グランメゾン東京 ドラマ レビュー。 outage.smeco.coop:カスタマーレビュー: グランメゾン東京 DVD

圧巻最終回「グランメゾン東京」木村拓哉は脇役だった!振り返って「三ツ星取らせる」の本当の意味を考察(エキサイトレビュー)

グランメゾン東京 ドラマ レビュー

ドラマ視聴済み。 ドラマを思い出し思い浮かべながら読み進んでいたので面白さはそのままで楽しむ事はできた。 けどやっぱり俳優さんの演技あってこその良さがあったのも事実かな。 丹後さんのヘッドロックかます所やト ドラマ視聴済み。 ドラマを思い出し思い浮かべながら読み進んでいたので面白さはそのままで楽しむ事はできた。 けどやっぱり俳優さんの演技あってこその良さがあったのも事実かな。 丹後さんのヘッドロックかます所やトップレストラン50でグランメゾンが『gaku』に上回られキムタクが悔しがるシーンはやはり生きた感情というのがモロに出てくるし。 まあ何はともあれ面白かったからええか。 丹後さんがやっぱ不憫すぎるよね。 そして何気にあの舞茸の料理食べてみたい。

次の

『グランメゾン東京』“大人の夢”はまだ終わらない? 最後まで主役を立てた木村拓哉の見事な演技|Real Sound|リアルサウンド 映画部

グランメゾン東京 ドラマ レビュー

12月29日、無事最終話を迎えました。 食の聖地フランスはパリにおいてかつて自らが料理人として自分のレストラン(エスコフィユ)にて腕を振るい、料理界最高峰の権威あるミシュランの二つ星を獲得して順風満帆だったシェフ・尾花夏樹(演:木村拓哉)。 昼食会を兼ねた日仏外相会談の舞台にも選ばれるという栄誉を与えられたその場で禁断の食材が混入してしまったことで運命が暗転(ナッツ事件)。 店は閉鎖に追い込まれ共に三ッ星を目指していた仲間たちはチリジリバラバラに。 自らも保安当局(とおそらく借金取り)に追い回される日々。 一方料理が大好きで食した料理の事が瞬時に(使用した食材から調理方法のことまで)分かってしまう絶対味覚の持ち主早見倫子(演:鈴木京香)。 東京に念願のレストランをオープンするも遂に星には届かず断腸の思いで店を閉め、料理人としての再起を(そして背水の陣で)かけて臨んだパリの超一流三ツ星レストラン(ランブロアジー)でこの二人が運命的な出会いをし、お互いを認め合った二人が東京で三ツ星を目指してレストラン(グランメゾン東京)をオープン。 エスコフィユ時代の仲間であった京野陸太郎(演:沢村一樹)、相沢亀人(演:及川光博)、平古祥平(演:玉森裕太)らを結集(尾花の傍若無人さとナッツ事件以来の態度に愛想をつかしていたものの)、新たな仲間久済栞奈(演:中村アン)、松井萌絵(演:吉谷彩子)、芹田公一(演:寛一郎)も加わりライヴァルの二つ星レストラン「gaku」の丹後学(演:尾上菊之助)、そのオーナーで自分の店の為なら少々卑劣な手段もいとわない江藤不三男(演:手塚とおる)や、かつての恋人でナッツ事件の真相を追うグルメ雑誌編集長のリンダ・眞知子・リシャール(演:冨永愛)らとフランス料理という武器をもって戦いながら三ツ星レストランを目指すという物語です。 登場してくる料理の食材が字幕表示にて解説されていて、フランス料理の知識が全く無い私でもその場に居たかのように料理を楽しむことが出来ました(実際に食べてみたいと思いました)。 尾花の下に結集した(というより倫子シェフの人柄で結集できたといった方が正確ですね)スタッフもそれぞれの事情があって、その辺がドラマの進行につれて明らかに(もちろんナッツ事件の真相も)なっていくのですが、そこは未見の皆様の為にシークレットということで。 さて最終話で果たして(グランメゾン東京)は見事三ッ星を獲得できるのか?最後まで目が離せません。 ただ気持ち的には若干ラストに違和感が残りましたが、それはネタバレにも通じてしまうのでここでは省略いたします。 フランス料理のみならず食文化に興味がある方でしたら視聴して損のないドラマです。 (文中演者敬称略) グランメゾン東京、最高です! 本編は、テレビ&録画で、何回も観ていたので、 まずは、特典ディスクから観ましたが、めちゃ良かったです。 面白いし、内容が濃い。 本編を見直してから、また観ます。 (何度も) Paravi「グラグラメゾン東京」は、「特典ディスク」ではなく、 「本編ディスク」の方に入っていました。 (一瞬、焦りましたが) また、本編ディスクには、未公開シーンも、さりげなく含まれていて、感動! めちゃ楽しめます。 あと、グランメゾン東京は、実際に、13年連続で三ツ星をとっているフレンチレストランのシェフが料理監修をされておられるだけあって、かなり本格的。 しかも、出演者の演技が、絶妙。 木村さんは、まさに!という感じだし、料理人系の独特な身のこなし等、 めちゃ雰囲気出てて、迫力があって魅了されます。 今まで、ドラマのBOX系を買った中で、内容的にも作りも凝ってて、1番良かったです。 まだ、2話以降みてないのですが、すでに確信しています! ナンバーワンです! 17歳の娘も、早く次が観たいと言い、ワクワクしている感じでした。 (録画で何回も観ていたのに) 今後も、家族3人で、楽しませてもらいます。 何回も観ますし、家宝にします。 続編や、スペシャルドラマも、やってほしい。 (願望).

次の

『グランメゾン東京』“大人の夢”はまだ終わらない? 最後まで主役を立てた木村拓哉の見事な演技|Real Sound|リアルサウンド 映画部

グランメゾン東京 ドラマ レビュー

最終回までにここまでもってきた脚本の見事さ。 料理一品一品にも物語があり背景がある。 素晴らしいドラマです。 最終回正座して見ます。 私はレストランで働いています。 グランメゾン東京は食い物屋の魂や本質を伝えてくれる、素晴らしい作品です。 実は会社の朝礼で全社員見るように!と発信があるくらい。 料理の本質を伝えてくれるドラマだと私は思います。 倫子シェフが掲げた、【お客様お一人お一人に合わせたサービスとお料理を、ただただ追求し続ける事】その結果が三ツ星になる。 本当におもしろい。 これだけの役者を揃えて尚且つ料理がドラマのメインとして揺るがないのもすごい。 今回のワインを引き立てる料理というのはとてもおもしろかった。 「尾花」の師匠、顧客個々に対応は凄いが現実的では無いが、十人程度の常連客とビーフシチューでの意思疎通、浅草と云うロケーションも良い。 ヘビーなフレンチは、やはりワインと共に飲食するのがベスト。 トップレストラン50~レストランgakuが8位、グランメゾン東京が10位~微妙なバランスだが、グランメゾン東京が9位だと大きなる助っ人「相沢」が妻子と仏国に行って仕舞うし、gaku8位が在ればこそ、「尾花」の執念が燃え盛る訳で、三ツ星獲得はgakuをグランが先んじると想う~興味深い展開• エンドロールで確認したら、太田緑ロランスさん。 エリーゼ独り身なんで、「三ツ星叶えた暁に復縁」って希望のある別れ。 特に同姓として鈴木京香の演技力には惹かれるところが多い。 年を重ねて良い味が出てくる代表のような女優。 どうかこのドラマが単なる恋愛ドラマにならないよう切に願う。 もしかして倫子と尾花は?あの息がピッタリ合う感じと喧嘩しながらも分かり合えてる様子は姉弟の関係そのもの、な気がする。 京野のが好きなのは本当は尾花の方?あの告白によって、尾花が倫子から遠去かるよう仕向けた?京野の嫉妬に隠された理由を考えると、色んな伏線が繋がるかも。 二宮くんとやってた『熱烈中華飯店』、呑んだくれバーメイドだった『最高のレストラン』だっけ?、それから亀梨くんドラマで学食のおばちゃんを経て、シェフ。 感慨深い。 及川さん、眼鏡似合うし・若く見える。 私服もお洒落。 新人くんの努力や悩み、心の揺れが手に取るように感じられ、先輩シェフ達の努力が彼を導く様がしっかり描かれて、最後の賄い料理に対する倫子さんの言葉に感涙!とっても中身の濃い一時間でした。 祥平くんがかわいいです。 「キムタク」主演ゆえに視聴して居るが、フランス料理に限らないのだろうが、料理って奥深いと教えて貰って居る。 特に、フランス料理の本場仏国で調理するのと、我が日本国内で調理するには、食材も水も天候に伴う湿度にも差異が在るので、料理人は幅広く、其の場其の場で個々に対応肝要~火加減も蒸し加減等も微妙で、レシピ通り調理すれば良いと云うものでは無いとは、やはりプロ• 本当に良くできておもしろいドラマです。 我が家の予想では祥平くんのミスを誘導した真犯人がいる、と。 祥平くんがあんなミスするはずない!という信頼感からです。 登場人物みんなを信頼しています。 京野だけは信じてないです(笑)• なぜ?敵側になって登場するのか。 gakuの姑息なやり口を阻止して、正々堂々と競わせる魂胆でもあるのかな? 韓流ドラマっぽい展開になって来た。 和洋中に限らず、料理の責任は総てシェフに帰属する料理界~それにしても、日本国民は陰湿だと実感• いろいろ見せ場が沢山あってワクワクしっぱなしでも視聴率が上がらないと現場も士気が下がると思うので上がって欲しいのが心情ですでも5話も面白かった。 この時点で、ドラマが面白くなくなった。 尾花と三ツ星を取るストーリーが筋なのでは 非常に残念です• 毎回熱いものを感じる出演者のキャストも素晴らしいこんなテレビドラマないよね。 グランメゾン東京本当にあったらいいのになぁ。 最終回には、もっとあの表情見られるのかな。 こんなに、はまれるドラマ久々やわあ。

次の