品川 から 名古屋。 新幹線回数券(普通車指定席用)|お得なきっぷ詳細情報|JR東海

名古屋から品川 時刻表(JR東海道新幹線) / 新幹線チケット予約

品川 から 名古屋

find ". siblings "span". 日付を変更してください。 find ". ek-alert". find ". ek-alert". find ". find ". siblings "span". find ". siblings "span". find ". siblings "span". find ". siblings "span". find ". ek-alert". find ". find ". find ". ek-fare". text commaSeparate json. find ". ek-distance". text commaSeparate json. find ". val commaSeparate json. find ". val commaSeparate json. find ". val commaSeparate json. find ". text json. outWardDate. outWardDate. outWardDate. find ". filter ". ek-year". filter ". ek-year". filter ". ek-year". find ". find ". find ". find ". filter ". ek-hour". val json. departureTime. time. filter ". ek-min". val json. departureTime. time. filter ". ek-hour". val json. arrivalTime. time. filter ". ek-min". val json. arrivalTime. time. filter ". ek-year". val json. homeWardDate. filter ". ek-month". val json. homeWardDate. filter ". ek-date". val json. homeWardDate. find ". find ". find ". find ". find ". lineList. data! outWardDate. outWardDate. find ". ek-route". prototype; p. log this. departureTime. date. year, parseInt json. departureTime. date. month - 1 , json. departureTime. date. departureTime. date. departureTime. date. departureTime. date. personType; if json. fareType! fareType! requestTime. date. requestTime. date. requestTime. date. lineList. line; lineList.

次の

リニア中央新幹線 品川-名古屋間 2027年 開業予定 工事進捗状況

品川 から 名古屋

東京・品川-名古屋「のぞみ」料金格安ランキング 東京・品川-名古屋で「のぞみ・ひかり」の料金を安い順にランキングで紹介! 「のぞみ・ひかり」の料金が安いのは… 順位 指定席・自由席 片道料金 実質 8,100円 EX早特21 8,960円 学割自由席 9,280円 4 EXのぞみファミリー早特 9,950円 5 学割 ひかり指定席 9,810円 6 学割 のぞみ指定席 10,020円 7 エクスプレス予約 10,310円 8 回数券 10,550円 9 自由席通常料金 10,560円 10 スマートEX ひかり指定席 10,890円 11 ひかり指定席 11,090円 12 スマートEX のぞみ指定席 11,100円 13 のぞみ指定席 11,300円 東京-名古屋で「のぞみ・ひかり」の料金はこのように安くなる。 往復&宿泊するなら、最も安いのは。 なお、名古屋発の日帰りなら「 」を利用するのが安い! 東京・品川-名古屋の「のぞみ」指定席料金は通常期で11,300円。 この区間で、これより「のぞみ」に安く乗れるのは、以上10の方法。 東京-名古屋で「のぞみ」指定席に格安に乗る方法 ランキングの通り、東京・品川-名古屋ではいくつかの方法で新幹線料金が安くなる。 その中で、最も利用しやすい「のぞみ」指定席が安くなる方法について解説! 宿泊するなら「新幹線ホテルパック」が絶対安い! 東京-名古屋を新幹線で往復し宿泊するなら、絶対に安いのは 新幹線ホテルパック。 1泊7,500円のホテルに泊まるパック料金は1人23,700円。 ここから宿泊費を引くと、「のぞみ」片道料金は実質 8,100円と格安。 通常きっぷで往復&1泊した料金30,100円よりも1人 6,400円お得! (新幹線パックでは「ひかり」は「のぞみ」と同じ料金。 ) 出発3日前まで予約が可能で、チケットは自宅など指定場所へ無料配送。 コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。 ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。 乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。 新幹線だけ利用しても片道料金は 7,600円と、EX早特21よりも安い。 「EX早特21」で片道料金は格安! 新幹線パック・日帰りツアーも使えない場合、片道料金が最も安いのは「EX早特21」。 列車が限定され、朝6時台・11時~15時台出発の「のぞみ」指定席のみ利用可。 なお、年末年始・GW・お盆は利用できない。 2人以上・土休日は「EXのぞみファミリー早特」も安い 同じくエクスプレス予約・スマートEXで購入する「EXのぞみファミリー早特」。 3日前までの購入が必要で、「土休日・2人以上」で利用することができる。 土休日なら終日「のぞみ」に乗れるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。 エクスプレス予約で往復1,980円お得 この2つの「早特」も利用できなければ、次に安いのはエクスプレス予約の通常予約。 「のぞみ」指定席の他、「ひかり」指定席や自由席もこの料金。 利用には年会費1,100円がかかるが、年末年始・GW・お盆もこの料金。 回数券の1枚の価格は10,550円なので、片道750円、往復で1,500円安くなる。 なお、有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用できないので注意したい。 自由席に割引はないが、指定席は片道200円、往復400円安くなる。 年会費無料で登録後すぐに利用できるが、通常予約時の料金は大して安くない。 このように、いくつかの方法で「のぞみ」指定席料金は安くなる。 では、これを利用して、東京・品川-名古屋を新幹線で往復&1泊すると…? 東京-名古屋「のぞみ」往復1泊2日の料金を比較 「のぞみ」の片道料金はご紹介したランキングの通りなので比較も簡単。 しかし、東京-名古屋は日帰りもできるが、1泊・2泊の宿泊する方も多い。 そこで、同じホテルに宿泊したとして、往復&1泊の合計料金で比較したい。 当然、東京・品川-名古屋でも料金は安くなる。 「のぞみ・ひかり」とは別に、「こだま」の料金をランキングでご紹介したい! 順位 指定席・自由席 片道料金 実質 7,000円 EXこだまファミリー早特 8,050円 ぷらっとこだま 8,500円 4 学割自由席 9,280円 5 学割 指定席 9,810円 6 エクスプレス予約 10,310円 7 回数券 10,550円 8 自由席通常料金 10,560円 9 スマートEX 指定席 10,890円 10 指定席通常料金 11,090円 「こだま」に限定しても、 最も格安に乗れるのは 新幹線ホテルパックを利用した時。 なお、新幹線パック・EXこだまファミリー早特・ぷらっとこだまは「こだま」限定。 それ以外は、同じ料金で「ひかり」にも乗ることができる。 また、自由席は全列車同じ料金なので「のぞみ」にも乗ることができる。 「こだま」に格安に乗る方法は? 東京-名古屋で「こだま」限定で片道料金が安くなるのは2つ。 片道料金が安いのは「EXこだまファミリー早特」と「ぷらっとこだま」。 「 EXこだまファミリー早特」は、スマートEX・エクスプレス予約会員限定。 2人以上での利用が条件で、3日前までに予約すると「こだま」指定席は 8,050円。 大人料金以外に子供料金の設定もある。 そして、「 ぷらっとこだま」は1人から利用が可能。 ネットで前日まで購入することができ、東京-名古屋は 8,500円。 年末年始・GW・お盆など繁忙期には料金がアップし9,700円。 東京-名古屋で特に「こだま」に安く乗れるのはこの2つ。 しかし、往復&宿泊で利用するなら、 「こだま」も 新幹線ホテルパックが安い! 例えば、1泊7,500円のホテルを利用するパックは1泊2日で21,500円。 宿泊費を引いた実質の「こだま」指定席料金は片道 7,000円と格安! このパックを利用すると、 「のぞみ」通常料金の往復時より 1人8,600円お得! 東京-名古屋の「グリーン車」料金ランキング 次に、東京・品川-名古屋のグリーン車料金をランキングでご紹介したい。 グリーン車は「のぞみ・ひかり・こだま」を全て同時に紹介。 (学割は除外) 順位 グリーン車料金 片道料金 EXこだまグリーン早特 9,170円 ぷらっとこだま 9,500円 新幹線パック(こだま) 実質10,000円 4 (のぞみ) 実質 11,100円 5 EXのぞみファミリー早特 12,050円 6 EXグリーン早特 12,050円 7 エクスプレス予約 13,970円 8 スマートEX ひかり・こだま 14,550円 9 回数券 14,740円 10 ひかり・こだま通常料金 14,750円 11 スマートEX のぞみ 14,760円 12 のぞみ通常料金 14,960円 これが東京-名古屋の「のぞみ・ひかり・こだま」グリーン車の料金。 「 のぞみ・ひかり」に限定すると、 新幹線ホテルパックが最も安くグリーン車に乗れる。 「グリーン車」に格安に乗る方法は? 東京・品川-名古屋では、このような方法でグリーン車に安く乗れる。 まず、グリーン車が安いのは「こだま」限定の方法。 最も安い「 EXこだまグリーン早特」は9,170円、「 ぷらっとこだま」も9,500円と安い。 「こだま」のグリーン車ならこの2つが安い。 しかし、「のぞみ・ひかり」のグリーン車にはこの2つは利用ができない。 「のぞみ・ひかり」が安くなるのは「EXのぞみファミリー早特」と「EXグリーン早特」。 「 EXのぞみファミリー早特」は土休日のみ2人以上で、終日「のぞみ」利用可。 「 EXグリーン早特」は1人で利用できるが、終日「ひかり」と6時台出発「のぞみ」限定。 このように条件は違うが、どちらも料金は12,050円と安くなる。 そして、 それ以上に「のぞみ・ひかり」グリーン車に安く乗れるのが 新幹線ホテルパック。 往復グリーン車に乗れるパックを探してみると、1泊2日で29,700円というプランがある。 宿泊するのは1泊7,500円のホテル、往復は「のぞみ」グリーン車。 ここから宿泊料金を引くと、実質のグリーン車料金は 11,100円と格安! 東京-名古屋では「こだま」のグリーン車はいくつかの片道きっぷで安くなる。 しかし、「のぞみ・ひかり」グリーン車に乗るなら新幹線ホテルパックが安い! よくある質問(Q&A) 「のぞみ・ひかり・こだま」はどれがいい?時間は? 東京・品川-名古屋の移動は、早い「 のぞみ・ひかり」を利用するのが一般的。 ただし、時間よりも料金重視なら「 こだま」の方が安くなる。 3つの列車の大きな違いは停車駅と所要時間。 「のぞみ」は途中の停車駅が品川・新横浜のみで、所要時間は約1時間40分。 「ひかり」はそれ以外に小田原・静岡・浜松・豊橋などに停車し、1時間40分~2時間。 「こだま」は各駅に停車し、所要時間は約3時間。 そして、列車の本数が多いのは「のぞみ」で1時間に6~9本くらい。 「ひかり・こだま」は1時間に2本の運行。 予約する方法は?EX予約・スマートEXの違いは? 東京-名古屋間の新幹線は エクスプレス予約・スマートEXで予約ができる。 どちらも、会員登録するとネットで新幹線のチケットを予約することができる。 年会費1,100円がかかるが、通常予約の料金が安いのはエクスプレス予約の10,310円。 スマートEXは年会費は無料だが、指定席は200円しか安くならない。 ただし、「早特」の料金はどちらも同じ。 往復割引は使える?安い往復方法は? 往復割引が利用できるのは片道601キロ以上の区間。 距離が366キロしかない東京-名古屋では、往復割引は利用できない。 なお、往復で新幹線に乗る場合、宿泊するなら安いのは。 名古屋から東京へ、日帰りでの往復なら「 」が安い。 「学割」はどんな時にお得? 実家への帰省など宿泊先が決まっている場合、「早特」が利用できない時には学割はお得。 ただし、それ以外の、 宿泊先も予約する場合には、 新幹線ホテルパックの方が安い。 そして、 名古屋発で日帰りの往復なら 日帰りツアーの方が安い。 学生は「学割」で新幹線に乗ると乗車券が2割引になる。 東京-名古屋は、のぞみ指定席10,020円、ひかり・こだま9,810円、自由席9,280円。 指定席料金は200円アップするが、学割は年末年始等も有効で帰省にも利用できる。 回数券・金券ショップの格安チケットは損? 金券ショップへ行くと、回数券を1枚で購入することができる。 東京-名古屋では回数券が1枚あたり10,550円。 金券ショップの格安チケットも回数券と大差はなく1枚10,700円くらい。 他の方法と比較しても決して安いとはいえない。 日帰りの往復なら 、宿泊しないなら「早特」のネット予約がお得。 そして、往復&宿泊するなら、それ以上に の方が安い。 「早割」はいつからいつまで? 東京-名古屋では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。 しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。 EX早特21 1ヶ月前~21日前まで それ以外の「早特」 1ヶ月前~3日前まで ぷらっとこだま ネットで前日まで 新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~3日前まで 年末年始・GW・お盆はどれが安い? 年末年始・GW・お盆でも安いのは、エクスプレス予約・学割・新幹線ホテルパック。 エクスプレス予約の料金は変わらず10,310円。 学割は200円アップし「のぞみ」指定席は10,520円。 新幹線ホテルパックも他の時期ほどは安くならないが、早めに予約すると安い。 なお、エクスプレス予約・スマートEXの「早特」は利用不可。 回数券や金券ショップの格安チケットも利用できない。 東京・品川-名古屋の子供料金は? 子供料金は、のぞみ指定席 5,650円、ひかり・こだま指定席 5,540円、自由席 5,280円。 安くなるのはスマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックなど。 スマートEXは、のぞみ指定席5,550円、ひかり・こだま指定席5,440円。 エクスプレス予約は5,150円、EXのぞみファミリー早特4,970円、EXこだまファミリー早特4,020円。 新幹線パックで子どものパック料金から宿泊料金を引くと、「のぞみ」で約 4,450円。 家族旅行で往復&宿泊する時も が安い! なお、名古屋から東京への日帰りは、子供料金が実質4,000円の が安い! 前日・当日の購入はどれが安い? 先日・当日は安い方法は少ない。 エクスプレス予約会員は通常予約が最も安く10,310円。 会員でない方は、金券ショップの格安チケットを利用すると10,700円くらい。 スマートEXを利用すると、のぞみ指定席11,100円、ひかり・こだま10,890円。 なお、回数券・格安チケットは年末年始・GW・お盆は利用不可。 スマートEXの指定席料金は繁忙期には200円アップする。 3日~1週間・1ヶ月前の購入はどれが安い? まず、 3日以上前に予約ができ、往復&宿泊するなら 新幹線ホテルパックが安い! それ以外の場合、「のぞみ」指定席は21日以上前なら「 EX早特21」の8,960円が安い。 そして、3日以上前に予約ができ、土休日に2人以上で利用するなら、次に安いのは「 EXのぞみファミリー早特」の9,950円。 「こだま」指定席に限定すれば、3日以上前で2人以上なら「 EXこだまファミリー早特」の8,050円が最も安い。 1人の場合は「 ぷらっとこだま」の8,500円が安いが、ネット購入できるのは5日前まで。

次の

「品川駅」から「名古屋駅」電車の運賃・料金

品川 から 名古屋

東海道新幹線には品川駅からの乗車で自由席に座れる確率を列車種別と時間帯ごとに調査してみた。 のぞみ・ひかり・こだまの3種別の列車に関して、上り・下りそれぞれで空席の期待度の事情が異なり、満席でまったく空いていない場合もある。 始発駅の東京駅ですでに満席になっていることもあるが、やはりデッキなどで立つしかないこともよくある。 土日祝は特に混み合うため、品川駅の時点で座れないことが多い。 平日は1日を通して確実に座れることがほとんど。 まだ都内にある駅とはいえ、所詮は途中駅ということでリスクがある。 東海道新幹線は他の路線と比べてダントツに利用者数が多い。 東京、名古屋、大阪という日本の3大都市を結ぶ主要な交通手段という地位を確立していることもあって混雑度も大きい。 参考| 路線/乗車駅ごとの自由席の混雑状況• (東京~新大阪)• (新大阪~博多) 品川駅は途中駅ということで、自由席の席取りは難しいことには変わりない。 次の停車駅である新横浜駅に比べるとのぞみ号・ひかり号・こだま号のいずれも自由席に座れる確率は相対的に高いが、それでも満席リスクが潜在する。 下り列車となれば自由席は東京駅の時点で満席かそれに近い状態になりやすい。 余った座席があれば座れるのは品川駅とも表現できる。 ひどいのはのぞみ号の土日祝の午前中。 特に連休初日になる土曜日は1週間で最も乗車率が高い時期。 空席があっても3人掛けの真ん中(B席)のみしか空いていない状態を指す。 あくまでも傾向で実際に乗るまではわからないが、1つの目安になるだろう。 のぞみ号はほぼ終日に渡って満席またはそれに近い状態になりやすい。 品川駅からの乗車で自由席に着席できる確率は30~50%ほどが目安。 新大阪行の列車ならまだ通路側の座席にも空席が目立つことがある。 一方で、広島行・博多行の山陽新幹線直通列車となれば満席である。 下りのピークは午前中だが、夕方から夜にかけての時間帯でも満席に近い状態になる。 デッキで立っている人(座れないため)もよく見かける。 ひかり号もまた、午前中と夕方から夜にかけての時間帯にて自由席が満席に近い状態になる。 100%完全とまではいかなくても、3人掛けの真ん中しか空いていないような状態にはなる。 通路側の座席でさえも空いていないこともあり得る。 こだま号もまた、他の区間に比べると混雑する傾向ではある。 それでも、のぞみ号・ひかり号とは違って通路側の座席なら座れる可能性がかなり大きい。 各駅停車ということで着席できる確率は90%ほどだろう。 目立った混雑にはなりにくい。 上り(東京方面行) <上り(東京方面):休日ダイヤで運転される土日祝> 時間帯 のぞみ ひかり こだま 始発-8:00 全列車東京までのため品川駅から乗車する人は無し 8:00-10:00 10:00-12:00 12:00-14:00 14:00-16:00 16:00-18:00 18:00-20:00 20:00以降 のぞみ号・ひかり号・こだま号いずれも終点が東京駅のため、品川駅から上り列車に乗る人はいない。 完全に降車専用の駅である。 平日なら、のぞみ号でも自由席に座れる確率はやや大きい。 平均して80~90%は着席できる。 新大阪行なら窓側の座席に座れる可能性も大いにある。 広島・博多方面まで行く山陽新幹線直通列車でも、少なくとも通路側の座席なら新横浜駅からの乗車で自由席に座れる。 ひかり号とこだま号も1日を通して空いていて、自由席でも座れない可能性は通常期ならまずあり得ない。 夕方から夜にかけての時間帯では新幹線通勤の帰宅ラッシュでやや混雑するが、それでも全員が座れるレベルに収まる。 上り(東京方面行) <上り(東京方面):平日ダイヤ> 時間帯 のぞみ ひかり こだま 始発-8:00 全列車東京までのため品川駅から乗車する人は無し 8:00-10:00 10:00-12:00 12:00-14:00 14:00-16:00 16:00-18:00 18:00-20:00 20:00以降 (各列車の混雑) 朝ラッシュの7~9時頃までは新幹線通勤で新横浜駅から品川駅や東京駅へ向かう人が多く利用する人が多いが、品川駅から乗る人はいない。 東海道新幹線の上り列車に乗る人はいない。 降車専用の駅なのは確実。 のぞみの博多行・広島行きは満席の可能性大 のぞみ号の行先ごとの混み具合• 新大阪行|比較的空いている。 満席が土日祝の午前中のみが多数。 広島行|やや混雑。 1日を通して通路側の座席も埋まる。 午前中+夕方・夜も満席。 博多行|絶対的に混雑。 1日を通して通路側の座席も埋まる。 午前中+夕方・夜も満席。 参考: 自由席は列車種別によって車両数が異なる。 最速列車である「のぞみ」は自由席が1、2,3号車だけとかなり少ない。 16両編成で運転されているわけだが、それ以外はすべて指定席かグリーン車となっている。 また、のぞみは一番乗客が殺到する列車でもあるため、ひかりとこだまと比べて乗車率が終日に渡って高い。 その自由席についてもかなりの乗車率となる。 東京駅を始発とする下り線の行き先は新大阪・広島・博多となっているが、中でも広島や博多まで行くものが混雑する。 JR西日本が管轄する山陽新幹線へ直通するのぞみの場合、品川駅から自由席に乗ろうとしても座れない可能性も大いに考えられる。 東京駅にて自由席へ乗車する人の長い列がすでにできていることもある。 通常の自由席の場合、2人掛けの通路側か3人掛けの真ん中の座席であれば空いていることが多い。 山側の席は窓側から埋まっていき、海側は窓側と通路側の席から人が座っていくため、通路側と真ん中なら品川駅から乗車したとしても少なからず座れる。 広島または博多行ののぞみ号の場合まそうしたみんなが避ける席も埋まっていくほど乗客が殺到する。 そのため、品川から自由席に乗ろうしても座れない結果になることも覚悟しなければならないかもしれない。 特に朝と夕方についてはかなり満員になるケースが多い。 これは、土日祝日がメインだが、山陽新幹線直通列車は平日でも最も混雑することには変わりない。 渋谷や目黒方面から新幹線を使おうとする人にとっては品川駅の方が便利で、わざわざ一旦北上する必要がなくなるが、この点は思わぬデメリットである。 ただ、1つだけ大きな問題点が残る。 それは、自由席に座れない可能性が出てくるという問題だ。 東京駅から乗れば、少なくとも列に並べば確実に座れる。 一方の途中駅となる品川からの場合は、すでに満席となっていて座れない可能性も考えられる。 のぞみでも新大阪行なら座れる!? 一方、新大阪行であれば比較的座れる可能性が大きい。 新大阪止まりののぞみの場合、乗客は名古屋・京都・新大阪の3駅のどれかが目的地とする人だけが使うため、山陽新幹線内まで行く人は乗らない。 当然ながら、乗車率も博多や広島方面まで行く列車と比べると満席になる可能性は低くなる。 途中駅の品川から乗ったとしても、2人掛けの通路席や3人掛けの真ん中の席であればかなりの高い確率で座れる。 もし品川駅からのぞみの自由席に乗って名古屋もしくは関西地区まで行くのであれば、新大阪止まりののぞみ号を狙って座席に座れることを期待して列に並ぶのが良い。 ひかり号と各駅停車のこだま号についても同じことがいえるが、ひかりはそもそも自由席が1~5号車までとなっていてのぞみよりも車両数が多い。 そのため、より座れる可能性が高くなる。 こだまについては10両分もある。 ここまで多いと、繁忙期でない限りはどの駅から新幹線の自由席の乗ろうとしても確実に座れるといえる。

次の