まぶた の 腫れ。 目の下・まぶたの腫れの原因はストレス?考えられる病気と対処法|All About(オールアバウト)

目・まぶたの腫れの原因・症状・治療方法|ナオール

まぶた の 腫れ

ものもらいには霰粒腫 さんりゅうしゅ ・化膿性霰粒腫 かのうせいさんりゅうしゅ ・麦粒腫 ばくりゅうしゅ と3種類あります。 ものもらいの大半を、霰粒腫と化膿性霰粒腫が占めます。 霰粒腫の症状: 目の表面に油を出しているマイボーム腺が何らかの原因で詰まってしまい、中に油がたまって、炎症を起こします。 最初は、まぶたの腫れと、場合によっては多少の痛みを感じます。 そのうちに、まぶたの中にコロコロとした玉のようなしこりができます。 化膿性霰粒腫の症状: マイボーム腺が詰まることで、菌が増殖してしまった状態です。 霰粒腫より強い症状がみられ、まぶたの腫れ、赤くなる、痛みなどがあります。 どちらも治療法は、点眼薬や内服薬が処方されますがあくまで症状を緩和する対症療法に過ぎず、基本的には自然治癒を待つことになります。 それでも治らない場合は手術をすることもあります。 出典:.

次の

【花粉症対策】まぶたの腫れに効く薬の選び方・腫れの原因と原因別の治し方を解説

まぶた の 腫れ

麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ ) 麦粒腫は、俗に「ものもらい」、「めばちこ」、「めぼ」、「めいぼ」などと呼ばれるものです。 まぶたの縁の一部が赤く腫れ、痛みを感じます。 炎症が強いとまぶたが大きく腫れたり、白目が充血したりすることもあります。 進行すると中に膿が貯まりますが、ほとんどの場合は自然に潰れて膿が出たのち、時間をかけて治っていきます。 ただし、まれに感染が周りに広がり、 眼瞼膿瘍 ( がんけんのうよう )や 眼窩蜂窩織炎 ( がんかほうかしきえん )という重篤な状態になることがあります。 麦粒腫ができたら早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたに存在する腺に細菌が感染することで起こります。 皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)にできたものを外麦粒腫、マイボーム腺にできたものを内麦粒腫といいます。 原因菌の大部分は、まぶたの常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌です。 2.治療 細菌感染が原因なので、基本的には抗生剤で治療します。 点眼や軟膏の塗布、内服が行われます。 膿が貯まっている場合は、針で刺したり切開したりして排膿すると、治りが早くなることもあります。 霰粒腫 ( さんりゅうしゅ ) 霰粒腫は麦粒腫と同様に、まぶたにある腺の炎症によりまぶたが腫れる病気です。 麦粒腫が細菌感染による急性 化膿性 ( かのうせい )炎症であるのに対し、霰粒腫は非感染性の慢性 肉芽腫性 ( にくげしゅせい )炎症といわれています。 典型的なものではまぶたにしこりが出来て、押しても痛みはありません。 ただし、霰粒腫でも感染を合併すると急性霰粒腫や化膿性霰粒腫と呼ばれ、赤く腫れて痛みを生じる場合もあります。 霰粒腫は放置するとしこりとなって残ることがあるので、早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたにあるマイボーム腺が詰まり、貯留した分泌物が変性し、炎症反応を起こした結果として生じます。 マイボーム腺とはまぶたの中に数十個並んでいる油を分泌する腺で、まぶたの縁に開口しています。 鏡で自分のまぶたの縁をよく見てみてください。 うっすらと丸いものが見えると思います。 2.治療 一般的にステロイド点眼や軟膏が使われます。 ステロイドの注射が行われることもあります。 化膿していれば抗生剤を投与します。 それでもなかなか治らない場合や、繰り返し霰粒腫ができる場合は、手術で霰粒腫の摘出を行います。 まぶたの皮膚を切開することもあれば、まぶたの裏を切開することもあります。 いずれの場合も貯留した組織をすべて摘出します。 中年以降に繰り返しできるものは悪性腫瘍の可能性もあるので注意が必要です。 摘出した組織を病理検査に提出し診断します。 眼瞼炎 ( がんけんえん ) まぶたの炎症を眼瞼炎といいます。 まぶたの発赤や腫脹、ヒリヒリする感じやかゆみがみられます。 眼瞼炎には細菌やウイルスの感染によるものやアレルギーによるものがあります。 1. 眼瞼縁炎 ( がんけんえんえん )、 眼角眼瞼炎 ( がんかくがんけんえん ) 眼瞼縁(まぶたの縁)の炎症を眼瞼縁炎、内眼角(目がしら)や外眼角(目じり)の炎症を眼角眼瞼縁といいます。 黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌、モラクセラなどの細菌感染によるものと、脂漏性皮膚炎によるものがあります。 細菌感染に対しては抗生剤点眼と軟膏による治療を行います。 まぶたの縁をきれいに保つことも大切です。 2. 眼瞼皮膚炎 ( がんけんひふえん ) 眼瞼皮膚炎では目の周囲が赤く腫れあがります。 かゆみがあることが特徴です。 遅延型アレルギーと考えられており、原因は化粧品や薬剤、植物などさまざまです。 まずはアレルギーの原因を特定し、避けることが重要です。 治療にはステロイド軟膏が使われます。 かゆみが強い場合には抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服することがあります。 3.アトピー 性眼瞼炎 ( せいがんけんえん ) アトピー性皮膚炎が目の周りまで広がってしまったものです。 軽症例では保湿を基本としたスキンケアが大事です。 重症例ではステロイドや免疫抑制剤での治療も必要になります。 眼瞼 ( がんけん )ヘルペス 単純ヘルペスウイルスによるものと 水痘帯状疱疹 ( すいとうたいじょうほうしん )ウイルスによるものに分類されます。 単純ヘルペスウイルスによるものは乳幼児に多く見られます。 目の周りに小水疱を多数認め、発熱や耳前リンパ節腫脹を伴うこともあります。 水痘帯状疱疹ウイルスによるものは、50歳以上で、特に糖尿病のある人や免疫機能が低下した人に多く起こります。 眼部帯状疱疹では顔の片側のおでこや目の周り、鼻に皮疹ができます。 まぶたの腫れと痛みが強く、結膜炎や角膜炎、ぶどう膜炎などを伴いやすいので注意が必要です。 1.原因 単純ヘルペスウイルスは多くの場合、乳幼児期に初感染を起こします。 大部分は症状が現れない 不顕性 ( ふけんせい )感染ですが、一部では発症します。 初感染後は 三叉神経節 ( さんさしんけいせつ )に潜伏するので、再発を起こすことがあります。 水痘帯状疱疹ウイルスは初感染では 水痘 ( すいとう )(みずぼうそうと呼ばれています)を起こします。 その後は三叉神経節に潜伏し、帯状疱疹を起こします。 2.治療 抗ウイルス薬であるアシクロビル軟膏を使用します。 また混合感染防止を目的に抗生剤の点眼や軟膏を使用することがあります。 帯状疱疹では入院して抗ウイルス薬の点滴を行う必要があります。 早めに皮膚科または眼科を受診してください。 場合によっては大学病院などの専門機関に紹介になることがあります。 涙腺炎 ( るいせんえん ) 涙腺炎は涙の製造現場である涙腺で起こる炎症で、急性涙腺炎と慢性涙腺炎に分けられます。 涙腺は上まぶたの外側にあります。 この部分が腫れた場合は涙腺炎の可能性があります。 急性涙腺炎では上まぶたが発赤、腫脹し、痛みを伴います。 発熱や耳前リンパ節の腫脹が起こることもあります。 慢性涙腺炎では涙腺部が腫れて膨らみますが、通常発赤はみられず、痛みもありません。 シェーグレン症候群やサルコイドーシス、結核などさまざまな病気で起こることがあります。 涙腺が腫れるものには、涙腺炎の他に涙腺腫瘍もあります。 涙腺部の腫れがだんだんひどくなる場合は注意が必要です。 ここでは急性涙腺炎についてさらに詳しく説明していきます。 1.急性涙腺炎の原因 ほとんどが細菌またはウイルスの感染です。 細菌性では、細菌が目から涙の排出口を逆流して感染するといわれていますが、ときに副鼻腔炎や扁桃腺炎などからの波及も見られます。 原因菌には黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、レンサ球菌などがあります。 ウイルス性では両側の涙腺炎が起こることが多く、流行性耳下腺炎ウイルスや水痘帯状疱疹ウイルス、EBウイルスなどが原因となります。 2.急性涙腺炎の治療 細菌性では抗生剤の点滴治療を行い、ウイルス性では対症療法が中心になります。 涙嚢炎 ( るいのうえん ) 涙嚢は涙の通り道の一部で、 目頭 ( めがしら )と鼻の付け根の間にあります。 涙嚢が炎症を起こした状態を涙嚢炎といい、急性型と慢性型に分けられます。 急性涙嚢炎では急な涙嚢部の発赤や腫脹、痛みが特徴的です。 涙点から膿が出てくることもあります。 高齢者に多いのが慢性涙嚢炎で、涙嚢とつながる鼻涙管や、涙嚢と 鼻涙管 ( びるいかん )の移行部の閉塞により、涙嚢が慢性的に炎症を起こしている状態です。 無菌性のこともあります。 ここでは急激に発症する急性涙嚢炎について見ていきます。 1.急性涙嚢炎の原因 ほとんどの場合は鼻涙管閉塞と関連しています。 原因菌としては黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、肺炎球菌などが考えられています。 まれに真菌が関与することがあります。 2.治療 基本的には細菌感染なので抗生剤治療が必要になります。 原因菌を特定するために、培養と同定、感受性テストを行うこともあります。 皮下に膿がたまっている場合には涙嚢切開、排膿を行うことがあります。 鼻涙管閉塞に対する治療は、急性涙嚢炎が治り炎症が落ち着いてから考慮します。 急性涙嚢炎では炎症が周囲に拡大することがあるので、早めに眼科を受診してください。 蜂窩織炎 ( ほうかしきえん ) まぶたの皮膚の傷などから細菌が侵入し、皮膚の深いところから皮下の脂肪組織に炎症が起こるものです。 眼球の周りで起こるものを 眼窩 ( がんか )蜂窩織炎と呼びます。 痛み、熱感が急速に広がります。 目を開けることができないくらいまぶたが腫れることもあります。 炎症がさらに深く進行し眼の周りの筋肉や眼球まで及んだ場合は、眼球運動障害や視力障害などを起こし、失明することもある恐ろしい病気です。 まぶたの発赤、腫脹、痛みが急速に進行する場合は、すぐに皮膚科や眼科を受診しましょう。 鑑別が必要なものは丹毒です。 これはレンサ球菌が原因で生じます。 蜂窩織炎より浅い真皮で生じ、疼痛が少ないのが特徴です。 1.原因 皮膚の深部や皮下組織の細菌感染です。 黄色ブドウ球菌やレンサ球菌などが原因菌になるといわれています。 麦粒腫や副鼻腔炎などの炎症が波及して起こることもあります。 2.治療 細菌感染なので基本的には抗生剤での治療を行います。 緊急疾患になり得るので早急に受診してください。 場合によっては大学病院などの専門機関に紹介になることがあります。 血管性浮腫 ( けっかんせいふしゅ )( Quincke浮腫 ( クインケふしゅ )) まぶたや唇など皮膚や粘膜の一部が急にむくんでくるものを血管性浮腫(Quincke浮腫)といいます。 蕁麻疹 ( じんましん )に合併する場合と、血管性浮腫のみが起こる場合があります。 血管性浮腫のみではほとんどかゆみはありません。 1.原因 最も多いのは原因不明の特発性です。 機械的刺激や外傷、ストレスなどが関連しているともいわれています。 その他には、食物や薬剤アレルギーによるものや遺伝子異常によるものがあります。 2.治療 一過性の浮腫なので、2~3日で跡を残さずに治ります。 軽度の場合は何もせずに様子をみてもかまいませんが、抗ヒスタミン薬を内服することもあります。 食物や薬剤によるものの場合は、原因を避けることが大切です。 まれですが、高度の咽頭浮腫を起こすと窒息の可能性もあるので、その場合は緊急に処置する必要があります。 眼瞼腫瘍 ( がんけんしゅよう ) まぶたに腫瘍ができることもあります。 腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。 良性腫瘍には 母斑 ( ぼはん )や 脂漏性角化症 ( しろうせいかくかしょう )などがあり、悪性腫瘍には基底細胞癌や 脂腺癌 ( しせんがん )などがあります。 脂腺癌は脂腺(マイボーム腺、Zeis腺)から発生する悪性の腫瘍です。 初期の段階では霰粒腫と見分けがつかないことがあり、霰粒腫の再発と診断されて何度か切開や摘出手術を施行されていることもあります。 脂腺癌は、霰粒腫と比べ高齢者に多く、固く、黄色や黄白色をしています。 中年以降の霰粒腫の手術では、脂腺癌の鑑別のために摘出したものを病理検査に提出する必要があります。 のお話です。

次の

まぶたの腫れの原因!目のむくみ?腫れの原因と治し方!

まぶた の 腫れ

すぐに引く腫れは心配なし まぶたは皮膚が薄く簡単に腫れます。 過労や寝不足のほか、長時間泣いたという理由でもまぶたが腫れてむくんだ状態になります。 こうしたむくみによって腫れている場合、痛みもなく、その日のうちに引いて定期的におこるようなものでなければ問題はないでしょう。 しかし、いつまでも腫れたままの状態であれば病気を疑う必要があります。 また、虫刺されやケガなどで大きく腫れることもあります。 原因がはっきりしていて、それに対して治療もしているのであれば、改めて病院に行くべきか悩む必要はあまりありません。 美容的な処置には注意 まぶたは美容的な面で気にする人も多い場所です。 皮膚の薄さに反して、お化粧をしたり、接着剤のようなもので一時的にくっつけて二重まぶたにみせるアイプチなどをしたりするなど手が加えられやすい場所です。 そのため、化粧品などによるかぶれなどで腫れている可能性もあります。 もし、そうしたことが疑われる場合は一度、使用をやめて様子を見る必要があります。 ものもらいとアレルギーによる皮膚炎はまぶたが腫れる病気の代表 病気が原因でまぶたが腫れることも多くあります。 まぶた自体の病気としてよく知られているのは「ものもらい」です。 正式名は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)ですが、地域によって「めばちこ」などたくさんの呼び方があり、それだけ身近な病気といえます。 まぶたの縁が細菌などに感染しておこり、腫れて痛みがあります。 目にあるマイボーム腺という脂分を分泌する穴が目詰まりしておこるのが霰粒腫(さんりゅうしゅ)です。 通常は痛みませんが、炎症に細菌などが感染して痛みがでることもあります。 ほかにもヘルペスなどウイルスが目に炎症をおこしてまぶたを腫らすなど、目の病気にはまぶたが腫れるものが多くあります。 まぶたを腫らす原因のもう一つの代表は皮膚炎です。 まぶたの皮膚は薄いため、触れた物質に対してアレルギーをおこす「接触性皮膚炎」がほかよりもおこりやすい部位です。 化粧品や、時には使用している塗り薬が原因で皮膚炎になることもあります。 合わせてあらわれる目の症状に注意 まぶたの腫れ以外に症状があるのであれば注意する必要があります。 たとえば目が充血していたり、痛みやかゆみなどがあったりする場合です。 アデノウイルスによる感染性結膜炎が重くなるとまぶたが腫れます。 この場合、結膜とよばれるまぶたの裏側や目の端、白目の部分が赤く充血します。 感染性結膜炎はほかの人にうつることがあるため、感染が広がらないように注意しなければいけません。 またアレルギー性結膜炎の場合も充血がおこります。 危険な病気がまぶたの腫れに潜んでいることもあります。 眼球の周囲や頭蓋骨内で眼球がおさまっている眼窩(がんか)の内部に感染が広がる眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん)や、脳底部の血管が血栓によってふさがれる海面静脈洞血栓症などには注意しなければいけません。 決して頻繁におこる病気ではありませんが、失明や脳の障害につながることがあり、発見された場合は緊急に治療をする必要があります。 痛みなど、腫れ以外の症状がある場合やいつまでも腫れが続く場合は「まぶたの腫れ」とあまり軽く考えるのはよくありません。 いつまでも続く腫れは目が原因とは限らない まぶたの腫れは目に関係がないこともあります。 たとえば腎臓におこるネフローゼ症候群ではまぶたも含めた全身がむくむため、顔の雰囲気が変わります。 腎臓は問題があると、体にむくみをおこしやすい臓器です。 また、腎臓以外にも肝臓や心臓などの機能不全でむくみがおこりまぶたが腫れた状態になります。 甲状腺機能亢進症などは眼球が突出することでまぶたが腫れて見えるようなこともあれば、甲状腺機能低下症もまぶたを含め顔が腫れた状態になります。 ほかの臓器に問題がおこり、まぶたが腫れている場合は、まぶたに痛みやかゆみもなく、赤くなることもないのが特徴です。 また、足など体のほかの部分も同時にむくみます。 白目が腫れるのはアレルギーかも まぶたではなく白目が腫れることがあります。 アレルギー性結膜炎では、白目の部分がブヨブヨとしたゼリー状になる結膜浮腫(けつまくふしゅ)をおこすことがあります。 アレルギー性結膜炎にはいくつか種類がありますが、どれも白目やまぶたの裏側の結膜が充血して突起状になります。 腫れは時間がたつと引きますが、またアレルギーを引きおこす物質と接触すると、再び同じように腫れがおこります。 花粉やハウスダストによるアレルギーでは、小学生くらいの男の子に多くおこる春季カタルという強い症状をおこすものがあります。 ほかにもコンタクトレンズを不潔な状態で使用しているとおこりやすい巨大乳頭性結膜炎などもあります。 かゆみを感じてこするとさらに目を傷つける可能性もあります。 腫れたらどうする?原因不明の腫れは早めに病院へ まぶたにしか症状がなく短時間で腫れが消えた場合はもちろん病院へ行く必要はありません。 まぶたを蚊に刺されて腫れたというような場合も、原因ははっきりしており虫刺され薬を塗るという対処法もあるので、わざわざ病院に行く必要がありません。 しかし、まぶたのように簡単に変化がおこりやすい体の部位については、病院への受診を迷うかもしれません。 そういった場合、原因がわからず腫れているなら受診しましょう。 また、腫れ以外にも痛みやかゆみ、充血、ほかの体の部位におこるむくみなどの症状がある場合は受診する必要性が高いです。 まぶたの腫れは目立つので最初に気がつく場所でもあります。 もしまぶたが腫れた場合は、冷静にほかの異常がないか確認することも重要です。 眼科?皮膚科?症状にあわせて選ぼう まぶたが腫れて、もし、目に充血やかゆみがあるなら眼科に行きましょう。 ものもらいや結膜炎などは眼科で診療する病気です。 まぶたの表側の皮膚に炎症がある場合は皮膚科です。 目の部分をぶつけた場合は、目に異常がおきていないか確認するためにも眼科を受診しましょう。 もし全身にむくみがあるような場合は内科を受診します。 簡単な腫れなら温冷法 朝起きたらまぶたが腫れぼったいという場合は、温めたおしぼりと冷たいおしぼりを交互に何度かあててみましょう。 病気によるものでなければ、これで血流が良くなり腫れが引くかもしれません。 もしひかなければ眼科を受診しましょう。

次の