デカフェ コーヒー。 デカフェコーヒーの作り方──既存の方法3種と未来の技術を紹介

デカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)のメリット、デメリット。

デカフェ コーヒー

カフェインが合わない方や妊娠中の方でも飲むことができるカフェインレスコーヒー。 カフェインレス・ノンカフェイン・カフェインフリー・デカフェなどの名称でも知られていますが、ネスカフェ・UCC・モンカフェ・アバンスなどの各メーカーから様々な商品が販売されており、どれが一番味しくておすすめのカフェインレスコーヒーなのか気になりませんか? そこで今回は、 Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどの売れ筋上位の人気カフェインレスコーヒー10商品を実際にすべて購入して、一番美味しいカフェインレスコーヒーを決めるべく徹底比較してみたいと思います。 検証には 専門家3名 にご協力いただき、以下の 4つの項目を 比較・検証しました。 苦み コーヒーのスペシャリストとmybest編集部が時間をかけて検証した、おすすめのカフェインレスコーヒーはどれでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね。 <左:バリスタ小池美枝子さん> 数々のバリスタチャンピオンシップ出場と受賞経験があり、現在では大会のジャッジを務めている。 主宰するコーヒーセミナー「」での指導のほか、書籍監修・飲料プロデュースなど各方面で活躍中。 <中央:Life Size Cribeオーナー・ロースター&バリスタ吉田一毅さん> 飲食業界での経験から、2015年3月に東京・吉祥寺に「」をオープンし、バリスタだけでなく、コーヒー豆を焙煎するロースターとしても活躍中。 国分寺界隈では無くてはならない人気店に。 自身の店舗経営以外にもセミナーやカフェプロデュースなど幅広くコーヒー関連の事業を手がけている。 <右:コーヒー芸人・コーヒールンバ平岡佐智男さん> コーヒーショプの店員だった経験から、コーヒーを元にしたネタを披露するお笑い芸人。 芸人活躍の傍ら、不定期開催のカフェ「」を運営するなど、豊富な知識から様々なコーヒーにまつわる活動を積極的に行っている。 カフェインレスコーヒーとは、本来ならカフェインが含まれているコーヒー豆から、 カフェインの成分のみを取り除いたコーヒーのことを指します。 通常のコーヒー豆から 人工的にカフェインを取り除く方法は、現在4種類程度あり、これらの手法を使ってカフェインを取り除いたコーヒーのことを「カフェインレス(デカフェ)コーヒー」と呼びます。 EUの基準では、カフェイン含量がコーヒー豆中の0. ただし、日本ではまだ需要が少ないこともあり、販売におけるカフェイン含量の明確な規定が存在しません。 そこで、 カフェインを取り除く工程を経たコーヒー豆のことを、曖昧に「カフェインレス(デカフェ)コーヒー」と呼んでいる場合が多く見られます。 カフェインレスコーヒーを作るには、コーヒー豆に含まれているカフェインを除去するプロセスが欠かせません。 1906年にドイツではじめて除去に成功してから、ヨーロッパをはじめ欧米で広く浸透している 除去法は大きく分けて4つの方法があります。 有機溶媒抽出• 超臨界二酸化炭素抽出• ウォータープロセス• 液体二酸化炭素抽出 有機溶媒抽出については、海外のデカフェ品には多く含まれていますが、日本では流通が禁止されています。 薬品を使った製法 が気なる方は明確に表示があるもの選ぶとよいでしょう。 基本的な除去法の知識があると、カフェインレスコーヒーを選ぶ際の判断材料になってくれます。 本記事の最後に、除去方法について詳しく解説していますのでチェックしてみてくださいね。 今回検証した商品• 辻本珈琲|カフェインレスコーヒー ドリップコーヒー【デカフェ・コロンビア】• ブラウンシュガー1ST|オーガニック エキストラバージン カフェインレスコーヒー グッドナイトブレンド ドリップ• UCC|おいしいカフェインレスコーヒー コーヒー豆 粉• 重松貿易|カフェイン99. 7%カットのおいしいコーヒー• 片岡物産|ラバッツァ デカフェ カフェインレス• 東京コーヒー|カフェインレス コーヒー豆 自家焙煎 ブラジル 珈琲 by Tokyo Coffee Decaf• 片岡物産|モンカフェ カフェインレス コーヒー• マウントハーゲン|オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー• 国太楼|アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー• ネスレ日本|ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 有機溶剤を使わないカフェインの除去方法として代表的なのが、スイスウォータープロセスや二酸化炭素を使った方法です。 スイスウォータープロセス 化学薬品を使わない水を使った除去方法のこと。 このスイスウォータープロセスは、簡単に説明するとコーヒーの生豆を特別な水溶液に浸して、カフェイン成分だけを特殊フィルターでろ過するという過程をくり返す方法です。 二酸化炭素を使った方法 ほかの製法に比べて比較的新しい方法で、超臨界二酸化炭素抽出・液体二酸化炭素抽出などがあります。 こちらは 化学溶剤の代わりに、液体状のCO2を使ってカフェインを取り除く方法を取り入れています。 大量の生豆を同時に除去できるため、流通の多いコーヒー豆に広く使われている手法です。 また、水を使った除去方法には、メキシコの天然水を使用した「マウンテンウォータープロセス(Mountain Water Process)」などもあります。

次の

デカフェのメリットとデメリット、危険性について

デカフェ コーヒー

紛らわしくてわかりにくい「カフェインレス」「ノンカフェイン」「デカフェ」の違いについて説明しておきます。 どれも似ているようで微妙に意味合いが違います。 カフェインレス・・・カフェインが除去された飲料、0ではないが少量しか含まれていない• ノンカフェイン・・・カフェイン含有量が0の飲料• SPONSORED LINK カフェイン中毒を避けるためにカフェインレス生活を決意 最初にカフェインの効果と副作用について説明しておきます。 カフェインの良い効果• 覚醒作用で頭がスッキリ、眠気の解消になる• 疲労感を回復してくれる• 摂取後24時間以内は記憶力が上がる• 脂肪燃焼効果がある• 摂取後2時間で血行を促進• 筋肉の収縮効果により筋肉疲労を抑える カフェインの悪い効果• 依存性が強く中毒になりやすい• 利尿作用がありトイレの頻度が増える• 覚醒作用により睡眠の質を下げる• 鉄分の吸収を妨げる• 胃液の分泌を妨げて胃痛を起こす• 1日300mg以上の摂取で妊娠への悪影響 カフェインには中毒性はあれど、最近の研究結果では健康効果も認められているので一概にも悪いと言えず一長一短な成分です。 ガイドラインでは1日300mg以下カフェイン摂取であれば問題ないとされているので許容量を超えず、適度に飲むぶんは問題ないのです。 でも僕の場合その許容量を超えてコーヒーをがぶ飲みしていました。 何よりもカフェインの覚醒作用による気分の上げ下げに惑わされるのが嫌でした。 僕はアルバイトをしていた頃、シフトに入る前にコーヒーを1杯・休憩中にもまた1杯と1日の仕事をどうにか乗り越えるための精神安定剤としてコーヒーを飲んで無理やり気分を高めていたんです。 コーヒーを飲んでいなくても常に同じパフォーマンスを発揮できるようになりたい。 それがカフェイン断ちをしようと決意した理由でした。 カフェイレス生活を送るための工夫 世の中はまだまだ「カフェイン派閥」の方が圧倒的に多いです。 カフェに行っても、スーパーに行ってもデカフェコーヒーを売っているお店って少ない… できる限りカフェイン入り飲料を避けるために、僕が行ってきた工夫を紹介します。 お家でデカフェコーヒーを自作する 外出先でもデカフェコーヒーを扱っている店が少ないので自宅で作って家での飲むか、タンブラーなどに入れて持ちあるくのが一番手っ取り早いです。 近所のスーパーだったりコーヒー豆店で探してもなかなか見つからないので、僕はアマゾンで検索して取り寄せています。 カフェレイン除去率99. 7%と徹底的に除去されているのでカフェインを気にせず安心して飲むことができます。 デカフェコーヒーを取り扱うカフェに通う 先ほどお話しした通り、デカフェのコーヒーを取り扱っているカフェってかなり少ないです。 チェーンのカフェでデカフェを取り扱っているのは以下の4店舗。 スターバックス• ドリップコーヒー• カフェミスト• スターバックスラテ• キャラメルマキアート• アプチーノ• アメリカーノ タリーズ• デカフェ 上島珈琲• カフェインレスの無糖ミルク珈琲• カフェインレスの無糖珈琲 星野珈琲• ノンカフェイン珈琲 チェーン店の中だとダントツでスタバが種類豊富ですね。 デカフェコーヒーが無いならお茶に注目する 人との付き合いでデカフェのないカフェに立ち寄ったりする場面があります。 そんな時はコーヒーではなくお茶のメニューに注目してみると、カフェイン抜きのお茶が見つかったりします。 定番の烏龍茶や緑茶でも良いのですが、コーヒーほどとは言わずも微量にカフェインが含まれています。 (緑茶と烏龍茶100mlあたりのカフェイン含有量は30mg) なので僕はお茶のメニューに「ルイボスティー」「黒豆茶」などノンカフェインの飲料を見つけてそれを飲むように心がけています。 カフェインレス生活で起きた体の変化 僕が初めてデカフェコーヒーを注文したのが2016年の5月、それから現在までの約10ヶ月間カフェインレス生活を続けてきました。 10ヶ月のカフェインレス生活で感じた体の変化は以下のとおりです。 気分の上げ下げがなくなった コーヒー飲んでカフェインを摂らないと1日が始まらねぇ! そんなカフェイン大好き人間だった僕も、今では全くコーヒーに誘惑されることなく生活できるようになりました。 カフェイン入りのコーヒーを飲むのは月に1回あるかどうかくらいで、自分から好んでコーヒーを飲む場合は必ずデカフェを注文するようなりました。 というかもはやデカフェじゃないと気持ち悪いです… 目覚めのコーヒーが不要に カフェイン断ちを行うまえは、朝起きて必ずコップ1杯のコーヒーを飲んで無理やり体を起こしていましたが、 今ではコーヒーなしで朝を迎えられます。 寝起きのデカフェーコーヒーで満足できるようになりました。 こりゃマズイ。 日によって夜遅くまで眠れず昼過ぎまで寝てしまったりと生活リズムがバラバラでしたが、カフェイン断ちによって「夜に目が覚めて寝れない」という悩みから抜け出すことができました。 カフェインを摂取するにしても14時までに控えれば眠りの妨げにならないというデータがあります。 関連記事: 頭痛が減った 元々ずっと偏頭痛持ちで、頭痛を和らげるためにコーヒーのカフェインに頼りきっていました。 「なんか頭痛がしてきたからコーヒー飲んでおこう」 そんな風に軽い気持ちでカフェインを摂り続けていたせいか、結構な頻度で頭痛が起こっていました。 カフェイン断ちを決意してから最初の方は頭痛の頻度が増えてしまい、頭を抱えながら1日を過ごしたりもしていましたが、 現在ではよほど体調不良や寝不足でないかぎり頭痛に襲われることはありません。 トイレの回数が減った カフェインには利尿作用があります。 もともと痩せ型な体質もありかなり尿が早いタイプなのですが、カフェイン入りコーヒーを飲んでいたころは1時間で2回とか高い頻度でトイレに駆け込んでいた記憶があります。 バイト中に何回もトイレに駆け込んでいたので「トイレ君」とバカにされることもしばしば。 (トイレ休憩を増やしてサボる口実にはなっていましたが笑) コーヒーを自作するようになりお金が浮いた 僕はしょっちゅうコンビニや自販機でコーヒーを買っていました。 しかしカフェイン抜きのデカフェコーヒーってなかなか売っていなくて、自販機やコンビニに行っても買えません。 なのでデカフェを取り扱うカフェまで行くか、自作して家で飲むか水筒で持ち運ぶかしか飲む方法がありません。 デカフェのコーヒーしか飲みたくない!• 外でコーヒーを買わなくなる• 自宅でコーヒーを自作して持ち歩く 結果的に外で買うコーヒー代が浮きました。 カフェイン断ちで飲んで良い飲料と避けるべき飲料 この記事では主にカフェイン入りのコーヒーをやめてデカフェコーヒーを飲むという流れでお話ししてきましたが、 カフェインはコーヒー以外の飲み物にも含まれています。 ここでは1日の許量量300mgを超えずにカフェイン断ちをするためために、飲んで良い飲料と避けるべきものを整理しています。 飲んでよい飲料• 炭酸水• ルイボスティー• 黒豆茶 避けるべき飲料• コーヒー(90mg)• ココア(30mg)• 紅茶(20mg)• 烏龍茶(20mg)• 緑茶(20mg)• 抹茶(30mg)• (終わりに)カフェイン中毒から抜け出して 僕はカフェインに限らず、砂糖・アルコール・タバコ・過度の炭水化物摂取など依存性が強く中毒になりやすいものは避けるようにしています。 現在ではカフェイン中毒抜け出して、常に自分らしくいられるようになりました。 デカフェコーヒーにしろお茶にしろ、微量のカフェインは含まれているので1日の上限量300mgを超えないようを心がけて生活するのが良いと思います。

次の

脱カフェイン中毒。デカフェコーヒーを飲み続けて感じた体の変化をメモ

デカフェ コーヒー

コーヒーに含まれる カフェインは、朝の眠気覚ましには有効だが、体質や、コーヒーを飲む時間帯によっては、夜眠れなくなってしまうことがある。 そのような問題に対し、コーヒーの味を楽しむことができつつも、カフェインの影響を考えなくて良い 「デカフェ」タイプのコーヒーがある。 最近は日本でもデカフェを扱う店が増えてきており、カフェインに弱い人には喜ばしい傾向なのではないだろうか。 ところで、このデカフェのコーヒー、一体どのように作られているだろうか。 本当にカフェインが取り除かれているのか、一夜の睡眠がかかっている人には大いに気になるところだ。 そこで、この記事では、 デカフェコーヒーがどのように作られているかを解説してみたい。 現在のデカフェ技術 まず前提として、デカフェのコーヒーは、 コーヒーを淹れる時にカフェインを抜いているのではない。 カフェイン成分が取り除かれたコーヒー豆を使って、コーヒーを淹れているのである。 現在、コーヒー豆からカフェインを取り除くには、主に3つの方法がある。 コーヒー豆の中には、水に溶けやすい成分と油に溶けやすい成分が含まれている。 カフェインは水にやや溶けにくく(水の温度を上げていけば溶けやすくなる)、どちらかといえば油の側に溶けやすい性質を持っている。 その性質を利用して、油に溶けやすい成分が溶け込みやすい 「有機溶媒」と呼ばれる液体を使って、カフェインを抽出する方法がある。 この方法は1903年に開発され、これまでに改良が重ねられてきた。 現在では、安全性を考慮して、 「ジクロロメタン」という有機溶媒にコーヒーの生豆を漬けてカフェインを抽出し、その後、生豆を加熱してジクロロメタンを蒸発させて抜いていく、というやり方でカフェインが除去され生豆が作られている。 また、ジクロロメタンに溶けやすい他の物質も除去されて、風味に影響が出てしまうこともある。 先ほど、カフェインは水の温度を上げれば溶けるようになると述べた。 この方法ではまず、温度の高い水に生豆を浸し、カフェインが溶け出した抽出液を得る。 その抽出液にジクロロメタンを使ってカフェインを除去したあと、ジクロロメタンを蒸発させて抜く。 最後に、カフェインとジクロロメタンが除去された抽出液に再び生豆を浸し、成分を生豆の中に戻す。 また、 ジクロロメタンが生豆に直接触れないことや、カフェイン以外に取り除かれてしまう成分を減らすことができるメリットがある。 しかし、それでもなお、薬品のようなものを使うこと自体に抵抗がある人はいるだろう。 二酸化炭素は私たちが日常的に吸って吐いたり炭酸飲料から摂取したりしている物質なので、これなら文句がなさそうだ。 「でも、二酸化炭素は液体ではないじゃないか」と思われるかもしれない。 二酸化炭素の固体であるドライアイスも、固体から一気に気体になってしまう。 実は、二酸化炭素は、圧力をかけまくると挙動が変わる。 圧力が通常の気圧の120倍ほどになると、 「超臨界状態」という、気体のように動くことができる性質と液体のように物を溶かすことができる性質をダブルでもち合わせた状態になるのだ。 水で湿らせた生豆に、この超臨界状態の二酸化炭素を用いることで、カフェインを二酸化炭素の中に溶かして除去することができる。 カフェイン抽出後は、圧力を元に戻せば二酸化炭素は気体に戻って生豆の中から抜けていく。 どの方法を採用するかはメーカーにもよるが、超臨界状態を作る設備を整える余裕がある場合は二酸化炭素による除去法、ちょっと厳しい場合は水を使う間接法を使っているところが多いようだ。 いずれの場合でも、 カフェインは大方除去されていると考えて良さそうである。 バイオ研究が作る、未来のデカフェ 既存の方法は、溶剤を用いたり、超臨界状態の二酸化炭素を作るために大型の装置が必要であったり、必ずしもベストであるとは言えない。 そこで、別の方法を使ってカフェインを除去する方法が考案され始めている。 カフェインはコーヒー豆の中で合成されるが、合成はいくつかの酵素の働きによって進んでいく。 言い方を変えると、 これらの酵素が働かなければ、カフェインを作ることができないのだ。 こうしてできたコーヒーの木から取れるコーヒー豆には、理論上はカフェインが含まれないようになる。 一筋縄でうまくいくわけではないが、もしこの方法が理想通りに行けば、 取り除くべきカフェイン自体が含まれないコーヒー豆が得られるようになるのである。 発酵食品をはじめとして、食べ物の世界では 微生物の力が有効利用されるケースが多く見受けられる。 カフェイン除去においても、微生物が活躍するかもしれない。 そこで、この微生物自体を抽出後のお茶に入れてカフェインを除去する実験が行われたが、その微生物の持つ別の物質が有害であることがわかった。 現在では、その心配をなくすために、カフェインを分解する酵素だけを取り出して酵素を直接働かせたり、遺伝子組換えによってその酵素を酵母菌などの無害な菌に作らせてカフェインを除去する研究が進んでいるようだ。 これらの方法はまだ実用化までの課題が多く、実際の製品になるまでには時間がかかるようである。 しかし、 カフェインだけを選択的になくしたり分解することは、他の風味に影響を与えないことを意味する。 これらの研究が進んでいくことで、通常のコーヒーと遜色ないおいしいデカフェコーヒーが味わえるようになるかもしれない。 新着記事の更新情報をお知らせします! Twitter: Facebook:.

次の