アラフォー 美人 婚活。 アラフォー女の婚活は厳しい?その現実と今すべき行動を体験者が暴露!

アラフォー独身男女が婚活する理由

アラフォー 美人 婚活

少ないものを取り合うからこそ、競争になり、そして負けていくのです。 なぜアラフォー女性は高望みしてしまうのか アラフォーになると周りの友人も結婚し焦る人も多いでしょう。 「もし年収〇千万のエリート男性を見つければ、人生一発逆転。 今までの惨めな気持ちからも解放される」 そんな淡い期待が高望みをつくっているのです。 自分だけ結婚していないという「劣等感」。 周りを見返したいという「見栄やプライド」。 全ては他人と比較してしまうことから始まります。 他人との比較で味わう幸せより、変わらないゆるぎない「自分の幸せ」を見つけてはいかがでしょうか。 その方が、心も安定しますし、自分自身をしっかり見つめることができます。 もちろん、優越感が幸せという人もいますが…。 今までの年月分周りを見返してやろうと一発逆転を狙ってエリート男性と結婚したいと考える人がとても多いです。 自分の現実を客観的に見ることができず、理想ばかりを追求する人は当然婚活を成功させることができません。 アラフォー女性の高望みランキング1位は「年収」 独身のアラフォー女性が希望する男性の平均年収は600万円だそうです。 ですが年収600万以上の男性を理想としている時点で、既に高望みの傾向があります。 30代~40代の男性で年収600万を超えている男性は2~3割しかいないと言われています。 「2~3割もいるなら、粘っていればいつか出会えそう!」と思われる方もいるかもしれません。 しかし、年収600万円を超えている男性の中で独身男性、というところまで絞り込むと、該当者はほんの一握りだと考えていいでしょう。 何故ならそれなりの年収がある男性は婚活などすることなく早い年齢で結婚しているからです。 もちろん、「そんな高望みはとっくに捨てているし普通の男性と結婚できればそれでいい」と言う方もいると思います。 ですが20代の女性が考える「普通」と同じものをアラフォー女性が求めるのであれば、既にアラフォー女性の「普通」は高望みの域に達していると考えるのが妥当でしょう。 あなたの「普通」は「普通」ですか? 決して高望みしているわけではなく、普通の男性と結婚したいと言っているアラフォー女性の「普通の男性」像のプロフィールを詳しく聞いてみると、 年収は400万程度で普通のサラリーマン 顔は普通で、身長は175センチくらいでいい たまに家事もやってくれる人だと嬉しい などなど、高望みしているものと比べると随分妥協したように感じられます。 しかしそれでも、アラフォー女性が婚活をしていくにあたり、このステータスの独身男性は高望みの存在になります。 繰り返し言いますが、20代の唱える普通とアラフォー女性の唱える普通は妥協点が一緒であってはいけません。 さらに、普通の男性で良いと言いつつも、他にも隠れた条件があることがほとんどでしょう。 「お金持ちでイケメンで高収入」といったようなわかりやすく諦めのつきやすい高望みよりも、「どこにでもいて誰もが想像する理想像の男性」のほうが見つかりにくいです。 そのスペックが普通と思い込んでいるからこそ、「普通のことを望んでいるだけなのに婚活が難航している」という考えに陥りやすいのです。 もし普通の男性を探していながら婚活が難航しているのであればあなたに見合った普通をいま一度考え直す必要があります。 高望みよりも深刻な「年齢」の勘違い アラフォー女性が結婚できない理由は様々ありますが、一番深刻なのは 年齢の勘違いです。 40代の女性と20代の女性の2人から、どちらかを選ぶのであれば、男性は20代の女性を選ぶでしょう。 男性は、女性の年齢に大きな価値を見出しているものです。 年々失っていってしまう若さを見られるという点では、女性の婚活は男性の婚活より遥かにシビアかもしれません。 アラフォーで自分に自信のある女性は、もしかしたら「昔はモテていた」「実年齢より若く見える」「美人」という強みを持っているのかもしれません。 しかし、婚活において重要なのは「未来のこと」であり「実年齢の若さ」です。 若さでは20代に勝てないので、別のアプローチ方法を探る必要があるでしょう。 高望みはやめて、現実と向き合おう いかがだったでしょうか? 婚活で成功できるアラフォー女性は、見栄やプライドに捉われることなく自分の現実を客観視することができています。 まずはこれを機会にを受けて自己分析をしてみてはいかがでしょうか?.

次の

美人や逆玉婚も狙える?!アラフォー女性の婚活事情

アラフォー 美人 婚活

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。 今回は、結婚したいのにできない、アラフォー女性の恋愛傾向についてのお話です。 婚活向けの自己プロデュースで、爆モテ体質に 都内のITベンチャー企業の法務部門で働く、桜井洋子さん(仮名・38歳)は2年前から本格的な婚活をはじめています。 友達や家族に紹介を頼みつつ、出会い系アプリを駆使。 さらに、幾多の婚活パーティーにも出席。 この2年間で、3人の男性と交際まで発展しましたが、なかなか結婚にまで結びつくような関係にはなれません。 洋子さんは美人です。 さらに、ストイックに筋トレを行ない、モデル体型を維持。 男性ウケを意識して伸ばしているというロングヘアは、白髪が根元からしっかり染められておりツヤツヤです。 それまでは、ぽっちゃり体型でボサ髪で、ファッションに無頓着だったとのことですが、ハイスペック男性と結婚するために、自己プロデュース。 ダイエットをしてエステに通い、外見を整えたのです。 そのおかげもあり、洋子さんにはアプリでも婚活パーティーでも多数のハイスペック男性から、積極的なアプローチがあったとのこと。 もちろん洋子さんは条件面やビジュアルだけでなく、価値観、趣味・趣向の相性、結婚に対する考え方など、相手をよく見極めてこれまで付き合ってきたはずでした。 それにも関わらず、交際がはじまってから3か月もすると、なぜだか関係がギクシャクしはじめて、やがて彼のほうから去って行ってしまうのです。 見た目がよくても、交際が続かない原因はなんなのか?.

次の

アラフォー独身男女が婚活する理由

アラフォー 美人 婚活

こんにちは、風子(ふうこ)です。 以前にとのお見合いについて書いたことがあるのですが、この男性からアラフォー世代の婚活についてためになる情報をいただいていたので詳しく書いて行きたいと思います。 彼女は37歳から婚活をはじめたらしいのですが、40歳になった現在もまだお相手の男性が見つかっていないとのことです。 彼女は小さなころより家族や周りから「美しい」「綺麗」「美人ですね」「可愛い」と言われ続けて来たため、自分の容姿にも相当の自信を持っているみたいです。 その女性が条件にこだわりお相手探しをしているかのかどうかわかりませんが、そのような容姿端麗な女性でもアラフォーになってしまうと婚活は相当厳しいようです。 下記のような情報も出てきましたが、この女性もたぶん同じような状況なのではないでしょうかね...。 早苗さんのようなタイプは、おしゃれで仕事もバリバリやってきた美人が多い。 そして、過去には同世代や年下の、いわゆるモテるタイプの男性たちと恋愛をしてきている。 それをそのまま今の自分の結婚相手にスライドさせているのだが、その世代の男性たちは彼女らを結婚相手としては見ていない。 いつだったか婚活を経験したことのあるバツイチのアラフィフ男性が言っていたのですが、婚活サイトでかなり魅力的な女性でも40代となると何年もサイトに居座り、苦戦している人が多いとのこと。 やはり、これが現実ですよね...。 40代男女の婚活の切ない実情 さらに、婚活暦10年以上の超ハイスペック男性から聞いたお話なのですが、この歳になっての婚活となると、婚活パーティーに参加しても同じ人と会うことが多くなるみたいです。 どの男女もお相手が見つからない状態のため、たとえ会場を変えたとしても、ほかの参加者も同じ考えのため、同じ人に会ってしまうことが結構な確率であると言っていました。 また婚活を続けていても、実際にお付合いにまで発展するのは3~4年に一度位のようなのです。 この数値についてはほかのアラフィフ男性からも聞いたことがあるので、あながち現実離れした数字ではないと思います。 この話を聞いて私はお先真っ暗な気持ちになってしまったのですが...。 巷に婚活コンサルタントなんていう職業の方がいらっしゃいますよね。 有料で婚活の相談に乗るなどされていらっしゃいますが、私自身は特に利用してみたいとといった気持ちにはなれないんですよね。 どんなに相談したところで、好きになれそうな人に出会うこと自体が困難なのだから、相談したって意味がないと思うんです。 スポンサーリンク 今後はバツイチのアラフィフ男性を探す予定です 私は今後は離婚暦のあるアラフィフ男性に対象を絞り婚活をしていく予定です。 しかし、すでに婚活サイトで経験済みなのですが、離婚暦有りの男性となると今度は性格に問題のある男性が多いです。 その中からお人柄重視でお相手を探していくとなると、かなりの人数にお会いする覚悟がなければこちらもまた厳しいでしょうね...。 そもそものところで、バツイチになってしまう理由と言うのは大概は男性側に問題があるように感じています。 私の周りで離婚した男女の話を聞いてみてもそうですが、やはり最後は女性の方がしびれを切らし離婚に至るケースがほとんどです。 私の婚活における一番の解決策としては今日までにお会いしたような男性のことを好きになることだと思うのですが、それがどうがんばっても無理なんですよね...。 機会がありましたら、そのような男性のことを無理に好きになろうとした大変辛すぎる出来事やバツイチ男性とのお見合いについて更新したいと思います。

次の