エウロペ フル オート。 【グラブル】水有利古戦場フルオートで使えそうなキャラ

水属性・フルオート編成の適性が高いキャラ紹介【スマホ・グラブル攻略】

エウロペ フル オート

特殊タイプのジョブ。 ソルジャーの評価・運用 の上位ジョブ。 元と同じく豊富な自己強化による圧倒的な攻撃力と、バレットによる多彩なバフ&デバフの付与が持ち味。 独自仕様が多いため、とも参考に。 SAなら1発、DAなら2発、TAなら3発。 ・攻撃時、発射したバレットに応じて防御ダウンなどの追加効果が発動する。 ・連撃率に関わらず、残弾数以上の通常攻撃(連続攻撃)は行われない。 ・残弾がゼロになると、通常攻撃のかわりにリロードを行い、弾が全回復する。 ・リロードでは奥義ゲージは増えない。 ・奥義ではバレットを消費しない。 よって追加効果は発動せず、残弾ゼロでも発動可能。 ・各バレットに威力や特殊効果が存在する。 ・セットできるバレットの数・種類・発射される順番は銃ごとに決まっている。 ・バレットは発射しても消えないが、ある銃にセットされている弾を他の銃に流用することはできない。 メイン武器が英雄武器の場合 「6発撃って奥義でリロード」を繰り返すのが基本パターン。 奥義のゲージ回復(20〜30)+TA2回分のゲージ増加(80)が合わさり、弾切れの心配はほぼない。 これに自分と味方のアビリティや召喚石を絡めて火力を出していく。 他の銃を使う場合 奥義でリロードできないのでバレットリロードにアビ枠を割く必要がある(必須ではない)。 装填できる弾数や発射順を考えると劣化とまでは言い切れないが、やれることの幅は狭まってしまう。 島トレジャーを数千個単位で要求され、強力なバレットには銀天・紫電角・メテオライト等も使用する。 ジョン・ドゥ、エンブレム、新バレットの製作まで考慮すると道のりは非常に長い。 総評 もっぱら、上級者の速度上昇・上限突破手段となっている。 奥義リロードという唯一無二の特性もあって、専用武器であるジョン・ドゥが必須と言っていい。 エンハンスバレット・天聖エンブレムを付けたジョン・ドゥはダメージ上限を突破し、ヒールバレットは回復の手間を省いてくれる。 と組み合わせ、黒麒麟をメインに据えた編成がつよばはMVPのトレンドとなっている。 アビリティ解説• 【スリーラウンドバースト】 1ターンの間TAを確定させつつターン経過なしの通常攻撃を行う。 アーリーショット+デュアルインパルスIIIと同じ動きを一枠で実現できる豪勢なアビリティ。 リキャストも4Tと非常に早い。 【ブリッツバースト】 ガンスリンガーのリミットアビリティ。 残弾をすべて消費して奥義ゲージを増加させる。 さらに次のターンにブレアサのような攻撃大幅UP(1回)がつく。 1アビやトラインを合わせれば、サポアビの通常攻撃上限UPもあって破格の124万TAを叩き込める。 トラインを使う場合はブリッツバーストと同じターンに仕込んでおく必要があることに注意。 なのでシヴァが乗るのは最初の3発だけとなる。 また、書いてはいないが「ターン進行無しで通常攻撃を実行」でもある。 通常の行動は別に行うことが出来る。 装弾数6なら80となる。 英雄武器を持てば250万超のダメージ上限を持ったウエポンバーストとして扱える。 【フォーティチュード】 与ダメUP・クリティカル確率UP・別枠乗算(逆境)という強力なバフの詰め合わせ。 使用間隔8ターンに対して効果時間が5ターンと取り回しも悪くない。 与ダメUP効果は奥義には乗らないことに注意。 【ゲリーリャ】 回避率と奥義ゲージ上昇量を上げ、回避成功時にダメアビが発動する。 天聖ジョン・ドゥの「ターン中の被ダメ0でダメアビ発動」効果との相性がいい。 また奥義ゲージMAX寸前で弾が切れてリロードせざるをえないという事態も防ぎやすくなる。 サポートアビリティ• 【ウォーサバイバー】 ガンスリのサポアビに「通常攻撃のダメージ上限突破」効果が追加されている。 バレットやトラインのバフで容易に減衰に到達するのでこの追加は非常に大きい。 【一人軍隊】 経過ターンに応じて攻撃力と回避率がアップ。 主人公限定だが、英雄武器ぶんの攻刃不足とトラインの防御デバフをカバーしてくれる。 また先述のゲリーリャ(遊撃効果)や天聖ジョン・ドゥ(ターン中の被ダメ0でダメアビ発動)とも噛み合っている。 アビリティ構成• 英雄武器の装備を前提とした攻撃全振りの構成が基本となる。 その場合でもバレット効果である程度はバフ・デバフを撒くことができる。 フルファイア+ブリッツバースト+他 トラインなど 英雄武器前提。 1アビを含め、ダメージつきのポンバが三つあるような奥義重視アビリティセット。 味方のアビや奥義で補いたい。 フルファイア+バレットリロード+他 フォーティチュードなど 英雄武器以外でも可能な短期決戦用の構成。 フォーティチュード+ゲリーリャ+他(ミゼラブルミストなど) いわゆるオート周回用の構成。 バトル開始直後に全アビリティを使用して後は放置。 サポアビの累積強化とバレット効果のおかげで放置適正は高め。 揚げ足を取るようで申し訳ないが、知らなかったのなら。 15歳とは思えん。 ハードル高いのはいいけどチップセットみたいにバレット設定の保存呼出機能は最低限つけとけよと... 銃ごとに装填数が違う、同名バレットでも複数あればそれぞれ個別に扱う必要がある、そういう事情で難しいのは分かるけどそれでも最低限用意しろよと。 たかが弾のこめなおしのせいで複数色へのモチベ削られるの萎えるわ。 たかが、って発言にシステム知らないやつの発言ってわかるなー。 こんなのの相手せなあかんって、やっぱり運営さんは大変だなー。 ジョン・ドゥにヒールバレット2発装填って意味みありますかね?無いよなきっと。 どんな見た目にしてもメイン武器背負ってるだけってのがかなしい。 パラライズバレット強すぐる・・・まったくミスがでねぇ。 いや弱いよ.. 成功率上限が恐らく25%で弱体成功率系のバフデバフ入れてもそれ以上にならないってツイ検証報告されてる。 実際自分でも作ってみたけどろくに入らない上に効果1T。 本当にまったくミスが出なかったならどんな編成してたのか教えてほしいわ。 成功率もそうだけど、麻痺自体が参加者に共有されない自分のみの効果だし、仮に成功率が100%だとしても要らない子。 満場一致のゴミやね。 とりあえずあとひとつにフォーティチュード入れて試してる。 闇はユーステスがいい働きをしてくれる。 回避アップも付いて天聖との相性もいい。 闇はオメガ銃のユーステスルルーシュフーちゃんでやってる。 バレットを作り終わって軽く使ってみたけど1アビのお陰で本人には特に連撃必要ないのね。 ただいろいろアビ構成をいじってみてすっきりするリロード回しが決まらない。 ヒールバレットあるとラブライブ風が相性良すぎるな。 被回復上限UP,奥義ゲージ30UP、敵対心UPまでカバー。 ソルジャー楽しいし銃エレも貯まってきたから2属性目以降も作っていきたいんだけど、属性弾以外を作るのは面倒だし付け替えも面倒だしで二の足を踏んでる…。 メカニックのコンパニオンのように、バレットの登録を武器ではなく編成に紐付けてもらえればいいんだよね。 【アビリティ構成】の『フルファイア+バレットリロード+他 フォーティチュードなど 』って項目。 スリバとトラインとインパでTAと奥義のみのループ組めるのって既出?初手スリバ、2T奥義のみ3T目トライン4T目インパ5T目奥義6T目スリバで最初に戻るっていうやつ。 このままずっとTAと奥義し続ける感じの。 このループだと途中にブリッツバースト入れても途切れないんだけど、ブログとか見ててもこのループ見つからなかったので。 既出も何もガンスリの頃からTAと奥義をループするのがこのジョブの基本ムーブですし…。 ガンスリの頃はスリバなかったからTAのないターンが生まれてたじゃん?完全にTAと奥義しか出ない永続ループってあったかなって。 メモ:1. 残弾0によるリロードアクションの硬直時間に関して。 ソルジャーとバレットシステムを採用してる土イルザを用いた。 結論:リロードアクションは攻撃回数1回分(SA)相当の硬直が設けられているように思われる。 信頼性もへったくれもねぇ個人の匿名検証なんで異論は認める。 -- [XXa57jgCpxQ] 2020-06-07 日 17:59:19.

次の

【グラブル】エウロペの評価

エウロペ フル オート

【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグナ編成で討伐したことを書きましたが、今回はフルオートによる討伐です。 編成としては片面カグヤのヴァルナ編成です。 フルオートだとガードが使えないのでカグヤの自動復活に頼っていきます。 ・その前に六竜討伐戦「朱」について 「ドラゴニックウェポン」の火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化に必要なトレジャー「イグナイトラブル」を入手することができるクエストです。 「イグナイトラブル」は六竜討伐戦でもなくてもトレジャー交換でも入手が可能。 ただし要求される素材は 「祖なる欠片」100個 「火晶のエレメント」100個 となり量が多いので六竜討伐戦の方で集めていきたいところ。 ・ウィルナスについて ウィルナスの攻撃は単純なものが多いですが、とにかく火力が高い。 特にマグマチェンバーはHPをキャラ毎の最大値70%分の無属性ダメージしてくる。 そしてフルオートなのでガードが出来ないです。 普通に手動でガードしていれば大したことの無い攻撃も、甚大な被害を受ける場面が出てきます。 例えば10万ダメージを素で受けたり。 ・編成について 編成は片面カグヤそしてヴァルナで、ジョブはウォーロックにしました。 各種弱体を入れつつグラビティとスロウで遅延しながら特殊技を受ける回数減らしていきます。 メイン武器にはブルースフィアを装備して、奥義の幻影と再生で耐久していきます。 ・ブラックヘイズで暗闇も付与して被ダメージを減らしていきます。 ・他にはレプリケーションキャストで奥義ゲージの上昇とダメージを稼いでいきます。 そしてタイミングが合えば火属性ダメージカットでバトルメンバーの維持も。 ・パーティの種族数に応じて強くなるので火力もあり、敵に累積攻防DOWNも出来て高難度や長期戦ではいつも活躍。 サブには水属性アーカルム召喚石2種を投入してあります。 奥義の幻影と再生でHPの維持をしていきます。 ウィルナスの攻撃(特殊も含む)は単体攻撃がそれなりあるので幻影でダメージを回避することができます。 解除方法は40回ダメージを与えることですが、フルオートで解除するのは無理な気がします。 いつもなら解除するのですが、フルオートだと解除はやっぱりキツイです。 このマグマチェンバーは対象が全体に拡大されています。 自動復活は消費しているのでサブからエウロペ姫の登場です。 さらに攻撃にはアビリティ封印も付いてくるという。 やっぱりフルオートだと敵の実際の火力高さが分かりますね。 星域効果が切れているエウロペ姫は18000ダメージを受けてしまい戦闘不能になりますが、自動復活により復帰します。 サブからハーゼさんが出てきます。 その後は4000ダメージが多段するという。 まだハーゼさんとリリィには自動復活が残っています。 他にも火晶のエレメントが入手が出来るので火有利古戦場の足しにしていきます。 特殊行動を抑えるためにスロウが特に有用。 画像引用元:グランブルーファンタジー 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグ... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき...

次の

【グラブル】水古戦場フルオート周回編成まとめ|HELL攻略/肉集め【グランブルーファンタジー】

エウロペ フル オート

特殊タイプのジョブ。 ソルジャーの評価・運用 の上位ジョブ。 元と同じく豊富な自己強化による圧倒的な攻撃力と、バレットによる多彩なバフ&デバフの付与が持ち味。 独自仕様が多いため、とも参考に。 SAなら1発、DAなら2発、TAなら3発。 ・攻撃時、発射したバレットに応じて防御ダウンなどの追加効果が発動する。 ・連撃率に関わらず、残弾数以上の通常攻撃(連続攻撃)は行われない。 ・残弾がゼロになると、通常攻撃のかわりにリロードを行い、弾が全回復する。 ・リロードでは奥義ゲージは増えない。 ・奥義ではバレットを消費しない。 よって追加効果は発動せず、残弾ゼロでも発動可能。 ・各バレットに威力や特殊効果が存在する。 ・セットできるバレットの数・種類・発射される順番は銃ごとに決まっている。 ・バレットは発射しても消えないが、ある銃にセットされている弾を他の銃に流用することはできない。 メイン武器が英雄武器の場合 「6発撃って奥義でリロード」を繰り返すのが基本パターン。 奥義のゲージ回復(20〜30)+TA2回分のゲージ増加(80)が合わさり、弾切れの心配はほぼない。 これに自分と味方のアビリティや召喚石を絡めて火力を出していく。 他の銃を使う場合 奥義でリロードできないのでバレットリロードにアビ枠を割く必要がある(必須ではない)。 装填できる弾数や発射順を考えると劣化とまでは言い切れないが、やれることの幅は狭まってしまう。 島トレジャーを数千個単位で要求され、強力なバレットには銀天・紫電角・メテオライト等も使用する。 ジョン・ドゥ、エンブレム、新バレットの製作まで考慮すると道のりは非常に長い。 総評 もっぱら、上級者の速度上昇・上限突破手段となっている。 奥義リロードという唯一無二の特性もあって、専用武器であるジョン・ドゥが必須と言っていい。 エンハンスバレット・天聖エンブレムを付けたジョン・ドゥはダメージ上限を突破し、ヒールバレットは回復の手間を省いてくれる。 と組み合わせ、黒麒麟をメインに据えた編成がつよばはMVPのトレンドとなっている。 アビリティ解説• 【スリーラウンドバースト】 1ターンの間TAを確定させつつターン経過なしの通常攻撃を行う。 アーリーショット+デュアルインパルスIIIと同じ動きを一枠で実現できる豪勢なアビリティ。 リキャストも4Tと非常に早い。 【ブリッツバースト】 ガンスリンガーのリミットアビリティ。 残弾をすべて消費して奥義ゲージを増加させる。 さらに次のターンにブレアサのような攻撃大幅UP(1回)がつく。 1アビやトラインを合わせれば、サポアビの通常攻撃上限UPもあって破格の124万TAを叩き込める。 トラインを使う場合はブリッツバーストと同じターンに仕込んでおく必要があることに注意。 なのでシヴァが乗るのは最初の3発だけとなる。 また、書いてはいないが「ターン進行無しで通常攻撃を実行」でもある。 通常の行動は別に行うことが出来る。 装弾数6なら80となる。 英雄武器を持てば250万超のダメージ上限を持ったウエポンバーストとして扱える。 【フォーティチュード】 与ダメUP・クリティカル確率UP・別枠乗算(逆境)という強力なバフの詰め合わせ。 使用間隔8ターンに対して効果時間が5ターンと取り回しも悪くない。 与ダメUP効果は奥義には乗らないことに注意。 【ゲリーリャ】 回避率と奥義ゲージ上昇量を上げ、回避成功時にダメアビが発動する。 天聖ジョン・ドゥの「ターン中の被ダメ0でダメアビ発動」効果との相性がいい。 また奥義ゲージMAX寸前で弾が切れてリロードせざるをえないという事態も防ぎやすくなる。 サポートアビリティ• 【ウォーサバイバー】 ガンスリのサポアビに「通常攻撃のダメージ上限突破」効果が追加されている。 バレットやトラインのバフで容易に減衰に到達するのでこの追加は非常に大きい。 【一人軍隊】 経過ターンに応じて攻撃力と回避率がアップ。 主人公限定だが、英雄武器ぶんの攻刃不足とトラインの防御デバフをカバーしてくれる。 また先述のゲリーリャ(遊撃効果)や天聖ジョン・ドゥ(ターン中の被ダメ0でダメアビ発動)とも噛み合っている。 アビリティ構成• 英雄武器の装備を前提とした攻撃全振りの構成が基本となる。 その場合でもバレット効果である程度はバフ・デバフを撒くことができる。 フルファイア+ブリッツバースト+他 トラインなど 英雄武器前提。 1アビを含め、ダメージつきのポンバが三つあるような奥義重視アビリティセット。 味方のアビや奥義で補いたい。 フルファイア+バレットリロード+他 フォーティチュードなど 英雄武器以外でも可能な短期決戦用の構成。 フォーティチュード+ゲリーリャ+他(ミゼラブルミストなど) いわゆるオート周回用の構成。 バトル開始直後に全アビリティを使用して後は放置。 サポアビの累積強化とバレット効果のおかげで放置適正は高め。 揚げ足を取るようで申し訳ないが、知らなかったのなら。 15歳とは思えん。 ハードル高いのはいいけどチップセットみたいにバレット設定の保存呼出機能は最低限つけとけよと... 銃ごとに装填数が違う、同名バレットでも複数あればそれぞれ個別に扱う必要がある、そういう事情で難しいのは分かるけどそれでも最低限用意しろよと。 たかが弾のこめなおしのせいで複数色へのモチベ削られるの萎えるわ。 たかが、って発言にシステム知らないやつの発言ってわかるなー。 こんなのの相手せなあかんって、やっぱり運営さんは大変だなー。 ジョン・ドゥにヒールバレット2発装填って意味みありますかね?無いよなきっと。 どんな見た目にしてもメイン武器背負ってるだけってのがかなしい。 パラライズバレット強すぐる・・・まったくミスがでねぇ。 いや弱いよ.. 成功率上限が恐らく25%で弱体成功率系のバフデバフ入れてもそれ以上にならないってツイ検証報告されてる。 実際自分でも作ってみたけどろくに入らない上に効果1T。 本当にまったくミスが出なかったならどんな編成してたのか教えてほしいわ。 成功率もそうだけど、麻痺自体が参加者に共有されない自分のみの効果だし、仮に成功率が100%だとしても要らない子。 満場一致のゴミやね。 とりあえずあとひとつにフォーティチュード入れて試してる。 闇はユーステスがいい働きをしてくれる。 回避アップも付いて天聖との相性もいい。 闇はオメガ銃のユーステスルルーシュフーちゃんでやってる。 バレットを作り終わって軽く使ってみたけど1アビのお陰で本人には特に連撃必要ないのね。 ただいろいろアビ構成をいじってみてすっきりするリロード回しが決まらない。 ヒールバレットあるとラブライブ風が相性良すぎるな。 被回復上限UP,奥義ゲージ30UP、敵対心UPまでカバー。 ソルジャー楽しいし銃エレも貯まってきたから2属性目以降も作っていきたいんだけど、属性弾以外を作るのは面倒だし付け替えも面倒だしで二の足を踏んでる…。 メカニックのコンパニオンのように、バレットの登録を武器ではなく編成に紐付けてもらえればいいんだよね。 【アビリティ構成】の『フルファイア+バレットリロード+他 フォーティチュードなど 』って項目。 スリバとトラインとインパでTAと奥義のみのループ組めるのって既出?初手スリバ、2T奥義のみ3T目トライン4T目インパ5T目奥義6T目スリバで最初に戻るっていうやつ。 このままずっとTAと奥義し続ける感じの。 このループだと途中にブリッツバースト入れても途切れないんだけど、ブログとか見ててもこのループ見つからなかったので。 既出も何もガンスリの頃からTAと奥義をループするのがこのジョブの基本ムーブですし…。 ガンスリの頃はスリバなかったからTAのないターンが生まれてたじゃん?完全にTAと奥義しか出ない永続ループってあったかなって。 メモ:1. 残弾0によるリロードアクションの硬直時間に関して。 ソルジャーとバレットシステムを採用してる土イルザを用いた。 結論:リロードアクションは攻撃回数1回分(SA)相当の硬直が設けられているように思われる。 信頼性もへったくれもねぇ個人の匿名検証なんで異論は認める。 -- [XXa57jgCpxQ] 2020-06-07 日 17:59:19.

次の