ユニクロ ソフトシェル 登山。 冬山登山の服装は?

登山ウェアってユニクロでよくね?値段の割に優秀すぎる

ユニクロ ソフトシェル 登山

ハードシェルジャケットを買い換える 「ハードシェル」とはアウトドアウェアのレイヤリング(重ね着)で一番上に着る防水透湿素材を使ったアウター(ジャケット&パンツ)の総称です。 広義では3シーズン(無雪期)用のレインウェアもハードシェルの一種になりますが、冬山(雪山)で使用する防水アウターをハードシェルと呼ぶことが一般的でしょう。 ハードシェルの多くは裏地や防寒のための保温材が入ってないペラペラな1枚生地のアウターで、稜線での風や雪から身を守ってくれる正にシェル(殻)としての存在。 無雪期用のレインウェアに比べると、厚みがあって丈夫な生地が使われていたり、滑落やスリップ時に雪上でも滑りにくい(アンチグリース)加工がされています。 その他に、ヘルメットに対応したフード形状や蒸れ防止のベンチレーション(ピットジップ)、パンツにはアイゼンガード(エッジガード)が採用されていることも特徴です。 雪山登山をするようになると、始めはその装備の高価さに驚くのですが( トレッキングレベルでも一式20万円〜が目安)、平地とは全く異なる氷点下で強風が吹き荒れる環境で身を守る装備であり、かつ生産数も3シーズン用の登山ギアに比べると限定されるものなので致し方ない部分はあります。 しかしながら海外製の高価なウェアにはなかなか手が出せないこともあり(ハードシェルの上着のみで8〜10万越えのものもザラにある!)前シーズンまでは山のユニクロことモンベル製のジャケット(ストリームジャケット)を使っていました。 GORE-TEXプロシェル(ゴアテックスで一番タフな生地)を使ってながら3万台前半という圧倒的なコスパの良さがなによりの魅力で(現行モデルは「ストリームパーカ」に変更)、2シーズン使ってみてトレッキング用途では耐久性、耐風性などの基本性能は何も問題ありませんでした。 しかしながらサイズ(シルエット)の違和感がどうしてもあって(体で合わせると袖や丈が短いなど)やはり次シーズンには体に合うものに買い換えようと、各メーカーのウインターアイテムが出揃うこの時期を待っていました。 新たなハードシェルの候補として(絶対ではないものの)絞り込み条件のとして挙げたのは以下のポイント• 基本的な雪山対応の機能を備えていること• 自分の体へのフィッティング/インサレーションを下に来た際の多少の余裕• GORE-TEX以外の素材も積極的に検討• 落ち着いた赤色が嬉しい• 胸位置にポケットが欲しい• 予算はなるべく5万円以内で 素材はこれまでのモンベルがGORE-TEXプロシェルで、かなりゴワゴワでストレッチ性のない素材だったこともあって、もう少し別の素材を試してみたいかなと。 レインウェアほど濡れを気にする必要もありませんし、動きやすさや快適性を重視してGORE-TEX以外の素材も積極的に検討してもいいかなと考えました。 色は基本的に赤が好きなのですが、あまり蛍光色っぽい赤でなく少し落ち着いた(くすんだ)赤がいいなと。 他に条件に合うウェアがあれば青系などどもいいかなと。 胸ポケットですがザックを背負った状態だと通常の両サイドにあるポケット(横っ腹位置?)より、胸の位置に縦ジップになったポケットが使いやすいなと感じています。 スマホ等を入れても中身を落としにくいですし、あと自分は山でよく鼻水が出るので(笑)、すぐ鼻がかめるようにハンカチ等を突っ込んでおきたいなと。 以前のモンベルは胸ポケットが巨大で、嵩張るオーバーグローブだったり、なんなら望遠レンズも突っ込める位で、ここはかなり気に入ってたポイントだったりします。 予算は上を見ればキリがないですし、かといって4万円以内では結局モンベル位しかない現状。 アウトレット等で値下がりしてるものまで含めて5万円位を上限に、もちろん安ければ有り難い位の基準で探してみました(GORE-TEX以外の素材をアリにするとこの価格帯でもそこそこ選択肢があります)。 finetrack/エバーブレスグライド まず、これは昨シーズンから気になっていたウェアで、実は以前から原宿のTOKYO BASEで試着してサイズ感も確認済み。 メーカー的には雪山登山よりバックカントリー向けのラインなのですが、登山向けのエバーブレスアクロジャケットの方がアルパイン向けなこともあり、例によって「Sだと丁度過ぎて(インサレーション分の余裕が微妙)Mだと緩い」サイズ感だったり、あとはデザイン的な部分でアクロちょっと…… みたいな感じ。 ちなみに、昨年からエバーブレスアクロのパンツは愛用していて、柔らかくて動きやすい素材(かなりストレッチする)であることは実感していました。 前シーズンから新たにラインナップ加わったエバーブレスグライドはfinetrackのアウターにしてはややくすんだ色設定と、サイズ感も「少し大きめのSサイズ」がインサレーションの余裕を考慮してもいい感じです。 ポケットは基本はサイドですが胸元に1個あるので、満点ではないものの条件的にはかなりクリアしているジャケットと言えるでしょう。 マムートの恐らく中堅ラインのハードシェルジャケット。 GORE-TEXですがプロシェルではなくC-KNITを採用することでしなやかさ(若干のストレッチ製)と400gという軽量さ、さらに(マムート製にしては)コスパを両立させたモデル。 C-KNITの40デニールは雪山用ハードシェルにしてはやや心許なく感じるものの、基本トレッキングしかしない自分には十分なスペックでしょう。 非常にシンプルなジャケットでポケット位置もサイドだったりパウダーガードもなし(BCや深いラッセルをする訳でないので特別必要ないとも)。 スッキリしたシルエットも格好いいですし、当初これでいいのでは?と半決まりにしてしまった位。 試着したサイズ感はジャストフィットなのはXS(アジアンS)ですが、インサレーションの余裕を考慮するとS(アジアンM)でもいいかなという感じ。 行動時はインサレーションは基本着ないので、この辺はほんと難しいですよね。 Mountain Hardware/ドライステインジャケット マウンテンハードウェア(MHW)が日本向けモデルとして今シーズンから投入したハードシェル。 独自素材のドライQエリートを採用して驚く程のコスパの高さを実現しています(なんとジャケットで税込4万円を切ってる!) 試着してみるとSサイズでも軽く余裕がある感じで、生地もしなやかで着心地が良さそう。 ドライQエリートは既に何年も同社では使われている素材ですし(山でもよく目にします)、透湿性も相当高いらしい。 脇のベンチレーション(ピットジップ)がこの手の製品ではかなり小さいのが気になったのですが、MHWの店舗スタッフさん曰く「ドライQエリートの素材がめちゃくちゃ汗抜けするので、このサイズで十分」とのことでした。 ポケットも胸元に大きなタイプがありますし、パウダーガードは着脱式になっていてもう至れり尽くせりです。 予算的にも安いのは助かるし、かなり心惹かれるものがありますが、ひとつだけ引っかかったのがそう、色(笑) 派手目のオレンジ…… なのはいいのですが、何故か裾部分がツートンになっていてカーキなんですよね。 どうなのさこれ……? 黒やカーキの方を選べばいいかな?とも考えたのですが、自分の好みやもしもの時のことを考えると、ハードシェルは多少派手めな色を選んでおきたいのですよね。

次の

登山には欠かせない!マムートのソフトシェルをご紹介!

ユニクロ ソフトシェル 登山

By: ハードシェルは、水を通さない「完全防水」のモノが一般的で、悪天候時にも対応できます。 一方、ソフトシェルは、水を弾く「撥水性」を有しているモノが一般的。 完全防水ではないので、大雨などの悪天候時には向きません。 また、ソフトシェルは、ハードシェルのように硬くごわついた着心地ではなく、やわらかく動きやすい着心地が特徴的です。 ソフトシェルジャケットの選び方 着用シーンで選ぶ ソフトシェルジャケットは、さまざまな機能性を有したモデルが発売されています。 そのため、選ぶ際には使用シーンを明確にしておきましょう。 例えば、春先や秋口などのハイキングや登山には、薄手で重ね着ができるようなソフトシェルジャケットがおすすめ。 また、スキーやスノーボードでは、保温力のあるフリースなどが裏打ちされたソフトシェルジャケットを選びましょう。 そのほか、予備装備としての携行性を重視した軽量なモノなど、自分の求めるポイントをはっきりとさせるのが大切です。 サイズ感で選ぶ By: ソフトシャルジャケットの購入を考えている方のほとんどは、アウトドアシーンでの着用をメインとしています。 タウンウェアなどを選ぶ際はデザイン性を重視する方も多いですが、アウトドアウェアはデザイン性よりも機能性を重視するのがおすすめです。 機能性を十分発揮させるために大切なポイントがサイズ感。 短めの着丈を選んでしまうと背中が出てしまったり、風が入り込んでしまったりしてしまいます。 そのため、着用した際に、両手を挙げた状態でもウエストベルトのラインより着丈が腰より上にこないのがベストです。 また袖の長さも重要。 肘を曲げた際に手首が出過ぎてしまうと防風性を弱めたり、グローブをつけた際に突っ張ってしまったりしてしまいます。 手首の位置まで袖がくるソフトシェルジャケットを選びましょう。 ソフトシェルジャケットのおすすめブランド パタゴニア patagonia イヴォン・シュイナード氏によって1973年に創設された、アメリカ屈指のアウトドアブランド。 日本でもアウトドア好きな方からファッション好きな方まで幅広く愛される人気ブランドです。 機能性とファッション性に優れた製品が評判で、おしゃれなアウトドアブランドとして絶対的な地位を確立しています。 また、自然保護活動組織に積極的に寄付するなど、環境保護活動にも熱心なブランドです。 パタゴニア patagonia NANO-AIR JACKET ELECTRON ソフトシェルジャケットは洗濯しても大丈夫? ソフトシェルジャケットは基本的に、自宅での洗濯が可能です。 しかし、製品によるので必ず事前に洗濯表示を確認のうえ行ってください。 家庭用の洗濯機で洗う場合は、ドローコードが付いたフードや袖部分はシワを伸ばしファスナーを閉めた状態で畳み、洗濯ネットに入れてください。 そして、洗濯専用の洗剤もしくは中性洗剤を使用し、弱水流で洗うのがポイントです。 その際に柔軟剤または柔軟成分が含まれている洗剤は使用しないようにしましょう。 吸湿性や撥水性の低下につながることがあります。 手洗いの場合は水またはぬるま湯の中に中性洗剤を入れ、優しく押し洗いをするのがおすすめです。 どちらの場合も漂白剤は使用せず、すすぎをしっかりと行うことが重要。 すすぎを怠ってしまうことでソフトシャルジャケットの機能性を損なってしまう恐れがあるので注意が必要です。 最後に、洗濯後は陽の当たらない、風通しのよい場所で干ししっかりと乾燥させましょう。 なお、洗濯を繰り返し行うことで、撥水機能が弱まってしまうことがあります。 そんな時は乾燥後撥水スプレーなどを満遍なく吹きかけ、撥水処理を行うのがおすすめです。

次の

ソフトシェルジャケットのおすすめブランド11選。アウトドアに人気の製品をご紹介

ユニクロ ソフトシェル 登山

出典: プチプラで使えるアイテムが揃うと人気のユニクロ。 「持ってるよ~!」という人もいるのではないでしょうか。 高機能と言われると反応してしまうのが山好きというもの。 編集部員Oも気になってはいたものの、機能的な登山ウエアを数多く知っているだけに、疑いを捨てきれずにいたんです。 そろそろ本気で向き合おうではないかということで、ついに入手! 山で使えるのかどうか、その実力を調査しましたよ。 まずは、なぜそんなに高評価なのかを見てみましょう! キャッチコピーは「雨にも風にも負けない、高機能ウエア。 」 撮影:YAMA HACK編集部 横から見た表情で、2者に大きく異なる部分があるのが分かりますか? そうです、ブロックテックパーカはフードが浅いんです。 ハードシェルの方は、ヘルメット着用時にもフードをかぶれるようになっているため、帽子の上や中に着た服のフードの上からでもかぶることができます。 顔周りをしっかりカバーできて安心。 それに慣れているからでしょうか、ブロックテックパーカのフードは心もとない感じがしてしまうんです。 あえてのミニマルなデザインのようなので、すっきりとしたフードが好みの方には良いかもしれません。 ブロックテックパーカを山で試してみた! さぁ、いよいよ山で試すときがきました! 雨の日の街での着用感についてもご紹介します。 雨の街を自転車で走るの巻 撮影:YAMA HACK編集部 公式HPなどで耐水圧の数値は公開されていませんが、濡れた状態が長時間続くと生地に水が浸透してしまう可能性があるので、大雨をブロックテックパーカのみで凌ぐのは難しそうです。 しかし、小雨程度なら撥水性をしっかり発揮してくれて、防風・防寒性も文句なし! アウトドアシーンでは、上高地散策程度のハイキングやロープウェイで訪れる低山、キャンプやフェスにもってこい。 梅雨の時期の街着としても大活躍するのではないでしょうか。 ただし、1つ注意点があります。 それは、着用しようが新品のまま保管しようが、ブロックテックパーカに施されている樹脂加工は約3年で劣化するということ。 こちらはユニクロのオンラインストアの商品ページの取扱部分に記載されています。 今回試したブロックテックパーカは前シーズンのもの。 2018年の新作は、メンズ・レディースで変更箇所は異なるものの、ユーザーの意見をすぐに取り入れ、改良がなされた歴代最優秀モデルということになります。 しかも、発売当初の価格は¥7,990(税抜)だったのに、現在は¥5,990(税抜)。 機能性やデザイン性はレベルアップしているのに、さらにお得に手に入るなんて恐るべし…。 これだけの機能性があって¥6,000以下、3年着られれば十分過ぎますね! 検証のために購入したのに、ヘビーローテーションしてしまいそうです。

次の