大正 ロマン 着物。 レトロ・アンティーク着物レンタル1日体験 大正ロマンOne Day ~隠れた私を見つけに行こう

【楽天市場】着物・帯・和装 > アンティーク着物・帯 > 大正ロマン:お茶道具・着物のネットショップ圭

大正 ロマン 着物

咲く都で着物を大正ロマンに着こなすための4つのポイント 1 アンティークな着物をレンタル アンティーク着物というと、 明治・大正・昭和初期の人々が着用していた 着物のことを言います。 それまで着物といえば落ち着いた色が主流でしたが、この時代の着物は欧米の文化が入ってきたことにより、 鮮やかな色合いと 華やかな柄が使われました。 このような色柄の着物は大正ロマンな着物の基本といってもよいでしょう。 2 帯はお太鼓結びできっちり感を出す 大正ロマンに着物を着るなら、おすすめの帯の結び方は お太鼓結びです。 お太鼓結びは、由緒正しい帯の結び方で冠婚葬祭のフォーマルな着物にも使われます。 着物や帯の色柄や小物は派手に遊びますが、帯をお太鼓結びにすることできっちり感が出て、そのギャップが可愛く見えますよ。 また、お太鼓結びは後ろから見た時に帯の表面がしっかり見えるので、大ぶりの柄の帯を使ったときに柄を見せることが出来るのもポイントです。 3 レトロな柄付きの半襟でおしゃれ度アップ 半襟は首元からのぞく、着物の一枚下に飾りとして掛ける布のことを言います。 半襟を付けない場合は、首元には白色の布が見えますが、ここを柄物に変えることが出来ます。 少ししか見えない部分ですが、半襟は顔の近くにあるということもあり、付けるのと付けないのでは印象がガラッと変わります。 ポイントは 着物と全く違う色や柄を敢えて使うことです。 そうすることで、半襟がさりげないながらも目立ち、大正ロマンな雰囲気をまとうことが出来ます。 4 袴を履けば簡単に大正ロマンになれる 着物単体で着るだけではなく、 袴を合わせることで大正ロマンな雰囲気をさらに出すことが出来ます。 袴は、今では卒業式に履くイメージがありますが、もともとは大正時代に女学校の制服として採用されていました。 当時、女学校に通う女性はお金持ちで賢く、さらにおしゃれにも敏感な人が多かったため、かっこいいファッションリーダーとして若い女性の憧れの的だったようです。 大正ロマンな着こなしをできるだけではなく、着物と比べるとかなり動きやすく、ロングスカートやガウチョパンツのような見た目をしているので着こなしも簡単なのが特徴です。 着物よりも普段着に近い動きやセンスで一日中楽に着ていられますよ。 他の着物レンタルをしている方とも差を付けられるのでおすすめです。 咲く都の着物レンタルプラン 咲く都では色鮮やかで上質な着物が2500円からレンタルできます。 着物のデザインの質によって3つのプランからお選びいただけます。 着物プラン 料金 スタンダードプラン 2,500円 咲く都プラン 3,500円 プレミアムプラン 4,500円 そして、上記の基本の着物プランに各種オプションを付けることが出来ます。 オプションプラン 料金 ヘアセット 1,500円 髪飾り付け放題 500円 半襟 500円 お太鼓帯 1,000円 袴 2,000円 以下は実際にお客様の着物のコーディネート例と、実際に掛かった料金の例です。 ストライプを使った柄の着物は大正ロマンを感じさせますよね。 シンプルなストライプ柄は、どんな柄でも合わせやすいので帯や半襟が比較的自由に選べるのでおすすめですよ。 遊び心たっぷりの小物を合わせてみてくださいね。 通常、派手な柄の着物にはシンプルな帯を合わせてバランスを取ることが多いですが、大正ロマン風に着るのであれば 帯も派手なものを選ぶといいでしょう。 また、帯の色合いは着物のベースカラーと逆の色を持ってくるのがレトロな着こなしの基本です。 このコーディネートの場合だと、黒と黄色でコントラストがはっきりしてレトロ感が出ています。 こちらのお2人は、帯の色がお揃いになっているのもとってもかわいいですよね。 是非、真似をしてみてくださいね。 着物の柄を生かすために帯は抹茶色で落ち着いていますが、半襟で遊び心を持たせています。 さらに、着物と合わせたヘアアクセサリーをたくさん使うことで、大正ロマンな華やかさがたっぷり出ています。 ランクの高い着物とヘアセット、髪飾り、半襟で とことんおしゃれを楽しめるこちらのプランは、 お得プランで半額に近い料金設定になっています。 大正ロマンコーデには遊び心が大切です。 ぜひ、お得プランで思う存分大正ロマンコーディネートを作ってみてくださいね。 さらに大正ロマンに着物着こなすならブーツ・帽子・手袋などの洋服っぽい小物を合わせる 大正ロマンな着物の着こなしといえば、 洋服っぽい小物を合わせるのも特徴の一つです。 実際、大正時代にも欧米から入ってきたファッション雑貨を着物や袴に合わせるのはトレンドでした。 ただし、咲く都ではこちらの小物はレンタルできません。 私物をお持ちいただければ、その小物に合わせた着物の選び方のアドバイスもできますので気軽にご相談くださいね。 以下は似合いやすい小物の特徴です。 大正ロマンな着物コーデに合うブーツ• ・レースアップブーツ• ・ヒールがついているもの• ・厚底ブーツ• ・ボリューミーではない物• ・足首丈 着物や袴にブーツを合わせる場合は、裾を短めに着付けして、足元をみせるようにします。 横幅のボリュームはできるだけ小さく、ヒールや厚底で高さが出るものだと着物ともバランスがとりやすいです。 大正ロマンな着物コーデに合う帽子• ・ベレー帽• ・麦わら帽子• ・カンカン帽• ・ファーのロシアンハット など 大正ロマンな着物コーディネートといえば、ベレー帽を合わせるのが定番です。 春夏であれば、麦わら帽子やカンカン帽なども涼し気な着こなしになるのでおすすめです。 大正ロマンな着物コーデに合う手袋• ・レース手袋• ・レザー手袋• ・ボリュームがないデザイン 手袋といってももこもこのニット手袋は着物には合いにくいです。 寒さ対策ではなく、単純なおしゃれとしてはレースがおすすめ。 古着屋さんやネットで購入できますよ。 大正ロマンな着物で行きたい京都のレトロスポット 大正ロマンな着物を着たら、普通の京都観光だけではなくて、大正ロマンなスポットに行ってみたいですよね。 京都には大正時代に建てられたレトロな建物がいくつか残っているので、是非大正ロマンな着物で訪れてみてくださいね。 京都のレトロスポットの中でも、定番の喫茶店3つをご紹介します。 夢二カフェ 五龍閣 夢二カフェ 五龍閣は、大正 12年に竣工され、国の登録文化財にも認定されている洋館です。 清水寺の近くの道から、狭い路地を抜けたところにあります。 中に入ると真っ赤な絨毯、タイル絵の美しい大きなテーブル、木彫りの美しい椅子が並んでおり大正時代にタイムスリップしたような空間になっています。 また、名前の通り、大正ロマンの美人画有名な竹久夢二の作品の展示もされています。 夢二は 五龍閣の店主の祖父である音楽家の近藤義次と親交があったため、このようにギャラリーとして使うようになったようです。 まさに大正ロマンのファンにとっては、聖地ともいえるスポットです。 喫茶室フランソア 1934年創業、京都の喫茶店文化の象徴ともいえる老舗のカフェです。 阪急河原町駅から徒歩3分ほどの好アクセスで、河原町の騒々しい雰囲気とはかけ離れた、静かで穏やかな時間が流れています。 店内は豪華客船をイメージしたイタリアバロック様式で建てられており、照明や飾られている絵画は1934年に創業されて以来、変わらず使い続けられています。 その歴史的な価値から国の登録有形文化財にも指定されているほどです。 ブルーベリーソースがかかったチーズケーキやドイツ風のりんごのタルトなど、スイーツメニューも豊富です。 喫茶店ソワレ ソワレはフランス語で「夜会」という意味で、喫茶店としては珍しく店内は真っ青なライトで照らされています。 その他にも真っ赤なソファや、昭和を代表する美人画の巨匠・東郷青児デザインのグラスなどが置かれており、店内はレトロな雰囲気であふれています。 そして、このカラフルなゼリーポンチがソワレの大人気メニューです。 ほのかな甘みのあるソーダの中にイエローやグリーン、パープルなど色んな味のカラフルなキューブ型のゼリーが浮かんでいます。 まとめ 大正ロマンと一言で言っても、コツさえ押さえれば着こなしは十人十色なので是非自分だけの着こなしをしてみてくださいね。 そして、タイムスリップしたようなレトロな京都観光をお楽しみください。 京都で大正ロマンな着物を着るなら是非咲く都をご利用くださいね。

次の

大正ロマンなファッション、世界観を作りあげる方法

大正 ロマン 着物

大正ロマンコーディネートが可愛く彩れる和洋折衷な和装にも洋服に合わせられる大正浪漫小物をすぐにチェックしたい方は 最近では、成人式の振袖や卒業式の袴、また和婚の打掛においても 「大正ロマン」を取り入れたお洒落なコーディネートがたくさん増えてきました! そもそも「大正ロマン」とはどういった装いのことなのでしょうか? 大正ロマンとは、明治~大正時代に日本が西洋の文化を取り入れ、 古き良き和の中にも革新的なお洒落感をプラスした装いの総称です。 是非この機会にお得にお買い物くださいませ。 詳細などは随時更新しております 開催場所: ・和小物や和雑貨がお好きな方 ・今年こそは浴衣を着ようという方 ・大正ロマンな雰囲気が好きな方 明治~大正時代の産物 「 アンティーク着物」を日常に取り入れられるようにと考えてデザインした 大正浪漫な沢山のアクセサリーを展示&販売しておりますので、是非毎月の楽しみにしていただければと思います。 大正ロマンな着物とは? 大正正ロマンな着物というと、いまいちイメージがつかないかもしれませんが、「アンティーク着物」と言い換えれば少しイメージがつくのでは無いでしょうか? アンティーク着物とは大正から昭和初期に作られた着物で、 大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる花柄や幾何学模様、当時物にしかない珍しく鮮やかな色合いが特徴です。 現代の着物では出すことが難しい珍しい色合いや個性的な和柄は、見る人の目を惹きつけます。 何故、現代ものにはない色柄が多いのでしょうか? 大正から昭和初期は西洋文化が様々な形で入ってきた時代です。 その為、アールヌーボーやアールデコの影響を受けた着物も作られ、独特の華やかな色柄が生まれました。 一時はそのような華やかな着物が大流行していた一方、現代物のシンプルなイメージは戦後着物離れが進む中で生まれました。 こうして、華やかなアンティーク着物は作られなくなってしまったわけです。 アンティーク着物と普通の着物の見分け方は? 簡単な見分け方は赤い裏地が使われているかどうかです。 また、第2次世界大戦を区切りにそれ以前の着物を「アンティーク」と呼んでいます。 大正ロマンなアンテイーク着物ご紹介 大正ロマン系の着物は薔薇やチューリップ、スイートピーなど西洋の花がたくさん描かれていることが特徴です。 大正末期、東京の街がアールデコのビル群に変わった時代、西洋の花々が描かれたモダンな着物はおしゃれ女子の心を鷲掴みにし大ブームをもたらしています。 他の人と同じものは着たくない!という方には大正ロマンなアンティーク着物がピッタリです! 大正ロマンな髪型とは? 髪型にも大正ロマンな髪型というのが存在します。 ここでは、具体的に大正時代に流行したヘアスタイルで 取り入れれば一気に 「大正ロマン風」に演出できる髪型をご紹介します。 大正~昭和初期にかけて外国でも日本でも流行ったスタイルです。 前髪の曲線が特徴のパーマですね。 仕上がりもピシッと美しく、上品で素敵な装いになります。 大正8年頃登場し、大正10年には当時の最先端であるパーマネントを導入した大正女性の憧れの髪型であったが、現代ではあまり結われない。 前髪を七・三に分けてサイドに流し、熱したコテを上下交互に髪に挟んで大きなウェーブをつけます。 「耳隠し」はサイドの耳さえ隠れていればバックのまとめ方に特に決まりはなく 実に多種多様なスタイルが存在します。 なかなか普段見慣れない髪型ですので、美容師さんに相談する形が良いでしょう! 大正ロマンなメイクとは? メイクもちょっとポイントを効かせるだけで一気に雰囲気のある装いに早変わりしますのでお勧めです。 大正時代をイメージしたメイクは、色をたくさん使うというより着物に対比するように艶感を大事にした儚げでヌケ感を出すアンニュイな雰囲気がマッチします。 <艶っぽさは肌で表現> 透明感のあるツヤ肌を意識して、顔の赤みや黄色みをコンシーラーなどで消します。 ハイライトにはパール入りのパウダーで、肌をふんわりと仕上げましょう。 <色気を出す為のポイント「儚げ」> アイシャドゥもアイボリー~薄ピンク系を使い、目の下にも同じ色でラインを引き、はかなげで憂い気な印象にしましょう。 チークはレッド系を使い、頬より少し高い位置でのせ、艶感ある肌に映えるように色っぽく儚げで色気が出るように雰囲気を出します。 リップは赤を使用し、全体に濃く塗るのではなく、唇の周りはぼかすようにしましょう。 そうすることで自然なアンニュイな印象と立体感が生まれます。 今風のメイクとは違った儚げな雰囲気と艶のある色気を感じる大正ロマンなメイクは、和装の着こなしを何倍にもお洒落にします。 大正ロマンな和小物・髪飾りとは? 大正ロマンな着物・髪型に加えて和小物や髪飾りにも「大正ロマン」な着こなしが存在します。 ただ、普通に花をつけたりするだけではありません! 小物も拘ることで、よりお洒落で人目を引く大正ロマンなコーディネートが仕上がります。 大正ロマンにぴったりの和小物たち 薔薇、チューリップ、小鳥などの西洋モチーフを帯どめや半襟、バッグなどに取り入れると一気に大正ロマンでガーリーな雰囲気になります。 ~着こなし術~ 大正ロマンな衣装や小道具を集めても、うまく着こなさなければ、すべてが無駄になってしまいます。 最初は難しいかもしれませんが、ポイントをおさえることで素敵な着こなしをすることができるかと思います。 今回はポイントごとに「大正ロマンの着こなし術」をご紹介いたします。 <半襟> 半襟をたっぷり見せましょう! シンプルな無地ではなく、刺繍入り、染め柄入りのものを合わせると更に可愛くなります。 <帯留> ぼってりとした大きめの帯留が、よりレトロな印象になり可愛いです。 <帯締> 幅2センチ程の太めのものがオススメです。 是非試してみてください。 マリエフルリールオリジナルの大正ロマン髪飾り 髪飾りもこだわりのデザインを選ぶだけで大正ロマンな装いに早変わりします。 ここにしかないインパクト大な大正ロマン髪飾りをご紹介します。 乙女な色合いのバランスがとても可愛いリボンシリーズです。 ドットや矢絣、王道の赤リボンなど、存在感抜群で大正ロマンではいからさんの雰囲気満載です。 椿のモチーフは付けるだけで、「大正ロマンな世界」に早変わりしてくれるマストアイテムです! 大正ロマンを代表とする作家「竹久夢二」も自身の作品で椿のイラストがよく使われていたことからも 椿は大人気の大正ロマンアイテムです。 もっと椿のアクセサリーを見たい方はこちらからどうぞ 希少価値が高いアンティーク着物を贅沢にも髪飾りにしました。 大胆な色使いや柄は見る人の目を引きつけ、個性的でお洒落な大正ロマンを演出します。 後ろ姿が何とも可愛いこちらの髪飾りは、ハーフアップにオススメ! 花冠風のデザインは洋の雰囲気をプラスしてくれ、ガーリーでキュートな装いに。 和のカチューシャで西洋の雰囲気も取り入れた髪飾りは、 古き良き大正ロマンを演出できます。 日本の伝統工芸「鞠」をモチーフに、洋風な色柄で彩った和洋ミックスのかんざしです。 普通と鞠とは違った存在感抜群のレトロモダンな髪飾りになります。 ~レトロ鞠の制作風景~ 大正ロマンコーディネートができる着物・小物レンタルを大正浪漫店で行なっています 上記で紹介した着物のコーディネートや大正浪漫な小物を身につけて、 いつもとは違う大正ロマンコーディネートで街ブラやフォトジェニックな自分を楽しんでみませんか? 当店ではアンティーク着物のレンタル、小物レンタルなど行っております。 是非、日常をかけ離れてノスタルジックな時間をお楽しみくださいませ。 オープン時間~クローズ時間を必ずご確認の上、ご来店くださいませ。 今までに浴衣撮影時におけるレンタルや、ハイカラな大正ロマンの世界観の装飾等でご利用頂いております。 ~「大正ロマン」で彩るメリット~ 「大正ロマン飾り」は、ただ「美しく綺麗にまとまった」だけの着物姿になるのではなく、 伝統的で落ち着いた雰囲気を残しつつ、女性が華やかに見える鮮やかな色彩を取り入れて 一生に一度の各種式典の際に「奥深さ」や「女性本来の美しさ」「古き良き時代を感じ、懐かしさ溢れるレトロなお洒落」を表現することができます。 昔からずっと続いている伝統的な日本の和装に、西洋の文化が入り混じった明治~大正のお洒落な大正ロマン飾りを取り入れるだけで、モダンでハイカラな新しい和装のお洒落スタイルが生まれることでしょう。

次の

大正時代の男性と女性の服装10選!ハイカラファッションや髪型は?

大正 ロマン 着物

大正ロマンコーディネートが可愛く彩れる和洋折衷な和装にも洋服に合わせられる大正浪漫小物をすぐにチェックしたい方は 最近では、成人式の振袖や卒業式の袴、また和婚の打掛においても 「大正ロマン」を取り入れたお洒落なコーディネートがたくさん増えてきました! そもそも「大正ロマン」とはどういった装いのことなのでしょうか? 大正ロマンとは、明治~大正時代に日本が西洋の文化を取り入れ、 古き良き和の中にも革新的なお洒落感をプラスした装いの総称です。 是非この機会にお得にお買い物くださいませ。 詳細などは随時更新しております 開催場所: ・和小物や和雑貨がお好きな方 ・今年こそは浴衣を着ようという方 ・大正ロマンな雰囲気が好きな方 明治~大正時代の産物 「 アンティーク着物」を日常に取り入れられるようにと考えてデザインした 大正浪漫な沢山のアクセサリーを展示&販売しておりますので、是非毎月の楽しみにしていただければと思います。 大正ロマンな着物とは? 大正正ロマンな着物というと、いまいちイメージがつかないかもしれませんが、「アンティーク着物」と言い換えれば少しイメージがつくのでは無いでしょうか? アンティーク着物とは大正から昭和初期に作られた着物で、 大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる花柄や幾何学模様、当時物にしかない珍しく鮮やかな色合いが特徴です。 現代の着物では出すことが難しい珍しい色合いや個性的な和柄は、見る人の目を惹きつけます。 何故、現代ものにはない色柄が多いのでしょうか? 大正から昭和初期は西洋文化が様々な形で入ってきた時代です。 その為、アールヌーボーやアールデコの影響を受けた着物も作られ、独特の華やかな色柄が生まれました。 一時はそのような華やかな着物が大流行していた一方、現代物のシンプルなイメージは戦後着物離れが進む中で生まれました。 こうして、華やかなアンティーク着物は作られなくなってしまったわけです。 アンティーク着物と普通の着物の見分け方は? 簡単な見分け方は赤い裏地が使われているかどうかです。 また、第2次世界大戦を区切りにそれ以前の着物を「アンティーク」と呼んでいます。 大正ロマンなアンテイーク着物ご紹介 大正ロマン系の着物は薔薇やチューリップ、スイートピーなど西洋の花がたくさん描かれていることが特徴です。 大正末期、東京の街がアールデコのビル群に変わった時代、西洋の花々が描かれたモダンな着物はおしゃれ女子の心を鷲掴みにし大ブームをもたらしています。 他の人と同じものは着たくない!という方には大正ロマンなアンティーク着物がピッタリです! 大正ロマンな髪型とは? 髪型にも大正ロマンな髪型というのが存在します。 ここでは、具体的に大正時代に流行したヘアスタイルで 取り入れれば一気に 「大正ロマン風」に演出できる髪型をご紹介します。 大正~昭和初期にかけて外国でも日本でも流行ったスタイルです。 前髪の曲線が特徴のパーマですね。 仕上がりもピシッと美しく、上品で素敵な装いになります。 大正8年頃登場し、大正10年には当時の最先端であるパーマネントを導入した大正女性の憧れの髪型であったが、現代ではあまり結われない。 前髪を七・三に分けてサイドに流し、熱したコテを上下交互に髪に挟んで大きなウェーブをつけます。 「耳隠し」はサイドの耳さえ隠れていればバックのまとめ方に特に決まりはなく 実に多種多様なスタイルが存在します。 なかなか普段見慣れない髪型ですので、美容師さんに相談する形が良いでしょう! 大正ロマンなメイクとは? メイクもちょっとポイントを効かせるだけで一気に雰囲気のある装いに早変わりしますのでお勧めです。 大正時代をイメージしたメイクは、色をたくさん使うというより着物に対比するように艶感を大事にした儚げでヌケ感を出すアンニュイな雰囲気がマッチします。 <艶っぽさは肌で表現> 透明感のあるツヤ肌を意識して、顔の赤みや黄色みをコンシーラーなどで消します。 ハイライトにはパール入りのパウダーで、肌をふんわりと仕上げましょう。 <色気を出す為のポイント「儚げ」> アイシャドゥもアイボリー~薄ピンク系を使い、目の下にも同じ色でラインを引き、はかなげで憂い気な印象にしましょう。 チークはレッド系を使い、頬より少し高い位置でのせ、艶感ある肌に映えるように色っぽく儚げで色気が出るように雰囲気を出します。 リップは赤を使用し、全体に濃く塗るのではなく、唇の周りはぼかすようにしましょう。 そうすることで自然なアンニュイな印象と立体感が生まれます。 今風のメイクとは違った儚げな雰囲気と艶のある色気を感じる大正ロマンなメイクは、和装の着こなしを何倍にもお洒落にします。 大正ロマンな和小物・髪飾りとは? 大正ロマンな着物・髪型に加えて和小物や髪飾りにも「大正ロマン」な着こなしが存在します。 ただ、普通に花をつけたりするだけではありません! 小物も拘ることで、よりお洒落で人目を引く大正ロマンなコーディネートが仕上がります。 大正ロマンにぴったりの和小物たち 薔薇、チューリップ、小鳥などの西洋モチーフを帯どめや半襟、バッグなどに取り入れると一気に大正ロマンでガーリーな雰囲気になります。 ~着こなし術~ 大正ロマンな衣装や小道具を集めても、うまく着こなさなければ、すべてが無駄になってしまいます。 最初は難しいかもしれませんが、ポイントをおさえることで素敵な着こなしをすることができるかと思います。 今回はポイントごとに「大正ロマンの着こなし術」をご紹介いたします。 <半襟> 半襟をたっぷり見せましょう! シンプルな無地ではなく、刺繍入り、染め柄入りのものを合わせると更に可愛くなります。 <帯留> ぼってりとした大きめの帯留が、よりレトロな印象になり可愛いです。 <帯締> 幅2センチ程の太めのものがオススメです。 是非試してみてください。 マリエフルリールオリジナルの大正ロマン髪飾り 髪飾りもこだわりのデザインを選ぶだけで大正ロマンな装いに早変わりします。 ここにしかないインパクト大な大正ロマン髪飾りをご紹介します。 乙女な色合いのバランスがとても可愛いリボンシリーズです。 ドットや矢絣、王道の赤リボンなど、存在感抜群で大正ロマンではいからさんの雰囲気満載です。 椿のモチーフは付けるだけで、「大正ロマンな世界」に早変わりしてくれるマストアイテムです! 大正ロマンを代表とする作家「竹久夢二」も自身の作品で椿のイラストがよく使われていたことからも 椿は大人気の大正ロマンアイテムです。 もっと椿のアクセサリーを見たい方はこちらからどうぞ 希少価値が高いアンティーク着物を贅沢にも髪飾りにしました。 大胆な色使いや柄は見る人の目を引きつけ、個性的でお洒落な大正ロマンを演出します。 後ろ姿が何とも可愛いこちらの髪飾りは、ハーフアップにオススメ! 花冠風のデザインは洋の雰囲気をプラスしてくれ、ガーリーでキュートな装いに。 和のカチューシャで西洋の雰囲気も取り入れた髪飾りは、 古き良き大正ロマンを演出できます。 日本の伝統工芸「鞠」をモチーフに、洋風な色柄で彩った和洋ミックスのかんざしです。 普通と鞠とは違った存在感抜群のレトロモダンな髪飾りになります。 ~レトロ鞠の制作風景~ 大正ロマンコーディネートができる着物・小物レンタルを大正浪漫店で行なっています 上記で紹介した着物のコーディネートや大正浪漫な小物を身につけて、 いつもとは違う大正ロマンコーディネートで街ブラやフォトジェニックな自分を楽しんでみませんか? 当店ではアンティーク着物のレンタル、小物レンタルなど行っております。 是非、日常をかけ離れてノスタルジックな時間をお楽しみくださいませ。 オープン時間~クローズ時間を必ずご確認の上、ご来店くださいませ。 今までに浴衣撮影時におけるレンタルや、ハイカラな大正ロマンの世界観の装飾等でご利用頂いております。 ~「大正ロマン」で彩るメリット~ 「大正ロマン飾り」は、ただ「美しく綺麗にまとまった」だけの着物姿になるのではなく、 伝統的で落ち着いた雰囲気を残しつつ、女性が華やかに見える鮮やかな色彩を取り入れて 一生に一度の各種式典の際に「奥深さ」や「女性本来の美しさ」「古き良き時代を感じ、懐かしさ溢れるレトロなお洒落」を表現することができます。 昔からずっと続いている伝統的な日本の和装に、西洋の文化が入り混じった明治~大正のお洒落な大正ロマン飾りを取り入れるだけで、モダンでハイカラな新しい和装のお洒落スタイルが生まれることでしょう。

次の