英語 読めるけど聞き取れない。 リスニング上達のコツは3つ!短期間で確実に上達する勉強法

TEDの英語を聞き取れるようになるには?←質問の回答。

英語 読めるけど聞き取れない

目 次 1、書けない原因は3つ 1-1、アウトプットの練習不足 1-2、文法がしっかり理解できていない 1-3、文型がパッとわからない 2、書けるようになる勉強法 2-1、単語やフレーズを書き出す 2-2、中学文法と文型をやり直す 2-3、大量にイチから英作文 3、この勉強法をやるべき2つの理由 3-1、留学の予定がないなら今やるべき 3-2、初心者以上中級者未満、いつまで続けますか? 4、参考教材 5、まとめ あなたはこんなことで お悩みではありませんか? ・英文は読めるけど 簡単なメールの返信に自信がない ・洋書も以前ほど苦にならないけど 自分の意見を英語で言えない ・ある程度話せるけど 長い文を言おうとするとつまづく はい、この記事は 英語読めるけど、書けないあなたに 向けてです。 英語学習者1000人以上を 見てきた経験から 3つの原因があることが わかりました。 多くの英語学習者の方は 単語やフレーズを覚えることに 熱心ですが、文法はやっていない。 なぜか? ・苦手意識があるから ・勉強の方法がわからない ・文法がわかってなくても 単語を知っていれば何とかなるから ではここで文法とは何なのか お伝えします。 英語の文法は 英語のルールです。 ルールを無視したまま 英語を話そうとするのは 交通ルールを知らないまま 車の運転をするのと同じです。 危ないですよね、汗 周囲から見ても ルールくらい勉強してから 運転してよーとなります。 英語が書けない原因の2つ目、 文法がしっかり理解できていないから です。 文型って、ご存知ですか? これです。 文を見た時に少なくとも 第3文型までくらいは パッとわかるようになっていないと 書くのが難しいでしょう。 つまり自分勝手に思いつくままに 英文を作ってもいつまでたっても 外国人に通用する英文にならないです。 ノートと鉛筆を用意して 単語やフレーズを 書いて覚えましょう!! 単純にこのトレーニングが 足りてないだけ ということが多いです、汗 冒頭でもお伝えしたように 英文が書ける=アウトプットです。 2つあります。 これは英会話の時にも言えることですが 単語を知っていても どうやって発音するのか知らないと 話せないのと同じです。 発音はわかっていても スペルを知らないと書けません。 ルールを知らないままですと 後々困ります、汗 英語が書けないのはもちろん 長文を読むことはほぼ無理 万年初級者止まり です。 オススメの教材を 文末でご紹介しています。 文法が一通り終わったら 次は文型です。 文型とは、、、 先ほどの、SVとか主語とか動詞とか の並びのことです、汗 全く初めて聞いた?! という方はまずインターネットで 検索してみることをオススメします。 ただ、見たらわかるけど やれと言われたらできない状況 だという ことですね、汗 はっきり言ってごめんなさい、涙 私もそうでした。 この洋書読んだーと周囲に自慢しつつ 実は簡単なメールの返信さえも 自信がなくてビクビクしてました、笑 自信をつけるためには、 2-1、単語やフレーズを書き出す 2-2、中学文法と文型をやり直す を駆使して、 どんどん英作文をしてください! これは数稽古しかありません。 一度に大量ドーンと練習してください。 なぜか? せっかく覚えた単語やフレーズ のんびりやってると忘れちゃいます、汗 文法や文型も日にちが経つと 英作文をする前に文法の復習から 始めないといけない ってことになりがちです、汗 一度に大量ドーンと練習してください。 応援してますよー! 3、この勉強法をやるべき2つの理由 英語が書けない3つの原因と その勉強方法についてみてきました。 いかがでしたか? ちょっとこんな大それたこと 自力でやるのー?と すでに嫌気がさしているあなた、汗 わかります。 わかりますよー。 つまり、 いつかどこかのタイミングで 知識を吸収するという意味で しっかり勉強する必要があります。 英語習得の環境には 2種類あります。 留学や海外駐在のような英語環境、 もう一つは私たちのような日本語環境で 英語を習得する純国産バイリンガルです。 考えてみれば、日本語環境にいながら 他の言語を学ぼうとしているのですから、 大変なことですね、汗 海外にいると、見るもの聴くもの 全てが英語です。 当たり前ですけど。 そうなると、意識せずとも 語彙が増えるし 英語も聞き慣れてきます。 感覚的にできるようになったとか そのうちできるようになったが 増えていきます。 日本人同士でいつもかたまっていると そうなりませんけどね。。 一方日本語環境、 周囲はほぼ日本人環境ですと、 そんな都合の良いことは 起こりません。 わかるまで時間がかかります、汗 多くの方が挫折してしまう理由も ここにあります。 初心者さんと中級者さんの違い 何だと思われますか? 初心者さん 基礎固めをやっている 短い文のやり取りはできる 長いコミュニュケーションが課題 TOEIC 500点前後 英検3級~準2級 中級者さん 時間をかければ長文でも支障のないレベル ゆっくり話してもらえば理解できる TOEIC 600点前後 英検2級 企業で中途採用基準 (参考) オンライン英会話会社のレベル判定です。 rarejob. ちょっとしたやりとりで 相手に好印象を与えることも できます。 一方初心者さんは いつもぶっつけ本番で 思いつきの英文から卒業できません。 友達同士の軽いメールならいいですが ある程度社会的立場のある人と やりとりする時やお客様になると そうはいかないです。

次の

英語が聞き取れないでイライラ…リスニングを伸ばすコツは?

英語 読めるけど聞き取れない

英語で口が回らないのはなぜ? 読めるけどしゃべれない?書けるけど聞き取れない? 英語のアルファベットは全部で26文字。 大文字、小文字と分けても52種類です。 これに対して日本語の文字は濁音なども含めれば、ひらがなは71文字。 カタカナも同様に71。 さらに小学校で覚える漢字は約1000文字です。 合計約1140文字。 文字・ 文章に 関しては圧倒的に 日本の方が 豊富です。 これだけの文字量を判読するので、 日本人は 読み書きが 得意な 民族と言えるでしょう。 アルファベットはたった52種類の文字の組み合わせですから、頑張って勉強すれば読み書きはどうにか身に付きます。 けれど「聞く」「話す」はどのようにしたら良いのでしょう。 英語で口が回らないのはなぜ? 母音と子音の違い 日本語の 母音は「 あ・ い・ う・ え・ お」の 5種類です。 これは世界中の言語でもかなり少ない部類に入ります。 我々日本人はこの少ない母音の言語で日々を過ごしています。 これに対して、 英語は二重母音なども含めると 約30種類の 母音があります。 これだけでも違いが分かりますが、 さらにこの母音に 子音が絡んできます。 例えば日本人が苦手とする代表的なものとして「L」と「R」の発音の違いなんていうのがあります。 他にも子音が続き、子音で終わる単語が無数にあります。 つまり、日本語には存在しない音が多々あるのが英語です。 まあ違う言語だから当然なんですけどね。 スポンサーリンク 英語で口が回らないのはなぜ? リズムの違い 口が回らない理由は他にもあります。 つまり 英語の文章にはリズムがあり、強弱があります。 それに引き換え、 日本語では あまり 文章に 強弱が ありません。 ですからつい平坦な「ハウ・アー・ユー」というカタカナ英語になってしまう訳です。 英語で口が回らないのはなぜ? まずは聞いて理解する どんな言語でもまず 初めに 聞く事から入ります。 それからそれを 憶え、その聞いた フレーズを 口にしてみます。 読み書きはずっとそのあと。 どこの国の 赤ちゃんでもそうやっていきながら、 自国語を マスターしていきます。 ですからまず 耳を 鍛える事です。 英語を聞くのに慣れていきましょう。 英語のリズムに耳を傾けてみましょう。 聞いて、それをインプットして、そのあとにアウトプットです。 ヒアリングもままならぬまま頑張って喋ると、だんだんと読み書きの感覚に頼ってしまい、平坦なカタカナ英語へと傾いていってしまいます。 まずは聞いて理解する。 それが大事です。 スポンサーリンク 英語で口が回らないのはなぜ? 読まない!話そう! 今まで 発音や、 リズム、 ヒアリング等について色々と 話してきましたが、 英語で口が回らない最も大きな理由は「頭の中で聞かれた事を翻訳して、それに対する答えを頭の中で文章化してそれを音読しようとする」事だと思います。 長年、単語や文法を一生懸命憶えて、その速度が10秒、5秒縮まったとしても、これをやっている限り生きた会話は生まれません。 この脳内の作業はロボットといっしょです。 逆に発音やイントネーションが拙くても、会話のキャッチボールや、心を打つスピーチは出来るはずです。 では、具体的にどうすれば良いのでしょうか。 単純に 聞く機会、 話す機会を 増やす事です。 英語で口が回らないのはなぜ? やっぱりコミュニケーション 話を聞いて、それに答える。 或いはこちらが話を提示し、それに対して意見を求める。 自分はどうリアクションをし、どういう意見があり、どう思うか。 それを 英語で 話したり、 考えたりするとなると、やはり 場数を こなして 慣れるのが一番です。 そうなると一番 手っ取り早いのは 現地に 行く事です。 例えば日本のサッカーの選手が世界のあらゆる国で活躍している昨今です。 彼らは日々を通してその国の言語を習得していきます。 ですが 費用が 莫大にかかります。 日本に居ながら英語を聞いてしゃべる機会を増やすのだとしたら、友達を作ったり、スカイプを使ったりするのが良いでしょう。

次の

英語 読めるけど聞き取れない、聞き取れるけど理解できない人向け練習方法

英語 読めるけど聞き取れない

英語でニュースを聞けるようになりたい! 英字新聞をすらすら読めるようになりたい! などなど。 憧れますよね。 でも実際に挑戦してみると、 ニュースを見たけどまったく聞き取れない。 英字新聞が呪文にしか見えない。 どうしたら聞き取れるようになるの? ほんとにこんな英語ばかりの新聞読めるの? などそのハードルの高さに圧倒されるかもしれません。 私は英語ニュース、英字新聞を聞くと眠たくなります。 そんな私でも、英語ニュース、英字新聞を読むために取り組むことができる方法がいくつかあります。 この記事では、その方法のひとつとして、VOAを活用した学習方法をご紹介します。 実際の映像や音声を使って、英語学習ができるように記事を構成しています。 この記事に沿って練習をして頂ければ、聞き取れる、理解できる英語表現が多くなっていることを実感できるはずです。 尚今回の記事は、私が運営している塾で、実際に生徒の学習用に使用することも目的のひとつとして作成しています。 手軽に短い時間でディクテーションができる良い教材が見つけられないため、それなら作ってしまおうと考え記事にしました。 高校生のリスニング力強化を目的としていますので、これまでの記事の内容よりディクテーションのレベルは高くなっていますが、初級編としての取り組み方も紹介しています。 VOAとは ( Voice of America)とはアメリカの国営放送局の名称です。 日本のNHK、イギリスのBBCと同じようなものとお考えいただいても差し支えないと思います。 VOAには英語学習向けの「」というサイトがあります。 ニュースの内容が通常のVOAよりも、英語学習者向けに内容が変更されています。 通常のニュースよりも簡単な単語で言い換えられており、話すスピードもゆっくりです。 ニュースだけでなく英語学習者向けのコンテンツも充実しており、しかもすべて無料で使用することができます。 無料アプリもあります。 Nam Nham• 「News Words」とは 今回の記事では「VOA Learning English」のコンテンツのひとつ「News Words」を活用して、リスニングの練習をしていきます。 「VOA Learning English」は「Beginning Level」「Intermediate Level」「Advanced Level」3つのレベルに分かれています。 今回の題材「News Words」は、一番初級レベルの「Beginning Level」のコンテンツです。 その内容はニュースで扱われる単語を、実際のニュースを交えながら解説します。 動画の長さも毎回1分と短いのもおすすめです。 字幕も表示され、発音もゆっくりであるため、聞き取り易いです。 中学で習う英語が理解できていれば十分に聞いていくことができます。 ただ英単語のレベルとしては高校レベルの英単語も出てきます。 練習の流れ 英語のリスニング練習の流れをご説明します。 初級レベルと上級レベルの2つの練習法をご紹介しています。 「News Words: Wanderlust」 今回は「News Words: Wanderlust」を題材にしています。 ディクテーションをする方は、動画の再生を押した後、 動画は見ずに音声だけを聞きながら、下記のディクテーション用の文章の空欄を埋めてみてください。 ディクテーションをしない方は飛ばして、動画の原稿、スクリプトを読んでください。 ディクテーション用の文章は、高校レベルの英単語については記載しています。 ひとつの( )にはひとつの英単語が入ります。 文章をコピー、印刷して頂いても構いません。 ご自由に使用、加工してください。 1分00秒の動画です。 ディクテーション用の文章 Welcome to the Voice of America's News Words. ( )( )( )( ) ( )( )( )( )( ), ( )( ) wanderlust. ( )( )( ) ( )( )( )( )( ) ( )( )( ) ( )( ) ( )( )( ). ( )( )( )( ) wanderlust ( ). Find more News Words on our website 動画の原稿、スクリプト(script) 英語の語順のまま理解するために「/」ごとに和訳をしています。 英語の難易度は決して易しくはないですが、本場の英語ニュースに比べると、発音も丁寧でゆっくりであるため、聞き取り易いと思います。 このような動画から少しずつ慣れていくことで、英語ニュースもしっかりと理解できるようになっていきます。 また「/」で英文を区切って訳したように、英文をかたまりごとに理解しながら聞いていくと、長い文章でも理解しながら聞いていくことができます。 長い文章になると内容が理解できなくなる原因のひとつは、英語の語順のまま聞いて理解できないことです。 この英文のかたまりごとに理解することを意識することで、長い文章でも聞きながら理解できるようになっていきます。 他のニュースでディクテーション 他のニュースを題材にした記事もあります。 英語ニュースを見る、英字新聞を読むためにおすすめの方法 英語ニュース、英字新聞を聞くと眠たくなる私でも、取り組むことができる他の方法をご紹介します。 NHKラジオ:高校生からはじめる「現代英語」 NHKラジオ英語講座番組のひとつである高校生からはじめる「現代英語」は、日本人が英語のニュースを理解するために役立つ講座です。 実際のニュースの内容を和訳、解説に加え、見出しの読み方、英語ニュース内容の読み解き方も学ぶことができます。 高校生からはじめる「現代英語」については、こちらの記事で詳しく説明しています。 英字新聞「Asahi weekly」 英字新聞「Asahi weekly」は、朝日新聞が発行している週刊の新聞です。 英語学習者向けの英字新聞で、記事ごとにレベル分けされており、中学生でも読める記事も多数あります。 英字新聞「Asahi weekly」は、こちらの記事で詳しく説明しています。 最後に 英語は楽しみながら学習することができます。 英語ニュース、英字新聞は少しハードルが高いかもしれません。 ただ今回ご紹介したVOAなどを活用すれば、英語でニュースを楽しむハードルを下げることができます。 そして今回紹介した方法で英語の動画を繰り返し見れば、どんどん聞き取れる、理解できる英語表現が多く聞きなっていきます。 もっと練習したい、もっと力をつけたいと思われる方は、全文をディクテーションすることもおすすめします。 全文をディクテーションすることは大変ですが、継続すればとてもクリアに英語が聞こえるようになっていきます。 皆様の参考になれば幸いです。 皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。 お気軽にコメントして頂ければと思います。 こちらの記事も参考になるかもしれません。 合わせてご覧ください。 jukupapa.

次の