マグマ パンツ。 MAGMA PANTS マグマパンツとアルパインライトパンツ

MAGMA PANTS マグマパンツとアルパインライトパンツ

マグマ パンツ

購入までの経緯 ノースフェイスのMAGMA PANTS マグマパンツ NB31911 を買った。 数年前からアルパインライトパンツをヘビロテで履いているが、そろそろ飽きてきた事もあり、 新しいズボンを物色していたらマグマパンツを発見したのである。 アルパインライトパンツはかなり気にっているけど、少しだけ気になっている点がある。 ロゴが白で少し目立つ• 生地が厚く、暖かい時期には蒸れる なので、新しいパンツを探す際のポイントは下記であった。 シルエットがアルパインライトパンツ同様にスリムで美しいこと• ロゴが目立たないこと• 生地が薄いこと これらのポイントを重視しながら探していた際に見つけたのがマグマパンツである。 自分が求めている点を全て満たしており、試着した際のフィット感も抜群だったので即買いしてしまった。 値段は税込み16,200円と決して安くはないが、長く履けるだろうし、満足感と頻度を考慮するとむしろ安いのではと思ってしまう。 アルパインライト(右)とマグマパンツ(左) ロゴはアルパインライトパンツが右足に対して、マグマパンツは左足に付いている。 公式ページの説明にはこのように書いてある。 雨や汗で濡れても快適さをキープするドライタッチのパンツ。 軽量で疎水性の高いポリプロピレンを使用しており、汗冷えや濡れ戻りを抑制して衣服内をドライな状態に保ちます。 生地には撥水加工を施し、多少の雨は弾きます。 タイトなシルエットながら、ポリウレタンを混紡していることでストレッチ性が高く、スムーズな脚上げを妨げません。 静電気の発生を抑える静電ケア設計採用。 夏のトレッキングや水辺でのキャンプなど、幅広いシーンで活用できる1着です。 アルパインライトパンツとはシーンによって使い分けできそうだ。 履いてみた感想 実際に履いてみた感想は下記である。 シルエットが美しい• ウェスト調整が楽そう 軽い 薄めの生地ということもあり、軽い。 生地もアルパインライトのすべすべした感触に比べたらザラザラしている。 まだ買ったばかりだからなのか、使い込んでいくとザラザラ感が少し丸くなっていくのかは今後確認しようと思う。 軽くて生地が薄いのでコンパクトになり、出張や旅行の際には重宝しそうだ。 荷物をミニマムにしたいときにはマグマパンツ一択となると思う。 通気性がいい事と生地が薄い事もあり、風を通して寒い。 このパンツは春〜秋が最適で、冬はアルパインライトパンツの方が適していると思った。 シルエットが美しい アルパインライトパンツとのスペック比較は下記になる。 (Mサイズ ウエスト囲 ヒップ囲 ワタリ 股下 脇丈 裾幅 マグマパンツ 88 101 34 75 101 17 アルパインライトパンツ 74 101 33 76 101 18 似たようなスペックであるがマグマパンツはウエストが大きく、裾が小さいので少しシュッとした印象をうける。 ただ、実際に履いた感じではほとんど差がない。 両者を比べてみてカタログスペックと少し違うなと感じたのは股下である。 比較の仕方の問題かもしれないが、マグマパンツの方が長いように見えた。 実測でアルパインパンツの367gに対してマグマパンツは230gと137gほど軽い。 アルパインライトパンツ マグマパンツ ウェスト調整が楽そう アルパインライトパンツのウエスト調整はゴムと紐である。 地味に紐を結ぶのが面倒だったりする。 一方、マグマパンツはプラスチックの金具を引っ掛けるダイプである。 最初に紐の長さを調整しておけば、それ以降はワンアクションである。 大したことないかもしれないが、自分にはポイントが高い点である。 まとめ 今回購入したマグマパンツはヘビロテ間違いなしである。 前述したポイント以外に前の2つのポケットにジッパーが無いという違いはあるが、それほど問題ではない。 おそらくアルパインライトパンツの出番はかなり減り、寒い時期に限られると思われる。 ある意味、街で履く分にはマグマパンツはアルパインライトパンツの上位互換であると考えている。

次の

アルパインライトパンツを超えるネクストブレイクパンツはどれだ?!|YAMA HACK

マグマ パンツ

太すぎず細すぎず、スタイルが良く見えますよね。 肌触りがよくてストレッチの効きもいいので、一年中使いたいパンツです。 裾にゴムが入ってるので、裾を絞ったり、ロールアップしやすいのもいいですね。 ミーハーなだけじゃなかった…話を聞く限りかなり優秀なパンツのよう。 アルパインライトパンツは、足上げがしやすいテーパード形状になっておりストレッチ性も抜群。 厳しい環境下でも使用できる機能性の高さに加え、動きやすさ、さらに柔らかく滑らかな生地感に多くのファンが魅力されています。 ハイキングからクライミング、普段使いなど幅広いシーンで大活躍する、汎用性の高い優秀パンツなんです。 アルパインライトパンツについてはコチラもチェック! 作成:YAMAHACK編集部(画像クリックすると拡大) まずはそれぞれのスペックをチェックしてみましょう。 4つを比較すると、一番値段が高いのが右から2つ目のハンマーヘッドパンツ。 しかしそれと比例し、重量に関しても頭一つ抜け出ていますね。 これは生地感について要チェックの模様! また、一番右にあるドーローライトパンツにはレディースサイズはなくメンズのみの展開だったため、今回はメンズで比較することに。 ではスペックを確認したところで、実際の使用感にはどんな違いがあるのか?3点について、編集部で検証してみました。 まず最初はシルエットを検証しましょう。 ドーローパンツは、表面は少しザラっとしてるんだけど、薄くてちょっとチノパンを想像させる生地感。 どちらかというと普段使いしやすそうなパンツだね。 生地感 (薄い順) 柔らかさ (柔らかい順) 肌ざわり アルパインライトパンツ 3 1 しっとり柔らかい。 マグマパンツ 1 4 少しザラっとしている生地感。 薄くて軽いので、すぐ乾きそう。 ハンマーヘッドパンツ 4 2 しっとり柔らかい。 アルパインライトパンツに一番似ている。 ドーローライトパンツ 2 3 マグマパンツまではいかないが、表面がザラッとしている。 チノパンツを思わせる見た目。 最後に、ポケットやウエスト部分など細かい点に注目してみました。 《マグマパンツ》 撮影:YAMAHACK編集部 編集部メンバー3人の心を掴んだのが、ドーローライトパンツ。 他のパンツと違い少しカジュアル見えたパンツですが、何が魅力だったのか聞いてみます。 ・軽くて薄手がいい。 夏アルパインライトパンツだとちょっとあついなーと思っていたので、低山・日帰りハイクや普段でも使いたい。 ! ・パジャマ感覚で普段使いしやすそう。 ・アルパインライトパンツと比べるとゆったり目なので、別のシルエットのパンツの方が使いやすいかも。 ・リラックスパンツなので、移動中もラク。 ・ボルダリングとかでも使いやすそう。 でもアルパインクライミングするにはちょっと難しいかも。 なるほど…ゆったり感にポイントが集まった様子。 生地感的にも使いやすそう、という声も多く上がりました。 レディースがないため、今後のレディース展開にも期待しています。 2票獲得!マグマパンツ 撮影:YAMAHACK編集部 他2本に比べ、しっかりとした生地感で値段が高めのハンマーヘッドパンツ。 個人的には履いた時のシルエットは一番きれいだと感じました。 ネックは値段か…?! ・自分は重さを気にしないので、履いてて一番ガッツリ包み込まれている安心感がある ・街で履いてもハズしとして使える ・股の開きが一番スムーズ。 動かしやすい ・シルエットが一番アルパインライトパンツに近く、アルパインライトパンツをさらに強くした感じなので、使い勝手がいいのではないか。 生地がしっかりしている分、重量感を感じるこのパンツ。 ハードな登山道へ行くときや、少し寒い時季などの2本目にはピッタリですね! 季節や山行シーンに合わせて使い分けたい THE NORTH FACEのパンツ.

次の

Amazon

マグマ パンツ

シルエットと快適さが素晴らしい 普段使いからスポーツまで幅広く使えると思い購入しました。 身長180cm程度なのでLサイズを購入したらぴったり! 細身のシルエットでストレッチが効いていて動きやすく快適です。 ウェストのゴムもちょうどよく、ポケットに財布や携帯を入れて紐を締めずに動いていてもウェストが下がってきません。 裾がすっきりしているので自転車のチェーンにも引っかかりづらいです。 膝周りは立体裁断で、ウエスト内部に埋め込まれたコードを引いて簡単にサイズ調整できます。 クライミングのために作られているため透湿性と撥水性を備えており、登山にも最適です。 機能性はもちろん、そんな悩みを解消できるパンツをピックアップしました。 それでは編集部おすすめの細身の登山パンツを紹介します。 テーパードタイプの登山パンツは裾どうしの干渉もなく、足さばきが抜群。 夏用にしては若干厚めですが、サラッとした着心地で真夏も蒸れる事は なさそうです。 裾まで太めのパンツが多い中、こちらの商品は全体が細身です。 特に膝下が細くなっていてもたつかないのがとてもいいです! ストレッチ性もあるので履き心地よく、見た目もスッキリで機能性も良く とても気に入っています。 身長163cm・体重48kg 下半身太目。 sizeはMでピッタリでした。 メーカー表記ではレギュラーフィットでも、すっきり細めの見た目です。 横方向ストレッチ性と12サイズ展開で、細かなサイズ選びが可能。 生地は中厚手で撥水加工されているので、年間通して履けるパンツです。

次の