原田 神社。 神原田神社十二神楽

2020年 原田神社へ行く前に!見どころをチェック

原田 神社

原田神社 豊中市櫻塚 原田神社 豊中市櫻塚 交通案内 阪急宝塚線岡町駅東側 能勢街道沿い 鳥居 祭神 素盞嗚尊、月神、日神、櫛玉命、稲田姫命 由緒 『大阪府誌』には、創建時は不詳とある。 天武天皇の時代、悪疫が大いに流行り、民が傷つき苦しんだという。 天皇、厄疫退除の詔勅を当社に下したところ、大いに効験があり、白鳳十二年、神宝、神鏡、素盞嗚尊御魂、獅子頭を奉祀し、是より大宮と称されたと記している。 社頭掲示板にはこの時を以て創建としている。 大阪の地は市内上町台地先端近くに曾根崎があり、淀川を越えて曽根があり、その北側にこの神社が鎮座している。 銅鐸も近くから出土している所から見ると、いわゆる長髄彦の一族が旧淀川の両側をおさえていた所に曽根の地名が残っていると考えることが許されるだろう。 その番所に祭られていた月神・日神であったと見ることが出来る。 また、この神社の立地はまた東に奈良地域の物部氏、西に穴太村の天日槍の秦氏に囲まれている要所でもあった。 拝殿 お姿 阪急岡町疫東側を蓋をするように鎮座、こんもりととした社叢と、正面の商店街の対比が面白い下町の風景を醸し出している。 神社周辺に琵琶型古墳が36個もあり、原田神社の神官は奉幣していたと言う。 古鏡、曲玉が出土している。 境内の十二神社は延暦二(783)年の創建。 本殿 五間社流造 お祭り 10月 9日 秋祭り宵宮 10月10日 獅子神事祭しししんじまつり.

次の

【原田神社】アクセス・営業時間・料金情報

原田 神社

本殿は豊中市指定文化財である。 この社殿は、 三間社流造の形式になり、屋根は 桧皮葺、桁行4. 10m、梁間は身舎部で1. 54m、庇部で1. 08mの規模をもち、その基本的な構成は 本殿と同様となっている。 身舎正面は5対7対5の割合で柱が配置され、格子戸を脇間ははめ殺し、中間は引き違いにたて、正側三面に高欄付の縁がめぐっている。 高欄の大部分および縁下などの部材は、建立当時から新しくとりかわっているものの、その他の大部分については当初材が現在も良く保たれており、もと極彩色が施してあった痕跡がいまも僅かに残っている。 建立された時代を明らかにする資料はないが、少なくとも寛永を下ることはなく、 17世紀初頭の建築とみられている。 御神燈• 108•

次の

原田神社 豊中市櫻塚

原田 神社

創建 不詳 ご祭神 素盞嗚命(すさのおのみこと) 天照大神(あまてらすおおみかみ) 月読命(つきよみのみこと) 高龗大神(たかおかみのおおかみ) 櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと) 天児屋根命(あめのこやねのみこと) 住吉大神(すみよしのおおかみ) 仁徳天皇(にんとくてんのう) 菅原道真公(すがわらのみちざねこう) 旧社格 府社 主な御利益 厄除け、病気平癒など 総本社 — 原田神社の創建は不詳ですが、豊中市内の神社のなかではもっとも古い歴史を持っていると言われています。 もっとも古い記録では「 天正十四年四月古記録 」という文献に、白凰12年(684年)、第40代天皇「天武天皇」が神宝・神鏡・獅子頭を寄進し創建、当時流行していた悪病の退散を祈ったとあります。 ただしこれは言い伝えを後年に書き残したものであるため真偽のほどは定かではありません。 鎌倉時代以降の史料には、「牛頭天王」「桜墓」「桜塚神」などの名で度々登場しており、最盛期には、東は豊島郡榎坂村(現在の吹田市江坂)から、西は川辺郡富松村(現在の尼崎市富松町)まで72か村の産土神社(うぶすなじんじゃ)として崇敬を集めていました。 当時は西牧総社・西牧社と呼ばれていました。 天正6年(1578年)の荒木村重の謀反を織田信長が平定した際の兵火によって社殿は焼失、現在の社殿は慶安5年(1652年)に再建されたものです。 元は桜塚神祠・牛頭天王社などと呼ばれていましたが、貞享2年(1685)に、京都の神祇官令であった「吉田大納言家」から「原田大明神」の神号が贈られ、現在の原田神社となりました。 明治末期に推進された神社合祀によって、上津島の住吉神社、南今在家の天満宮、箕輪の春日神社などが合祀されました。 ご神体は、主祭神である「素戔嗚命(すさのおのみこと)」をはじめ、天照大神、月読命、櫛稲田姫命、高龗大神(たかおかみのおおかみ)の五社相殿となっています。 主な祭礼、行事• 獅子神事祭(10月1~10日) 豊中市の市指定文化財にもなっているこの地域の伝統的な秋の大祭。 「おてんさん」と呼ばれる獅子頭は主祭神「牛頭天王(素盞嗚命)」の化身と言われており、2日~8日の7日間に渡って地区を周り、9日の宵宮祭では原田神社境内で様々な舞を踊ります。 現存している獅子頭のもっとも古いものは元禄年間(1558~1570)に作られたもので、非常に古い時代から続いてきたことが分かります。 御朱印、授与品(お神札・お守り).

次の