剣盾 キリキザン 育成論。 【ソードシールド】キリキザンの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】育成論まとめ|おすすめの育て方【ポケモンソードシールド】

剣盾 キリキザン 育成論

わざ候補 育成論と使い方 ふいうちを軸に戦う キリキザンの長所は タイプ一致で高火力のふいうちを使え、つるぎのまいで火力を上昇させることも出来る点。 アタッカー相手ならかなりのダメージが入るので、ふいうちを軸に戦っていこう。 あく技とはがね技で多くのポケモンを相手にできる。 いかくを受けるとむしろ攻撃力が1段階上がる。 追加効果で能力を下げるダイマックス技にも強い。 メタルバーストで奇襲も可能 キリキザンが使える技メタルバーストは、 同じターンに敵から受けたダメージを1. 5倍にして返す技。 同じ反撃技のカウンターやミラーコートと違い、後攻技ではないのでSの調整が必要な点には注意。 あくが等倍のポケモンだと一撃で落とされることも少なくないので、あくタイプと相性のいいポケモンで戦うのがおすすめ。 補助技も覚えたポケモンを出す 全て攻撃技のポケモンを出すとふいうちを必ず喰らってしまう。 最低1個は補助技を持っているポケモンを出して、ふいうちとの読み合いに持ち込もう。 アーマーガアを出した場合、 ダイアークやダイアタックの追加効果を跳ね返してまけんきを発動されることも。 受けポケはギロチンに注意 採用はまれだが、キリキザンは一撃必殺のハサミギロチンを覚える。 受けポケモンはどうしようもないので、対面させないのが無難。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【育成論】襷キリキザン【ポケモン剣盾】

剣盾 キリキザン 育成論

サマヨールの育成論 サマヨールの育成論はこのようになります。 性格:のんき• 特性:おみとおし• 持ち物:しんかのきせき• 努力値:• サンプル1:H252 B92 D164• サンプル2:H252 B132 D124• サンプル3:H252 B164 D92• 実数値:• 次に防御に補正のかかる『のんき』と特防に補正のかかる『なまいき』のどちらを採用するかですが、 実数値の高くしたい側に補正をかけると良いでしょう。 主な調整先となるドラパルトは特攻より攻撃のほうが高いポケモンであり、ダイホロウ耐えの調整をしたいケースでは『のんき』が優勢になることが多いです。 特性は『おみとおし』がおすすめ! サマヨールには通常特性の『プレッシャー』と夢特性の『おみとおし』がありますが、よほどのことがない限りは 相手の持ち物を確認できる『おみとおし』を選ぶべきでしょう。 『プレッシャー』はキョダイジュラルドンなどと組み合わせてPPを削る戦術を取りたいケースで採用することもありますが、ほとんどのケースでは『おみとおし』のほうが有効に働きます。 持ち物は『しんかのきせき』を選ぼう! サマヨールは『しんかのきせき』の対象ポケモンなので、基本的には『しんかのきせき』を持たせるべきです。 稀に『メンタルハーブ』や『ラムのみ』を持たせるケースもありますが、素早さ種族値25という遅さに拘らないのであれば、進化系であるヨノワール(素早さ種族値は45)のほうが耐久も高いため、そちらを採用するべきでしょう。 努力値は、あらゆる攻撃を耐えられるように調整しよう! サマヨールは相手のあらゆる攻撃を受けきって『トリックルーム』を発動するのが主な仕事になります。 そのため、集中攻撃はまだしも1撃で倒されるようなシチュエーションはなるべくなくしたいものです。 サンプルを3つ用意しました。 いずれもドラパルトを強く意識した配分となっています。 サンプル1:H252 B92 D164• A172命の珠ドラパルトのダイホロウ確定耐え• C161サンパワーリザードンの晴れキョダイゴクエン 威力150 確定耐え• A177までの命の珠ドラパルトのダイホロウ確定耐え• A177命の珠キリキザンのダイアーク確定耐え• C152命の珠ドラパルトのダイホロウ確定耐え• C197シャンデラのダイホロウ確定耐え• C216眼鏡シャンデラのシャドーボール確定耐え おすすめの技 サマヨールのおすすめの技を紹介します。 ナイトヘッド サマヨールは攻撃面の種族値に乏しいため、メインウエポンとして定数ダメージの『ナイトヘッド』が採用されることがほとんどです。 ロトムやサマヨールなど、HP実数値の低いポケモンに対してとても有効です。 トリックルーム サマヨールを採用する上で、 ダブルバトルで最強の素早さ操作技である『トリックルーム』は外せません。 ガラルサニーゴでなくサマヨールを採用するからには、差別化の意味でも『トリックルーム』を採用するべきでしょう。 いたみわけ サマヨールはHPの低いポケモンであるため、『いたみわけ』ととても相性が良いです。 回復しながら相手を削れる便利技なので、基本的には採用していきたいところです。 てだすけ 自身が火力を出せないため、『てだすけ』で補助するのも良いでしょう。 7世代までは教え技で覚えられずXD産限定の技だったのですが、ポケモン剣盾からわざマシンで普通に覚えられるようになりました。 おにび 命中不安ではあるものの物理アタッカーに有効な『おにび』も候補となります。 トリル下で強力な カビゴンやドサイドンより遅い素早さから撃てるのも魅力ですね! くろいきり 少し珍しい技ですが、全ての能力をリセットする『くろいきり』という技も覚えます。 『いかく』や『バークアウト』で攻撃の落とされた隣のダイマエースの火力を戻したり、相手の積み技や弱点保険を無効化したりと、使い所は難しいですが『くろいきり』があると便利な場面も多いでしょう。 サイドチェンジ 隣のポケモンと位置を交換する『サイドチェンジ』も使えます。 択ゲーにはなりますが、味方を守れる技で重宝します。 まもる サマヨールは1撃で倒すことが困難なため、トリルを阻止しようとする相手から集中攻撃を受けやすいです。 そこで『まもる』を決められれば大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。 ただし、サマヨールを倒せるほどの火力が並んでいる場面では、隣への集中択で落としに来ることも考えられるため、読み合いになることも多く安定はしません。 かげうち・じならし サマヨールは火力の低いポケモンであるため、味方の弱点保険を能動的に発動させる動きも狙えます。 『かげうち』でドラパルトの弱点保険を発動させたり、『じならし』でドサイドンやバンギラスの弱点保険を押していく動きが強力です。 サマヨールの対策 サマヨールの主な仕事はトリルを貼ることなので、トリルを貼らせないように対策していく必要があります。 集中攻撃で倒す いくらサマヨールが超耐久を誇るポケモンとは言え、ある程度火力のあるポケモンで集中攻撃すれば倒すことは可能です。 ダイホロウやダイアークで耐久を落とし、隣のポケモンに追撃してもらえば簡単に倒すことができるでしょう。 隣のポケモンがサポートしてきたりすることもあるので、必ずしもうまくいくとは限りませんが、サマヨールの他にもサポーターを採用するとトリル後の動きが弱くなりがちなため、トリルターンも凌ぎやすいはずです。 「集中攻撃で倒す」というのは汎用的な対策としては十分だと思います。 『ちょうはつ』や『ねむりごな』などで『トリックルーム』を妨害する サマヨールは持ち物が『しんかのきせき』に固定されがちなため、補助技にとても弱いです。 『ちょうはつ』でトリルの発動を妨害したり、『ねむりごな』で寝かせたりすれば簡単に対処できるでしょう。 まとめ サマヨールは『しんかのきせき』を活かした高い耐久で『トリックルーム』の発動を狙ってくるポケモンです。 とはいえ、高火力の集中攻撃を耐えられるほどの耐久ではなく補助技にも弱いため、採用する際には考えうる並びへの回答を用意しておきたいところです。

次の

【ポケモン剣盾】キリキザンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

剣盾 キリキザン 育成論

ミロカロスの基本データ HP 95 タイプ みず こうげき 60 ぼうぎょ 79 特性 ふしぎなうろこ とくこう 100 かちき とくぼう 125 夢特性 メロメロボディ すばやさ 81 ミロカロスの特徴 特性「かちき」で能力ダウンをけん制 「かちき」は相手からの能力ダウンを受けた時に自身のとくこうを2段階上げる特性です。 効果が発動すれば高火力で攻撃できるのはもちろん、 場にいるだけで相手の「いかく」やダイマックス技の能力ダウンを打たせづらくできます。 味方の「じならし」など自発的な能力ダウンでは発動しないので注意が必要です。 さいみんじゅつが強力 「さいみんじゅつ」が相手に当たれば、状況を有利にすることができます。 ダイマックス状態の相手に当てることができれば 、相手のダイマックスターンを消費させられるため非常に強力です。 「とぐろをまく」を使用し命中率を上昇させたり、「からぶりほけん」で外しても次のターンに先制でもう一度「さいみんじゅつ」を打ち込むなど工夫が必要です。 からぶりほけん:ワザを外した時にすばやさを2段階上昇させるもちもの。 ミロカロスの技 有用な攻撃技 ねっとう タイプ一致技。 命中安定。 だくりゅう タイプ一致技。 命中不安ではあるが相手全体に当たり命中率を下げることができる。 ハイドロポンプ タイプ一致技。 一番高火力。 こごえるかぜ 相手2体のすばやさを下げることができる。 れいとうビーム 単体技。 こごえるかぜより火力が出る。 ふぶき バイバニラと組む以外でもダイアイスであられ状態にすることで必中にできる。 マッドショット ダイアースのベース技。 ジュラルドンなど本来不利な相手に勝てるようになる チャームボイス ダイフェアリーのベース技。 ミストフィールドを展開し催眠対策として使用する。 ワイドブレイカー 相手全体の攻撃ランクを下げるサポート技。 ドラゴンテール トリックルーム対策に。 有用な変化技 じこさいせい HPを半分回復。 高いとくぼうとあわせて粘り強く戦える。 とぐろをまく こうげき、ぼうぎょ、命中率を1段階上昇させる。 「だくりゅう」や「さいみんじゅつ」とセットで。 さいみんじゅつ 強力な催眠技。 「とぐろをまく」や「からぶりほけん」と組み合わせて使う。 まもる 大事に扱いたいときや相手のダイマックスターンを消費させたい場合に。 てだすけ 味方の火力を上げたい場合に。 この型はダイマックスするパターンが多いです。 マッドショットをベースとしたダイアースでジュラルドンにも強く出ることができます。 また、ダイアイスを打ったあとのふぶきはあられ状態で必中となります。 2体でふぶきを連打することで氷等倍以上の相手に高い圧力がかかるうえに、こおりづけの追加効果も期待できます。 サマヨール サマヨールを倒そうと飛んでくる「ダイアーク」や「ダイホロウ」をけん制できます。 弱点を突かずにサマヨールを突破するのは至難のため、安定してトリックルームを展開することができます。 ナットレイ ナットレイはほのおタイプのポケモンが苦手ですが、ミロカロスが特性「いかく」のウインディやガオガエンに強いので、 相性補完の良い並びとなっています。 ミロカロスの対策 ジュラルドン ダイサンダーにより弱点を突きながらさいみんじゅつを対策することができます。 ミロカロス側がマッドショットを持っていた場合は弱点の突きあいになるため、「うそなき」を打ち「かちき」を発動させてしまうと返り討ちに合うため注意が必要です。 ウォッシュロトム ミロカロスからの攻撃は半減に抑えられるうえ、「わるだくみ」+「10まんボルト」で一気にミロカロスを倒すことができます。 ダイサンダーの恩恵を自身は受けられませんが、隣のポケモンをさいみんじゅつからまもることも可能です。 ローブシン 「かえんだま」を発動させてやけど状態になることでさいみんじゅつを防ぎます。 特性「こんじょう」を発動させた「かみなりパンチ」で大ダメージを期待できます。 さいごに ダブルバトルにおけるミロカロスの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 世界に行きたい男。 WCS 世界大会 に3年連続で観戦に行ったり、海外大会に出場したり。 現在お仕事募集中。 ポケモンカードのほうが得意だが、本人はゲーム部門で世界大会に出場したいらしい。 <主な実績> Anaheim Open 2017 海外大会 ゲーム部門 優勝 、 Oceania International Championships 2018 海外大会 ゲーム部門 73位、 ウェルカムフェスタ ほんきをだすバトル 3位、 ポケモンカード2017全国大会 41位、 ポケモンカード シティリーグ シーズン3 大阪 優勝、 PJCS2019 全国大会 カードゲーム部門 ベスト32 関連する記事• 2020. 27 目次 1. ジュラルドンの基本データ2. ジュラルドンの特徴2. 「はがね」「ドラゴン」タイプ2 […][…]• 2020. 26 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ダラス […][…]• 2020. 18 目次 1. ウォッシュロトムの基本データ2. ウォッシュロトムの特徴2. でんき・みずタイプが耐 […][…]• 2020. 28 目次 1. はじめに2. 構築経緯2. エース:ギャラドス2. あくび:カビゴン・ニンフィア […][…]• 2019. 24 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. 砂パーティが多い3. バ […][…].

次の