クレアの秘宝伝眠りの塔 設定。 【クレアの秘宝伝2(眠りの塔)】赤ピラを信じて高設定をゲット

クレアの秘宝伝2 設定判別 確定演出 打ち方 演出法則 解析まとめ

クレアの秘宝伝眠りの塔 設定

設定6の機械割は初代に比べると見劣りしますが、設定4で機械割が 106%超え、設定6の機械割は 114. 6%と優秀な機種。 初代「クレアの秘宝伝」は設定狙いで打ち込んだ時期がありましたが、今回もチャンスがあれば狙っていきたいところです。 小役の取りこぼしがないことはもちろん、ボーナスを最速入賞&ボーナス中の技術介入をしっかりと実践できれば、機械割をさらに底上げすることができます。 公式PV 通常時 初代と同じように、チャンス目成立を契機としてプチRT「高確率」に突入します。 高確率には3つのパターンが存在し、「高確率<超高確率<極高確率<無限高確率」の順でボーナス当選期待度がアップ。 また、高確率中にピラミッドが揃えばBIG濃厚となります。 高確率 ・チャンス目成立時に突入するプチRT。 ・「高確率<超高確率<極高確率<無限高確率」でボーナス期待度アップ。 ・高確率中にピラミッドが揃えばBIG濃厚。 ボーナス ボーナスはBIGとREGの2種類となっており、BIGボーナス消化後には必ずRTに突入します。 BIGボーナスに関しては、「ストーリーBB」or「お宝BB」のどちらで消化するのかを、自由に選択することができるのが特徴です。 BIGボーナス ・約304枚獲得可能のボーナス。 ・消化後は30G固定のRTに突入する。 REGボーナス ・約106枚獲得可能のボーナス。 ・消化中に出現するカードや、ビタ押し成功時のキャラボイスに設定差あり。 特殊BGM ・REG中の特定カード出現時には特殊楽曲が開放される。 0 RT BIG後に突入するRTは、選択したBIGによって演出内容が変化します。 もちろん選択したBIGによって性能が変化することはないので、どのBIGを選択しても問題ありません。 ・選択したBIGによってRTの演出が変化する。 ・各RT中には設定示唆となる演出が発生することがある。 小役をフォローするだけならこれだけ押さえておけばOKですが、ボーナス最速入賞を狙うには発展的な打ち方を覚えておく必要があります。 (逆押しでBAR狙い、逆押し赤ピラミッド狙い) また、BIG・REG中ともに効果音発生時は技術介入に挑戦! 技術介入に成功すれば9枚役が揃い、最大枚数を獲得することができます。 4 通常時はリプレイとチャンス目以外の小役確率に設定差あり。 また、RT中のハズレ確率は高設定になるほどアップします。 なお、RT中のボーナス成立~入賞までのハズレや、強チャンス目からのBIG成立~入賞までの強チャンス目はサンプルから除外するようにしましょう。 設定判別要素 メインとなるのはボーナス確率ですが、REG確率に特に大きめの設定差が付けられており、設定6のみBIG・REG比率が1:1になります。 また、前作でもお馴染みのREG中のカード選択率に設定差が付けられている他、REG中のビタ押し成功時に発生するキャラボイスにも設定差が付けられています。

次の

クレアの秘宝伝2 設定判別 確定演出 打ち方 演出法則 解析まとめ

クレアの秘宝伝眠りの塔 設定

0 高設定ほどボーナス確率が優遇されていますが、僅かな差なので2,000~3,000G程ではそんなにアテにならないレベルの設定差です。 6 スイカA+ボーナス確率に大きな設定差ありますので、一日に2回以上出現で高設定の期待がグンと高まります。 スイカAは斜め揃いのスイカです。 6 通常時のベルとチェリーは設定差が明らかにあるのでカウントしましょう。 強チャンス目も必ずカウントすることで、複数回の出現が確認ができた場合は、高設定の期待がグンと高まります。 ただし、強チャンス目はもともと確率が重いフラグなのでそこまでアテにせず、他の判別要素も併せて設定推測していきましょう。 23 ベルとチェリーのどちらかが良くて、どちらかが悪いなどの、判断が付きづらい場合には合算確率を参考にすると良いでしょう。 設定1・2は近い確率ですが、設定5・6はそれぞれに差がありますので、設定1・2の近似値から小役確率がしばらく動かなければ危険信号です。 88 RT中のハズレ確率にわずかな設定差があります。 短時間での設定判別材料にはならないレベルなので、参考程度にカウントしましょう。 REG中の登場キャラ パターン 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定期待度アップ 金 高設定期待度アップ 赤 設定5以上確定 REG中は出現キャラと色の種類で設定示唆があり、【銅<銀<金<赤】という順で高設定を示唆。 特に赤は設定5以上確定となるので悶絶です。 1回のREGで5回キャラカードが出現するので、必ずカウントしましょう。 REG中のキャラでの設定示唆 パターン 示唆内容 全て銀のカード 設定5以上濃厚 現状分かっているのは全て銀のカードが設定5以上濃厚の演出となっていますので、設定推測に役立てていきましょう。 RT終了画面 パターン 示唆内容 パターン1 基本パターン パターン2 偶数設定示唆 パターン3 高設定期待度アップ パターン4 高設定期待度アップ パターン5 設定2以上確定 パターン6 設定5以上確定 パターン7 設定6確定 基本パターン、偶数設定示唆パターンはよく出ると思いますので、初めのうちは覚えておきましょう。 ちなみに RT中に当選したREGの終了画面も同様の画面となりますので、『RT終了画面1回』としてカウントは必須です。 【クレアの秘宝伝3】打ち方(通常時・ボーナス中) 通常時の打ち方(順押し) 左リールの上段or中段に白BARを目押し。 下段チェリー停止時は、中・右リールに青いピラミッド図柄を狙い、中・右リール共にピラミッド停止でチャンス目となる。 左リールにスイカ出現時は、中・右リールピラミッド狙いでスイカは獲得可能。 通常時の打ち方(中押し) 中リール枠2コマ上付近にピラミッド狙い。 停止形パターンは下記を参照。 BIG中の規定枚数内なら何度でもチャレンジできるため、積極的に実践していきましょう。 RT中の打ち方 通常時の小役狙いと同様。 ボーナス判別手順 下記手順だと最長2Gで全ボーナスを判別可能。 熱い状況なら積極的に実践するほうが良い。 ボーナス確率のみで見たら、5,000G以上回っていてやっと少しアテになるかな、といったレベルの設定差です。 ですので、小役確率・小役重複率・REG中のキャラ・RT終了画面、あたりをメインに設定判別できればと思います。 要するに、自身で打ってみないと分かり辛いってことですね。 機械割が高い機種ではないので、イベントの際にでも高設定が入りやすく、十分に狙える機種だと思います。

次の

クレアの秘宝伝 2 眠りの塔と目覚めの石 スロット 天井 設定判別 解析 打ち方まとめ

クレアの秘宝伝眠りの塔 設定

設定6の機械割は初代に比べると見劣りしますが、設定4で機械割が 106%超え、設定6の機械割は 114. 6%と優秀な機種。 初代「クレアの秘宝伝」は設定狙いで打ち込んだ時期がありましたが、今回もチャンスがあれば狙っていきたいところです。 小役の取りこぼしがないことはもちろん、ボーナスを最速入賞&ボーナス中の技術介入をしっかりと実践できれば、機械割をさらに底上げすることができます。 公式PV 通常時 初代と同じように、チャンス目成立を契機としてプチRT「高確率」に突入します。 高確率には3つのパターンが存在し、「高確率<超高確率<極高確率<無限高確率」の順でボーナス当選期待度がアップ。 また、高確率中にピラミッドが揃えばBIG濃厚となります。 高確率 ・チャンス目成立時に突入するプチRT。 ・「高確率<超高確率<極高確率<無限高確率」でボーナス期待度アップ。 ・高確率中にピラミッドが揃えばBIG濃厚。 ボーナス ボーナスはBIGとREGの2種類となっており、BIGボーナス消化後には必ずRTに突入します。 BIGボーナスに関しては、「ストーリーBB」or「お宝BB」のどちらで消化するのかを、自由に選択することができるのが特徴です。 BIGボーナス ・約304枚獲得可能のボーナス。 ・消化後は30G固定のRTに突入する。 REGボーナス ・約106枚獲得可能のボーナス。 ・消化中に出現するカードや、ビタ押し成功時のキャラボイスに設定差あり。 特殊BGM ・REG中の特定カード出現時には特殊楽曲が開放される。 0 RT BIG後に突入するRTは、選択したBIGによって演出内容が変化します。 もちろん選択したBIGによって性能が変化することはないので、どのBIGを選択しても問題ありません。 ・選択したBIGによってRTの演出が変化する。 ・各RT中には設定示唆となる演出が発生することがある。 小役をフォローするだけならこれだけ押さえておけばOKですが、ボーナス最速入賞を狙うには発展的な打ち方を覚えておく必要があります。 (逆押しでBAR狙い、逆押し赤ピラミッド狙い) また、BIG・REG中ともに効果音発生時は技術介入に挑戦! 技術介入に成功すれば9枚役が揃い、最大枚数を獲得することができます。 4 通常時はリプレイとチャンス目以外の小役確率に設定差あり。 また、RT中のハズレ確率は高設定になるほどアップします。 なお、RT中のボーナス成立~入賞までのハズレや、強チャンス目からのBIG成立~入賞までの強チャンス目はサンプルから除外するようにしましょう。 設定判別要素 メインとなるのはボーナス確率ですが、REG確率に特に大きめの設定差が付けられており、設定6のみBIG・REG比率が1:1になります。 また、前作でもお馴染みのREG中のカード選択率に設定差が付けられている他、REG中のビタ押し成功時に発生するキャラボイスにも設定差が付けられています。

次の