とんがり ボウシ と 魔法 の お 店 恋人。 クラスメイトと仲良し

おまじない

とんがり ボウシ と 魔法 の お 店 恋人

私は「~魔法の365日」の方をプレイしていたので、 そちらの良い所、悪い所を書き込ませて頂きます。 あくまで個人的な感想なのですが……正直、あまりおすすめできません。 (クリアという概念のない、エンドレスゲームです) ・操作性があまり良くない (重くて、キャラが歩くと場所によってスローモーションする) ・サカナや虫をお金に換えるためには、わざわざ図鑑登録(それもひとつづつ)が必要で、お金は図鑑が「登録した虫やサカナ」の代わりにくれるアイテムを売るしかない。 (もしくは特定のキノコをカメのおばあちゃん(?)にあげる。 お金=そのお小遣い) ・魔法・おまじない等の授業内容が、一週間経たないと変わらない。 そして「魔法文字」などの種類は豊富なのに、それに対して「魔法・おまじない」の数がとても少ない。 (全ての魔法・おまじないの授業を終えてしまうと、どんなに学校に行っても既存の授業の繰り返し) ・不思議時間と呼ばれる事件イベントの数が少ない。 (20個前後?) つまり、不思議時間(事件)も全て解決、魔法・おまじないを全て習得し終えてしまうと 一気に退屈になってきます……。 ・(クラスメートの中から)恋人が作れる(同時に2人まで) ・アイテムが豊富 (服、アクセサリー、靴、ホウキ、じゅうたん、壁紙、家具、楽器、CD) ・髪型が変更可能。 (カタログから選択) ・世界観がファンタジック+不思議。 ・フィールドが結構広い。 ・クラスメートと楽器演奏が出来る。 私は一ヶ月ほどで、やることがなくなった+お金を稼ぐシステムの面倒くささで飽きてしまいましたが、 世界観、アイデア等はナイスだと思うので、 コンプリートやお金稼ぎのシステムに苦を感じない方、与えられた世界観で自分なりに楽しみを見いだせる方なら、楽しめるかもしれません……。 「365」の悪い所も少し改善されているようなので、 私的には「魔法のお店」の方が良いんじゃないかと思います。 少しでもご参考にして頂ければ幸いです。 長文、失礼しました。

次の

クラスメイトと仲良し

とんがり ボウシ と 魔法 の お 店 恋人

クラスメイトには、町で暮らしているクラスメイトと、遊びに来たクラスメイトが存在する。 ここでおすすめしておくと、大体1ヶ月以内に越してきてくれるようになる。 また、自分のお店で接客中にも、同様の提案をされることがある。 言われた時間が難しい場合は、「むずかしい」を選ぶと時間を変えることもできる。 遅れないように恋人岬に行こう。 たとえば午後7時に待ち合わせなら、19:00〜19:59の間に恋人岬に入る必要がある。 他の時間も同様。 クラスメイトが告白をしてくる。 この告白にOKすると、同姓なら「親友」、異性なら「恋人」に、関係が発展する。 ただし、12月31日・1月1日のカウントダウンの日のように、恋人岬でイベントのある日は、 恋人岬に行っても告白イベントが起きないことに注意! そういう日に誘われたら、涙をのんで断るしかない。 仲良くしていれば、いずれまた誘われるはず。 親友・恋人ともに2人まで作れる。 魔法のレシピである「おさそいブーケ」を作って渡すことで、自分のほうから親友・恋人を作ることもできるが、 親友がすでに1人以上いる場合、おさそいブーケでは新たに親友を作ることはできない。 恋人も同様。 あくまで2人目の親友・恋人は、クラスメイトからの待ち合わせの申し出があったときしか作れない。 ペアリングをして特定の場所に行くとイベントが発生する。 このときに選択肢が発生するので、相手の喜ぶ返答をすれば、さらに高い好感度をキープできる。 クラスメイトの性格をよく考えれば、最適な答えはすぐ分かるはず。 なお、イベントが発生するのは、それぞれの場所につき1日1回である。 場所 備考 孤島 晴れの日の昼であること(秋冬PM12時〜PM4時、春PM1時〜PM5時、夏PM2時〜PM6時30分) (曇り・雨・雪の日に孤島に連れて行くと、逆に好感度が下がるので注意) 恋人岬 晴れの日の夕方であること(秋冬PM4時〜PM6時、春PM5時〜PM7時、夏PM6時30分〜PM8時? ) (12月31日・1月1日のように恋人岬でイベントのある日は無理) 海岸 晴れの日の夜であること(秋冬春PM9時〜翌朝まで、夏PM10時〜翌朝まで) (早晩ではないことに注意) 自分の店 1階を食卓付き店舗に改装し、食事メニューを用意しておくこと。 (24時間いつでも) (2階はダメらしい)(自分の店のみ、恋人だけでなく親友や友達も連れて行ける) 曇り・雨・雪の日に天気を晴れにしたいなら、「にじをかけるおまじない」(雨の時のみ晴れにする)や「はなをふらせるおまじない」(どんな天気も晴れにする)を使えばいい。 (ただし、「おもいがとどくおまじない」の途中であるときは注意) また、 ふしぎ時間発生時はデフォルトで晴れになることも覚えておこう。

次の

とんがりボウシと魔法の365日シリーズ

とんがり ボウシ と 魔法 の お 店 恋人

完全パクリではありません。 個人的にかなりおすすめのゲーム。 主人公であるあなたは魔法学校に通う学生。 魔法学校の授業を受けて魔法を覚えたり、お店を開いてみたり、おしゃれを楽しんでモデルデビューしたり、同じ魔法学校のクラスメイトと恋人になってみたり…どうぶつの森と同様、日常を楽しみつつ、時にやってくる「ふしぎじかん」。 ガーゴイルなどのフシギな生き物が事件を起こすので、これらを魔法などで解決し大魔術師を目指していくのがメインストーリー。 とんがりボウシシリーズはいくつかマイナーチェンジ版がでていて、 初代 とんがりボウシと魔法の365にち 2008年 DSで発売 とんがりボウシと魔法の店 2010年 DSで発売 とんがりボウシとおしゃれな魔法使い 2011年DSで発売 最新 とんがりボウシと魔法の町 2012年3DSで発売 といったかたちで進化していました。 マイナーチェンジを重ねるにつれ改善。 初代はバグが多いので、バグを使って遊ぶのも少し面白い。 魔法システムやお店システムなどがしっかり確立されていて、ゲームとしてはかなり楽しく遊べます。 むしろ、ふしぎ事件の難易度は高すぎるかも。 マップ全体自体はけして広くはないが、どうくつやお化け屋敷や無人島など、行ける場所はそこそこある。 どうくつ ふしぎじかんには、不思議な生物が出現したりする 音楽にはかなり力を入れている印象。 BGMはクラシックの名曲がアレンジとして使われていて、時間帯、天候、場所によって変わります。 また楽器を買うことができ、クラスメイトと一緒に、ゲームオリジナル曲のアンサンブルをすることができる。 楽器の種類に応じて音が変わり、曲の雰囲気が変わる。 バイオリン、フルート、ドラムなど。 授業風景 他にも、おならの魔法とかがあってクラスメイトにおならをさせることができる。 毎日、意中の相手とデートをして、デート中に上の魔法をとなえる。 意中の相手との高感度を上げることができる。 恋愛は戦である。 親友や恋人システムはクラスメイトとの好感度を上げると恋人みさきに呼び出しを受け恋人になれます。 親友も恋人も2人以上を作ることできます。 浮気という概念はないらしく、自分の恋人が二股することもあります。 検索候補に とんがりボウシと魔法の町 結婚 とでてくるので、結婚できるのかなと調べてみましたが、結婚までは行かなそうな感じでした。 最新作はとんがりボウシと魔法の町になります。 長く楽しめるゲームだとは思うので興味があればプレイしてみてください。

次の