消費税10パーセント 計算。 Excel(エクセル)で消費税の計算で使う関数いろいろ|四捨五入や切り捨てや内税にするやり方

消費税10%増税はいつから?増税の理由は?

消費税10パーセント 計算

2.消費税を増税する理由 なぜ、また消費税を増税するのか、理由を簡単に説明します。 現在の日本は、少子高齢化による現役世代の減少と高齢者の増加という大きな問題を抱えています。 現役世代の減少は税金や社会保険料などの国の収入を減らし、高齢者の増加は医療費をはじめとする社会保障費を増大させます。 この増え続ける 社会保障費の財源を確保することが消費税増税が行われる目的の一つです。 所得税や法人税の増税を行うことでも税収は増えますが、それでは現役世代に集中した負担をかけてしまうことになるので、高齢者を含めた国民全体で広く負担する消費税がふさわしいとされました。 また次のグラフを見ると分かるように、所得税や法人税は利益部分に課税される税金であるため、不景気になると税収が減少してしまいます。 しかし、これに対して 消費税は景気に左右されにくく安定した税収を得ることができます。 4.諸外国の消費税事情 消費税率8%や10%を「高い!」と思っている人は多いでしょう。 しかし、世界で比較してみると実はむしろ低い方なのです。 (消費税(付加価値税)の標準税率(2018年1月現在)) 【出典】 北欧やヨーロッパの国々では消費税率20%を超える国が多くあります。 しかし多くの税金を支払うかわりに充実した社会保障が還元されているので、国民の生活が苦しいというわけではないのです。 さらに幅広く軽減税率が適用されており、イギリスやスウェーデンでは食料品や医薬品は消費税がかかりません。 このような諸外国の軽減税率をお手本にして、我が国でも消費税10%への増税に合わせて軽減税率が導入されるのです。 少子高齢化で社会保障費は毎年約5,000億円くらい増えていますので、社会保障に充てる財源としてはすぐに足りなくなるでしょう。 ただ、今後、財政再建のための有効な手立てを打たなければ、消費税増税はやむを得ない状況に陥る可能性も高いです。 安倍首相の「10年間くらいの間は増税は必要ない」との言葉を裏返せば、10年後は消費税率の引き上げが必要という見方もできます。 将来の国民の負担を減らすためには、みんなが政治・経済に関心を持ち、正しい政策が行われるように注視していく必要があるでしょう。 さらに、2020年になってからコロナウイルスが全世界で流行し、人の移動が制限されたり、イベントが自粛されるなど、経済に大きな影響が生じています。 3月になってから、日米の株価平均が最高値より約3割も下落しています。 このような状況の中で、政府は、中小企業への無利子・無担保での融資や、子供を持つ家庭への支援など、各種の財政出動を計画しています。 一部の世論では、消費税を一時的に減税すべきであるという意見もありますが、今のところ、消費税減税の話題はまったく政府からは出ていません。 Ad Exchange.

次の

【エクセル】10%の消費税、内税を求める計算式

消費税10パーセント 計算

1.税抜き価格から税込み価格を計算する 税抜き価格から税込み価格を計算する方法を紹介します。 その前に、消費税の計算を複雑にしている税率と%について解説します。 例えば日本語で次のように解説します。 消費税は2019年10月1日に税率が8%から10%に上昇します 税率とは、税金の額を計算するときに使う数字です。 消費税の額は、商品やサービスの本体の値段(本体価格や税抜き価格といいます)に応じて変わります。 本体価格が高くなると消費税の額も上昇します。 消費税の額は次の計算式で出します。 次に、税抜き価格(本体価格)と税込み価格(消費税を上乗せした価格)の関係についてみていきます。 先ほどの消費税の額の計算式から、両者の関係はこうなります。 「%」は、計算をするときに数字を100分の1にします。 すなわち8%は8の100分の1なので0. 08で、10%は10の100分の1なので0. 1です。 したがって、上記の計算式は以下のようになります。 1 これで税抜き価格(本体価格)から税込み価格(消費税を上乗せした価格)を計算することができました。 2.税込み価格から税抜き価格を計算する 税込み価格(消費税を上乗せした価格)から税抜き価格(本体価格)を計算するとき、先ほどの計算の逆の計算をします。 したがって日頃の買い物では、本体価格と消費税の額がすぐにはわからないことがあります。 そこで本体価格と消費税の額を計算するコツを紹介します。 <消費税8%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>• 08で割る• 926をかける このいずれの方法でも本体価格を出すことができます。 例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば本体価格1,000円が出ます。 08=1,000円• 926=1,000. 08円 下の計算式は端数の「0. 08」が発生しましたが、大体1,000円になることがわかります。 端数については後で解説します。 <消費税8%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>• 108で割って8をかける• 5で割る このいずれの方法でも消費税の額を出すことができます。 例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば消費税の額80円が出ます。 <消費税10%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>• 1で割る• 909をかける <消費税10%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>• 110で割って10をかける• 11で割る 3.小数点以下の端数は切捨てが多い 消費税の額や税込み価格では、どうしても1円以下の小数点がついた金額が出てしまいます。 1円以下には銭というお金の単位がありますが、銭は日常生活では使いません。 銭の額のことを端数といいます。 つまり金額を計算した結果、銭が出てきたら銭の額を「1円とみなす」か「0円とみなす」か決めなければなりません。 「銭の額を1円とみなす」方法は切り上げといい、1銭でも発生したら1円とみなす方法です。 ちなみに100銭=1円です。 「銭の額を0円とみなす」方法は切り下げといい、99銭でも0円とみなす方法です。 切り上げと切り下げの中間の存在が四捨五入です。 四捨五入は50銭以上を1円とみなし、49銭以下を0円とします。 銭の額(端数)の処理方法は法律で定まっていません。 つまり小売店によって1銭でも1円とみなすこともありますし、99銭でも0円とみなすこともあります。 ただ端数を切り捨てたほうが客の利益になるので、 切り捨てを採用する小売店が多いようです。 また業者と業者の間での取引では、両者で端数処理の方法を決めます。 さらに詳しくは、「」をご覧ください。 まとめ 「消費税」「本体価格」「税抜き価格」「税込み価格」「税率」「銭(端数)」といった、消費税ならではの「特殊な数字や金額」をみてきました。 端数処理は自由に決めることができるだけに「しっかり決めておく」ことが重要になります。 なお、当サイトでは 消費税計算アプリ「Taxrator」を無料公開しています。 上記表の 計算が価格を入れるだけで簡単に出来る便利なアプリです。 もう計算式を調べたり、毎回電卓で計算する必要はありません。 是非ご活用ください。 Ad Exchange.

次の

意外にカンタン!電卓の消費税10%設定方法は各社とも『税率設定→10(%)→税率設定』(神田敏晶)

消費税10パーセント 計算

不動産売買をサポートするサービスに対して支払われる仲介手数料は消費税の課税対象になります。 お客さまにはあまり関係ない話ですけど、ちょっとしたマメ知識としてお話をします。 菅官房長官が、リーマンショックのようなものが起こらなければ増税を実行すると言っていますから、4年遅れで増税されるかもしれませんね。 増税されたらこの記事を書き直します。 新築戸建やリノベーション済みの中古物件を購入する場合をイメージしてください。 不動産会社が売主さまになる場合は、建物に消費税が課税されます。 そこで、成約価格から建物価格を差し引かなければなりません。 1」と変わります。 成約価格 4,000万円・建物消費税100万円として仲介手数料を計算してみましょう。 そうすると…10万円が消費税の二重課税になるわけです。 新築戸建を契約した場合をイメージしてください。 この場合、不動産屋さんは買主さま・売主さまの双方から仲介手数料を受領することができます。 1 上記のような計算式になるのかと思いますよね?ところが、少し計算式が変わるのです!実は、売主の不動産会社からの仲介手数料は「+60,000円」がなくなり、さらに、消費税が内税で含まれていることが多いのです。 皆さまには関係ない話ですけど、不動産業界の仕組みに興味がある方には面白いかもしれませんね。 成約価格4,000万円・建物消費税100万円として仲介手数料を計算してみましょう。 両手仲介をする不動産屋さんが受領する仲介手数料は… 売主さま:1,170,000円(税込) 買主さま:1,353,000円(税込) 合 計:252万3,000円(税込) 売主の不動産会社から仲介会社が受領する仲介手数料のお話ですから、皆さまにはあまり関係がありませんけど、 売主の不動産会社から仲介手数料をもらえる案件であれば、ゆめ部長は買主さまからの仲介手数料は無料にしています。 【重要なお知らせ】しばらくは購入のサポートを注視しています。 そのため、意外とダメージを受ける…ということを知っていただければと思います。 先ほどの例に戻ってください。 しかし、実際に受領できる報酬というのは、この金額から消費税を除いた分になります。 新築戸建やリノベーション済みのマンションを専門に扱っている仲介会社さんは、消費税増税の影響を受けることになりそうです。 特に、高額物件を扱っていたり、取扱件数が多い会社は影響が大きいでしょう。 この手の仲介会社は「住宅ローン代行手数料」・「火災保険の代理店手数料」・「バックマージン」などでガッツリお金を稼いでいます。 消費税増税になったらその補填として他の名目でお金を請求するのか、それとも、「住宅ローン代行手数料」を上げたり、火災保険加入の営業を強めてくるのでしょうか…。 このあたりは要注意だと思います。 ゆめ部長なら「バックマージン」・「住宅ローン代行手数料」は一切かかりませんし、火災保険の代理業務もしないためムダな営業もありませんよ!お客様目線でマイホーム購入をお手伝いしますのでご安心くださいね! 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。 仲介手数料の早見表… 参考記事… お知らせ….

次の