野良猫 避妊 手術。 猫の避妊手術後のケアの方法と注意点

変更の少なそうな情報に絞り掲載していますが、料金・ルール・混雑状況などの最新状況確認&予約の為、必ず事前に電話でお問合わせをお願いします。

野良猫 避妊 手術

野良猫を保護して去勢・不妊手術をしてあげよう。 と、言うは易く行うは難し。 捕獲も大変、お金もかかる。 それが何匹もいるものだから簡単には行かないというもの。 不妊・去勢の手術費は、なんとなく10,000円~30,000円程度かかるらしいけど、実際のところはどうなんでしょう?これまた動物病院によって手術の方法、サービスの違い、価格差があるから一概には言えなくて。 そんなところで、手術費の平均価格、手術の流れ、いくつかの動物病院での診療料金をまとめて実際のところの費用感を整理しました。 手術費用の平均価格 こちらは、公益社団法人日本獣医師会が公表しているデータがあります。 平成27年度調査 平成11年度調査 猫の去勢手術 12,652円 11,541円 猫の避妊手術(卵巣切除) 19,833円 18,496円 猫の避妊手術(卵巣子宮切除) 20,986円 — (中央値) 日本獣医師会「」 公益社団法人日本獣医師会 日本獣医師会「」 公益社団法人日本獣医師会 手術の流れ 去勢・不妊手術と言っても、実際に手術を行うとなったら、精巣、卵巣の摘出だけが手術ではありません。 手術前診療、血液検査、不妊の場合は入院等、健康状態によって麻酔リスクの判断や安全に手術が行えるように努めます。 各種検査(身体、血液、レントゲン、超音波)• 手術時、麻酔、点滴、鎮痛剤、の注射、投薬• 術後入院• 内服薬の処方 概ね、動物病院では以上のような検査と手術、術後のケアがあります。 (自治体により実施の有無、飼い猫、野良猫の扱いが異なります) 去勢・不妊手術を行うメリット、デメリット 去勢 メリット デメリット マーキングがなくなる(少なくなる) 手術の事故リスク 発情がなくなる(抑えられる) 太りやすくなる 性格が穏やかになる 縄張り意識が減り、喧嘩が少なくなる 不妊 メリット デメリット 発情がおこらない 手術の事故リスク 望まない妊娠を防げる 太りやすくなる 卵巣、子宮疾患の予防 手術が可能な月齢は、大体4ヵ月以降。 獣医師が健康状態や生育状態によって判断をされると思います。 以上になります。

次の

犬・猫の不妊手術について

野良猫 避妊 手術

野良猫の保護、新しい飼い主を探す 病気やケガをした野良猫、保健所に収容されている猫、野良の子猫などを一時的に保護し、その後新しい飼い主を探し、譲渡するという活動です。 野良猫の保護団体は、殺処分される野良猫を減らしたいという思いなどから行われています。 保護した野良猫は、病気の治療やワクチン接種、避妊去勢手術など、新しい飼い主さんへ譲渡する準備をします。 野良だった猫は保護団体の施設内でスタッフの方と接したり、預かりボランティアの自宅で過ごしたりして、人に慣れるというトレーニングを経て、譲渡会に参加し、新たな飼い主との出会いを待ちます。 保護団体は、飼い主になりたいという方に説明会を行ったり、面談をしたりして、猫の飼い方のアドバイスや、猫の飼育に適しているかの審査など、猫と人をつなぐ活動をしているのです。 保護団体からアドバイスを受けて自分で保護をする 野良猫の保護団体でも受け入れられる数に限界があります。 可能であれば、保護団体から助言をしてもらいながら、自宅で保護をするという方法があります。 子猫のお世話の方法、病気の治療や避妊去勢手術についてなど、保護に必要なことを確認します。 野良猫を譲渡できそうになったら、地元のコミュニティ紙やインターネットの里親募集サイトを使って募集をしましょう。 応募があった場合、野良猫の引渡しまでに必要なこと(審査、トライアル、譲渡)で、分からないことも相談に乗ってくれる保護団体を見つけましょう。 また、個人で野良猫の譲渡まで行う他に、保護団体による譲渡会に参加するという方法もあります。 参加条件は保護団体によって異なるので、事前に確認をして申し込みましょう。 里親の審査や決定まで行っている保護団体もあります。 猫の保護団体は、野良猫や捨て猫、殺処分となってしまう猫を減らすために活動をしています。 保護した猫たちを、譲渡できるまでお世話をし、新たな飼い主を見つける活動や、TNR活動をして野良猫を増やさないようにすることが主な活動です。 ご紹介した保護団体のオフィシャルサイトで、どのような活動が行われているのか参考にしてみてください。 野良猫の保護を行っている保護団体には、スタッフが10人以下という小さな団体もあります。 団体の規模にかかわらず、活動資金の不足が課題になっている団体が多く、思うような活動ができないということもあるようです。 もし、野良猫を保護してほしい状況になった場合、まずは保護団体に相談をしましょう。 保護団体からアドバイスをもらって、自分で野良猫の保護から譲渡まで行うことも可能です。

次の

変更の少なそうな情報に絞り掲載していますが、料金・ルール・混雑状況などの最新状況確認&予約の為、必ず事前に電話でお問合わせをお願いします。

野良猫 避妊 手術

「あのー、野良猫の避妊手術をして欲しいんですけれどもー・・・料金はおいくらですか?」 「野良猫でも うちは通常料金ですよ~。 」 「え!?野良猫ですよ? 他の病院は安くしてるところもあるのに!!酷い!」 なんとなく安いはず!と思ってしまう、野良猫の手術代。 でも、どうして安くなるはずなのか、しっかり説明出来る方はそうそう居ないはず^^; 実は、 野良猫の手術代を安くしている病院は大きく二手に分かれるのですよ~。 野良猫の手術代解説 その前に 野良猫の不妊手術は動物病院にとってプラスかマイナスか・・・ はい、明らかにマイナスです^^; それが飼い猫と同料金だとしてもです。 だってよくよくお考えください。 ・室内飼いよりも様々な病気を持っているリスクが高い ・室内飼いの猫よりも拘束に慣れていない子が多い もちろん野良猫全部ではありませんがこのリスクは 皆さんもご納得頂けるのではないかと思います(汗) でお話したような事態になることも考えられますし、 他の子に病気がうつったりしたら大惨事です。 「あそこの動物病院は野良猫が頻繁に出入りしてるから・・・」なんて 噂になってしまえば患者さんは減ります^^; ですので、受け入れるとすれば他の患者さんとは時間をずらして、 夜間に受け入れたりしなければならないかも知れません。 このように色々と弊害のある手術ですから、 本当であれば料金は高くなるはずなのです。 しかし、どうして安くなる場合があるのでしょう? 避妊手術代が安くなる理由1 獣医の良心 「マイナスです!」なんて言いましたが(苦笑)、それはあくまで動物病院の経営上のお話。 獣医としては プラスです。 増え続ける野良猫の問題は本当に何とかしなければなりませんからね~。 現在、 保健所に持ち込まれて殺処分される猫のほとんどは野良猫が産んだ子猫です。 たまたま見つけたのが猫好きの方であれば、新しい飼い主探しを一生懸命やってくれたりしますが、 猫に興味が無い方が発見した場合・・・ 実にスムーズに保健所へと運ばれてしまいます。 それでも保健所であれば、まだ安楽死の可能性(これについては後日記事を追加します)が残るだけ 良い方でして、通常は人に発見されるまでも無くカラスなど他の動物に生きたまま捕食されたり、 車に引かれたり、飢え死にしたりしているのが実情なのです。 餌やりだけをしている人は、見えないところで起こりまくっているこの惨劇を知りません。 餌だけあげて手術もせず満足している人には本当に腹が立つビーグル獣医なのです。 悲惨な子猫製造だけの行為はやめて、手術もセットで行って欲しいと願います。 ちょっと話が長くなりました^^; すみません。 ついつい熱くなっちゃいますね(苦笑) ですので、動物好きである獣医にとってはプラスだってことを言いたかったのです。 自然と、 料金を下げてでも何とかしたくなっちゃう獣医が居るのですよ~。 ただ、経営が苦しかったりするかも知れませんからね。 強要は酷ですので、勘弁してあげてくださいね^^ 避妊手術代が安くなる理由2 質を下げる これは人により考え方が異なる部分です。 「質を下げてでも手術をたくさん行い、結果不幸な猫の全体的な減少を狙う」のか。 「質を下げずに飼い猫同様に手術を行い、目に見える子達だけは絶対に守る」のか。 こちらの値下げは質を下げてでも・・・と考えている病院のパターンですね。 質の下げ方は主に麻酔と術後管理です。 現在、飼い猫の手術では人間と同様に気管挿管をするのが普通です。 その管から気化した麻酔薬を入れる訳ですが、この麻酔薬が高い高い(苦笑) 手間もかかりますしね~。 なので、ここを 筋肉注射の麻酔のみにして20~30分で手術を終えてしまいます。 途中で起きてしまうリスクもありますが、この麻酔で原価は大きく変わります。 そして術後管理。 病院に居ることが苦痛な野良猫も多いですし、1週間後にまた野良猫を 捕まえて連れてくるってのも大変ですからね^^; ある意味上手なやり方なのかも知れません。 しかしながらこれももちろん、傷口が開いてしまうリスクは増し増しとなります。 まとめ ということで、「野良猫だから安くして!」に応える動物病院の裏側には 獣医の良心または安くするための工夫が隠されていたんですね~。

次の