センラ ツイッター サブ。 アストラゼネカ初の呼吸器領域の生物学的製剤「ファセンラ(R) 皮下注30mgシリンジ」が日本国内における製造販売承認を取得

センラ(歌い手)のプロフィール:顔、身長、年齢、誕生日など

センラ ツイッター サブ

君がもしもね 落ち込んで、どうしようもなくなって 蹲って、もうそこから一歩も動けなくなった時は 必ずその手を握り締めて 真っ暗な闇の世界から 君を、助け出してあげる。 『Eternal bonds』~永久の絆~ ヘッドフォンから聞こえる、聞きなれた音楽が耳を叩く。 聞きなれたメロディー 聞きなれた、声。 世界が、変わってしまったのは高校生の時。 つまらないだけの世界が 色をつけて 自分を取り巻く、全てが変わっていった。 真剣に悩んで、動画を撮って、声を真似て、歌を唄って。 そのうち、どんどん自分の名前が売れて 自分を好きと言ってくれる人が増えた。 嬉しくもあり そしてちょっと怖くもある。 いつ、飽きられてしまうのか。 いつ、この世界に終わりが来るのか。 アスファルトの小石を蹴飛ばして、何もない現実にさまよえば 自分の無力さを思い知らされる。 (………僕がもし、あほの坂田でも隣の坂田でもなくて、ただの、何も持ってへん一人の人間やったとして……僕を見てくれる人は、どのくらいいるんだろう?) 動画投稿サイトで知り合った友達 リスナー スタッフ その繋がりが全部無くなったとして 自分に残るものは一体何なんだろうか? ここで泣いて叫んだって 喚いて、血を吐くまで絶叫したって きっと この声は、誰にも届かないんじゃないかと。 そんな気がして怖くなる。 「…………。 」 助けてと、叫びたいのに 求める名前が出てこない。 瞼の裏に浮かぶのは、実家を出る時に少し寂しそうな顔で 『頑張って来い。 』 とだけ、珍しいほど優しい声で告げた 父親の声。 何時も迷惑ばかりかけて 自分のやりたい事を、いつだって受け入れてくれた。 こんな子供でごめんねと そう告げたら 『阿呆、お前は俺の子やろが。 』 とだけ返された。 零れた涙を知られたくなくて、必死で声を繕って 『……うん。 ………時間できたら、そっち帰るから。 』 『おうおう、東京に染まって帰って来るんやな?』 『関西の人間そればっか言うの何なん??』 『はは、まぁええよ。 いつでも帰って来いや。 元気でおれよ。 』 電話を切った途端 もう、涙が止まらなくなって 部屋の片隅で、スマホを握り締めたまま 声を出して泣いた。 ごめんなさい。 ごめんなさい。 高校出て、大学に行って、就職して。 そうやって普通の道を歩くことが出来なくて 寄り道ばかりで 父さん ぼくは、あなたの思う通りの息子にはなれなかった。 [newpage] 『坂田の様子、何かおかしくない?』 スカイプ越しに聞こえて来た声に センラははぁ、とため息をついた。 仕事終わり、じゃあ今日は少し時間もあるから何か放送しようかなんて そう思っていたら うらたから通話があって、相談をされた。 どうやら志麻も一緒にいるらしい。 「そういえば、思い当たる節はあるような。 」 少し前に 坂田のツイッターのサブ垢で、何か呟いていた。 ホームシックにかかったんじゃないか?とうらたも志麻も、あの時は別に気にする様子もなかったので、センラも特に気にしてはいなかった。 気分が急に浮上したり落ち込んだり 人間である以上仕方のない事だし、いつも一定のテンションでいられる人間なんていやしない。 落ち込んだら後はもう浮いてくるだけだ。 『あんな?センラさん。 』 「はい?」 『……俺、時々思うんやけど。 坂田さ、結構俺らには……何ていうか、隠し事とかせぇへんやん。 愚痴も結構言うてるしな?でも、ほんっとうに苦しくてどうしようもない事は、俺らには話してくれへんやん……カッコつけたがりやから。 』 「そうですねぇ……。 確かに。 」 『………まぁ、心配なわけですよ。 ……年上組としては。 』 『あいつ、マジで自分の心ぶっ壊れるまで頑張るからさぁ。 一回決めたら何言っても聞かねぇし。 』 それは、センラも納得だった。 あぁ見えて、坂田は頑固だ。 普段は少し適当に見えることもあるが、その実譲れない事は絶対に譲らないし、納得するまで時間がかかる。 『どうする?一回皆で集まるか??』 『そうせぇへん?俺めっちゃ心配やわ。 』 「うん、えぇですよ。 俺も、さかたんの事心配やから……参加します。 」 そうして、浦島船による坂田救出戦線が引かれ 今週の日曜日に、4人で集まることとなったのである。 日曜日 待ち合わせの場所にやってきた坂田の表情は、何だか無理やり張り付けたみたいな笑顔だった。 パーカーにジーンズの、やる気のないコーデでやって来た坂田をハラハラしながらうらたは出迎えた。 」 「秘密!?秘密って何??」 「………あ、センラまん来た!」 待ち合わせの場所に遅れてやってきたのは レンタカーに乗ったセンラだった。 「え?車!?」 助手席の窓が開いて、姿を見せたのは志麻。 「うらたさん、さかたんお待たせ!」 「はよ乗って乗って!!」 うらたに背中を押して急かされて 坂田は、センラと志麻の乗るレンタカーに飛び込んだ。 何処に行くかも知らされぬまま、坂田は頭にクエスチョンマークを浮べて眉を寄せる。 聞きたくても、肝心のセンラは運転中だし 隣で 「あ、じゃがりこ食う?センラさん??」 とか言ってじゃがりこの蓋を開けている志麻に聞いても、まともな答えは帰って来そうにない。 隣のうらたは、何故かスマホを弄ったまま 「なぁ、坂田コレ見て!やばくね!?」 と言いながら可愛い動物の30秒動画を見せてくるものだから、何も聞く隙がなかった。 「んー、ヤバいなぁ。 これ何猫??」 「三毛じゃん?あ~、癒されるわマジ。 猫か犬飼いたい。 」 「飼ったらえぇやん。 ちっこいのやったらいけるやろ。 」 「でもさ~、色々金かかっちゃうじゃん。 辛いよな~。 」 なんて 本当にとりとめのない話をして 都内を暫く走っていると、見た事のある景色が広がり始める。 (………江の島?) 「なぁ、センラまん間に合うかな?」 「あ~、この先混んでたらヤバいかな……今何時やっけ?」 「今、17時くらいやな。 」 梅雨時期のこの季節だが、珍しくこの日は晴れ晴れとした空が広がっていて 集合時間が時間だけに 坂田は、夕ご飯を食べるのだと思っていた。 なのに、車に乗せられて向かっているのは江の島方面。 少し込み合って来た国道を、センラの車が走り抜けていく。 清々しいほどに、綺麗な青空が窓から流れるように消えていって 坂田は、しばし無言のまま その澄み渡る空を見上げた。 [newpage] 「さかたん、着いたで?」 急に声を掛けられて、坂田は飛び起きた。 どうやら寝ていたらしい。 気が付けば、外はもう日の入り。 一瞬自分がどこにいるのかわからなくなって 目をぱちぱちさせる坂田に うらたが車を出るよう促す。 「なに?ここどこ??」 「いいから、さっさと車出ろ!ほら!」 ぽん、と軽く肩を押されて坂田は渋々車の外に出た。 そうして 言葉を、失った。 広がるのは、思わず絶句するほどの絶景。 沈むオレンジ色の夕日が、江の島の海の向こう側に溶けて 辺り一面を優しく照らし出す。 「ひゅー、絶景やな~!!」 「やっぱすげーな、これ!」 「いやぁ、ほんまにこれネットでググったかいありますわぁ……。 」 耳に入って来る3つの声。 坂田はそのどれもに返答することも出来ず。 立ち尽くした。 何処までも続いていく地平線 その向こうに、眩いほどのオレンジ。 波の音は静かに囁いて 心の奥底 ずっと、その奥を、ぎゅっとさせる。 言葉には決して出来ない光景。 坂田の、見開いた瞳から一滴、オレンジ色の涙が落ちた。 そんな彼の頭を 優しく撫でる手。 「っもう、さかたんは~!!何でそんな落ち込んでんの?」 センラの、温かくて優しい手が頭を撫でて 引き寄せられる。 止まらない涙に、うらたが、そっと 坂田の背中を摩った。 「お前はさぁ、本当……手の掛かる奴だな。 」 「……っつ……!!」 「でも、そんなお前が好きだよ。 俺も、志麻くんもセンラも。 」 「……っうらさ……!!」 一番最後に 志麻が、手を伸ばして 坂田の頬を流れる涙を、拭ってくれる。 「どんな小さくてバカバカしい事やって、俺らはちゃんとお前の話聞いたるから……一人で泣くんは止めようや。 」 「……まーし……っつ……!!!」 本当はね ずっと 怖かったんだ。 だって 僕には何もなくて 歌とか、声真似だとか、そういったものを全部取っ払って 一番最後に残った本当の自分なんて きっと誰も愛してくれないって そう 思っていた。 [newpage] 「……ほんまの……っつ、あほでも何でもない僕を……好きって、言うてくれる人なんて、おらんって……思ったら、止まらんくて……!!」 「うん。 」 「……親父にもっ……いっぱい迷惑かけてばっかで……っ、何一つ返せてなくて……!!こんな……こんな息子で…ほんま、ごめんって………もっと、もっときっと色んな道あって、他の道だって、選べたのにっ……僕が選んだんが…この選択肢で、ほんまに良かったんかなって……!!!!」 「うん。 」 「歌も……っつ……うまくないしっ……他の才能なんて僕には一個もない……このままで、ほんまにえぇんかって……そしたら、苦しくて……!!」 泣きじゃくる坂田に うらたが、優しい声で告げた。 「そうか。 お前がもしさ、真剣にもう辛いって、苦しいってそう思ってるなら……無理なんてしなくていい。 何時だって辞めたっていいんだよ。 」 「……!?」 「だってそうだろ?お前の人生だ、誰に強制されるでもなく、お前がちゃんと歩んで決める道なんだから。 ……期待とかそんなもんは背負わなくていいんだって。 」 「………うらさん……。 」 プレッシャー。 1人で舞台に立つことの? それとも、このまま活動を続けていくことの?? それが重荷になるなら捨ててしまえと うらたは、そう言った。 「それに、さかたんにはとびっきりの才能があるやん。 」 「っへ?」 「………皆に、俺らに、愛されてる才能。 」 「……センラ……。 」 「こんな周りに愛されてる奴、さかたん以外におらんで?」 優しいセンラの声が ふわりと耳に残る。 「っていうかなぁ、あれや!お前、俺らの事舐めすぎちゃう??坂田が声真似してへんかっても、歌唄わんでも、………お前が、あほの坂田やなくても、俺らはお前の事大好きやで?そうさせたんは、坂田やろ……?」 「……そ、……なの??」 「そうだよ、だからお前が責任もって3人とも愛してくれないと困るんだけど?」 にやりと笑いながら、志麻とうらたがそう言って 代わる代わる、撫でまわされる頭。 容赦なくぐちゃぐちゃにされる髪に、坂田が逃げれば 追いかけて抱きしめられた。 「っひゃひゃひゃ!!もう、わかった!!!わかったって!!!」 「いや、お前はわかってない!ここで思い知らせてやるから覚悟しろ!!!」 「ちょ、今どさくさに紛れて俺の脇触ったん誰!?」 「はい、さかたん。 「っは~!!疲れた!!っていうか俺ら何やってんの??」 「いや、もうそこは突っ込んだらあかん奴やで、うらたさん。 」 「んふふふ、もう全員二十歳超えてるのにこれはヤバい……!!」 「何言うてんねん、いつだって青春やぞ。 俺らは。 」 広がったオレンジ色の空 見上げるそれは何処までも遠く 何処までも優しく 4人を照らしていた。 END.

次の

センラのイケメンな顔出し画像!年齢や身長はいくつ?彼女のセンコって?

センラ ツイッター サブ

センラさんとは? 折原センラこと、金髪のイケメンなキャラクターが特徴的なセンラさん。 2008年から歌い手として活動を始めています。 2013年から歌い手ユニット 「浦島坂田船」でうらたぬき・志麻・となりの坂田。 ・センラの4人組で活動しています。 2019年も両国国技館でライブをするようで浦島坂田船の人気が急上昇中です! そんな浦島坂田船でも活動している「センラさん」について ・4人の中では一番背が大きいキャラクターだけど実際の身長は? ・センラさんはサラリーマン!? ・イケメン過ぎる素顔にびっくり! などセンラさんについてのプロフィールを特集していきます。 O型の男性の特徴は「負けず嫌い」「自信家」「親分肌」「大雑把」みたいです。 センラさんのキャラにもあっているかも... ? ちなみに浦島坂田船の中ではいじられキャラ担当です。 現在 社会人5年目なのでしょうか!? 仕事中ワイ、一回も説明したことない商品やのにブッツケで挑み無事失敗、 「あー、こうなると駄目なんですよね!」と開き直り、 最後に 「なにか質問ありますか?・・・あってもお前分からんやろって感じっすね〜!」 と笑いをとって無事乗り切る。 センラさんは営業職なんじゃないかと思います。 すみません。 仕事終わりましぇん。 歌い手も同時進行で活動しているなんて本当にすごいですね! エンターテイナーとしても社会人としてもしっかり活動していて、 純粋にセンラさんのことを尊敬しています。 まとめ 今回は浦島坂田船の人気歌い手「センラ」さんについて特集しました! センラさんの素顔や、身長などなどプロフィールが見えましたか??? 最後まで読んでいただきありがとうざいます!.

次の

Twitterでセンラさんのサブ垢が凍結?っぽくなっているのですが...

センラ ツイッター サブ

歌い手センラの身長や年齢などのプロフィールは? プロフィールについては、ツイッターやセンラさんのブログなどを参考にしたのですが、 ご自身で公開している情報も結構ありましたよ^^ そこで、センラさんが公開している情報や調べてみてわかったことをまとめてみました!• 名前:センラ• 性別:男性• 年齢:23歳• 生年月日:1991年10月3日• 身長:175cm• 出身:京都• 血液型:O型 出典: 年齢や誕生日などはツイッターのつぶやきがきっかけで判明したようですね^^ また、現在は「センラ」さんとして活動されていますが、 デビュー当時は「耳せん」さんという名前で活動していたようです。 耳せんさんからもう少しかっこいい名前に変えようとして、 名前がかぶっていたりなど色々とあったものの、最終的にセンラさんという名前に決定したみたいです! 身長も175cmと比較的高く、体重は公開されていませんでしたが、 ライブなどを見に行った方の証言によるとスラっとした体型だったとのことです^^ 顔画像がイケメンと話題に! センラさんは普段から顔出しはされていて、 イケメンとかなり評判がいいようです。 ツイッターなどでも公開されているので、画像は結構ありましたよ^^ いくつか載せておきますね! 出典: 出典: また、最近では髪型を変えたというつぶやきもされていましたよ^^ 出典: ただ、どれも口元が隠れていたりメガネをされている画像でした^^; でもイケメン感は伝わってきますよね! 顔全体を見たいという方は、ライブに行きましょう!w 歌い手センラの彼女?センコって? センラさんの噂の彼女?としてよく名前が挙がる方が 「センコちゃん」ですね^^ で、このセンコちゃんとはどういった方なのかを調べてみると、、、 センコとは、彼の理想のタイプを具現化した妄想彼女である。 細かく言うと、サイドポニー、茶髪、眼鏡。 センコちゃんのイラストもよく送られるが、クオリティが高い。 そのため、放送で「可愛いぃぃぃ!」を連発する。 しかも、リスナーの中でセンコちゃんのbotが作られ、本人もフォローしている。 出典: センラさんの理想のタイプの女性の妄想彼女であることが判明www 以前はファンのかたと親密な関係になったという噂が広まり、 炎上してしまったという事件もありましたが、 現在は彼女についての噂などはたっていないようです^^ センラさんの今後のご活躍にも期待したいですね!.

次の