ジーンハックマン 映画。 『フレンチ・コネクション』がもたらした、ジーン・ハックマンの相棒ロイ・シャイダーの映画人生 |CINEMORE(シネモア)

映画『フレンチ・コネクション2』ネタバレ・あらすじ・結末。麻薬漬けのジーン・ハックマンの演技が秀逸。麻薬汚染の芸能界の人は必見。

ジーンハックマン 映画

ストーリー [ ] 在住の盗聴のプロフェッショナル、ハリー・コール。 通信傍受の権威としての輝かしい名声とは裏腹に、彼の私生活は孤独そのものだった。 それは他者の秘密を盗み聞きするという盗聴という仕事を生業にしていながら、ハリーが自らのの保持に異常に気を使っているからだった。 そのためにハリーは、彼とより親密な交際を求める恋人とも別れる羽目になってしまう。 そんな彼にとって唯一の心の支えは、厳重に外部から隔離された自室で、の調べに合わせてを演奏することだった。 ハリーはある日、大企業の取締役からの依頼を受けて、雑踏にまみれたユニオンスクエアで密会する若い男女二人組の会話を盗聴する。 一見すると他愛の無い世間話に見えた二人の会話だが、そこに不審なものを感じたハリーは依頼人の補佐役に対し、録音したテープの受け渡しを拒否する。 依頼人のオフィスからの帰り道にハリーは、公園で盗聴したカップルに遭遇する。 例の二人組は、実はその会社に勤めていた社員であり、女の方は依頼人の妻だったのだ。 キャスト [ ]• :ハリー・コール 吹替:• :スタン• :ウィリアム・P・モラン• :マーク• :アン• マイケル・ヒギンズ:ポール• エリザベス・マックレイ:メレディス• :エイミィ・フレデリックス• :マーティン・ステット• 吹き替え初回放映 - 1984年1月14日 『』 備考 [ ] 映画の撮影前にコッポラが主役のハリー・コール役に起用しようとしていた俳優は、『ゴッドファーザー』でを演じただった。 しかし、ブランドはコッポラからのオファーを拒絶、代わりに『』()でブレイクしたジーン・ハックマンが出演することになった。 ハリーの複雑な人格を見事に演じきったハックマンの演技は、高く評価されている。 本作品でハックマンは1974年度の主演男優賞を受賞した。 告解室でハリーの懺悔を聞き入れるの神父を、ジーン・ハックマンの実兄リチャード・ハックマンが演じている。 リチャードは他にもハリーを取り押さえる警備員としても出演している。 ただし、どちらの役も映画のスタッフロールにクレジットされない端役である。 ハリーに盗聴を依頼する取締役を、が演じている()。 また、下積み時代のがその補佐役として登場している。 製作 [ ] 映画冒頭の盗聴シーンの舞台となった、サンフランシスコのユニオンスクエア 企画 [ ] 映画の構想自体は、監督のが1960年代中盤から暖めていたものである。 コッポラによれば、脚本執筆の切っ掛けとなったのは映画監督のとの会話であるという。 カーシュナーとについて話し合っている時、その技術や専門家に興味を示したコッポラに、カーシュナーが盗聴の第一人者であるハル・リップセット についての資料を送ったのが始まりである。 リップセットのような実在の盗聴のプロフェッショナルたちの話のほか、監督作品の『』やの『』 といった創作物もコッポラの脚本執筆のモチーフになった。 ただし当時のコッポラは映画監督としてまだ駆け出しの存在であり、自分の望んだ映画を撮れる立場ではなかったので製作は見送られることになった。 その後、に公開された『』の圧倒的な成功で監督としての名声と潤沢な撮影資金を得たコッポラが、満を持して製作に取り掛かることになった。 撮影とポストプロダクション [ ] 映画の撮影は1972年のから開始された。 『ゴッドファーザー』製作の時のように、コッポラの監督としての能力に不信感を持った映画会社の重役たちからの掣肘はなかったものの、撮影中にコッポラは精神的にも物理的にも様々な困難に対処する必要に迫られた。 脚本は一応完成していたものの、コッポラはその出来に不満を感じており、映画の幕切れに関して最後まで頭を悩ませることになった。 コッポラは当初撮影監督にを起用していたが、途中で意見が対立したためウェクスラーを解雇し、代わりに『』で撮影を担当したを呼び戻した。 そのため撮影が困難だった冒頭ののシーン以外を破棄し、再度一から撮り直すことになった。 映画の大半はであったため、撮影費用を節約することは出来たが、その代償として照明や音響、場所の確保等の技術的問題が多く生じることになった。 製作期間の後半はコッポラ本人が『』の撮影準備で忙しかったので、映画の音響を担当したが編集作業にも携わることになった。 映画のエンディングを現在の形にするようにコッポラに助言したのは、マーチであったとされる。 マーチの映画製作における貢献は絶大であり、映画評論家のは、彼のことを本作品の共同製作者とまで呼んでいる。 映画撮影はの3月に終わり、それから1年以上の編集期間を経て、に公開された。 公開 [ ] 興行収入 [ ] 本作品の制作費は180万ドルと、当時の製大作映画と比べて控えめなものであったが、興行成績が振るわず結局制作費を回収することは出来なかった。 興行的には今ひとつだったものの、批評家たちは本作品を完成度の高いとして賞賛、コッポラの監督としての評価を更に高めることになった。 コッポラも後にインタビューで、本作品のことを彼のキャリアの中で最も好きな映画だと述べている。 その理由は、本作品が『ゴッドファーザー』や『』といった原作付きの映画と違い、コッポラ自身が書き上げた脚本に基づいた個人的なものだからだという。 評価 [ ] 『カンバセーション…盗聴…』は、その興行的失敗にも関わらず、多くの批評家たちから優れただとして賞賛された。 公開当時、や、といった権威あるマスコミが本作品について好意的なレビューを掲載した。 特に誌の批評家は本作品のことを、「現時点におけるコッポラのもっとも完璧で、もっとも自信に満ち溢れ、もっとも価値の有る映画」であると絶賛した。 それらの好意的な評価の反面、ジョン・サイモンのようにこの映画を批判する者も居た。 辛口な批評家として知られるサイモンは、誌に掲載したレビューで、作中で盗聴のエキスパートとして描写されている主人公が、何度も見え透いた罠に嵌るという本作品の筋書きを、不自然でありそうもないことだと指摘した。 本作品はコッポラの他の監督作品である『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』ほど一般的な知名度は高くないものの、現在では多くのコッポラ研究家や映画評論家たちから、彼のキャリアを代表する傑作だとして高く評価されている。 や といった映画監督たちも、好きな映画作品のリストにこの作品を含めている。 ピーター・コーウィーは、その著書『Coppola』のなかで、「コッポラの製作した作品の中で、この作品ほど熱情が込められた作品は無い」と評価した。 コーウィーはまた、映画のラストシーンで自室に仕掛けられた盗聴器を発見するために部屋中を徹底的に破壊したハリーが、おそらくその中に盗聴器が仕掛けられていると疑いながらもサクソフォンだけを破壊しなかったのは、彼がその楽器の醸しだす音楽に夢と希望、罪の許しを求めていたからであると述べた。 は『』に掲載したレビューで、本作品のことを「簡潔にまとまった知的なスリラー」であると賞賛した。 作品のモチーフについてイーバートは、主人公ハリー・コールの、「基本的に悪人ではなく、自らの仕事を遂行しようとしているが、その仕事に起因する罪悪感と悪評に苛まされる」姿は、やが齎した後遺症に苦しむ当時のの縮図であると指摘している。 にはに登録された。 受賞 [ ] 1974年のでは最高賞であるグランプリ(翌から現在の正式名であるに改称)を受賞。 同年度のにおいてと、の3部門にノミネートされるが、同じコッポラ監督・脚本作品である『ゴッドファーザー PART II』(作品賞とを含む11部門にノミネート)に阻まれ受賞には至らなかった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2013年5月8日閲覧。 Cowie p. Cowie p. Schumacher p. 142• Schumacher p. 143• Schumacher p. 144• Cowie p. Lillian Loss 1982. Some Figures on a Fantasy: Francis Coppola. Gene D. Phillips 1989. Francis Ford Coppola Interviewed. Cowie p. Schumacher p. 172• (参照:2009年1月31日)• (参照:2009年1月31日)• Cowie p. (参照:2009年1月31日) 参考文献 [ ]• Peter Cowie 1989. Coppola. London: Andre Deutsch limited. Michael Schumacher 1999. New York: Crown Publishers. Gene D. Phillips and Rodney Hill, eds 2004. FRANCIS FORD COPPOLA: INTERVIEWS. Jackson: University Press of Mississippi. 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• (脚本、1970年)• (脚本、1974年)• (製作総指揮、1979年)• (海外版製作総指揮、1980年)• (製作、1982年)• (製作、1982年)• (製作総指揮、1983年)• (製作、1985年)• (製作総指揮、1987年)• (製作総指揮、1987年)• (製作総指揮、1989年)• (出演、1991年)• (製作総指揮、1992年)• (製作、1993年)• (製作、1994年)• (製作、1995年)• (製作、1999年)• (製作総指揮、2001年)• (製作総指揮、2003年)• (製作総指揮、2004年)• (製作総指揮、2006年)• (製作総指揮、2012年).

次の

人物情報

ジーンハックマン 映画

映画『スケアクロウ』NHK BSプレミアム放送 4月21日(火)午後1時00分〜2時53分 4月21日(火)午後1時00分〜2時53分 ジーン・ハックマンとアル・パチーノ共演のアメリカン・ニューシネマの金字塔 『スケアクロウ』がNHK BSプレミアムで放送されます。 今はもう絶対に共演はありえない二人です。 若き日の二人のエネルギーがスクリーンから強烈に伝わってきます。 観ているだけで体が震えてしまいます。 ジーン・ハックマンは引退しましたが、アル・パチーノはまだまだ健在です。 ベトナム戦争末期の暗く重たい時代に製作された映画ですが、最後には希望が見えます。 今現在、世界中がコロナ渦にまみれていますが、必ず「希望」に溢れる日が訪れると信じさせてくれる映画だと思います。 映画『スケアクロウ』のオススメ度は? 4. 5 星 4 つ半です 47 年前にこんな素晴らしい映画があったのです ジーン・ハックマンとアル・パチーノ共演作品です 最後には心が温まります 悪の心から善の心へ 人間は救われるのだと教えてくれる映画です 映画『スケアクロウ』の作品情報・概要 『スケアクロウ』原題『 Scarecrow 』 1973 年公開のアメリカ映画。 製作会社はワーナー・ブラザース。 ジェリー・シャッツバーグ監督作品。 主演はジーン・ハックマンとアル・パチーノ。 題名は日本語で「案山子」とか「みすぼらしい人」あるいは「痩せ衰えた人」という意味。 第 26 回カンヌ国際映画祭においてパルム・ドールと国際カトリック映画事務局賞をダブル受賞。 アメリカン・ニューシネマの中で異色の部類に入る作品。 映画『スケアクロウ』のあらすじ・ネタバレ マックス(ジーン・ハックマン)は生来の短気で荒くれ者。 気に入らない奴にはすぐさま手をあげてしまい、暴行罪で6年服役し出所したばかり。 ライオン(アル・パチーノ) は 根無し草で放浪癖がある心優しいユーモアのある青年。 そんな二人が南カルフォルニアでヒッチハイクをしている時に知り合う。 反対車線のマックスの陽気なライオンが声をかけるが無視される。 しかしライターのオイル切れのマックスにライオンが最後のマッチを貸したことで意気投合し二人で旅を始める。 マックスはピッツバーグで洗車屋を開く夢がありライオンを誘う。 その前にデンバーのマックスの妹、そしてデトロイトのライオンの妻に会ってから事業を始めると約束するが、、、 映画『スケアクロウ』の感想・評価・内容・結末 ジーン・ハックマンとアル・パチーノの驚異の共演作品 今では決して実現することのない二人が共演しています。 ジーン・ハックマンとアル・パチーノです。 この二人は最早レンジェントです。 ハックマンはすでに引退しましたが、パチーノはで健在ぶりを見せつけてくれました。 本映画『スケアクロウ』が製作されたのは 1973 年です。 ハックマン 43 歳、パチーノが 33 歳の時です。 この時のハックマンは上り調子であったことは間違いありません。 71 年のでアカデミー主演男優賞を獲得していますし、本作は第 26 回カンヌ国際映画祭においてパルム・ドールと国際カトリック映画事務局賞をダブル受賞をもたらしています。 さらに 74 年の『カンバセーション … 盗聴 … 』も第 27 回カンヌ国際映画祭では最高賞であるグランプリを獲得しています。 最早、敵なし状態のジーン・ハックマンでした。 ジーン・ハックマンがニューヨークを走る走る走る! アル・パチーノはここから快進撃を始めた 一方、 アル・パチーノは「さあ、これからだ」という時期だったと思います。 72 年の三作目の映画ゴッドファーザー』で圧巻の演技を見せつけて、一気にスターダム街道へ躍り出ています。 心優しいマイケルが次第にマフィアへと変貌する様を美ししくも残虐に演じています。 そして本作『スケアクロウ』では大人しくも心優しい青年に豹変し、性格俳優としての期待を示してくれました。 さらに 73 年『セルピコ』 74 年の『ゴッドファーザー PART II 』と続き、 75 年の『狼たちの午後』でその人気と実力は世界を席巻しました。 いわば俳優がどのような映画を選択し、演技し、ヒットすることで彼らの物語が見て取れるのです。 本映画『スケアクロウ』から 47 年経ちました。 ハックマンはクリント・イーストウッド監督作品で二度目のアカデミー賞(助演男優賞)を獲得しています。 そしてハックマンは引退し、パチーノはまだまだ現役です。 もう一度、「二人の共演を!」という声もありますが、わたし的にはもう要らないです。 やはり若き日の二人であったから名作になったのです。 正直、映画俳優は若いのに限ります。 歳をとると確かに良い味を出すかもしれませんが、将来に期待を寄せることが大事だと思うのです。 年寄りが自身の過去を懐古するような映画は観たくありません。 若い人が挑戦し失敗し、挫折し、再び格闘していく姿にこそ 人間としての美しいエネルギーがあると思っています。 このジーン・ハックマンは本当に憎たらしい! 男同士の友情物語から生まれる善なる心 さて、映画についての感想を書きます。 これはとても面白い映画です。 まず 男同士の友情物語が挙げられます。 二人は全く性格が異なります。 マックス(ジーン・ハックマン)は短気で気むづかしく人に心を開きません。 いつも誰かと喧嘩ばかりします。 ライオン(アル・パチーノ)は大人しく心優しい青年です。 二人は南カリフォルニアの道路でヒッチハイクをしている時に出会いました。 ライオンはマックスに気軽の声をかけますが、マックスは邪険にします。 でもタバコに火を点けるライターのオイルがなくなり、 ライオンからマッチの火をもらったことで心を通じあわせます。 この演出はとても良かったです。 カルフォルニアで繰り広げられる恋愛映画 アル・パチーノが天使のように寄り添う様が可愛い 怒って喧嘩ばかりするマックスに対して ライオンは笑い話を披露してマックスの心を和ませていきます。 ライオンはマックスに「カラスは笑っている」というとマックスは馬鹿にしたように「カラスが笑うわけないだろ」と言い返します。 ライオン曰く「カラスはカカシに笑わせてもらっているから、その農地は荒らさずに他へ行くよ」と言って飛び立つそうです。 つまり、 もし農地を守りたかったら「笑わせれば良い」ということです。 マックスに対して 怒ってばかりじゃあなく、笑う人生を送ろうぜ!というメッセージなのです。 本当に友情を築こうとするライオンの思いやりに胸が熱くなります。 悪の心を持つマックスに善の心を持つ ラ イオンがまるで天使のように寄り添うところがとても素晴らしい。 本映画『スケアクロウ』は刹那的なアメリカン・ニューシネマの部類に入りますが、他の作品では観られないような温かいエッセンスを感じます。 それは 73 年時のアメリカ社会を表しているのでしょう。 ライオンがマックスを見つめる眼差しや、マックスにくっつく演技とか、あるいはマックスが女とセックスする場面を邪魔するようなくだりがあります。 更にライオンが刑務所で乱暴される場面では必死に自分の操を守ります。 そして 映画の最後の最後でマックスは自分の夢を捨てて、ライオンのために生きる選択をします。 男同士の友情を超えた愛があるからでしょう。 マックスが空港でピッツバーグ行きのチケットを買います。 「往復ですか?」と聞かれ「そうだ」と迷わず答えます。 その時のマックスの顔が実にいいのです。 映画の始まりでは人を信じることがなかった男、短気で狼藉者だった男が、ハミ噛むように笑っているのです。 ですからこの映画では人間の成長していく姿を様々に見せつけられて良い気持ちにさせてくれました。 ハリウッドの過渡期を描いたタランティーノの名作 映画『スケアクロウ』のキャストについて マックス(ジーン・ハックマン) 生まれながらの短気で人を信用しない荒くれ者。 暴行傷害の罪で服役し、 6 年間の刑期を終えたばかり。 ピッツバーグの銀行に預けてあるお金をおろして洗車屋を開こうとしている。 とにかく喧嘩っ早い。 気にくわないことがあったら、すぐに手を出す。 ジーン・ハックマンにうってつけの役です。 すごい演技です。 とにかく癖の強い俳優です。 目が離せません。 ライオン(アル・パチーノ) 妻を残して家出。 5 年間、船乗りをしていた。 妻へは毎月仕送りをしていた。 放浪生活をやめて帰郷しい。 まだ見ぬ子どもに会いたい。 アル・パチーノがこんなに優しい眼差しを見せる映画は知りません。 荒くれ者のマックスと対比しての演技ですから、埋没しないように取り組んだと思います。 「上手い」実に素晴らしい演技でした。 まとめ 映画『スケアクロウ』一言で言うと! 「友情とは最高の情熱であり、最後に捨てるべき情熱である」 この映画を観ているとボナールの言葉を思い出しました。 性格も生き方も全く異なる二人が次第に心を寄せて友情を築いていきます。 お互い欠けたピースを埋めるように助け合う姿が良いのです。 なんの得にもならないことってあります。 でも友人とのちっぽけな約束のひとつも守れないような生き方ってそれを繰り返す人生になります。 わたしも友達は少ないですが、約束は守ろうと思って生きたいと思います。 合わせて観たい映画 【傑作アメリカ青春映画】 映画『明日に向かって撃て!』 こんなハンサムな二人が強盗だったなら、、、 映画『フレンチ・コネクション』 刑事ジーン・ハックマンがニューヨークを走り抜けます 映画『ダーティーハリー』 悪党を退治して何が悪いんだ! 映画『サンダーボルト』 クリント・イーストウッドがジェフ・ブリッジスを潰します 映画『スケアクロウ』の作品情報 スタッフ・キャスト 監督 ジェリー・シャッツバーグ 脚本 ギャリー・マイケル・ホワイト 製作 ロバート・M・シャーマン 撮影 ビルモス・ジグモンド 音楽 フレッド・マイロー 編集 エヴァン・ロットマン 字幕 高瀬鎮夫 Max(ジーン・ハックマン) Lion(アル・パチーノ) Coley(ドロシー・トリスタン) Frenchy(アン・ウェッジワース) Riley(リチャード・リンチ) Darlene(アイリーン・ブレナン) Annie(ペニー・アレン) Micke(リチャード・ハックマン) Skipper(アル・シンゴーロニー) 1973年製作/112分/アメリカ 原題:Scarecrow 配給:ワーナー映画.

次の

ジーン・ハックマンの奥さんが、日本人って本当ですか?ジーン・...

ジーンハックマン 映画

映画『フレンチ・コネクション2』の作品概要 アカデミー賞 5 部門受賞の前作『フレンチ・コネクション』の続編。 引き続きジーン・ハックマン主演。 舞台はニューヨークからフランスのマルセイユへ移る。 また麻薬、薬物依存の恐ろしさを伝えています。 映画『フレンチ・コネクション2』のあらすじ・ネタバレ 前作で取り逃がしたアラン・シャルニエを追って、ポパイがマルセイユに送られてくる。 だが、マルセイユのバルテルミー警部は面白くない。 捜査の主導は自身で行いたいからだ。 国籍も経歴も違う二人は激しく対立し合う。 フランスにはフランスのやり方がある。 やがてポパイは麻薬犯罪組織に拉致監禁され麻薬を打たれて廃人になっていく、、、。 映画『フレンチ・コネクション2』の感想・評価・内容・結末 麻薬の恐ろしさが伝わってくる映画 本映画を観て改めて麻薬の恐ろしさを垣間見ることが出来ます。 刑事のポパイ(ジーン・ハックマン)が麻薬犯罪組織に捕らえられて監禁されます。 暴力も受けますが、麻薬を打たれて中毒者にされます。 三週間に渡り昼夜問わず麻薬を打たれ続けます。 その後、解放されますが、そこからが大変です。 一度、麻薬をやると戻るのが難しい もうほとんど生きた屍です。 体が動かないし意識は混濁しています。 仲間の刑事たちが必死でポパイを助けようと懸命になります。 ここでも監禁されます。 この監禁は禁断症状からくる副作用から守るためです。 ポパイは暴れます。 叫びます。 そして麻薬を欲しがります。 ポパイは屈強な刑事です。 アメリカン・スピリッツを持ったタフガイです。 なのに麻薬をくれと懇願し泣き叫ぶのです。 これが本当に麻薬の恐ろしさを表しています。 単なる刑事ドラマではないところが評価されている 本作は麻薬の撲滅を目指す刑事ドラマです。 単なる麻薬犯罪組織を撲滅する物語ではないところが秀逸です。 麻薬の恐ろしさを映画で世界に伝えたという点を評価したいです。 今年もアメリカ映画で麻薬に手を出す少年の映画が数本公開されています。 『ベン・イズ・バック』『ビューティフル・ボーイ』この二本も麻薬の恐ろしさを伝えています。 麻薬の恐ろしさは依存することのようです。 一度、依存症になったら中々抜け出せないことを訴えています。 本映画『フレンチ・コネクション2』ではポパイは依存から立ち直った様子が描かれています。 強い意志と勇気を持って依存症から抜け出す 捜査に復活後、ガサ入れで押収した麻薬をジャケットのポケットに入れてホテルに持ち帰ります。 ホテルでジャケットのポケットを探す場面は「やっぱり麻薬が欲しいのだ」と思わせるほどポパイは焦っています。 でもその後ポケットから取り出した麻薬を捨てるのです。 ここだと思うのです。 この強き意志です。 観ていて「ああ、よかった」と頷かずにはいられません。 沢尻エリカさんの薬物使用履歴からすると、、、 麻薬を含めて薬物依存症に一度なると本当に元の体に戻るのは難しいのでしょう。 多くの人が再犯しています。 奇しくも女優の沢尻エリカさんが合成麻薬 MDMA 所持の疑いで逮捕されました。 とても残念です。 情報によるとかれこれ 10 年間の薬物使用履歴があるそうです。 これはもう本当に薬物依存でしょう。 本映画の ポパイですら3週間で中毒にされたのですから 10 年は相当なダメージを与えていると予想されます。 今止めてもいずれ再犯する可能性が高いでしょう。 とても残念です。 芸能界は本当におかしな異常な世界だと思う テレビのコメンテーターがおかしなことを言っていました。 「芸能界が特別、麻薬に近いわけではありません。 皆さんの生活も同じで、今はそれだけ浸透してきている」と。 この発言には正直「?」と感じざる得ません。 わたしたちの生活で知り合いにいくら尋ねても身近に麻薬をやっている人にはたどり着けません。 100 人くらいの人脈をつなげてもたどり着けるかわかりません。 でも 芸能界でしたら「沢尻エリカに会うコネクション」を探せば数人を介してたどり着けるのではないですか?それで全てがわかると思います。 わずか数人でたどり着ける人脈というのが怖いのです。 恐ろしいのです。 芸能界の人たちはメディアを通してまるで自分たちが日本の、いや世界を思い通りにできると思っている勘違いの人たちが多いです。 特にテレビは本当に悪害です。 所詮、芸能界の人間は売れたら売れたで肩寄せ合って、落ちないように仲間のご機嫌をとって稼いでいる情けない人たちです。 捕まったすぐに「いつか更生して戻ってきて欲しい」などと言っている愚かな人もいます。 一般社会でしたら絶対にその分野への復活はありません。 例えば自動車業界で麻薬をやっていて逮捕された人が再びその業界へ戻ってもまず相手にされないでしょう。 でも芸能界はまるで刑務所に入ったことがステイタスのように戻ってきます。 全く意味がわからない世界です。 勧善懲悪映画です「正義は必ず勝つ!」 さて、本作は前作の『フレンチ・コネクション』の続編です。 普通、 2 作目は駄作になると言われていますが本作の方が良作と言えます。 理由は上述しましたがやはり麻薬の恐ろしさを描いているからです。 前作はどちらかというと刑事ドラマのバディームービー色が強かったです。 しかも無鉄砲で無頼漢な男です。 現場肌でとにかくめちゃくちゃです。 でも最後の麻薬組織の大物を取り逃がして辛酸を舐めます。 本作はその大物のアラン・シャルニエ(フェルナンド・レイ)を確実に追い詰めます。 やっぱり刑事ドラマでは正義が勝つと最後は飾って欲しいです。 マルセイユの街中を走っています。 刑事はこうでなきゃって思います。 走って欲しいのです。 最近の刑事ドラマはめっきり走らなくなりました。 それが本当に残念です。 なぜ、いつの頃から走らなくなったのかわかりません。 で すからこの映画のハックマンを観ると本当にワクワクするのです。 最後の最後にポパイに執念は結実します。 シャルニエを追いかけて追いかけて仕留めるのです。 その瞬間に映画は終わります。 この終わり方がまた良いのです。 *前作もそうですがオープニングカットはマルセイユの象徴のノートルダム大聖堂から始まります。 大聖堂のミドルショットからズームバックして港に入ります。 このカットに意味は舞台がマルセイユであることと、ひょっとしたらこういう麻薬犯罪などの裏には実は、、、、という世界が介在しているのかもというイメージも伝わってきます。 *ポパイが麻薬の依存から脱出して自らが監禁されていたホテルへ行き、灯油をまいて火をつける場面はハラハラします。 本当の火事です。 みんな逃げ惑います。 ガレキは崩れ危ないです。 今では CG で処理すると思いますが、当時は全て本当に火をつけてセットごと燃やすという時代だったことがわかります。 映画『フレンチ・コネクション2』(119分/アメリカ/1975) NHK BSプレミアム 11月20日(水)午後1時00分〜3時00分 まとめ 映画『フレンチ・コネクション2』一言で言うと! 「君子危うきに近寄らず」 わたしたちは刑事ではありません。 ですからこう言った犯罪組織には一切縁がありません。 普通に生活していれば麻薬組織と繋がることなどあり得ません。 合わせて観たい映画 【薬物依存をテーマにした映画】 映画『ビューティフル・ボーイ』 父親から見る麻薬中毒の子どもへの愛の手 映画『ベン・イズ・バック』 母親の愛に胸が痛む。

次の