プロ ゲーマー モニター。 プロゲーマー仕様 1ms IPSゲーミングモニター「VG259Q」│ミルミルのゲームPCライフ

プロゲーマーも使っているゲーミングモニターがかなりおすすめ!!これを選べば間違いなし!

プロ ゲーマー モニター

・リフレッシュレートが高い ・反応速度が速い リフレッシュレートが高い リフレッシュレートとは 『 1秒間に何回画面を切り替えるか』ということです。 似たような言葉に フレームレートという言葉があります。 そちらは、 『1秒間に絵を何枚描くか』ということです。 一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzとなっています。 これでは 高性能なゲーミングPCを活かしきることができません。 それに対し、 ゲーミングモニターにはリフレッシュレート144Hzのものがあります。 60Hzと144Hzの違いは大きく異なりゲームの勝敗にも大きく影響します。 ただし、1つ注意点があります。 PS4やSwitchなどのゲームは最大60FPSとなっているのです。 家庭用ゲーム機でプレイする場合はリフレッシュレートは意識しなくても問題ないでしょう。 スポンサーリンク 応答速度が速い 反応速度とは 『PCから送られた映像をモニターに表示するまでの速度』です。 実は普通のモニターは反応速度が遅いので少し遅れた映像を表示しているんです! これでは 高性能なゲーミングPCやPS4、Swithの性能を活かしきれません。 それに対し、ゲーミングモニターは優れた反応速度を有しています。 遅延なく最新の状況を描画できるので素早い判断、行動が可能になります。 FPS用ゲーミングモニターの選び方 ゲーミングモニターと普通のモニターの違がお分かりいただけたでしょうか。 次に FPS用のゲーミングモニターの選び方について解説したいと思います。 ・ 値段が安い ・ 反応速度が速い物が多い ・ リフレッシュレートが高い物(最大240Hz)が多い ・ 色の再現率は低い ・ 視野角が狭い TNパネルは 低コストで 「ゲームをするに置いて高性能」なモニターが多いです。 反応速度とリフレッシュレートといった ゲームに必要な要素を高水準で備えています。 そのため、 FPSなどの対戦ゲームで得られるメリットは大きな物となっています。 しかし、 クリエイターや動画視聴などの用途には向かないというデメリットがあります。 色の再現性は高くなく、視野角が狭いため真正面から以外では見づらいのです。 スポンサーリンク IPSパネル ゲーミングモニターでTNパネルの次に多く流通しているパネルです。 特徴は以下のとおりです。 ・値段はTNほどではないがそこそこ安い ・リフレッシュレートが高いものもある ・ 色の再現性が高い ・ 視野角が高い ・ 反応速度が少し遅い IPSパネルは TNパネルの色の再現性や視野角の狭さを改善したパネルです。 しかし、その代わり に反応速度が犠牲になってしまいました。 値段も TNパネルに比べたら少し高価になっています。 GTAやモンハンなどといった 画質の美しさを楽しむゲームに向いています。 FPSなどの対戦ゲームでのメリットはTNパネルほど大きくはないでしょう。 その他に「VAパネル」という種類のモニターパネルも存在します。 そちらは黒の表現が強すぎて暗い場面の多いFPSには不向きなため割愛します。 「G-SYNC」と「FreeSync」 「G-SYNC」はNVIDIAの 「FreeSync」はAMDの 垂直同期機能です。 どちらもゲームの映像を滑らかに見せるための技術です。 とても難しい技術なのでここでは難しい解説はしません。 G-SYNC G-SYNCはNVIDIA製GPU専用の垂直同期機能です。 利用にはG-SYNK対応モニターの他にGeforceのグラフィックボードが必要です。 特徴は以下のとおりです。 スポンサーリンク FPSプロゲーマーも使うおすすめモニターランキング ここまでゲーミングモニターについて色々解説してまいりました。 dell. フォートナイトで有名な Ninja選手や Tfue選手が使用しています。 ゲームに必要な要素を全て備えているモニターですが、非常に高価です。 240Hzのリフレッシュレートを活かすには高価なグラフィックボードも必要です。 最新のゲームで安定して240FPSを出すのは困難なのでオーバースペックな気もします。 [スペック] インチ 24. asus. 1,000,000:1という 高いコントラストを実現しているのが特徴です。 反応速度も0. 5msと非常に高速なものになっています。 リフレッシュレートも標準以上の165Hzと非常に高いです。 また、 G-SYNCとFreeSyncの双方に対応しています。 [スペック] インチ 24. 5 リフレッシュレート 165Hz 反応速度 0. ext. 海外では144Hz版も売られていますが、 日本では244Hz版しか売られていません。 モニターフレーム下部にライトが取り付けられており、 自由に光らせる事ができます。 光るゲーミングデバイス好きな人にオススメです。 こちらも G-SYNC、FreeSyncの双方に対応しています。 [スペック] インチ 24. benq. PUBGで有名な Rio選手が使用しています。 プロゲーマーを含め多くのFPSプレイヤーが長年愛用してきたド定番モニターです。 垂直同期機能は備えていませんが、 144Hzの十分なリフレッシュレート。 暗い場所を見やすくする 「Black eQualizer」機能が搭載されています。 FPSをプレイするには十分に高性能ながら安価であることも人気の要因です。 [スペック] インチ 24. benq. 有名FPSプロゲーマーの Shroud選手や DustelBox選手が使用しています。 こちらもG-SYNC、FreeSyncには非対応となっています。 しかし、 独自機能「DyAc」により激しい動きの残像を減らしてくれます。 また、 暗い場所を見やすくする「Black eQualizer」も搭載されています。 完全にFPS向けに特化しているゲーミングモニターと言えるでしょう。 スイッチによる切り替えでゲーム用と映像用などプロファイルを切り替えられるのも特徴です。 [スペック] インチ 24. スポンサーリンク 安くてコスパがいいものはこちら ここまでプロゲーマーも使用する高性能なゲーミングモニターを紹介してきました。 しかし、50,000円以上するような高価なものが多くとても気楽に買えるものではないですよね。 そこで、値段が比較的安く性能も高い コスパがいいゲーミングモニターを紹介しましょう。 asus. リフレッシュレートは60Hzとなっています。 ブルーライトカット機能もあるため長時間のゲームプレイにも優しい設計になっています。 Displayportでの接続に対応していないため注意が必要です。 [スペック] インチ 21. asus. CSGOプロゲーマーの s1mple選手が使用しています。 リフレッシュレートは144Hz、反応速度は1ms。 FPSをプレイするには最高の性能を併せ持っています。 また、様々な角度に調整可能なスタンドも備えています。 古くからFPSをプレイしているプロゲーマーに人気が高いモニターです。

次の

BenQ : プロゲーマーが選ぶ本気の勝負モニター

プロ ゲーマー モニター

今世界で最も注目されているタクティカルFPS『』。 『VALORANT』は「 10年前のスペックのPCでも遊べる」と運営が公言している通り、今現在稼働しているシューター系のゲームの中ではトップクラスに軽量級のタイトルです。 そのため最新の超ハイスペックなマシンでなくとも144fpsを出すことができます。 最近のPCゲーマーにとって144hz対応のモニターは一家に一台レベルで普及しており、また240hz対応のモニターですら手の届く価格帯となってきたこともあり、さすがにもう「 60fps以上は人間の目では区別が付かない」なんて発言は聞かなくなりました。 誰がどう見ても 240fpsはヌルヌルでゲームに有利だし、60fpsはカクカクでゲームに不利です。 240fpsでプレイする人が多いゲームの中で自分ひとりだけ 60fpsだと仲間の足を引っ張ってしまうことになりかねません。 『VALORANT』をきっかけにモニターを買いたい人や、144hzのモニターを持ってはいるけど更にスペックアップしたい人、妥協せずゲームを上手くなりたい人に向けて、クローズドベータから『VALORANT』をプレイしている筆者がオススメのモニターを紹介します。 『VALORANT』で勝つために必要なこと 『VALORANT』で勝つために重要なのは エイム力です。 そんなのFPSなら当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、『VALORANT』では特にエイムが重要です。 そもそも『VALORANT』では足音を消して敵に気付かれずに移動するのが基本なので、「出会い頭での撃ち合い」が頻繁に発生します。 『VALORANT』はヘッドショット一発で敵を倒すことができるので、 「とっさにヘッドを狙うエイム力」が試されるゲームなのです。 どれだけ味方同士で連携して作戦を決めてサポートしあっても、こうした撃ち合いで勝てなければ意味がありません。 『Apex Legends』や『フォートナイト』といったバトロワゲームと比べても、『VALORANT』はよりエイムの「反応速度」と「正確な狙い」、そして ゲームと自分のシンクロ率を高める必要があります。 それをサポートするのが高いフレームレートなのです。 fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。 上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。 具体的にどうすればシンクロ率が高まるのか紹介します。 マシンスペックが重要 大前提としてゲーミングPCのスペックが重要となります。 いくら「10年前のPCでも動く」と言われても、それは「動く」でしょうが、せいぜい30fpsで「動く」だけで、 快適なプレイは望めません。 しかし、最新の最高スペックが必須かと言われたら、そうではないです。 意外と学生さんでも手の届きやすい エントリークラスのゲーミングPCでも144fpsで遊ぶことができます。 以下記事では『VALORANT』の推奨ゲーミングPCを詳しく紹介しているので、気になる方はこちらを確認してください。 高いfpsを映すためのモニターが重要 高いfpsを出せるゲーミングPCを持っていても、 モニター側がそのfpsに対応していなかったら意味がありません。 また、『VALORANT』は多くのプレイヤーが144fpsでプレイしているため、144hz対応モニター程度ではアドバンテージになりません。 実際に筆者は240hz対応のモニターでプレイしています。 『VALORANT』では主に高速に移動しながらクナイを飛ばして敵を倒すジェットというエージェントを使用しています。 クナイはヘッドショット一撃で敵を倒せるので超強力ですが 、高速移動しながら完璧にエイムを合わせるのは難しいです。 特に60hzモニターだとよっぽど上手い人でもない限り全然当たらないのではないでしょうか。 私は特別FPSが上手いわけではないのですが、240hzのモニターの力でエイムや索敵には自信があります。 個人的には、 自分の力を最大限引き出してくれる240hz対応モニターは『VALORANT』を本気でプレイするには絶対に不可欠だと思っています。 60fpsで『VALORANT』をプレイするデメリット 『VALORANT』に限らず、今人気のFPSタイトルを 60fpsでプレイするメリットは1つもありません。 キルタイムの短い『VALORANT』では、モニターやPCなどハードウェアが劣っているとそれだけで瞬間的な撃ち合いに負けてしまいます。 60fpsでプレイしていたせいで勝てるはずの場面で負けてしまっていたら、自分だったら チームのメンバーに申し訳なく感じてしまいます。 『VALORANT』は敵が居るか居ないかわからない時に決め撃ちをする場面が多くあります。 もしそこに敵が居て一発で決まれば問題ないのですが、想定していた場所よりちょっとズレた位置に敵がいたら? エイムを瞬間的に微調整して敵を撃ち続けるわけですが、この「微調整」が60fpsだと厄介なんです。 「映像が滑らかに動かないと敵に照準を合わせるのが難しい」という当たり前のことは、一度240fpsの世界を体験してみないと気付けません。 ちょっと話はそれますが、アクションゲームやFPSゲームをプレイしていて「なんか画面酔い 3D酔い するなあ」なんて悩みを持っている人がいますが、その原因も意外と低いフレームレートにあったります。 144fps~240fps出力することができるモニターに変えるだけでも症状が改善されるかもしれません。 『VALORANT』におすすめのゲーミングモニター・パソコン紹介 実際に筆者がおすすめしたいゲーミングモニターを紹介します。 またモニターを最大限活かすための高フレームレートを出せるマシンも紹介します。 『VALORANT』におすすめの「144hz」「240hz」対応ゲーミングモニター 『VALORANT』をプレイしているプロプレイヤーがどんなモニターを使っているのか?という統計結果が公表されています。 これを見ていただくと 圧倒的に240hzモニターの使用者が多いことがわかります。 これらはプロプレイヤーの話ですが、エンジョイ勢でも今は144hz対応モニターを使うのが当たり前です。 そこで、この記事では「144hz対応」のモニターと「240hz対応」のモニターの両方を紹介します。 144fpsで『VALORANT』をプレイしたいなら144hz対応「BenQ XL2411P」がおすすめ 240hzモニターは意外にも、 PCゲームを始めたばかりの入門者にもオススメです。 エイム力の向上につながるからです。 自身の目と体の動きに合わせてヌルヌルと動く画面は、すぐにあなたの実力を高めてくれます。 最初から低いfpsでプレイしていては、伸びるはずの実力が頭打ちになってしまう人が多いです。 最初につまづいてFPSを好きになれず辞めてしまう人もいるので、非常にもったいないです。 モニターは一度購入したら中々買い換えるものでもありません。 そのため、別のモニターを買って後悔するくらいなら思い切って240hzモニターを買ってしまったほうがいいかと思います。 ぜひ『VALORANT』で240fpsを体感してみてください! ゲーミングモニターとフレームレート(fps)の重要性まとめ 筆者はもともとPS4で『』 『R6S』 をプレイしていましたが、PCでもシージをプレイしてみたい!と思い、初めてゲーミングPCを購入しました。 その時PCと同時に購入したモニターは144hz対応のもので、60fpsとは全く違う操作感を実現させてくれるゲーミングモニターに満足していました。 しかしシージも『VALORANT』に劣らぬくらい咄嗟の撃ち合いが多いゲームで、「 先に撃ったはずなのに負ける」場面が多々ありました。 私自身の反応速度の問題なのか、使っているマウスが悪いのか、といろいろ考えて様々なゲーミングデバイスを試しましたが改善されませんでした。 なにかの拍子に240Hz対応モニターの存在を知り、買い替えてみたところ、急にこれまで撃ち負けていた「とっさの撃ち合い」に勝てるようになりました。 よく「144fpsと240fpsは人間の目からみたら区別がつかない」という意見を聞きますが、そんなことはありません。 マウスを動かしたときのチラツキがまったくなくなりました。 そして 勝率もあがりました。 上で言った通り、『VALORANT』は非常に軽いゲームで、それなりのスペックのゲーミングPCでも240fpsを出すことができます。 つまり240hzのモニターを持っていれば手軽に240fpsの世界を体感できるゲームといえます。 144hzのモニターを卒業して、240hzのモニターに買い替えるいい機会ではないでしょうか? 時代はとっくに240fpsモニターです。 いままで使っていた144hzのモニターはサブモニターとして有効活用しましょう。 60hzのモニターは兄弟か親戚のこどもにでもあげちゃいましょう。 この記事を読んで240hzのモニターをゲットした人は、144hzのモニターを使っている人より上達が早いことでしょう。 あとは自分の腕を磨くだけです。 頑張ってください! 『VALORANT』関連記事 『VALORANT』向けのゲーミングPCについてもっと詳しく知りたいという人はこちらの記事から推奨ゲーミングPCを確認してください。

次の

MSI湾曲ゲーミングモニター“Optix MAG272CQR”5/28発売! プロゲーマーも認める165Hz、27インチモニターの圧倒的没入感

プロ ゲーマー モニター

タグ 144Hz 165Hz 240Hz 4K Acer Alienware AQUOS ASUS BenQ Bluetooth DisplayHDR1000 GIGABYTE GPUBOX HDR Huawei I-O DATA iFace iPhone LG MSI PC向け PS4Pro向け PS4向け Razer SIMフリー WQHD ウルトラワイド キーボード ゲーミング サウンドバー スピーカー スマホ スマホホルダー スマートスピーカー テレビ ネットワークカメラ ノートパソコン パソコン ヘッドセット マウス モニター・ディスプレイ モバイルバッテリー レビュー ロジクール ワイヤレス充電 在宅勤務 富士通 曲面モニター 水冷 録画 防水 防犯 音質向上 目次• TUF GAMING VG259Qの特徴• IPSパネルによる高い色再現性• 1ms応答速度• 144Hzリフレッシュレート• 5型フルHD解像度 視野角と色再現性にすぐれるIPSパネル 「TUF GAMING VG259Q」の大きな特徴となるのが、広視野角と高い色再現性をもつIPSパネルを採用しているところだ。 画面をどの角度から見ても歪みや色ズレを最小限におさえることができ、 高い色再現でゲームを楽しめる。 一つの画面で複数プレイをする場合など、画面をナナメから見るような状況にも向いており、マルチディスプレイにも最適なモデルとなっている。 すぐれた画質が魅力的ではあるが、比較的安価なTNパネルのモデルとくらべると価格はやや高め。 ゲームで勝つための機能をもつのはもちろん 「画質」にもこだわりたい。 そんなゲーマーにオススメのゲーミングモニターだ。 1ms応答速度とELMB技術でクッキリ 「TUF GAMING VG259Q」では、これまでIPSパネルが苦手としていた高速な応答速度1msを実現しており、さらにASUS独自であるELMB(Extreme Low Motion Blur)テクノロジーにより残像感を除去している。 動きの速いゲームや映像で特に効果を発揮し、ブレのないクッキリとした表示でプレイができる。 画面が鮮明になることで 敵の動きやゲーム内の状況を確認しやすくなるため、勝ちたいゲーマーには必須ともいえる技術。 IPSパネルで実現することにより、画質と機能性のどちらも手にしたモデルといえる。 144Hzリフレッシュレートでぬるぬる動作 最大リフレッシュレートは144Hzに対応。 リフレッシュレートを高速にすることで、ぬるぬると動く快適な動作が楽しめるだけでなく、敵の動きもとらえやすくなり、 ゲームでは有利に戦えるのが魅力だ。 リフレッシュレートや解像度を上げるほどパソコンへの負担が大きくなるが、「TUF GAMING VG259Q」の解像度はフルHDのため、 144Hzでも高解像度モニターよりは負担をおさえやすい。 ゲームにもよるが、そこまで高性能なゲーミングパソコンを必要としない場合が多く、初心者にもあつかいやすいモデルとなっている。 さまざまな調節ができる便利なスタンド 人間工学に基づいて設計し、さまざまな調節を可能にしたスタンドも魅力のひとつ。 画面の高さ、左右の角度、前後の角度調節に対応し、好みの位置にバシッとモニターをもってこれる。 自分に合った位置に調節しないままプレイをすると、体への負担も大きくなる。 疲れをおさえ、長時間パフォーマンスを維持するためにも、画面位置の調節は重要だ。 パネルサイズ:24. 5型ワイド• パネル種類:IPS• 画素ピッチ:0. 283 mm• 表面仕様:ノングレア• コントラスト比:1000:1• 最大表示色:約1677万色• 応答速度 : 1ms MPRT• 映像入力端子:HDMI 1. ヘッドホン出力端子:3. 高さ調節:0mm~130mm• 使用時:40W以下• スタンバイ時:0. 重量:5. 1kg まとめ 「TUF GAMING VG259Q」は、1ms応答速度と144Hzリフレッシュレートといった、ゲームに「勝つ」ための基本的なスペックをそなえつつ、IPSによる優れた画質を実現したゲーミングモニターだ。 5型のため画面全体が見やすく、ゲーム内の状況が把握しやすいため、初心者からプロゲーマーにまで扱いやすいモデルとなっている。 比較的安価なTNパネルのモニターとくらべると、同性能なら価格はやや高め。 機能性にも画質にもこだわった快適な環境で、存分にゲームを楽しみたいという人に「TUF GAMING VG259Q」は最適だ。 興味のある方はぜひ一度、「TUF GAMING VG259Q」をチェックしてみてはいかがだろうか。

次の