられた名称である。 安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのないということで、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用が認められた。 食品添加物は第9版食品添加物公定書により、製造の基準、成分の規格、品質確保の方法が定められている。 (第9版食品添加物公定書(2018年廣川書店)「次亜塩素酸水」D-634~635参照、第9版食品添加物公定書解説書(2019年、廣川書店):「次亜塩素酸水」D-981頁 参照。 ) 即ち、 HCl または NaCl 水溶液をすることにより得られる水溶液であり、本品には、強酸性次亜塩素酸水、弱酸性次亜塩素酸水、および微酸性次亜塩素酸水がある。 食品添加物(殺菌料)「次亜塩素酸水」を生成するためには、専用の装置が必要であり、装置の規格基準はJIS B 8701として2017年10月に制定された。 JIS B 8701に記載されている次亜塩素酸水の定義は食品添加物(殺菌料)の定義と異なるため注意が必要である。 (JIS B 8701では、次亜塩素酸水生成装置の規格をする際の用語として、次亜塩素酸水のほか、定義を記載しているが、JISとして次亜塩素酸水を定義した訳ではなく、次亜塩素酸水生成装置から得られた次亜塩素酸を含む水溶液を表している。 ) 次亜塩素酸(HClO)が含まれる水溶液が商品名次亜塩塩素酸水として販売されているが、それらの有効塩素濃度は規定されていない。 商品名の次亜塩素酸水として流通する製品には、次亜塩素酸ナトリウム水溶液や次亜塩素酸カルシウム水溶液、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム水溶液、トリクロロイソシアヌル酸ナトリウム水溶液などを原料とした製品がある。 これらについては食品添加物の「次亜塩素酸水」とは製造方法、並びに成分等が異なりうるため、原材料に使用される化学成分の安全データを確認することが望ましい。 概要(食品添加物の次亜塩素酸水) [ ] 次亜塩素酸水 Hypochlorous Acid Water は、食品加工等の分野において洗浄・消毒用途などで使用される(殺菌料)である。 とは異なるものである。 専用の装置を使用し、 NaCl 水溶液、 HCl 水、あるいはとの混合液をすることで、 HClO を主成分とする次亜塩素酸水をつくることができる。 生成装置の種類によって生成する次亜塩素酸水の物性が異なる。 生成装置については、「JIS B 8701 次亜塩素酸水生成装置」を参照のこと。 次亜塩素酸水はその製造方法から一般的にと呼ばれているが、の指定を受けた際に、次亜塩素酸水として命名された経緯がある。 そのため、として扱う際には次亜塩素酸水の名称となる。 として認可されたものは次の3種類である。 次亜塩素酸水の種類 名称 pH 有効塩素濃度 ppm 別名 強酸性次亜塩素酸水 2. 7以下* 20~60 弱酸性次亜塩素酸水 2. 7~5. 0 10~60 弱酸性電解水 微酸性次亜塩素酸水 5. 0~6. 2~2. 7である。 pH2. 2以下では塩素ガスの発生が激しくなる。 食品添加物(殺菌料)としての認可 [ ] 強酸性次亜塩素酸水および微酸性次亜塩素酸水: 官報 第3378号厚生労働省令第75号・告示第212号2002年6月10日 弱酸性次亜塩素酸水: 食安発0426第1号2012年4月26日 次亜塩素酸水生成装置については、成分規格に適合する次亜塩素酸水が生成されることを担保するため、生成装置の規格 電解物質、隔膜等 が厳しく定められている。 (厚生労働省医薬局食品保健部基準課 酸性電解水に関するパブリックコメント平成14年4月) 生成装置の規格 2017年10月20日に「JIS B 8701 次亜塩素酸水生成装置」が制定された。 用途(食品添加物の次亜塩素酸水) [ ] 第9版食品添加物公定書解説書(2019年、廣川書店):「次亜塩素酸水」D-981頁 参照 食材、機械・器具等の洗浄消毒の他、手洗いに用いられる。 使用前に必ず濃度が規定濃度の範囲であることを確認する。 食材の洗浄消毒に使用する際は、あらかじめ汚れを十分に洗い落とした後、次亜塩素酸水の流水下で行う。 浸漬で使用する場合は、必ず次亜塩素酸水を連続的に供給し、オーバーフローで行う。 水道水で洗った場合以上の塩素が残留しないように、最後は水洗等行い、最終食品の完成前に除去する。 機械・器具・容器等の洗浄消毒に使用する際は、付着している有機物(タンパク質、油脂など)を洗剤等で洗浄除去した後、次亜塩素酸水で除菌する。 もしくは、強アルカリ性電解水 pH11~11. 5以下 で洗浄後、強酸性次亜塩素酸水で消毒の後、軽くすすぎを行う。 手指の洗浄消毒に使用する際は、石鹸等であらかじめ汚れをよく落とした後、次亜塩素酸水で除菌する。 もしくは、強アルカリ性電解水 pH11~11. 5以下のもの で洗浄後、強酸性次亜塩素酸水で除菌を行う。 種類と製法 [ ] 食品添加物としての次亜塩素酸水 [ ] 強酸性次亜塩素酸水 0. 2%以下の塩化ナトリウム水溶液を、隔膜がある電解槽(二室型または三室型)で電気分解し、陽極側から生成する。 弱酸性次亜塩素酸水 0. 2%以下の塩化ナトリウム水溶液を、隔膜がある電解槽(二室型または三室型)で電気分解し、陽極側から生成する。 または陽極側から得られる水溶液に陰極側から得られる水溶液を加えて生成する。 微酸性次亜塩素酸水 塩酸または塩酸に塩化ナトリウム水溶液を加えた水溶液を、隔膜がない電解槽(一室型)で電気分解して生成する。 7~5. 0 10~60 微酸性次亜塩素酸水 一室型 塩酸水 5. 0~6. 0~6. 2~2. 7である。 pH2. 2以下では塩素ガス Cl 2 の発生が激しくなる。 安全性(食品添加物の次亜塩素酸水) [ ] 、反復投与毒性、、皮膚累積刺激性試験、眼刺激性試験などの試験の結果、異常がないことが確認されている。 有効性(食品添加物の次亜塩素酸水) [ ] 次亜塩素酸水には、殺菌基盤となる HClO の他、(H 2O 2) や OHラジカル が存在する。 次亜塩素酸水の広範な殺菌力の作用機序は、これらがや、に多面的に作用して酸化的に損傷を与えることであると考えられている。 使い続けてもの出現がこれまで無く、今後もないと理論的に判断されている。 ただし、濃度が規定未満の場合、殺菌効果が不十分となるため、使用前には必ず有効塩素濃度を確認することが重要である。 また、タンパク質や油分など有機物が混在する場合、次亜塩素酸が消費され、目的の殺菌効果が得られないため、あらかじめ十分に有機物汚れを落とす必要がある。 JIS認証品から生成する次亜塩素酸水はpH2. 2~8. 食品添加物以外の次亜塩素酸分子を含む溶液 [ ] 電解次亜水 [ ] 水溶液を無隔膜式電化槽で電気分解することで、次亜塩素酸イオン OCl - を主成分とし、 HClO を含有する電解水が生成する。 物性はpH7. 5〜10、有効塩素濃度50〜200ppmである。 を希釈したものと同等とみなされ、として利用できる(衛化第31号厚生労働省生活衛生局食品化学課長通知)。 次亜塩素酸水と同様に、水そのものは流通せず装置が流通する。 次亜塩素酸ナトリウムのpHを調整したもの(商品名次亜塩素酸水としている次亜塩素酸分子を含む水溶液) [ ] に HCl や CO 2 等の酸を混合することで、有効塩素濃度が上記で定める食品添加物の規定より高い濃度にて調合する事が可能であり、意図的に HClO の含有量を変化させることができる。 混合するための装置などが流通し、その生成物やあらかじめ混合した水溶液についての申請は行われていないが、食品添加物である次亜塩素酸ナトリウムと食品添加物である塩酸やクエン酸等をそれぞれ組わせて販売すること及び混合して用いることは差し支えないとしている。 なお、食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物である「塩酸」又は「クエン酸」等をあらかじめ混和した水溶液を販売することは、この当該水溶液中で化学反応が生じていると考えられることから、添加物製剤には該当せず、その販売は認められない。 (食安基発第0825001号) 平成 26 年4月 24 日、「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件」(平成26 年厚生労働省告示第 225 号)加工基準の改正が行われ、第1食品の部において、生食用鮮魚介類、冷凍食品(生食用鮮魚介類に限る。 )及び生食用かき(以下「生食用鮮魚介類等」という。 )の加工基準の改正が行われ、次亜塩素酸ナトリウムに加え、次亜塩素酸水及び水素イオン濃度調整剤(以下「pH 調整剤」という。 )として用いる塩酸の使用が認められている。 pH 調整剤としての使用について 次亜塩素酸含有水溶液の殺菌効果を有する分子種はいずれも次亜塩素酸であるが、次亜塩素酸は pH に依存してその存在状態が異なる。 そのため殺菌効果は、溶液の pH により変わり、次亜塩素酸の濃度に強く依存するとされている(次亜塩素酸の方が次亜塩素酸イオンよりも殺菌効果は高い。 脚注 [ ]• 食と健康 4月号: 12~17. 厚生労働省. 2020年5月13日閲覧。 廣川書店. 2019• 次亜塩素酸水成分規格改定 審議資料• 日本規格協会. 2017年10月20日 2017• 堀田国元「酸性電解水(次亜塩素酸水)の技術応用と業界動向」『食品と開発』51 3 、2016年、16-18p• 機能水研究振興財団発行『ノロウイルス対策と電解水』2008• 経済産業省ニュースリリース2017年10月• 衛化第31号厚生労働省生活衛生局食品化学課長通知• 厚生労働省. 2020年5月13日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

次亜水の効果時間と作り方(うすめ方)は?加湿器に使うと危険?

微 酸性 次 亜 塩素 酸 水 作り方

強力な除菌・消臭効果や高い安全性をもつ次亜塩素酸水。 近年では各種施設や食品工場に加えて、日常の感染症対策としてのうがいや哺乳瓶の消毒など一般家庭における衛生管理にも欠かせない殺菌料として広く知られるようになってきました。 しかし、いくら安全とはいえ製法などについての知識が乏しいと使用には不安が残るものではないでしょうか? また、さまざまな種類の次亜塩素酸水を使用した製品があるなかで、用途に応じた適切な製品を選ぶためにも次亜塩素酸水に対する知識は重要であると言えるでしょう。 そこで今回は、次亜塩素酸水の作り方や、その製法・特徴などによる分類について解説いたします。 次亜塩素酸水の基礎知識 厚生労働省の発表によると、次亜塩素酸水とは「殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液である」というように定義されています。 さらに続けて、「わが国では平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されている」とあるように、食品添加物として国に認められるほどの安全性を持つ殺菌料であることがわかります。 次亜塩素酸水は、その強力な除菌効果と国が認めるほどの高い安全性によって、病院や学校などの公共施設や食品工場などの衛生管理に広く活用されていることに加えて、ご家庭内などの身近な場所の衛生管理にまで幅広く利用されています。 次亜塩素酸水の3つの特徴 この次亜塩素酸水には、安全かつ強力な殺菌料として3つの大きな特徴がある事がわかっています。 黄色ブドウ球菌• サルモネラ菌• 腸炎ビブリオ菌• 腸管出血性大腸菌 O-157• カンピロバクター菌 など、ほとんど全ての病原菌に対して非常に強力な殺菌効果を持っていることがわかっています。 さらにその消毒効果は細菌類のみならず、• インフルエンザウイルス• 新型インフルエンザウイルスに 加えて、アルコールでは消毒することが出来ない• ノロウイルス• ロタウイルス に対しても高い消毒効果があることがわかっています。 さらに次亜塩素酸水には、有機物と反応して分解するという特性によって非常に強力な消臭効果があることもわかっています。 こうした高い安全性によって、公共施設や食品工場に加えて一般家庭などにおいても広く殺菌料として取り入れられています。 分解すると毒性のない「ただの水」になるため、空気中に散布しても環境には一切悪影響の無いほどの高い環境への無害性があります。 次亜塩素酸の作り方 次亜塩素酸は、水素原子と塩素原子が酸素原子に結合する事によって作られ、化学式では【HCIO】と表されます。 このHCIOが水溶液となることで、次亜塩素酸水となります。 この次亜塩素酸水は、製法やpH値によっていくつかに分類されています。 製法による分類 電気分解【電解水】 食塩水もしくは薄い塩酸を電気分解することによって作られた次亜塩素酸を水溶液にすることで生成する方法です。 このようにして作られた次亜塩素酸水は、「電解水」として取り扱われます。 次亜塩素酸水の電解水には、安全かつ大量に生成できるというメリットがありますが、高濃度での精製や長期保存に向かないというデメリットもあります。 次亜塩素酸ナトリウムの中和【中和水】 次亜塩素酸ナトリウムを薄い塩酸もしくは炭酸によって中和させることによってHCIOを生成することができ、これを水で希釈する事によって次亜塩素酸水を生成することが出来ます。 このようにして作られた次亜塩素酸水は、「中和水」として取り扱われます。 次亜塩素酸水の中和水には、高濃度かつ長期保存に向いた次亜塩素酸水が得られるというメリットがある反面、有毒な塩素ガスの発生が伴うという危険性のデメリットがあります。 次亜塩素酸水 電解水 のpH値による分類 次亜塩素酸水 電解水 は、そのpH値によって• 強酸性次亜塩素酸水 pH値2. 2~2. 弱酸性次亜塩素酸水 pH値2. 7~5. 微酸性次亜塩素酸水 pH値5. 0~6. 5 の3つに分類されます。 それぞれのpH値に応じて有効塩素濃度も異なりますので、使用にあたっては用途に応じた適切な使い分けが重要となります。 家庭でも作れる次亜塩素酸水 一般家庭における様々なシーンでの殺菌や消臭にも幅広く役立つ次亜塩素酸水は、市販されている生成器を使用する事によってご家庭でも生成する事ができます。 生成器の価格は価格は数万円~数十万円と幅がありますが、次亜塩素酸水を使用する頻度によっては自家生成した方がコストパフォーマンスが良い場合もあるでしょう。 ご家庭内での使用頻度や用途を考慮したうえで、市販の次亜塩素酸水を購入するか生成器によって自家生成をするかを判断すると良いでしょう。 適切な塩素濃度の次亜塩素酸水を正しく使用しましょう 家庭内のあらゆるシーンの除菌・消臭に役立つ次亜塩素酸水ですが、より安全に使用するためには適切なpH値・有効塩素濃度のものを使うことが重要です。 特に、うがいや哺乳瓶の消毒など直接口に触れる箇所に使用する場合には細心の注意を心がけるべきであると言えるでしょう。 このような口に触れる箇所の消毒やペットや人体など直接皮膚に触れる箇所への使用については、有効塩素濃度が10~80ppmの微酸性次亜塩素酸水を使用するとよいでしょう。 うがいなどの経口での使用にpH値が低い強酸性次亜塩素酸水を用いた場合には、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあるので避けるようにしましょう。 また、市販の次亜塩素酸水・自家生成の次亜塩素酸水のいずれにおいても用途に応じた適切なpH値のものを使用する事も重要です。 いずれの場合も適切な濃度へと希釈するなど、用途に応じた適切なpH値のものを使用するよう心がけましょう。 ・ ・ ・•

次の