サラダレシピ。 サラダチキンを使った簡単レシピ6選|自家製サラダチキンの作り方も紹介 (1/1)

手軽に自家製で!サラダチキンのレシピ/作り方:白ごはん.com

サラダレシピ

サラダチキンの味付けについて 白ごはん. comのサラダチキンは 鶏むね肉に半日ほど下味をつけて、それを蒸らし煮でふっくら加熱するという作り方です。 はじめにボウルにAの調味料類を混ぜ合わせます。 にんにくはほんの少しでOKで(チューブで言えば0. 3~0. 5㎝分ほどで)、生姜は10g弱を皮ごとすりおろして、しぼり汁だけを加えます(生の生姜が香りもよいのでおすすめ)• レモンのしぼり汁、砂糖と塩、こしょう(好みでたっぷりめでも美味しい!)、さらに水と酒も加え、すべての材料をボウルに合わせたらよく混ぜ合わせます。 はじめて作る場合はぜひ全部そろえてみてください(ただ、レモンとにんにくは必須ではないです。 なければないでも美味しくできます) サラダチキンの胸肉に下味をつける 鶏むね肉は皮を除き、余分な脂が多くついていれば取り除きます(大きさは300~400gとしていますが、ある程度幅があっても問題なく作れます)。 つづいて、下味が入りやすいように金串や竹串、爪楊枝などを使って両面を突きます。 私は細めの串で片面30~40回ずつくらい突いています。 下ごしらえのできた鶏むね肉をビニール袋や小さめのボウルなどに入れ、先に用意したAをすべて加えます。 ビニール袋なら空気が入らないように封をして、 冷蔵庫に移して半日から1日ほど置いて味をなじませます。 味をなじませた後に加熱します。 ボウルの場合は、途中2~3度上下を入れ替えて味のしみ込みを均等にするとよいです。 ここで、加熱時に飛ぶ水分を補う目的で、 酒と水を各大さじ1ずつ追加で加えます。 これはあれば入れるくらいでOK。 なければ省いてください。 鍋を弱めの中火にかけ、蓋をして加熱し沸騰を待ちます。 沸騰したら、 火加減を弱火に落とし、蓋をしたまま5分間ことことと蒸らし煮します。 5分たったら、蓋をはずして上下を反転させます。 再び蓋を戻して 5分間蒸らし煮します。 合計10分後に火を止めて、 蓋をした状態でそのまま冷まします(余熱でも鶏肉にじんわり火が通ります)。 粗熱が取れて冷めたころに鶏肉の中央を指でさわってみてください。 しっかり弾力があれば芯まで火が通った証拠です。 そうなれば、保存容器に汁ごと移します。 自家製サラダチキンの保存と食べ方 冷めてから汁ごと保存容器に入れたサラダチキンは 【冷蔵庫で3日ほど、冷凍すれば1か月ほどが保存の目安】となります。 食べやすい4~5㎜幅に切ったら、器に盛り付け、まずはシンプルに残ったサラダチキンの汁をかけたり、オリーブオイルやマヨネーズをかけたりしていただきましょう。

次の

サラダチキンを使った簡単レシピ6選|自家製サラダチキンの作り方も紹介 (1/1)

サラダレシピ

サラダチキンの味付けについて 白ごはん. comのサラダチキンは 鶏むね肉に半日ほど下味をつけて、それを蒸らし煮でふっくら加熱するという作り方です。 はじめにボウルにAの調味料類を混ぜ合わせます。 にんにくはほんの少しでOKで(チューブで言えば0. 3~0. 5㎝分ほどで)、生姜は10g弱を皮ごとすりおろして、しぼり汁だけを加えます(生の生姜が香りもよいのでおすすめ)• レモンのしぼり汁、砂糖と塩、こしょう(好みでたっぷりめでも美味しい!)、さらに水と酒も加え、すべての材料をボウルに合わせたらよく混ぜ合わせます。 はじめて作る場合はぜひ全部そろえてみてください(ただ、レモンとにんにくは必須ではないです。 なければないでも美味しくできます) サラダチキンの胸肉に下味をつける 鶏むね肉は皮を除き、余分な脂が多くついていれば取り除きます(大きさは300~400gとしていますが、ある程度幅があっても問題なく作れます)。 つづいて、下味が入りやすいように金串や竹串、爪楊枝などを使って両面を突きます。 私は細めの串で片面30~40回ずつくらい突いています。 下ごしらえのできた鶏むね肉をビニール袋や小さめのボウルなどに入れ、先に用意したAをすべて加えます。 ビニール袋なら空気が入らないように封をして、 冷蔵庫に移して半日から1日ほど置いて味をなじませます。 味をなじませた後に加熱します。 ボウルの場合は、途中2~3度上下を入れ替えて味のしみ込みを均等にするとよいです。 ここで、加熱時に飛ぶ水分を補う目的で、 酒と水を各大さじ1ずつ追加で加えます。 これはあれば入れるくらいでOK。 なければ省いてください。 鍋を弱めの中火にかけ、蓋をして加熱し沸騰を待ちます。 沸騰したら、 火加減を弱火に落とし、蓋をしたまま5分間ことことと蒸らし煮します。 5分たったら、蓋をはずして上下を反転させます。 再び蓋を戻して 5分間蒸らし煮します。 合計10分後に火を止めて、 蓋をした状態でそのまま冷まします(余熱でも鶏肉にじんわり火が通ります)。 粗熱が取れて冷めたころに鶏肉の中央を指でさわってみてください。 しっかり弾力があれば芯まで火が通った証拠です。 そうなれば、保存容器に汁ごと移します。 自家製サラダチキンの保存と食べ方 冷めてから汁ごと保存容器に入れたサラダチキンは 【冷蔵庫で3日ほど、冷凍すれば1か月ほどが保存の目安】となります。 食べやすい4~5㎜幅に切ったら、器に盛り付け、まずはシンプルに残ったサラダチキンの汁をかけたり、オリーブオイルやマヨネーズをかけたりしていただきましょう。

次の

サラダチキンを使った簡単レシピ6選|自家製サラダチキンの作り方も紹介 (1/1)

サラダレシピ

材料 (7~8人分) じゃがいも5個 *人参 千切り 1/2本 *きゅうり(スライス)4本 *玉ねぎ スライス 1/2個 卵10個 ロースハム150グラム マヨネーズ適量 塩コショウ適量 1.じゃが芋は一口サイズに切り10分ゆでます。 2.じゃが芋のお湯を捨て少し乾煎りしてボールに移し熱いうちに潰し、よくさまします。 3.*印の材料は塩揉みして水分を切ります。 4.ロースハムは短ざくに切ります。 5.卵は固ゆでにしよくさまします。 飾り用に卵黄を2~3個よけておけば出来上がりも綺麗です。 6.全ての材料がさめたらマヨネーズ・塩コショウで味付けをします。 7.お皿に盛り付け最後に残しておいた卵黄をすりおろすと凄く綺麗になります。 ポイント ・卵は固ゆでにし卵黄を2~3個すりおろし用によけておく事 材料 (4人分) ジャガイモ中5個 ハム4枚 きゅうり1本 卵2個 酢大匙2 マヨネーズ大匙5 1.ジャガイモは皮付きで丸のままゆでる。 圧力鍋で高圧10分。 又は普通のなべで30分~40分。 茹で上がったらお湯を捨てて皮をむいて芋を空のなべに戻して、揺らしながら粉吹きにする。 かなりしっかりと水分を飛ばしてください。 2.水分が飛んでからお酢をまわしかけてさらになべを揺らし、しっかりと下味をつける。 ボールに移す。 3.半熟卵を作って半分に切って黄身はそのまま、白身はみじん切りにしてボールのポテトの加える。 ハムも小さくきってボールへ。 きゅうりは薄切りにして塩もみして10分放置して水分をしっかり絞ってからボールへ。 4.マヨネーズと塩コショウ少々して、しっかり混ぜてよく冷やして食べる。 5.ジャガイモ中といってもいろいろな大きさがあるようで、人によってはお酢がきつすぎるようなので、 6.お酢の量は大匙1. 5から3の間で加減が必要なようです。 ポイント ・粉吹きにする時しっかり水分を飛ばすこと。 お酢で下味をつけること、半熟卵でクリーミーに仕上げること。 2.薩摩芋と林檎は皮付のまま1. 5cm角に切ります。 薩摩芋は水にさっとさらし、蒸すか茹でます。 (蒸す方が美味しい) 3.胡桃は乾煎りし、粗みじんに切ります。 ベーコンは5mm幅に切り油を敷かないフライパンでこんがり焼きます。 4.レタスやその他のハーブ野菜はさっと洗って水気を拭き取りお皿に盛り付けます。 5.食べる直前にドレッシングをかけます。 黒胡椒をお好みで挽きます。 塩適宜をふってしばらく放置します。 葉は茹でて水気を良く絞って3~4cm長さに切る。 2.カブから水分が出たら、ぎゅっと絞る。 ペーパータオルでつつんでしっかり水気を切る。 ツナは油を切る。 3.カブ、葉、ツナ缶、マスタードを合わせ良く混ぜ皿にもり、エキストラバージンオリーブオイルをふる。 ツナは80g缶半分使用。 カブは水分をしっかり切って。 マスタードはお好みで増量してね。 材料 ( 2人分 ) 鶏胸 200g オレンジ 1/2個 マヨネーズ 大2 粗挽き胡椒 適宜 塩 少々 コアントロー 小1 レタスなど生食葉野菜 50gくらい 作り方 1.鶏胸は、酒と塩を振り、ラップをしてレンジで4~5分蒸し冷まして細く割いておきます。 2.オレンジは、皮の白いところが入らないように剥き、繊切りにして茹でて水にさらして、小さじ1杯くらい使います。 3.身から果汁を大1取ります。 好みで果肉も入れても良いですが、味が少し薄くなるので塩を足して下さい。 4.鶏、オレンジの皮、果汁(果肉)、マヨ、塩胡椒、コアントローをあえます。 5.レタスの上にあえた物を盛りつけ、粗挽き胡椒を掛けます。 紫玉ねぎとセロリは縦薄切り、小口ネギ、香菜、セロリの葉は2㎝長さに切る。 タバスコの代わりに粉唐辛子や輪切り唐辛子、生唐辛子でももちろんOKです 3.フライパンにオリーブ油をしき、1の人参と豚ひき肉を分けて入れて炒める。 豚ひき肉に火が通ったら人参と混ぜて炒め合わせる。 4.3の火を止めて、1の紫玉ねぎとセロリを加えて混ぜる。 余熱で紫玉ねぎに火が入り、玉ねぎの辛さが少なくなります 5.4に1の小口ネギ、セロリの葉、香菜、ピーナッツと2のタレを加えて混ぜる。 ポイント 紫玉ねぎ 玉ねぎ は水にさらさなくても、4で炒めた人参と合わせるので辛くないですよ。 3の人参は好みの固さに炒めてください。 タレは、レモン搾り汁だけではなくて、季節の柑橘類を使うと香りもよくておいしいです。 材料 ( 2人分 ) キャベツ 大きめの葉2枚 塩 ほんの少し ペペロンチーノオイル レシピID:1941024 大1 生ハム 適量 レモン汁 小1 昆布茶 粉末 ひとつまみ 作り方 1.キャベツは芯の部分を取って5mm幅の千切り。 芯の部分は薄切りにしておく。 2.キャベツに塩をふりかけて少ししんなりするまで優しく揉んで5分ほど置いておく。 3.薄切りを5mm幅に切った生ハムとペペロンチーノオイル、レモン汁、昆布茶をキャベツとあえる。 4.冷蔵庫で冷やして完成! ポイント キャベツは優しく優しく揉んで下さい。 2.サラダ油を敷いて卵を入れ、入り卵を作り、冷まして置く。 カニカマは手でさいておく。 材料 ( 4人分 ) ・ジャガイモ 中5個 ・ハム 4枚 ・きゅうり 1本 ・卵 2個 ・酢 大匙2 ・マヨネーズ 大匙5 作り方 1.ジャガイモは皮付きで丸のままゆでる。 圧力鍋で高圧10分。 又は普通のなべで30分~40分。 茹で上がったらお湯を捨てて皮をむいて芋を空のなべに戻して、揺らしながら粉吹きにする。 かなりしっかりと水分を飛ばしてください。 2.水分が飛んでからお酢をまわしかけてさらになべを揺らし、しっかりと下味をつける。 ボールに移す。 3.半熟卵を作って半分に切って黄身はそのまま、白身はみじん切りにしてボールのポテトの加える。 ハムも小さくきってボールへ。 きゅうりは薄切りにして塩もみして10分放置して水分をしっかり絞ってからボールへ。 4.マヨネーズと塩コショウ少々して、しっかり混ぜてよく冷やして食べる。 5.ジャガイモ中といってもいろいろな大きさがあるようで、人によってはお酢がきつすぎるようなので、 6.お酢の量は大匙1. 5から3の間で加減が必要なようです。 ポイント ・粉吹きにする時しっかり水分を飛ばすこと。 ・お酢で下味をつけること、半熟卵でクリーミーに仕上げること。 材料 ( 3〜4人分 ) ・サニーレタス 30g ・ベビーリーフ 30g ・ミニセロリ 20g ・プチトマト 5個 ・りんご 50g ・くるみ 20g ・ドライクランベリー 20g ・ベーコンスライス 2枚 ・サワークリーム 10g ・フライドガーリック 3g ・塩 1g ・白ワインビネガー 10g ・オリーブオイル 20g ・粗挽き胡椒 少々 作り方 1.りんごはひとくち大に切り、塩水につけて置く。 くるみは乾煎りする。 ベーコンは2cmくらいに切り、フライパンで焼く。 2.サニーレタスはひとくち大にちぎる。 ミニセロリは4〜5cmに切る。 プチトマトは半分に切る。 3.ドレッシングを作る。 塩をビネガーで溶かし、オリーブオイル、粗挽き胡椒を加え、良く混ぜる。 4.葉物野菜をさっくりと混ぜ器に盛り、りんご、ベーコン、フライドガーリック、くるみ、クランベリー、サワークリームを飾る。 5.ドレッシングは別添する。 かける前に良く混ぜる。 豚ロース肉を広げて、水菜をのせて巻く。 同様に5個作る。 2.器にぬらして軽くしぼったクッキングペーパーを敷いて1並べる。 その上にも同様のクッキングペーパーを材料がかくれるようにかけて、 レンジ(500W)で約4分加熱する。 3.2のクッキングペーパーを全て取り除いた後、食べやすいように半分に切る。 再度盛りつけ、ドレッシングをかけて、4等分のくし形切りにして さらに長さ半分に切ったゆで卵を添える。 ポイント ・器はレンジ加熱可能なものをご使用ください。 ・レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。 ・クッキングペーパーは厚手のものを使用してください。 ・乾いたクッキングペーパーの上に直接肉を置くとくっついてしまうことがあるので、 必ずぬらして使用してください。

次の