町田 映画。 町田啓太の人生を変えた韓国映画『1987、ある闘いの真実』|NEWSポストセブン

109シネマズグランベリーパーク(南町田)上映スケジュール・上映時間:映画館

町田 映画

人物・来歴 [ ] 出身。 「」を経て、在学中のに「」を結成、を務める。 にズー・ニー・ヴーを脱退し、ソロに転向。 テレビCM曲を7〜8年間で400〜500本歌う。 公開の映画『』において、同作品の音楽担当だったに指名される形で、主題歌「」を歌う。 同年、にというスタイルで『』の主題歌「」を歌い、最高位6位、累計売上29. 5万枚を記録した。 累計売上85万枚とする報道もある。 その後も地道に歌手活動を続けTV主題歌やなどでも知られているが、変わったところでは『』のロボのテーマ「愛より強く」、CMソング・ロッテ「小梅ちゃん」などがある。 歌手のみならず、ミュージカルの役者として、ナレーションなどで声優としても仕事をしており、活動の幅は広い。 現在では、歌手活動を休業し、日本国外に在住しているとのことである(オーストラリアで陶芸家として活動した後、香港に移住したとの情報がある。 TV番組『』()による情報である)。 ディスコグラフィー [ ] (特に明記がなければアナログ盤) シングル [ ]• 「自由への旅路」(B面「青い地中海」)7月発売 ビクター 町田義人(まちだ よしひと)名義。 「奇跡は一度でいい」(B面「朝もやの中」)12月発売 ビクター• 「悲しみの果てる時」(B面「神に背く」)6月発売 ビクター• 「燃えよブルース・リー」(B面「何処へ」)発売 テイチク 町田ジョーの別名義。 ブルース・リーの映画『ドラゴン怒りの鉄拳』のイメージソング• 「行きどまり」(B面「冬の朝」)7月発売 ポリドール• 「裏町マリア」(B面「命をけずる贅沢」)7月21日発売 ポリドール 系ドラマ『』挿入歌。 前奏にオルガンが入ってる盤と入っていない盤の2種類がある。 「裏町マリア」は10月22日発売のCDアルバム『TBSの時間ですよ』(ソニー)にも収録• 「赤い狩人」(B面「雨はナイフのようさ」)1978年7月発売 日本コロムビア 詳細はサントラの項を参照• 「宝島」(B面「小さな船乗り」)1978年10月25日発売 日本コロムビア テレビアニメ『』主題歌、挿入歌。 町田よしと(まちだ よしと)名義。 「長距離ランナー」(B面「コンサート・ツアー」)3月発売 日本コロムビア• 「美しい 女 ( ひと )…エメラルダス」(B面「男たちのバラード」)1979年5月10日発売 日本コロムビア 『 』主題歌、挿入歌• 「白いサンゴ礁'79」(B面「星空のバレリーナ」)1979年6月発売 日本コロムビア• 「妻よ君にだけは」(B面「北壁に舞う」テーマ)1979年7月発売 日本コロムビア 映画『北壁に舞う』(日本ヘラルド映画 配給)主題歌。 A面のみが町田義人の歌唱曲。 B面はインストルメンタル• 「WINTER GLORY」(B面「白いアルカディア」)1979年10月発売 日本コロムビア• 「愛」(B面「ジ・エンド」)5月発売 日本コロムビア 系月9ドラマ『』主題歌、挿入歌• 「10億光年の愛」(B面「さらばとは言わない We'll never say good-bye 」)1980年12月発売 日本コロムビア アニメ映画『』主題歌、挿入歌• 「ふるさと・MY LOVE」(B面「ロング・ウェイ」)発売 日本コロムビア フジテレビ系ドラマ『』主題歌、挿入歌• 「枯葉の街」(B面「Gypsy Woman」)1981年12月発売 日本コロムビア• 「男たちの朝」(B面「若い河のように」)1月25日発売 日本コロムビア 系スペシャルアニメ『』(1月4日放送)主題歌、挿入歌。 演奏は。 「オレたちひょうきん族」(B面「タケちゃんマンロボのテーマ 愛より強く」)5月発売 ポニーキャニオン 『オレたちひょうきん族』の「タケちゃんマン」挿入歌。 B面「タケちゃんマンロボのテーマ 愛より強く」が町田義人の歌唱曲。 (ナレーション:)。 非売品シングル(限定品含む) [ ]• 「NIGHT TIME LOVERS」(Focal Pointsイメージソング 発売日不明 エルボンレコード)• 「俺たちの星」(中央スバル自動車株式会社コーポレートイメージソング 発売日不明 ラジオシティレコード)• 「若さよ走れ」(イメージソング 7月 バップ)• 「スーパー阪神タイガース」(1985年発売) アルバム [ ]• 「町田義人PART2」1977年1月発売 ポリドール• 「長距離ランナー」1979年3月アルバム・シングル同時発売(アルバムは2010年10月25日オンデマンドCD化)日本コロムビア• 「POLE POSITION 絶唱・町田義人」1979年発売 ポリドール• 「WHISPER BLUE」1981年12月発売(1996年7月 CD化)バップ• 主題歌「赤い狩人」:町田義人 劇中、町田義人はフレップの歌を、ゴダイゴが子供たちの歌を、朱里エイコ(サントラでは牧ミユキ)がレイラの歌を担当している。 町田義人の歌唱曲は「赤い狩人」「白い彷徨」「雨はナイフのようさ」「炎のレクイエム」「果てしない道」の5曲。 のライナーノーツによると、町田氏がテーマ曲を聞いてから(歌うかどうか)返事をすると言ったのにもかかわらず、テーマ曲の完成が遅れ、彼が歌う他の4曲がレコーディングし終わった後に、やっとテーマ曲が出来上がった。 しかも実際に採用された曲は、作曲に40分とかからなかった。 海外上映版のために英語版も製作され、のボーカルのものも制作されたが未発表である。 なお、実際の上演版は英語のネイティブの歌手(詳細不明)によるものが使われた。 「宝島 ヒット曲集」1978年11月25日発売 日本コロムビア テレビアニメ『』サウンドトラック。 ヒット曲集 と銘打たれているように、歌ものを集めた一枚。 町田義人の歌唱曲は「宝島」「小さな船乗り」「まだ見ぬ世界へ」「航海日誌」の4曲。 町田義人の歌唱曲は「風のように」「サロメ・ファンタジア」「絹物語」の3曲。 「TVオリジナルBGMコレクション 宝島」1980年1月発売 日本コロムビア テレビアニメ『』サウンドトラック。 BGM集。 町田義人の歌唱曲は「宝島」「小さな船乗り」の2曲。 テレビサイズで収録されており、上記の「宝島 ヒット曲集」とは別テイク。 町田義人の歌唱曲は、主題歌「永遠のSoldier」• 朱理エイコによるオリジナルヴォーカル曲と、実際に劇中で使用された音源を収録。 (コロンビアのサントラとは異なるミックス)。 町田義人が歌う主題歌「赤い狩人」は、オープニングとエンディングで使用されていた全4バージョンを完全収録。 自身によるデモテープ音源を収録。 CM曲 [ ]• 「懐かしのCMソング大全5 1974-1979 」2000年12月CD発売 東芝EMI 町田義人の歌唱曲は、「」• 「資生堂のCM Vol. 1 1961-1979」2009年11月DVD発売 avex io 町田義人の歌唱曲は、「オーデコロンモア」 未発売曲 [ ]• 「白い少女」(『』 2月) ゲーム [ ]• で購入可能。 書籍 [ ]• 「突っ張って生きてみないか」宇崎竜童+町田義人 共著 1980年10月1日 青春出版社 脚注 [ ].

次の

上映中の作品

町田 映画

2011年公開の映画『まほろ駅前多田便利軒』と同じく、市内各地で撮影が行われ、市民の方々もエキストラとして参加しました。 その正体は高校時代の同級生にして、ともにバツイチの腐れ縁。 責任感が強く他人を放っておけないその優しい性格から、客の依頼だけでなく人生まで背負い込んでしまう多田啓介と、マイペースで風来坊、脱力しながらケンカにはめっぽう強い行天春彦は、正反対なようでなぜか一緒にいる。 まほろ駅前の事務所を訪れるのは大人から子供までワケありの男女と、警察では解決できない怪しい頼みごとばかり。 そう、「困ったときは多田便利軒」。 そんな二人の周りでは、今日も絶賛トラブル発生中で…!? 【出演】 瑛太、松田龍平ほか 【監督】 大森立嗣 c 2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会 映画 『まほろ駅前多田便利軒』 『まほろ駅前多田便利軒』は2011年に映画公開されました。 原作は町田出身の三浦しをんさんで、同作品は2006年に第135回直木賞を受賞しています。 ロケ撮影のほとんどが町田市内で行われ、多数の市民の皆さんがエキストラとして参加しました。 【あらすじ】 東京郊外のまほろ市に住む多田啓介(瑛太)は、結構まじめに便利屋をやっている。 どこか暗い影を持ちながら淡々と仕事をこなす多田のもとに、ある日の正月、中学生の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んでくる。 【出演】 瑛太、松田龍平ほか 【監督】 大森立嗣 c 2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会.

次の

映画「町田くんの世界 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

町田 映画

2011年公開の映画『まほろ駅前多田便利軒』と同じく、市内各地で撮影が行われ、市民の方々もエキストラとして参加しました。 その正体は高校時代の同級生にして、ともにバツイチの腐れ縁。 責任感が強く他人を放っておけないその優しい性格から、客の依頼だけでなく人生まで背負い込んでしまう多田啓介と、マイペースで風来坊、脱力しながらケンカにはめっぽう強い行天春彦は、正反対なようでなぜか一緒にいる。 まほろ駅前の事務所を訪れるのは大人から子供までワケありの男女と、警察では解決できない怪しい頼みごとばかり。 そう、「困ったときは多田便利軒」。 そんな二人の周りでは、今日も絶賛トラブル発生中で…!? 【出演】 瑛太、松田龍平ほか 【監督】 大森立嗣 c 2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会 映画 『まほろ駅前多田便利軒』 『まほろ駅前多田便利軒』は2011年に映画公開されました。 原作は町田出身の三浦しをんさんで、同作品は2006年に第135回直木賞を受賞しています。 ロケ撮影のほとんどが町田市内で行われ、多数の市民の皆さんがエキストラとして参加しました。 【あらすじ】 東京郊外のまほろ市に住む多田啓介(瑛太)は、結構まじめに便利屋をやっている。 どこか暗い影を持ちながら淡々と仕事をこなす多田のもとに、ある日の正月、中学生の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んでくる。 【出演】 瑛太、松田龍平ほか 【監督】 大森立嗣 c 2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会.

次の