キーウィ ちゃん。 吉木りさのキーウィちゃん役がハマリすぎ!経歴調べたら納得した件

犬はキウイを食べても大丈夫?栄養素と健康効果、与える量やアレルギーについて

キーウィ ちゃん

でも、じっくり聞いてみると、「どこかで聞いた声だな~」と思ったことはありませんか? 実は、意外な方が声優を担当していたりするので、チェックしてみて下さい。 そして、川平慈英さんの有名フレーズ「いい~んですっ!」は健在で、この番組でも連呼しています(笑)。 ジェイさんは、川平さんをそのままキャラクターにしたような性格で、陽気で歌好き。 ちなみに、 ジェイさんという名前の由来は、食べものを集めて、たくわえる習性のある鳥のカスケ(jay)からきています。 ちょっとイラッとさせられることもありますが、どこか憎めないキャラクターブルブルくん。 えなりくんは、「おいらに惚れちゃ怪我するぜ」という曲でCDも出していますが、歌唱力は、いたって普通です(笑)良い意味でえなりくんそのまま。 自然に歌われていて好感が持てます。 フルブルの名前の由来は、性格が「ブルー(マイナス思考)」であることと、ヒヨドリの英語名である「bulbul(ブルブル)」から。 つけられました。 キーウィちゃんは歌が上手と思ってたのですが、吉木さんが声優だったなんて意外でした。 実は吉木さんは、 お母さまの民謡好きの影響を受けて、小学校の頃には、大会で優勝するほどの実力の持ち主なんです。 通りで、キーウィーちゃんは歌謡曲や演歌が良い味を出していると思っていました。 キーウィちゃんの名前の由来はそのままニュージーランドに生息する鳥キーウィ(Kiwi)からつけられています。 若い頃は劇団四季に所属し、現在でも舞台に立つこともある多才な方です。 お顔見ると、「見たことある~」と思う方もいっらしゃると思います。 それにしても、ターキーさんの柔らかで安定感のある歌声は、朝から癒されますよね~。 途中から登場したターキーさんですが、最近は頻繁に出てくるようになりました。 名前の由来は七面鳥にの意味の「ターキー(turkey)」から。 アニメ界では有名な阿澄佳奈さんは、同じくEテレの「うちのウッチョパス」で妹役でも出演されています。 ここまで鳥に名前できてたのに、ここで猫(笑)。 さすがに猫に鳥の名前はややこしくて断念したのでしょうか。 番組の最後に、ポツンと一言つぶやく、間田ナイは、けっこう人気のキャラクターです。 さすが声優さんだけあって、全然違うキャラクターを演じられるんですね! パイロット版のみ登場したキャラクターで、本編にはまだ登場したことがありません。 クールビューティーなクークーちゃんが今後、出てくるか楽しみです。 ダイナミックな筆のラインを残して描かれる植物や動物は、とってもアーティスティックで素敵ですよね。 セットだけでなく、本編の歌のアニメーションにもミロコマチコさんの絵が出てくるので、子供と「こんどは、どんな絵かな~」と楽しみにしています。 ミロコマチコさんは、数々の絵本賞を受賞し、TBS番組「情熱大陸」でも取り上げられたことがあります。 代表作は「オオカミがとぶひ」日本絵本大賞受賞 「てつぞうはね」講談社出版文化賞絵本賞受賞 「ぼくのふとんは うみでできている」小学館児童出版文化賞受賞 などがあります。 生命力が溢れ、ダイナミックな色使いは大人がみても魅了されてしまいます。 気になった片は、ぜひ読んでみて下さいね。

次の

コレナンデ商会の歌声で朝から元気!【キャスト画像・動画リンクあり】|LifeLabo

キーウィ ちゃん

「マタタビ」といえば、猫のイメージがあります。 猫にマタタビを与えると、体にマタタビのニオイをつけたり、舐めたりします。 人間に例えると酔っ払った状態になります。 実は「マタタビ」と「キウイ」の成分は似ているといわれています。 猫に「キウイ」を与えるとどうなるのでしょうか? 「マタタビ」と「キウイ」 猫が好きな食べ物といえば「魚」というイメージが思い浮かぶ人が多いと思います。 実は、キウイも猫の好きな食べ物の1つなのです。 でも、キウイを丸かじりする訳ではありません。 猫はキウイの中で好きな部分があって、キウイの木の根や葉などが好きなのです。 キウイはマタタビ科マタタビ属。 そして、キウイは和名で『オニマタタビ』といわれています。 キウイの木の根や葉などには「マタタビラクトン」と「アクチニジン」という成分が含まれていて、この成分はマタタビと同じ成分です。 そのために猫は大好きなマタタビと同じ成分が含まれているキウイの木の根や葉などを好むということになるのです。 キウイの木の根や葉などは、マタタビと同じ効果を猫に与えます。 しかし、猫が恍惚とするマタタビの成分は微量しか含まれていません。 キウイを食べても反応しない猫も中にはいるようで、キウイの木の根や葉を乾かした状態の方が激しく反応する猫が多いようです。 スーパーなどで市販されているキウイは品種改良されているためにマタタビの効果は薄いかもしれません。 猫によっていろいろですが、市販でも熟したキウイには反応する猫もいるようです。 全ての猫がキウイを好きとは限りませんので、飼い主さんは猫にキウイを与えるとどういう反応を起こすか試してみるのもいいかもしれませんね。 猫害と呼ばれるほどのキウイ効果! 猫にキウイを与えるとどうなるのでしょうか? キウイには、マタタビと同じ成分が含まれているため、マタタビを与えた時と同じような行動を起こすことがあります。 猫にマタタビを与えると恍惚状態になり、体をスリスリする、転げまわる、気持ちよさそうにする、じゃれる、興奮するなど猫によって様々な変化がみられます。 メス猫よりもオス猫のほうが反応しやすいといわれていて、去勢手術をした猫はあまり興味をもたないことが多いですが、一部の猫は反応する場合があるようです。 子猫はほとんど興味をもたないことが多いようです。 キウイ農家の人達には困った問題で『猫害』とも呼ばれているそうです。 猫が根をかじったり、掘り起こさないように猫避け用のネットをしているキウイ農家も多いようで、キウイの根を掘り起こす作業をすると近くの猫達が何十匹も集まってくるのだとか。 猫はあちこちでゴロゴロ、クネクネ状態になるそうです。 猫好きの人がこの光景を見たら楽しいでしょう。 マタタビやキウイの与えすぎには注意! 猫がマタタビやキウイが大好きだからといって、猫に与えすぎるのはよくありません。 キウイは猫に与えても問題ない果実ですが、食物繊維や水分が豊富なため、大量に与えると消化しきれずに、下痢を起こす可能性があります。 果実でマタタビのように酔っ払う猫は少ないため、猫にキウイの果実を与えるのは控えたほうがいいかもしれませんね。 また、猫がマタタビの成分を摂取すると、脳の中枢神経が一時的に麻痺し、ハイテンションになったり、体をスリスリしたり、転げまわったり、気持ちよさそうにします。 少量であれば、猫のストレス解消として役に立ちますが、与えすぎると脳が麻痺を起こし、呼吸不全などの症状が起こる場合があります。 最悪の場合は、そのまま死に至る可能性もあります。 老猫や心臓に病気をもっている猫には、マタタビは刺激が強すぎる為にかなり体に負担をかけることになります。 こういう場合はマタタビを与えることは止めてください。 キウイをはじめとするマタタビの成分を含むものは与えすぎないように飼い主さんは注意しましょう。 万が一の場合があるので、猫にマタタビやキウイを与えている間、飼い主さんは猫から目を離さないようにしてくださいね。 最後に… 猫がキウイを好むということがわかりました。 猫と飼い主さんと同じ食べ物を食べられるということは猫好きにはうれしいことです。 猫好きな方はお庭にキウイの木を植えるのもいいかもしれません。 でも、キウイの木の枝や葉をそこら辺に放置していたら他の猫が寄ってくるかもしれませんから、近所迷惑にならないように対策はしておいたほうがいいですね。 猫も飼い主さんも楽しめる時間が増えるでしょう。 — おすすめ記事 —.

次の

【コレナンデ商会の声優一覧】ターキー・キーウィは誰が担当?

キーウィ ちゃん

でも、じっくり聞いてみると、「どこかで聞いた声だな~」と思ったことはありませんか? 実は、意外な方が声優を担当していたりするので、チェックしてみて下さい。 そして、川平慈英さんの有名フレーズ「いい~んですっ!」は健在で、この番組でも連呼しています(笑)。 ジェイさんは、川平さんをそのままキャラクターにしたような性格で、陽気で歌好き。 ちなみに、 ジェイさんという名前の由来は、食べものを集めて、たくわえる習性のある鳥のカスケ(jay)からきています。 ちょっとイラッとさせられることもありますが、どこか憎めないキャラクターブルブルくん。 えなりくんは、「おいらに惚れちゃ怪我するぜ」という曲でCDも出していますが、歌唱力は、いたって普通です(笑)良い意味でえなりくんそのまま。 自然に歌われていて好感が持てます。 フルブルの名前の由来は、性格が「ブルー(マイナス思考)」であることと、ヒヨドリの英語名である「bulbul(ブルブル)」から。 つけられました。 キーウィちゃんは歌が上手と思ってたのですが、吉木さんが声優だったなんて意外でした。 実は吉木さんは、 お母さまの民謡好きの影響を受けて、小学校の頃には、大会で優勝するほどの実力の持ち主なんです。 通りで、キーウィーちゃんは歌謡曲や演歌が良い味を出していると思っていました。 キーウィちゃんの名前の由来はそのままニュージーランドに生息する鳥キーウィ(Kiwi)からつけられています。 若い頃は劇団四季に所属し、現在でも舞台に立つこともある多才な方です。 お顔見ると、「見たことある~」と思う方もいっらしゃると思います。 それにしても、ターキーさんの柔らかで安定感のある歌声は、朝から癒されますよね~。 途中から登場したターキーさんですが、最近は頻繁に出てくるようになりました。 名前の由来は七面鳥にの意味の「ターキー(turkey)」から。 アニメ界では有名な阿澄佳奈さんは、同じくEテレの「うちのウッチョパス」で妹役でも出演されています。 ここまで鳥に名前できてたのに、ここで猫(笑)。 さすがに猫に鳥の名前はややこしくて断念したのでしょうか。 番組の最後に、ポツンと一言つぶやく、間田ナイは、けっこう人気のキャラクターです。 さすが声優さんだけあって、全然違うキャラクターを演じられるんですね! パイロット版のみ登場したキャラクターで、本編にはまだ登場したことがありません。 クールビューティーなクークーちゃんが今後、出てくるか楽しみです。 ダイナミックな筆のラインを残して描かれる植物や動物は、とってもアーティスティックで素敵ですよね。 セットだけでなく、本編の歌のアニメーションにもミロコマチコさんの絵が出てくるので、子供と「こんどは、どんな絵かな~」と楽しみにしています。 ミロコマチコさんは、数々の絵本賞を受賞し、TBS番組「情熱大陸」でも取り上げられたことがあります。 代表作は「オオカミがとぶひ」日本絵本大賞受賞 「てつぞうはね」講談社出版文化賞絵本賞受賞 「ぼくのふとんは うみでできている」小学館児童出版文化賞受賞 などがあります。 生命力が溢れ、ダイナミックな色使いは大人がみても魅了されてしまいます。 気になった片は、ぜひ読んでみて下さいね。

次の