綺麗な字 書き方。 ペン字は暗記!きれいな字の書き方を研究するブログ

もう疲れない!シャーペンの正しい持ち方と矯正方法

綺麗な字 書き方

私のペン習字生活において、なくてはならない筆記具 ハイブリッドテクニカが廃盤になったという情報をネットで得ました。 の公式サイトを確認したところ 廃盤と明確に書かれている情報が見つからなかった為 問い合わせてみました。 以下さんからの回答です。 現在、「ハイブリッド・テクニカ・0. 5mm KN105-A 」は、 製造と販売が終了しており、弊社にも在庫が無い状況で ございます。 長年ご愛用を頂いていたのかと存じますが、 何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 なお、「ハイブリッド・テクニカ・0. 5mm KN105-A 」の 「替え芯 XKFGN5 」に関しましては、現在も製造と販売を 行ってはおりますが、現在、「替え芯 XKFGN5 」をご使用 頂くことが可能な本体が無い状況でございます。 なんと!替え芯は廃盤になってませんでした。 すでに替え芯を30本買ったのですが、替え芯だけでも販売していて よかった!! bimoji 筆記具はを使用しています。 なかなか慣れるまで使いにくい筆記具ではありますが 使いこなせるようになると、綺麗な線がでるようになります。 使用時に特に先生に注意されるところが「ハネ」です。 以前ブログで書きましたが、今回はでの書き方のコツを伝えたいと思います。 ハネの角度は90度がよいといわれています。 ですが、45度くらいになってしまう場合が多く 文字が貧相にみえてしまいます。 コツは「縦画を書いたら、ペンを紙から上げる」こと! 「後からハネだけを書くなんて」と 毛筆をやってた方は抵抗があるかもしれませんが、書いていくうちに だんだんと自然にできるようになります。 是非やってみて下さい。 bimoji.

次の

【見本あり】字がきれいになる5つの方法

綺麗な字 書き方

綺麗な字とは、誰が見ても綺麗な字だと感じる字を事を言います。 まるでパソコンで印刷したのではないかと、感じるようなお手本となるこの美しい字です。 ボールペンはもちろん、筆で書いた字に関してもこの事は言えます。 1つ1つの字がとてもバランス良く、文章にした時でもこのバランスが整っている事で綺麗に見えます。 お手本の字を見て分かるように、文章で書かれた字は全ての字が均一な大きさになっておりばらつきがありません。 反対に汚いと感じる字に目を向けてみると、大きさにばらつきがあり「ハネ」・「はらい」などが雑な字になっていないでしょうか。 大きさを合わせるだけでも、綺麗な字に近づける一歩と言えます。 書道などでは、崩れた字に関しても「達筆だ」と感じる事があるでしょう。 これは、書き手の気持ちが字に力強く感じるからと言えます。 このようにパソコンや字の練習帳で見るお手本の綺麗な字だけでなく、気持ちの伝わる達筆な字に対しても綺麗な字と言えます。 このような筆で書いた力強い個性的な綺麗な字は絵葉書や年賀状などにおすすめで、一文字か短い熟語を書いておしゃれな手紙にする事が出来ます。 また大きな筆で書いてインテリアとしても飾る事が出来ますので、書道に興味のある人は練習してみると良いでしょう。 筆でしか書けない味のある字が書けます。 綺麗な字とは|自分らしさが出ている字 書道などの力強い字も綺麗な字と説明しましたが、ボールペンで書く流れた字に関しても綺麗な字と言えます。 年配の人からの手紙では、文字と文字が流れて繋がっていたりする事があります。 こちらの字に関しても汚い字と言われるよりも、達筆だと言われるのではないでしょうか。 このように自分らしさの出た字も綺麗な字です。 綺麗な字とは見る人によって変わりますので、お手本となるような字が綺麗な字とは一概に言う事は出来ません。 そのため練習する際は、自分が綺麗な字と感じる字をお手本に字の練習をしていく事をおすすめします。 ボールペンで書く字は普段から人に見られる事が多いですので、ボールペンでの練習が始めやすいです。 やや右上がりというのは、横線を書く先に角度が約6度程右に上げて書くという事です。 数本の横線がある場合の字に関しては、全ての横線を右上がりに書く事が重要です。 上部と下部の線はしっかり右上がりになって、中央線は下がっているというのは駄目です。 全ての横線をやや右上がりで書く事を意識してみると、バランスの取れた綺麗な字となるでしょう。 何故真っ直ぐな横線ではないかというと、右上がりというのは気持ちが上がるというイメージがあるから言われています。 確かに右下がりに書いた字には、どこか気持ちが下がっているような気がします。 「はらい」のある字に関しては、最後のはらいの部分に重心を置くようにバランスを取るとまとまった綺麗な字になります。 簡単に言うと最後のはらいは、少し右下に低く書くという事です。 はらいが短くなってしまうと、左に傾いた字になってしまいます。 何度も書いて練習する事で、右下の重心はどの辺りになるのか字に対して分かるようになってきます。 字をきれいに書くという事は、字のバランスを見る観察力も必要という事でしょう。 どこまではらいを行えばバランスが良いのか、横線はどこまで伸ばせばバランスが良いのか何度も書いて身に着けましょう。 手紙や文章を書く時は漢字とひらがなを交えて書きますので、漢字とひらがなのバランスが重要となります。 この時漢字大きく、ひらがなを漢字よりやや小さく書く事を意識すると大変バランスのある文章になるでしょう。 やや小さくという事が重要で、極端に変えてしまうとバランスが悪くなってしまいます。 また漢字を小さく、ひらがなを大きくというように逆のバランスも字をきれいに書くには良いコツとは言えません。 練習本などを用いて練習する際は、漢字の大きさとひらがなの大きさにも注目して練習する事をおすすめします。 綺麗な字になったら、手紙を書きたいという気持ちになる事でしょう。 そんな人に関連記事はおすすめで、100均のレターセットを紹介しています。 100均のレターセットは大変可愛い物から、おしゃれな物まで多数揃っています。 ボールペンは親指と中指の爪の横でつまむように持ち、人差し指はそっと添えるだけというようにふんわりと持ちましょう。 字をきれいに書くぞと力みすぎてしまうのは、良くありません。 力が入ってしまうと、固い字になり手が上手く動きません。 また少し難しいですが、ボールペンを持った時の角度は60度~90度が理想です。 この角度の中で、自分の持ちやすい角度を見つけると良いでしょう。 持ちやすい角度は、手首が動き易く自然に持っていられる角度です。 人差し指に力が入る時は、タテ線を書く時だけですのでそれ以外は力が入ってない事を意識しましょう。 筆には2種類の持ち方があり、親指と人差し指の二本で持つ一本がけの「単鉤法」をまずご紹介します。 こちらの一本がけの筆の持ち方は、写経などの小さな字を書く際に使用する持ち方です。 基本的には、鉛筆ばボールペンを持つ時と似ています。 注意点は、親指の向きです。 親指は平行もしくはやや上向きになるように持ちましょう。 この親指の向きを注意する事で、筆が上手く動き書きやすくなります。 手紙などを筆で書こうと思った人は、こちらの持ち方を練習すると良いでしょう。 写経は心も落ち着くと最近では、大変に人気になっています。 こちらの双鉤法という筆の持ち方は、大筆で字を書く時におすすめの持ち方です。 先ほど紹介した一本がけの持ち方は親指と人差し指を主とした持ち方でしたが、双鉤法は中指を加えた計三本の指を主とした持ち方になっています。 一本がけの筆の持ち方に比べて力がさらに入りやすいようになっていますので、力強い綺麗な字を書く事が出来ます。 絵手紙に熟語を書きたい時などには、こちらの二本がけの持ち方で力強い自分らしい字をきれいに書くと良いでしょう。 思いっきり力強く書く事で、ストレス発散にもなります。 綺麗な字を書くには、姿勢も大変重要になってきます。 猫背で書いたり脚を組んで書いたりすると、字が歪んでしまう事も考えられますので綺麗な字を書く事は出来ません。 ダイニングテーブルなど椅子に座る事が出来る場合は、椅子に座って書きましょう。 椅子に座った場合は椅子に深く腰掛けるのではなく、浅く腰掛けます。 テーブルとお腹の間は、握りこぶし1つ分感覚を空けます。 このように座ったら背筋を伸ばし、紙を真上から見れる体勢にします。 真上から見る事で字の歪みなどを注意しながら書けますので、綺麗な字を書くには重要なポイントです。 自分が綺麗な字ではないと感じた時は、まずいつものボールペンの持ち方を見てみましょう。 いつの間にか変な癖が付いてしまった、ボールペンの持ち方になっている可能性があります。 字をきれいに書くには、癖を直す必要があります。 最初の頃は違和感がしますが、毎日意識して正しい持ち方をする事で正しい持ち方が癖になっていきます。 慣れてきた頃には、今までの癖が抜けていると考えて良い頃でしょう。 しかし持ちやすい今までの持ち方は気を抜くとすぐ戻ってしまいますので、注意すべき点でもあります。 線は定規などを使わない、フリーハンドで行う事が大切なポイントです。 字には「十」などの縦線などを書く事がありますので、真っ直ぐな線を綺麗に書けるようになると伸びやかな綺麗な字を書く事が出来ます。 真っ直ぐな線を書くコツは手首で線を引こうとするのではなく、ひじを上手く使うという事です。 ひじを机に乗せないで、手とひじを同時に動かしながら線を引いていきます。 線を引く時に力が入っていると歪んだ線になってしまいますので、力を抜く事も大切になります。 力の抜く練習にもなりますので、大変おすすめです。 こちらの練習方法は、先ほど紹介した真っ直ぐな線を綺麗に書く練習方法と同時進行で行いたい方法になります。 書き方は中心から外周に向けて一筆描きで、ひたすら書いていくという方法です。 こちらの練習方法も最初は、歪んでしまうでしょう。 何故歪んでしまうのかというと、手に力の入り過ぎているからと考えられます。 真っ直ぐな線を綺麗に書く練習方法と同様に、手とひじの使い方をマスターすると綺麗なうずまきが描けるようになってきます。 この練習方法を行う際に重要なポイントは、曲線を等間隔で描くという事です。 曲線と曲線の間を均等にしましょう。 上記で紹介した練習方法が上手く行えるようになってきたら、練習用の本などを用いて実際に字を書いてみましょう。 練習した正しい姿勢と持ち方で、手とひじの使い方と力を抜く事を意識して練習する事を忘れてはいけません。 練習本を用いて行う場合は、見本の字をなぞる練習から行う事がおすすめです。 練習本を使わずに行う場合はパソコンでひらがな50音を印刷し、トレーシングペーパーなどで透かしてなぞる方法を行ってみると良いでしょう。 字が上手くなるには、見本を見ながらひたすら練習する事が大事です。 こちらのアイテムは鉛筆はもちろんボールペンなどの持ち方を矯正してくれるアイテムで、正しいボールペンの持ち方を癖付けたい人に大変おすすめです。 この矯正グリップにはさまざまな種類が販売されていますので、自分好みで選ぶ事をおすすめします。 ボールペンにうずまき状に巻いて使用するグリップや、2段階で矯正出来るように2つのグリップがセットになっている商品などがあります。 うずまき状の商品は、人差し指が離れないようにキャッチしやすいようになっていますし、段階矯正グリップは1段階で指を添える位置の癖付け、2段階で指の当てる位置を癖付けします。 綺麗な字を書きたい時には、ボールペンにもこだわると良いでしょう。 好みなどで選ぶ事もおすすめですが、ペン先が細いと書きやすいと言われています。 新しくボールペンを購入したい人は、関連記事を参考にすると良いです。 関連記事では100均のボールペンを紹介していますので、低価格で購入出来ます。 本屋などに行くと漢字練習ノートなど専門的なノートが販売されていますので、字をきれいに書く練習を行う時にはこちらの漢字ノートを購入する事をおすすめします。 漢字ノートと言いますが、ひらがなの練習にも使えますのでとても万能なノートです。 もし漢字ノートなどのノートが見当たらない場合は、マスのあるメートでしたら綺麗な字を書くための練習には使えますのでマス有りノートを購入しましょう。 小学生低学年が使用する学習ノートなども大変おすすめです。 マスがある事でどこから書き出しどこまで書いていくのか、明確になりますのでバランス良い字が書けます。 本屋でノートを買ったついでに字が上手くなる為の練習本などを購入する場合は、練習本を見本として練習する事が望ましいですがお金を使わないで練習したいと考えている人には、パソコンがあればお金を使わず気軽に練習する事が出来ます。 サイトから見本をダウンロードして印刷する場合と、文章作成ソフトで50音のひらがなや練習したい文面を印刷する方法があります。 どちらも印刷してトレーシングペーパーなどを用いて、なぞる練習を行う事が出来ます。 パソコンがあれば綺麗な字を書きたいと思った時にすぐ始められますので、大変おすすめのアイテムです。 年賀状は、綺麗な字を練習してきた成果を見せる絶好の機会です。 いつもパソコンやお店で年賀はがきを作成している人も、新年の挨拶を手書きで行ってみてはいかがでしょうか。 手書きの年賀状は気持ちも伝わり、新年の挨拶には大変おすすめです。 全て手書きというのは大量に作成する人には大変ですので、絵柄や挨拶の部分は印刷で送る相手に一言書き添えるのは、手書きでなど分けて作成するのも良いでしょう。 また筆で字が上手くなる練習を行った人も、味のある年賀状に仕上げる事が出来ますのでぜひ試したいです。 年賀状の書き方には、マナーがあります。 どんなマナーがあるのか気になる人は、関連記事をご覧になると良いでしょう。 関連記事では、年賀状の基本マナーを紹介していますので大変参考になります。 マナーをしっかり守って、綺麗な字で年賀状を書きましょう。 就職活動の時に重要な履歴書は、面接の人に1番最初に見られる字になります。 中には、字が汚い事を人間性に反映してしまう人もいます。 字が汚い事で面接に落ちてしまうのは大変勿体無いですので、この機会に綺麗な字になれるように練習すると良いでしょう。 綺麗な字を書いている人を見て、賢そうと思った人も少なくありません。 このような事が就職活動の場でもあると考えると、字をきれいに書く人は大変有利になります。 字が上手くなると履歴書の字から、自信のある姿勢も表す事が出来ます。 綺麗な字で気持ちの伝わる手紙を書こう! 字が汚い人は悪い人というわけではありませんが、綺麗な字を書く人はとても余裕に満ち溢れた品のある人と思われる事も少なくありません。 字を書く機会が増えてきたと思った人や自分の字に自信の無い人は、今回紹介した字をきれいに書く練習方法などを参考に気持ちの伝わる自信に溢れた字を書きましょう。

次の

【見本あり】字がきれいになる5つの方法

綺麗な字 書き方

その1. 右上がり六度の法則 その2. 右下重心の法則 その3. すき間均等法 書写教育を専門とする先生が考案した、字形を整えて書くコツは3つ。 まず始めに意識してほしい箇所は、文字の「横画」です。 その1. 右上がり六度の法則 1つ目は、 横画をやや右上がり 約6度 にして書くと、 手書き独特の美しさを引き出せるという法則です。 右下がりを随所に感じる書字は、基本的に締まりがなく、だらしない文字に見えます。 「右肩下がり」という言葉自体が マイナスのイメージを持っていますよね。 同様に、右下がりに見える書き方はどうにも違和感を抱いてしまいます。 これは中国古典の 『九成宮醴泉銘』 きゅうせいきゅうれいせんのめいを分析して発見した原則の1つです。 水平に書いた横線ですら右下がりに見えてしまうため、横画を右上に傾けて書く。 目の錯覚現象を利用した書き方です。 右上がり六度の法則を「美文字」という言葉に当てはめて書いたとき、すべての横画が 気持ち右上がりになっている様子が分かります。 その2. 右下重心の法則 2つ目は、 右下の隅をいちばん低くすると、 文字に安定感が生まれるという法則です。 「右上がり六度の法則」だけを使って書くと、文字が傾いてしまい、落ち着きがない印象を感じます。 そこで、 右下にくる点画に重心を置くとバランスが整い、不自然な見た目を解消できます。 「右上がり六度の法則」と「右下重心の法則」の相互補完によって文字が整って見えるわけですね。 右下重心の法則を「美文字」という言葉に当てはめて書いたとき、 右下へ伸びる払いの箇所がもっとも低くなっている様子が分かります。 字が歪んで見える原因の8割は、「線と線の間に出来た すき間の大きさがバラバラになっているから」と言ってもいいほどで、 隣り合うすき間を均等にして書くことで、崩れた字形を改善できます。 書道の経験がある人だと、 余白を意識しながら書く方法が馴染み深いかもしれません。 文字を書くときは、 すき間の大きさにも注意を払うことで美しくバランスが取れた書字ができるようになります。 すき間均等法を「美文字」という言葉に当てはめて書いたとき、 隣り合うすき間の大きさがほぼ同じになっていますね。 すき間均等法は、あらゆる文字に使える法則です。 手本を観察するときは「すき間が同じ場所はどこかな」と探しながら書写練習してみると、字の上達が早まりますよ。 字がきれいに書ける3つのコツをおさらい 字形よく書くための3つの法則 「六度法」「右下重心の法則」「すき間均等法」をすべて当てはめてみました。 これら3つのポイントを意識するだけで、読みやすい字が書けるようになります。 試してみてください。 このページでは「美文字」という言葉を例にして3つのルールを当てはめて書きましたが、 「他の文字に応用するときは、どういった書き方になるんだろう」 もっと深く知りたい人は、以下の美文字練習帳で さらに詳しいコツを確認できます。 その4. 漢字は大きく、ひらがなは小さく その5. 字間は広く・均等に 単体の文字を整えて書くことが出来るようになると、今度は文章として見たときの第一印象(歪みや統一感のなさ)が気になり始めます。 そんなときは、次の2つのコツを意識してみてください。 読みやすく整った文章が書けるようになります。 その4. 漢字は大きく、ひらがなは小さく 整然とした読みやすい文章を書く秘訣は、 文字の種類ごとに大きさを揃えて書くことです。 文字列を美しく見せる黄金比率• 漢字:10( 大きめに書く)• ひらがな:8( 小さめに書く)• 極端に大きい字が目立つせいか、若干読みにくい文になってしまいました。 これはよくあるコトなのですが、一字ずつ丁寧に書くことに気を取られると、全体を見返したとき、「それぞれの文字が不揃いになっていて なんか読みにくい…」そんな不手際が起こりやすいです。 特に長文形式のレポートや手書き文書を作成する際は、 「漢字は大きめに、ひらがなは小さめに」この点を意識しながら書くことで読みやすさを底上げできます。 字の大きさにメリハリをつけながら書くことで、 文字列が整って見えるようになりました。 その5. 字間は広く・均等に 詰まった字間は圧迫感を感じますし、広すぎる字間もまた言葉の意味が途切れてしまいがちです。 一定の字間を保ちつつ均等に文字を配置していくと、それだけで読みやすい文章になります。 このような読み手に配慮した書き方は、正直面倒くさいですし、疲れます…。 でもですね、こういった美文字のルールを知っておくと、自分なりの 誠意や真心を手書き文字で伝えられるようになるんですよ。 手書き文字がその人の第一印象になる (あえて手書きの履歴書を求める企業は 「読み手のことを考えた資料づくりができるか」を見ている) 採用担当者の目に留まりやすい「履歴書」が書ければ、書類選考の段階でその熱意は相手にきっと伝わりますし、 きれいな字が書けるスキルは、人生のターニングポイントでちょっとした 処世術になることも(私自身、かなり経験しています)。 「字の上手下手は生まれつき決まっている」そんな話をたまに聞きますが、私はある一定のレベルに達するまでは、個人の才能は無関係だと考えています。 やれば出来るんです。 誰でも。 ただ、「上手な体の使い方」の研究が進んでいるスポーツ分野と比べて、 字の上達法はかなり前時代的でして… それはたとえば、 抽象的なアドバイス 「手本をよく見て」「ゆっくり書く」 「丁寧に書く!」 根性論ありきのアドバイス 「根気よく」「一生懸命」 「書けるようになるまで書く!」 などなど、上達を実感するまでにどうしても時間がかかってしまうんですね。 でも実は 意識するだけで即効性があるテクニックもあるんだよということで、ちょっとした書き方のコツを紹介してみました。 自分の字にさじを投げてしまった人でも、できる範囲でひとつずつ実践していくと、クセ字が徐々に直っていきますよ。 「ひょっとしたら私、不器用なのかも…」と感じた人は、 指先を滑らかに動かす準備運動から始めてみませんか。 まずはシンプルな形(カタツムリ)から書いてみましょう。

次の