更年期 めまい。 パートのレジ打ちでも「めまい」が。45歳女性の「更年期」対処法は.../更年期「漢方」相談室(3)(毎日が発見ネット)

女性の3割が悩むめまい!ぐるぐる・フラフラの原因と対策|KampofulLife by Kracie

更年期 めまい

アラフィフ女性にとって、身近なテーマである「更年期」。 でも、更年期に起こる心身の不調の症状や程度、治療法は本当に人それぞれですよね。 そこで、薬剤師やジャーナリストの方に、漢方で更年期症状が快方に向かった方のケースをお聞きする「更年期『漢方』相談室」を連載形式でお届け。 第3回は、漢方薬・生薬認定薬剤師の清水みゆきさんにお聞きした「45歳女性のケース」についてご紹介します。 こんにちは。 あんしん漢方(オンラインAI漢方)で薬剤師として働いている、清水みゆきです。 40歳を過ぎたころから、めまいや立ちくらみにお悩みの方も多いのではないでしょうか? めまいは更年期の女性にもよくある症状のひとつです。 45〜55歳の閉経前後の10年間は更年期と呼ばれる時期。 でも、年だからしょうがないと諦めなくて大丈夫。 なぜなら、更年期のめまいは漢方で改善するからです。 私の対応したお客様で、めまいがひどくて仕事にも支障が出るようになっていたBさん(45歳、夫と息子1人の3人家族)が、漢方の服用でめまいを改善した事例をご紹介します。 1.更年期にめまいが生じる原因 更年期は、女性ホルモンが一番激しく変動する時期です。 40歳後半から50歳代になると、女性の体は、女性ホルモンのひとつのエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。 このホルモンバランスの乱れにより自律神経が不安定な状態になるため、めまいが起きやすくなります。 さらに、加齢による体の機能低下、忙しさや生活環境の変化によるストレスも更年期のめまいを悪化させる原因となります。 更年期のめまいの症状には、グルグル回る回転性のめまいよりも、頭がぼーっとする、ふわふわするようなめまいが多いという特徴があります。 2.レジ打ちの仕事中にも襲うめまい... Bさんの場合 Bさん(45歳女性)のエピソードをご紹介します。 Bさんは、1歳年上のご主人と高校生の息子1人の3人家族。 思春期の息子との付き合い方に戸惑いながら、家事に加えて、スーパーのレジ係のパート勤務もしています。 もともと健康には自信があったのですが、40歳を過ぎた頃から、立ちくらみや急にふわっとするめまいに襲われることが増えたということでした。 ちょうど息子が高校生になり、勉強しない、言うことを聞かない、何をしているかわからないとストレスも感じるようになった頃です。 そんな中、仕事でレジを打っている時にも「このまま倒れてしまったらどうしよう」と思うくらいのめまいを感じるようになりました。 パートの仕事中に次もめまいが出現したらどうしよう... と不安感も強くなり、耳鼻咽喉科を受診。 しかし、その検査では異常はみられなかったそうです。 しかし、めまいは改善することはなく、そのうち仕事から帰ると、まずソファーで横になって休まないと夕ご飯の支度もできない日も出てきました。 これまでと違うBさんの疲れた姿に、「お母さん、大丈夫?」と息子さんやご主人も心配してくれたそうなのですが、どうしたらいいのか自分でもわからず、塞ぎこむ時間が増えてしまったそうです。 家族の雰囲気も暗くなってきて、嫌だなと思っていた時、たまたまテレビで見たのが「更年期」がテーマの健康番組でした。 Bさんはそこで、更年期障害の症状として、のぼせや動悸、不眠、イライラだけでなく、めまいも起きることを初めて知りました。 「そういえば、めまいが増えた頃から、子育てのストレス以外にもそれまで順調だった生理周期が不順になったり、冷えや疲れやすさを感じるようになっていたかも」 「ということは、もしかしたら私のめまいも更年期が原因かもしれない」 と考え、すぐにネット検索。 そして、更年期障害は漢方で治ることを知り、ネットでオーダーできる漢方薬を試してみることにされたんです。 漢方薬を飲み始めて2週間ほどすると、帰宅後にソファーでぐったりすることがなくなってきました。 1か月後にはめまいもかなり改善。 仕事中にめまいが起きたらどうしようという不安もなくなったことで、気持ち的にも楽になったといいます。 「お母さんが元気になってよかった!」と息子さんやご主人も喜んでくれたそうです。 後日、Bさんは、「病院の検査でも原因がわからず不安でしたが、まさか、更年期でめまいが起きるとは知りませんでした。 早めに気づいて改善できてよかったです。 今も疲れをためないように気をつけています。 」と笑顔でおっしゃっていました。 3.更年期のめまいには漢方が効果的 Bさんの場合は、更年期の女性ホルモンのバランスの乱れに過労やストレスが重なって、めまいが出現したと考えられます。 女性ホルモンの変化は目に見えないので気がつきにくいですが、40代に入り、以下のような症状が見られる場合は、更年期のせいかもしれません。 更年期の不調には漢方が効くことが多く、更年期障害をきっかけに漢方を飲み始めたという女性は私の周りでも多くいらっしゃいます。 漢方薬とは、私たちの身体が本来持っている代謝の力や免疫の力を高めるように作用してくれるものです。 体質そのものの改善に役立つため、根本解決になるのが良い点です。 今回Bさんが服用した漢方は「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」という更年期の女性のめまい、頭痛、冷えや貧血症状によく使われる漢方でした。 更年期のめまいの改善には、他にも以下の漢方が使われることがあります。 なぜ何種類もあるのかというと、同じ「めまい」という症状であっても、体質や体型などによって、有効な漢方が異なるためです。 そのため、自分で適当に選んだりせずに、漢方専門クリニックや薬局で、専門家から自分に合った漢方薬を選んでもらうようにしましょう。 自分に合った漢方薬が知りたいけど、近くに漢方専門薬局がない... という方には、インターネット上で漢方の専門家に相談できる、オンラインAI漢方もおすすめですよ。 4.見逃しがちな更年期の不調は漢方で治そう 立ちくらみやふわふわするめまいが増えてつらい、その原因は、女性ホルモンの減少で起きる更年期障害のせいかもしれません。 漢方で心と体のバランスを整えて、更年期も元気に過ごしていきましょう! <教えてくれた人> あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆきさん JAMHA認定ハーバルセラピスト。 漢方調剤薬局に8年間勤務し、漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。 現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中です。

次の

更年期のめまい|原因とわかりやすい対策

更年期 めまい

頭痛・めまい 更年期障害の症状に多い、頭痛・めまいの原因と特徴について解説しています。 鎮痛薬を使っていいのか、めまいが起きたらどうしたらいいのかなど、知っておきたい対処法についても。 更年期障害の頭痛・めまいの症状とは 更年期障害に見られる症状の1つ、頭痛・めまい。 とくに頭痛は、更年期女性の7割が経験しているとも言われています。 頭痛の特徴は、頻繁に起こる・長時間痛む・重い痛みが1日中続く・断続的にズキズキ痛むなど。 精神的なイライラ・のぼせ・めまい・吐き気などを伴うこともあるようです。 めまいには、回転性めまいと浮動性めまいの2種類があります。 回転性は、天井がぐるぐると回っているように感じるもので、突然起こって吐き気や嘔吐を伴うことが多め。 一過性のものなので短時間で収束しますが、実際に嘔吐してしまうこともあるので注意が必要です。 浮動性めまいとは、身体が宙に浮いているようなフワフワとした状態。 フラついてまっすぐ歩けなくなったり、後頭部を重く感じたりしめつけられるような感覚を伴うこともあります。 回転性めまいと違い、長時間続くのが大きな特徴です。 買い物の時は、真っすぐ歩けないので、お店の買い物カートにつかまりながら歩いていました。 ひどいめまいの時は起きていられず、寝込んでしまう程の症状です。 体調が悪いことで、3日続けて家事ができない事もしばしば。 日常生活さえも、普通に過ごすことが難しいです。 ひどい頭痛が毎日起こるのではなく、何日かおきに起こるというのを繰り返す感じです。 また、更年期が始まってから月経の量が減ってきています。 めまいは、ふわふわと体が傾く感じです。 日々の家事が思うようにできないことが多く、症状がひどい日は1日中起きられないこともあります。 主な原因 頭痛の原因は、ホルモンバランスの乱れから起こると言われています。 ホルモンバランスが乱れると血流を司る自律神経にも影響を与えるため、脳への血液供給が不安定になるからです。 その他、眼精疲労・ストレス・肩コリ・不自然な姿勢が原因となることもあります。 回転性めまいは、平衡感覚をコントロールする三半規管(内耳にある器官)に刺激が伝わることが主な原因。 更年期に入るとエストロゲンが減少することでカルシウム不足に陥り、三半規管にある耳石(炭酸カルシウムの粒)がはがれやすくなると言われています。 この耳石が三半規管に入り込んで刺激となり、回転性めまいが起こるのです。 浮動性めまいは、高血圧・脳血管障害・視力障害・自律神経の乱れなどが原因であるとされています。 とくに更年期に入ると起こりやすいめまいとされており、過度なストレスが原因となっていることもあるようです。 対処法 頭痛が起こると鎮痛剤を使う方が多いと思いますが、更年期障害の頭痛は女性ホルモンが関与しているため、薬の効果があまり見られないケースも多いのです。 鎮痛剤を飲みすぎると胃腸や肝機能にも影響を及ぼしたり、薬が効かなくなってしまうこともあるので要注意。 原因がホルモンバランスの乱れ・自律神経にあるようなら、心身のリラックス・血行促進・冷え対策・軽い運動などで改善・予防できます。 ひどい頭痛が続くようであれば、頭痛外来などの医療機関で適切な治療を受けましょう。 めまいは更年期障害の1症状であれば、とくに治療の必要はありません。 めまいが起きたらムリをせずに休養を取り、自然に治るのを待ちましょう。 心身のリラックス・冷え改善などで自律神経を整えると、ある程度症状を防ぐことができるようです。 ただし、めまいの中には危険な症状を伴っているものもあります。 手足のしびれ・難聴や耳鳴りを伴うめまいが起きた場合や、症状が重い・長引くなどの場合は、専門的な医療機関での診察をおすすめします。 体に疲れを貯めている状態もよくないので、十分な睡眠を取るようにしました。 また、めまいが起こりやすいので、息があがるような運動は避けるようにしています。 頭痛を改善する酵素は腸で作られるので、腸が健康になれば頭・脳の調子も改善するとのこと。 善玉菌やクロレラ菌などを積極的に摂取して、自己治癒力を高めることで、その通りの効果を実感することができました。 息苦しさなどの更年期症状は、まだ改善しませんが・・・ただ、以前服用していたバファリンは、一切飲む必要がなくなりました。 他にも、めまいの改善効果があると言われているフィーバーフュー、カモミールジャーマンなども良かったです。 医薬品を飲んでいる人は、飲み合わせを相談した方がよいと思います。 体調が思わしくないと感じた時は、200mlずつ1日3回飲用。 飲んですぐの即効性はないですが、2~3日中には改善します。 動けるようなら外出するのも、気分転換になりますよ。 もちろん食事も健康食を中心にバランス良く食べることが大切ですが、嫌いな物を無理して食べてばかりもストレスになるので、時には好物を食べて楽しんでいます。 肩こりもある場合は、肩や首の張りを取るのも大切です。 私の場合は、腰が冷えると吐き気が増していたので、とにかく体を温めて、症状を緩和させていました。 それは、痛みが出てからでは薬の効果を感じなかったり、効果を感じるまでにとても時間がかかるから。 我慢せずに、違和感を感じた時点で早めに薬を飲むのが一番だと思います。 手の甲側にある「合谷 ごうこく 」というツボを押す手軽な方法です。 親指と人さし指の骨が合流する、くぼみの所をペンや親指で何度かグッと押します。 押すだけなので、どこでもできるのがいいですよね。 漢方薬は体調をバランスよく整えてくれるようで、効果大でした。 漢方専門の薬剤師さんや、機会があれば本場中国で修業した方に処方してもらうのが一番だと思います。 それぞれの人に合った処方をしてくれますよ。 サフランには、更年期障害を緩和させたり、月経不順を解消、頭痛やめまいを緩和させる作用があるようです。 冷え性の改善にもよいので、おすすめします。 特に、化粧品会社オルビスのローヤルゼリーは、飲み始めてたった3日で症状が緩和したので、私のお気に入りです。

次の

40代女性のめまいは更年期の始まり?何を食べるといい?

更年期 めまい

以上を意識することで、かなり違ってきます。 ただし、お薬ではありません。 食べ物から摂取して体内に吸収するには時間がかかります。 大切なのは習慣にすることです。 ・トリプトファン納豆、豆腐などの大豆製品に多く含まれており、副交感神経の働きを活発にしてめまいを起こしにくくする働きがあります。 ・ビタミンB 緑黄色野菜や、かんきつ類に多く含まれており、神経を正常化させる働きがあります。 ・ビタミンE アーモンドなどのナッツ類や魚介類、緑黄色野菜に多く含まれており、疲労回復を促す、ストレスを和らげる働きがあります。 食物とお薬の中間がサプリのような健康食品です。 健康食品といっても、その実感はかなりのものがあります。 病院に行くほどでもないようであれば、サプリで様子を見るのも一つの手段です。 そしてこの中のどれかに障害がおこっていると、身体のバランスをとる機能が低下して、めまいがおこってしまうのです。 その他にも、血圧やストレスがめまいを起こすこともあります。 耳が原因で起こるめまい ・三半規管 内部がリンパ液で満たされている耳の奥にある器官で、身体の動きに合わせてバランスを保つ働きをしています。 ・耳石器 内部にある炭酸カルシウムの結晶が動くことによって、身体の上下左右の動きを受け入れ、バランスを保つ働きをしています。 ・前庭神経 三半規管と耳石器からの情報を脳幹に伝える働きをします。 この3つのどれかに障害がおこると、耳が原因のめまいが起きます。 耳のめまいの種類には、三半規管の管のどれかに耳石が入ってしまった為に回転性めまいがおこる良性発作性頭位性めまいと、病気によるめまいがあります。 中耳炎 中耳で起きた炎症が進行し内耳に及ぶと浮動性めまいや平衡障害がおこることがあります。 ・メニエール病 難聴、耳鳴り、耳閉感、突発的な回転性めまいなどの症状が現れます。 ・前庭神経炎 風邪をひいた後におこる突発的な回転性めまいで、2~3週間程度で治ります。 ・突発性難聴 聴神経の炎症によって突然おこる難聴で、軽いめまいがおこります。 ・聴神経腫瘍 聴神経にできる良性の腫瘍によって浮動性めまい、平衡障害が起き、進行すると顔面神経麻痺などがおこります。 脳が原因で起こるめまい 脳には、体の位置、平衡を司る神経が集まっている脳幹、脳幹からの情報が伝えられる視床、大脳皮質があります。 このうちの脳幹に障害がおこると回転性めまい、視床や大脳皮質に障害がおこると浮動性めまいがおこります。 「脳梗塞」や「脳出血」が起こると、小脳や脳幹(のうかん)に十分な血液が運ばれず、働きが異常となり、めまいが起こります。 ・脳梗塞・脳出血 小脳や脳幹に障害が発生し、回転性めまい、意識障害、運動障害などが起こることがあります。 ・椎骨脳底動脈循環不全 首から脳に繋がる椎骨脳底動脈の循環が悪くなると、脳に充分な血液が届かない為に回転性めまいや浮動性めまいがおこります。 血圧が原因で起こるめまい 血圧の急激な上昇、下降によってめまいがおこることがあります。 高血圧 脳梗塞、脳出血などがおこると、脳に血液が十分に行き届かなくなります。 その際に脳内にある平衡感覚を司る神経にダメージが及ぶと、身体のバランスが維持できなくなり、20分以上、場合によっては数時間に及ぶめまいがおこります。 低血圧・不整脈 低血圧や不整脈では心臓からの血液が十分に全身に届かなくなってしまいます。 その結果脳が酸欠状態になり、脳の平衡中枢が機能しなくなって、浮動性めまいがおこります。 どちらの場合も、気を失ってしまうこともあります。 低血糖 血液中の血糖が急激に減少すると、めまいがおこります。 低血糖は自律神経に関わる症状でもあるので、更年期障害でめまいがおこる原因の一つに上げられます。 ストレスが原因で起こるめまい ストレスが続くことで、自律神経のバランスが乱れてしまうと、不眠、倦怠感、手足の震えなど様々な症状が現れますが、そのうちのひとつとしてめまいを起こすことがあります。 めまいには一過性で健康に深刻な影響を与えることはないめまいと、そのままにしておくと大きな病気に繋がるめまいがあります。 めまいが続くようであれば、早めに医師の診察を受けましょう。

次の