中森明穂 死因。 中森明穂(明菜の妹)の学歴は?若い頃はアイドルで兄弟仲は?結婚や子供と急逝の理由は何?

中森明穂(52)、死亡 死因は肝硬変

中森明穂 死因

衝撃の訃報が飛び込んできた。 中森明菜(53)の妹で、元アイドルの明穂さんが世を去っていた。 52歳の若さだった。 「肝硬変でした。 亡くなる2週間ほど前から、ヘルニアも併発して……。 毎日、ベッドの上でしゃべったり、看護師さんに付き添われてお風呂に入れてもらったりして、 亡くなる2、3日前に見舞いに行ったときも、元気そうだったんです。 亡くなったのは、5月27日。 急に危篤だからと、病院から電話があって……。 それで、きょうだいも集まって、お見送りしました」 末娘の最期を、振り絞るように本誌に明かしたのは、父の明男さん(85)だ。 葬儀から8日後の6月6日、自宅から出てきた明男さんを、本誌が直撃した。 亡くなった2日後の5月29日。 明穂さんの葬儀が、東京都清瀬市の葬祭ホールで、しめやかに営まれた。 火葬場は併設されていないものの、最大120人ほどが参列できる、多摩地区で最大規模の葬祭場だ。 セレモニーホールには中森家の親族も勢ぞろいしたという。 yahoo. まだ52歳という若さだったんですね。 どうやら肝硬変でお亡くなりになったよう。 肝硬変は肝臓の組織が硬くなり、本来の働きをしなくなってしまう病気。 明穂さんはヘルニアも併発されていたようで、 とてもつらい闘病だったのではないでしょうか。 中森明穂さんの経歴やプロフィール — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y• 名前:中森明穂(なかもり あきほ)• 出身地:東京都清瀬市• 血液型:B型• 備考:元女優で中森明菜の実妹 中森さん一家は、父・明男さん、母・千恵子さん、 6人兄弟(二男四女)という家族構成でした。 兄弟全員の名前には「明」という文字が入っているようで、 明穂さんは、明菜さんの1つ下の妹で末っ子になるそうです。 姉の明菜さんを追うように芸能界に入った明穂さん。 初仕事はラジオのパーソナリティーで「お姉ちゃんに負けずに頑張ります」と 意気込んでいたんだとか。 その後、女優の道へと進みテレビドラマにも出演 「月曜ドラマランド・スケバン保母さん ツッパリ風雲録」や「赤ちゃんに乾杯! 」 などに出演されていたようです。 1998年に開催された、芸能人が集まったミニバイクレースにも出場。 この頃はトップアイドルとして活躍していた明菜さんも応援していましたが・・・。 「明菜さんの妹」ということでしか売れていないと噂されることもあり、 過激な写真集やビデオをを発表することになります。 その内容を聞いた明菜さんは激怒し、撮影に反対したそうですが、 明穂さんはそれを押し切り作品を発表。 発売前は話題を呼んだものの売上の方はイマイチという結果に終わり、 明穂さんは表舞台から姿を消すことになりました。 明菜さんとはこの頃から関係が断絶したとのことです。 明穂さんの晩年は父親と一緒に住んでいたそうで 「明穂と2人でこの家に住んでいましたから……。 ひとりぼっちになっちゃった。 お葬式をやったばっかりで、すぐに納骨するのは寂しい。 家族内でも、なるべく骨は置いておこうよって話しています」 お父様もこのようにコメントされていますので、 明穂さん自身は結婚はされていなかったのではと思います。 もしくは結婚されていたとしても、すでに旦那様を亡くされていたのかなと。 調べてみましたがはっきりした情報は出てきませんでした。 スポンサーリンク 中森明穂さんの実家の場所は? 明穂さんの葬儀は、東京都清瀬市の葬祭ホールで行われたとのこと。 出身地も清瀬市となっていますので、実家があるのは「清瀬市」で間違いないと思います。 詳しい場所について調べてみると、中森明菜さんのファンのブログに 中里3丁目の看板の画像があり、実家近くと書かれていました。 「家族が明菜に知らせようとしたみたいだけど……。 『連絡が取れなかった』とか、 『都合が悪いみたい』とか言っていました。 結局、明菜は来なかったんです」 明穂さんは「姉ちゃんに会いたい」と願っていたようですが、 関係修復には至っていないようです。 中森明穂の「近藤真彦は屑」とは? 中森明穂さんを調べていると「近藤真彦は屑」と出てきます。 これは一体どういうことなんでしょうか? 明穂さんと近藤真彦さんに直接の接点はなく、 関係があるのは姉の中森明菜さんです。 中森明菜さんと近藤真彦さんは過去に交際しており、 一時期は結婚秒読みとまで言われていましたが、近藤真彦さんの浮気がスクープされ 2人は破局してしまいます。 この時の浮気相手というのは松田聖子さんでした。 報道がきっかけとなり、明菜さんは命を絶とうとしたと言われています。 明菜さんの信頼を裏切り、世間からのバッシングを浴びた近藤真彦さんですが、 「金屏風事件」で批判は激化することになります。 その事件とは、中森明菜さんと近藤真彦さんの記者会見で 2人の後ろには「金屏風」が置かれていました。 会見で金屏風と言えば結婚をイメージするのが普通です。 熱愛報道があったことから、世間もマスコミも 結婚報告会見と思っていました。 近藤さん側 ジャニーズ側 は中森さんに嘘をついてマスコミの前に引きずり出し、 騒動の謝罪をさせたと疑惑が持たれています。 さらにメリー喜多川氏から「近藤とは関係ないと言え」と指示され 中森明菜さんは近藤真彦さんとの熱愛を否定したと言われています。 このような誠意を欠く最低の行為をしたことから 現在でも「近藤真彦は屑」というワードが出てくるようです。 スポンサーリンク.

次の

中森明穂が近藤真彦は屑?実家の場所や死因は?

中森明穂 死因

そして、1988年秋には写真集やイメージビデで裸体を披露したのですが、これに対して中森明菜さんは反対し続けていたものの、中森明穂さんは反対を押し切って大胆な姿を披露し、これが原因で2人の仲が悪化して関係を断絶したとされており、明穂さんはこの後に芸能界から姿を消しました。 また、当時週刊誌には男性を巡るトラブルも報じられたことがありましたが、真偽のほどは定かではありません。 毎日ベッドの上でしゃべったり、看護師さんに付き添われてお風呂に入れてもらったりして、亡くなる2、3日前に見舞いに行った時も元気そうだったんです。 亡くなったのは5月27日。 急に危篤だからと病院から電話があって……。 それで、きょうだいも集まってお見送りしました」と語っています。 ちなみに、中森明穂さんは独身で、父・明男さんとの2人暮らしだったのですが、2010年ごろに交通事故で右足に大ケガを負い、手術を3回受けたものの、ケガの後遺症で足が不自由となり、引きずるようにしか歩けなくなってしまったとのことです。 中森明穂さんが亡くなってから2日後の5月29日に、東京・清瀬の葬祭ホールで葬儀が営まれたといい、中森家の親族が勢揃いしたそうなのですが、 家族とは絶縁状態にある中森明菜さんは参列しなかったといいます。 父・明男さんは、 「家族が明菜に知らせようとしたみたいだけど……。 『連絡が取れなかった』とか、『都合が悪いみたい』とか言っていました。 結局、明菜は来なかったんです」と語り、中森明穂さんが 「姉ちゃんに会いたい」と願っていたことも明らかにしています。 しかし、それは最期まで実現することなく、中森明穂さんは5月27日に亡くなられてしまったのですが、中森明菜さんが家族との関係を絶った背景には、実家や親戚との金銭トラブルがあり、これによって明菜さんと家族の間に大きな溝が生じてしまいました。 お姉ちゃんたちも会いたがっています。 明穂の最期がこういう状態だったということは、明菜に伝えておきたいですから……」と語っていたとのことです。 この報道を受けてネット上では、• 明菜さんの両親は、今でいう毒親の典型• 結局は金なのわかってるから縁切ったんだよ• 身内の事をペラペラ喋り、一方的な見方を押し付ける家族を持つ明菜さんに同情します。 家庭内、個人的な事を全国に話す父親はとても慕えない。 会う、会わないは、それぞれ当事者にしかわからない事情もあるでしょうし、他人が口出せることではないでしょうね。。 今は絶版の本『心の履歴書』では、母親は明菜を独立させるとちらつかせ事務所に無断で明菜さんの給料を前借りしてた。 明菜さんが子供の頃にお母さんがお酒を呑みながら「明菜なんていなければ」と言い泣いていた。 と語っています 毒親を持つと明菜さんも明穂さんも大変だったと思います• 若い時から親、兄妹から金銭をむしり取られ、明菜は疲れたんでしょう。 身内にも男にも裏切られた傷は深いよ。 私でも絶縁するわ…家族だからって何でも許せるわけじゃないもの。 離れている方がお互い幸せな場合もある• たとえ一瞬でも葬儀に出たらワイドショーネタにはなるし参列者に迷惑かかるし、また仲の事などを空気も読まず質問するマスゴミに追いかけ回されるから参列できないでしょう。 しかも明菜ちゃん自身、メンタル面が大変な状態だから。 ファンクラブの会報みても、辛そうですし、表舞台に無理して出てこなくても、ファンはずっと想ってますからと祈る日々です。 印税でのんびりして欲しい。 日本に戻って欲しいけどニューヨークでのびのび暮らしててね。 などのコメントが寄せられています。 中森明菜さんが、20年以上前から家族との連絡を一切シャットアウトし、絶縁状態となっているのはそれなりの理由があり、まず家族との金銭問題で、明男さんは2013年10月に『女性自身』の取材に対して、明菜さんが家族と絶縁に至った原因について、 「それは、明菜が私たち家族に『自分のお金を勝手に使われてしまった』と、固く信じ込んでいるからなんですよ。 明菜は、当時の事務所のスタッフから『清瀬(の家族)にいっぱいお金が行っていて、大変なんだよ』と言われたそうです」と明かしています。 その当時、中森明菜さんは家族が経営のスナック、中華料理店、他にもビルなどの購入資金を負担、さらに一時期は母・千恵子さんが明菜さんの給料前借しを所属事務所に要求するなど、家族が明菜さんの収入をアテにして生活を送るなどしていたとされています。 1994年に出版された『中森明菜心の履歴書 不器用だから、いつもひとりぼっち』では、 「愛情をあまり受けずに育ちましたから。 だからその分ね、よく孤児院なんかで育った子が、絶対自分は温かな家庭をつくるんだって言ったりする、それと同じでね、人には絶対イヤな思いをさせたくないの。 」と語っています。 また、これまでに様々な人に裏切られたことについて、 「でもそれはいいの、物をもっていかれるのはいいの。 けど、いっしょに心を持っていかれるは耐えられないの……」「……だったら『私はあなたの財産目当てです』って言って、パッと逃げちゃってくれたほうがいい、心を見せるフリなんかしなくて……」といったことも語っており、家族との間に溝が生じた原因もお金だけの問題ではない可能性があります。 そして、中森明菜さんは現在あまり体調が良くないようで、2016年と2017年には全国各地でディナーショーを開催したものの、昨年ディナーショーは行っておらず、20年以上前から絶縁状態にある家族と顔を合わせるほど心に余裕は無いとみられます。 中森明穂さんが亡くなったこともあり、親としては少しでも顔を見せて欲しいという思いがあるかもしれませんが、わだかまりが一切解消されていない様子なので今後もこの状態は続くのではないでしょうかね。

次の

中森明穂 実家場所どこ? 明菜と似ていないで姉妹分裂,近藤真彦は屑って何?

中森明穂 死因

衝撃の訃報が飛び込んできた。 中森明菜(53)の妹で、元アイドルの明穂さんが世を去っていた。 52歳の若さだった。 「肝硬変でした。 亡くなる2週間ほど前から、ヘルニアも併発して……。 毎日、ベッドの上でしゃべったり、看護師さんに付き添われてお風呂に入れてもらったりして、亡くなる2、3日前に見舞いに行ったときも、元気そうだったんです。 亡くなったのは、5月27日。 急に危篤だからと、病院から電話があって……。 それで、きょうだいも集まって、お見送りしました」 末娘の最期を、振り絞るように本誌に明かしたのは、父の明男さん(85)だ。 葬儀から8日後の6月6日、自宅から出てきた明男さんを、本誌が直撃した。 亡くなった2日後の5月29日。 明穂さんの葬儀が、東京都清瀬市の葬祭ホールで、しめやかに営まれた。 火葬場は併設されていないものの、最大120人ほどが参列できる、多摩地区で最大規模の葬祭場だ。 セレモニーホールには中森家の親族も勢ぞろいしたという。 しかし、出棺するそのときにも、明菜が姿を現わすことはなかった--。 「家族が明菜に知らせようとしたみたいだけど……。 『連絡が取れなかった』とか、『都合が悪いみたい』とか言っていました。 結局、明菜は来なかったんです」(明男さん) 明穂さんは、「姉ちゃんに会いたい」と願っていたという。 1歳年上の姉を追うように、明穂さんが芸能界入りしたのは1987年のこと。 初仕事は、ラジオパーソナリティだった。 当時、明穂さんは「お姉ちゃんに負けずに頑張ります」と意気込んでいた。 「子供のころは、仲がよかったですよ。 次女と明菜と明穂の3人は、それぞれ1歳違い。 娘は4人いるんだけど、三姉妹のようでした」(同前) ミニバイクレースに参加する明穂さん 明穂さんはデビュー後、テレビドラマに出演し、女優の道へ進む。 上の写真は1988年、朝日放送の主催で、芸能人が集まったミニバイクレースに出場した明穂さんだ。 すでにトップアイドルとして活躍していた明菜もその背中を押していたが……。 「1988年に、明穂さんは姿を披露した写真集を出版。 さらに、ヌードで登場したビデオが発売された。 ひと言も相談しなかったことに、明菜が激怒し、2人の仲は悪化してしまう」(スポーツ紙記者) 以来、姉妹の仲は暗転。 そのうえ、実家や親戚との「金銭トラブル」が相次ぐ。 溝が広がった明菜と家族を繋ぎとめていたのは、母・千恵子さんの存在だった。 「だが明菜が『お母ちゃん』と慕っていた千恵子さんは、1995年6月に死去。 千恵子さんの葬儀以後、明菜は家族との連絡をいっさい絶ったとされている」(同前) 2010年に、明穂さんは交通事故に遭い、右足に後遺症が残った。 さらに親族の不幸も続いたという。 それでも、明男さんは、気丈にこう話す。 「明菜のひとつ上の姉も、この近くに住んでいますし、食事や洗濯は自分でやってます。 まぁ、それも気ままでいいですよ。 私、健康なんですよ。 今、医者にかかるのは、せいぜい歯医者さんぐらい。 家族みんな、おかげさまで元気にやっておりますよ」 じつは、その生活を支えていたのが、亡くなった明穂さんだった。

次の