ドワーフウサギ ハル。 アニメ「BEASTARS」、主人公・レゴシ役は小林親弘!

【ビースターズ】ハルは魔性のドワーフウサギ!魅力が分かる8つの知識!【BEASTARS(ビースターズ)】

ドワーフウサギ ハル

ビースターズのアニメ第2話のネタバレストーリー要点は以下の通りです。 ジャックの登場• 本能と戦うレゴシ• ビースターを目指すルイ• レゴシに積極的なハル ジャックの登場 ジャックはレゴシと寮部屋が一緒の犬です。 また、レゴシの小さい時からの幼馴染でもあります。 学園の中は、アルパカのテムが肉食獣に食殺された事件がもとで、相変わらず草食獣と肉食獣の間に深い溝が発生しています。 レゴシがオオカミだからという理由で、よく思わない生徒もいる中、ジャックはレゴシをよく理解している親友なのでした。 本能と戦うレゴシ 前回の第1話では、ウサギのハルの匂いを本能的に嗅ぎ取り、襲いかかってしまったレゴシでした。 ハルを食殺しなかったものの、襲ってしまったことに酷く罪悪感を感じているレゴシです。 ましてや、この世界では草食獣と肉食獣が共生していて、肉食獣は特に本能的な闘争心などをコントロールしながら仲良くやっていくことが求められています。 レゴシはとても優しい性格で、人に非を見つけずに自分に非を見つけるタイプなので、親友のジャックからみても分かりやすいくらい、本能をむき出しにした自分自身に落ち込んでいました。 さらに、食堂でとある生徒と喧嘩になりそうになった時も、レゴシはオオカミの本能が勝手に働き、相手の闘級が読めてしまいます。 自分の闘級の方が上であることを読み取ったレゴシは、喧嘩になるならば、確実に自分が勝ってしまうので、わざと負けるにはどうしたら良いのか、必死に考えているのでした。 しかし、そこにルイ先輩が登場し、その場を収めてくれます。 ルイはこれで借りを返したかなと言い、さらに本能と戦っているレゴシの真意に気がついているのでした。 ビースターを目指すルイ 花形役者のルイは、ビースターを目指していることが分かりました。 ビースターとは、学校全体の特待生のような英雄的地位のことで、ビースターになれば、学校卒業後も、政治家やスポーツ選手として本格的な英雄活動を続けることができます。 ルイは、学校のみんなに人気があり、その立ち居振る舞いや優等生っぷりから、ビースターになることを目指しているのですが、そこにはさらなる深い意味があることにレゴシは気が付きます。 ルイがビースターを目指す理由。 それは、単なる自分の成功なのではなくて、草食獣としてトップに立つことで、草食獣と肉食獣の共生を確固たるものにするということです。 ルイはアドラーという演劇を学内公演として披露しようとしていますが、そこでも、この演劇披露には大きな意味があると言います。 ルイは、草食獣が肉食獣のトップに君臨することで、草食獣の平和と安心をもたらし、肉食獣とも温和な共生が図れることを意図しているようです。 レゴシに積極的なハル ハルは、男と関係を持つことが、それほど大きなことだとは思っていない様子です。 ウサギは繁殖力が強いので、きっとそういうことなのでしょう。 学園中にハルが嫌われている理由は、ハルがだれかれ構わず寝るタイプの女だからのようです。 ハルは、レゴシに園芸の仕事を手伝ってもらったお礼に、何かをしてあげたいと言いますが、ハルはレゴシが何も言わない間に、スルリと服を脱ぎました。 レゴシは驚いたでしょうが、その後どうなったのでしょうか? 【ビースターズ】第2話の感想!ハルは噂通りの子? 前回第1話の最後も、レゴシがハルを襲うという驚きの展開になりましたが、今回第2話も、かなり驚きの展開になりましたね。 積極的なハルの姿に驚きながらも、ウサギだから、まぁ、そういう本能があるんだろうなと妙に納得しました。 でも、ハルは、幸せそうじゃないのですよね。 どこか、人生諦めているような要素が見えるので、ハルの心情を考えると、彼女の闇は何なのだろうかとすごく気になります。 第1話では、なんか偉そうなヤツ!なんて思っていたのですが、第2話では、彼の目的が垣間見れた気がするので、応援したくなりました。 彼もまた、孤独なのかもしれないと思います。 レゴシは落ち込みっぷりがすごかったですね。 動物としての本能は彼の中で絶対無しなのですね。 本能をコントロールできなかった自分にそうとうショックを受けているようでした。 次回第3話も目が離せなくなってきました。 ビースターズ、面白いです。

次の

「BEASTARS」レゴシ役は小林親弘、ハル役は千本木彩花に決定! キャラクタービジュアルもお披露目に

ドワーフウサギ ハル

ビースターズのアニメ第2話のネタバレストーリー要点は以下の通りです。 ジャックの登場• 本能と戦うレゴシ• ビースターを目指すルイ• レゴシに積極的なハル ジャックの登場 ジャックはレゴシと寮部屋が一緒の犬です。 また、レゴシの小さい時からの幼馴染でもあります。 学園の中は、アルパカのテムが肉食獣に食殺された事件がもとで、相変わらず草食獣と肉食獣の間に深い溝が発生しています。 レゴシがオオカミだからという理由で、よく思わない生徒もいる中、ジャックはレゴシをよく理解している親友なのでした。 本能と戦うレゴシ 前回の第1話では、ウサギのハルの匂いを本能的に嗅ぎ取り、襲いかかってしまったレゴシでした。 ハルを食殺しなかったものの、襲ってしまったことに酷く罪悪感を感じているレゴシです。 ましてや、この世界では草食獣と肉食獣が共生していて、肉食獣は特に本能的な闘争心などをコントロールしながら仲良くやっていくことが求められています。 レゴシはとても優しい性格で、人に非を見つけずに自分に非を見つけるタイプなので、親友のジャックからみても分かりやすいくらい、本能をむき出しにした自分自身に落ち込んでいました。 さらに、食堂でとある生徒と喧嘩になりそうになった時も、レゴシはオオカミの本能が勝手に働き、相手の闘級が読めてしまいます。 自分の闘級の方が上であることを読み取ったレゴシは、喧嘩になるならば、確実に自分が勝ってしまうので、わざと負けるにはどうしたら良いのか、必死に考えているのでした。 しかし、そこにルイ先輩が登場し、その場を収めてくれます。 ルイはこれで借りを返したかなと言い、さらに本能と戦っているレゴシの真意に気がついているのでした。 ビースターを目指すルイ 花形役者のルイは、ビースターを目指していることが分かりました。 ビースターとは、学校全体の特待生のような英雄的地位のことで、ビースターになれば、学校卒業後も、政治家やスポーツ選手として本格的な英雄活動を続けることができます。 ルイは、学校のみんなに人気があり、その立ち居振る舞いや優等生っぷりから、ビースターになることを目指しているのですが、そこにはさらなる深い意味があることにレゴシは気が付きます。 ルイがビースターを目指す理由。 それは、単なる自分の成功なのではなくて、草食獣としてトップに立つことで、草食獣と肉食獣の共生を確固たるものにするということです。 ルイはアドラーという演劇を学内公演として披露しようとしていますが、そこでも、この演劇披露には大きな意味があると言います。 ルイは、草食獣が肉食獣のトップに君臨することで、草食獣の平和と安心をもたらし、肉食獣とも温和な共生が図れることを意図しているようです。 レゴシに積極的なハル ハルは、男と関係を持つことが、それほど大きなことだとは思っていない様子です。 ウサギは繁殖力が強いので、きっとそういうことなのでしょう。 学園中にハルが嫌われている理由は、ハルがだれかれ構わず寝るタイプの女だからのようです。 ハルは、レゴシに園芸の仕事を手伝ってもらったお礼に、何かをしてあげたいと言いますが、ハルはレゴシが何も言わない間に、スルリと服を脱ぎました。 レゴシは驚いたでしょうが、その後どうなったのでしょうか? 【ビースターズ】第2話の感想!ハルは噂通りの子? 前回第1話の最後も、レゴシがハルを襲うという驚きの展開になりましたが、今回第2話も、かなり驚きの展開になりましたね。 積極的なハルの姿に驚きながらも、ウサギだから、まぁ、そういう本能があるんだろうなと妙に納得しました。 でも、ハルは、幸せそうじゃないのですよね。 どこか、人生諦めているような要素が見えるので、ハルの心情を考えると、彼女の闇は何なのだろうかとすごく気になります。 第1話では、なんか偉そうなヤツ!なんて思っていたのですが、第2話では、彼の目的が垣間見れた気がするので、応援したくなりました。 彼もまた、孤独なのかもしれないと思います。 レゴシは落ち込みっぷりがすごかったですね。 動物としての本能は彼の中で絶対無しなのですね。 本能をコントロールできなかった自分にそうとうショックを受けているようでした。 次回第3話も目が離せなくなってきました。 ビースターズ、面白いです。

次の

テレビアニメ『BEASTARS』2期制作決定! 原作で人気の新キャラクターも続々と登場!?

ドワーフウサギ ハル

2019年10月からフジテレビ「+Ultra」枠にて放送予定、NETFLIXにて独占配信されるTVアニメ『BEASTARS』より、主人公のハイイロオオカミ・レゴシ役、そしてレゴシが恋するドワーフウサギ・ハル役のキャストと設定画などが公開された。 レゴシ• ハル 主人公のレゴシは高等部2年のハイイロオオカミ。 大型肉食獣の体に反し、物静かで心優しく繊細な性格のレゴシ役は小林親弘が担当。 物語の冒頭から話数を重ねる度に様々な経験をし、理性と本能の狭間で成長していくレゴシの姿に注目したい。 そして、そんなレゴシが異種間の恋をするドワーフウサギのハル役は千本木彩花が担当。 レゴシよりも一つ年上の高等部3年のハルは小さく愛らしい見た目だが、自分に正直なさっぱりとした性格。 ハルが小さな体で抱える「想い」とは?こちらもあわせて注目しておきたい。 新才能が紡ぐ、差別、愛、弱さ、希望……珠玉の動物版ヒューマンドラマが描かれるTVアニメ『BEASTARS』は、2019年10月よりフジテレビ「+Ultra」枠にて放送予定、NETFLIXにて独占配信を開始。 各詳細はリニューアルされたにて。 予めご了承ください。 関連記事•

次の