乾燥小じわ 目元 消す方法。 小じわ・ちりめんじわの原因と改善方法|東京・銀座肌クリニック

1日3分!簡単ケアで「目元のしわ」を改善する5つの方法

乾燥小じわ 目元 消す方法

Contents• 目の下のしわにアイクリームは効くの? 目の下にシワがあると、顔が一気に老けて見えたり、疲れてる?なんて聞かれたり。 「どうにかしてシワが消えないかな」と思ったことがある方も多いのでは? 目の下は顔の中でも特にしわができやすい部分です。 顔の頬の皮膚の厚さが2㎜を越えるのに対し、目の下は0. ゆで卵の薄皮くらいの厚さしかありません。 その薄さのせいでダメージを受けやすく、保水力も弱いため、年齢によるシワはもちろん、乾燥によるシワも現れやすくなるのです。 目元用のアイクリーム、シワが気になる部分用のリンクルクリームは、肌の保湿力を高めシワを目立たなくさせるもの。 スーッと伸ばしやすく塗りやすいものが多いので、いつものスキンケアにプラスするだけでシワ対策ができる優れものです。 でも、どれを選べばいいの?と思った方! まずはあなたのシワの状態やシワができてしまう原因から考えてみます。 あなたのしわに最適なクリームは? 悩み別アイクリームの選び方 シワは年齢のせい?と思いがちですが、実は原因は他にある場合も・・・。 シワのタイプは大きく分けて3つ。 をチェック! をチェック! をチェック! 乾燥によるシワをどうにかしたい 目の下に現れる浅いちりめんのようなシワ、これは乾燥のサインです。 目の下は皮膚が薄いので、肌の一番表面にある角質層も身体の他の部分と比べて薄くなっています。 角質層は水分を保つバリア機能を担う部分。 これが薄いということは、 保水力が弱いことを意味します。 加えて目の下は皮脂腺も少ない部分。 そのため、 目の下は顔の中でも特に乾燥しやすい部分なのです。 肌に不足した水分を補うため、以下のような保湿効果の高い成分入りのクリームで保湿してあげましょう。 筋肉の衰え• 肌のハリ不足 眼輪筋という目の周りをドーナツ状に囲む筋肉。 まぶたの開け閉めをするための筋肉ですが、 体と同じように年齢と共に衰えてしまう筋肉です。 その結果、目元のたるみシワを作り出してしまうことに。 また、年齢を重ねた肌はハリやツヤが不足しがち。 これは表皮の内側の 真皮の働きが衰えているためです。 真皮を構成するものの一つである「線維芽細胞」。 肌のハリや弾力を保つ役割を果たすコラーゲンやヒアルロン酸をつくり出す役割をしていますが、加齢により線維芽細胞も衰えていきます。 その結果、 コラーゲンやヒアルロン酸をつくり出す量が減り、肌のハリが失われていくことに。 まばたきや表情癖でついたくぼみや溝などの凹みが、戻りにくくなっていくのです。 年齢によるシワを改善したい場合は、コラーゲンを増やし、線維芽細胞に働きかける以下の成分が入ったクリームがおすすめ。 その調節を行っているのは「毛様体筋」という筋肉。 近くを見るときは毛様体筋が緊張(収縮)して水晶体を膨らませ、逆に遠くを見るときは毛様体筋が緩んで薄くなることでピントを合わせています。 パソコンやスマホの画面を見続けているときって、手元を見ていますよね? 近くを見ているときは毛様体筋が緊張し続けている状態。 筋肉の緊張が続くと筋肉は疲労して凝り固まり、どんどん血流が悪くなっていくことに。 目元の血流の悪さがシワやたるみを作り出す原因になってしまうのです。 更に、毛様体筋が疲労してくるとピントが合わず視界が霞んできます。 目を細めてよく見ようとする行動。 目に余計な力が入るため、これもまたシワを作ってしまう原因になってしまうのです。 疲れ目によるシワを改善するには目元の血流をよくしてあげる必要があります。 あえて力の入りにくい薬指を使う方が適度な力でクリームが伸ばせますよ。 クリームが浸透していくことをイメージしながら、優しく伸ばしていきましょう。 しわを増やさない! 目の下のしわに効くアイケアを紹介 自分に合ったアイクリームの選び方、正しいアイクリームの塗り方を覚えたら、次はクリーム以外のケアを取り入れてみることも目の下のシワ対策におすすめ。 スキンケアのついでや目の疲れを感じたときなど、いつでも手軽にできるアイケアのやり方をご紹介。 目元のツボでシワ対策 日々酷使している目元。 ツボ押しで目元の血行をよくしていきましょう。 目尻のシワや顔のくすみにも効果的。 疲れ目にも効きます。 顔全体のむくみにも効きます。 効果:クマや疲れ目に効果的。 ツボと言えば痛気持ちいいくらいの力を想像しがちですが、目の周りはデリケート。 痛さは感じない程度、指の腹で優しく押さえるくらいでOKです。 私も目の疲れを感じやすいタイプ。 目が疲れたと思ったときにツボ押しやってみました! そっと圧をかけた程度でも血流がよくなるようで目元がじんわり。 目の疲れがなくなった!とは言えませんが明らかに軽くなったと思います。 (福田) 顔のシワにも効果アリ!頭皮マッサージで血行改善 頭と顔の皮膚は1枚で繋がっています。 そのため頭皮が凝り固まっていると血行が悪くなり、それが顔のたるみやシワを作る原因になることも。 目の下のシワは顔だけの問題ではなく、頭皮が関係しているかもしれません! 血行をよくし、頭皮の柔軟性を保つ簡単なマッサージをご紹介します。  特に耳の上あたり、側頭部に広がる側頭筋は目元のたるみやシワに大きく影響します。 眼精疲労にも効くので目の疲れを感じたときはここをほぐしてあげましょう。 しわを作ってしまうNG行動 自分に合ったアイクリームを使っているし、ツボ押しやマッサージで「目元のケアは万全!」と思われている方も要注意! 実はちょっとした行動がシワを作る元になっていることが・・・ 肌に負担を与えてしまう行動がせっかくのケアを無駄にしているかもしれません。 クレンジングでこすりすぎている クレンジングのとき、マスカラやアイラインなどをしっかり落とそうと、目をこすりすぎていませんか? 特に皮膚の薄い目元に対して ゴシゴシこするような刺激は肌へのダメージの元。 それに、 念入りに落とそうと時間をかけている場合も肌に必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、乾燥を招くことに。 アイメイクを落とすときは指の腹でクレンジングとメイクを馴染ませ、優しくクルクルと動かしてメイクオフしていきましょう。 マッサージするように時間をかけてはいけません。 また、マスカラはウォータープループ派の人、アイメイクはしっかりめという人はポイントリムーバーがおすすめです。 日焼け止めを塗っていない 肌の老化の原因の80%は紫外線によるものだと言われています。 中でも地表に届く紫外線の内9割以上を占めるUV-A(紫外線A波)は真皮層まで到達し、コラーゲンやヒアルロン酸をつくり出す線維芽細胞にダメージを与えてしまいます。 結果、シワやたるみをつくり出してしまうことに。 UV-Aの恐いところは家や車の窓ガラスも透過して肌に到達してしまうことです。 家の中にいるからと油断してUV対策を怠っていませんか? 気づかぬ内に肌はダメージを受けているかもしれません。 朝の洗顔、スキンケアの最後に日焼け止めを塗る、またはUVカット効果のある下地を使うなどして、UV対策を行いましょう。 アイクリームで目の下のしわをケア シワのタイプ別おすすめアイクリームを紹介しました。 「どのアイクリームがいいかわからない!」という方は、自分の肌の状態を確認しながらクリームを選びましょう。 スマホやパソコンで酷使されている目元。 ときどき目を休めてツボ押しやマッサージでケアしてあげることも大切ですね。 アイクリームとアイケアで若々しい目元を保っていきましょう。

次の

小じわ・ちりめんじわの原因と改善方法|東京・銀座肌クリニック

乾燥小じわ 目元 消す方法

「キレイの先生」編集部です、 今回のテーマは、「目元・目の下のシワ」です。 の伊東 晃 先生にインタビューさせていただきました。 目元は、顔の中でもいちばん皮膚が薄い場所で、乾燥によるシワが出やすいです。 そして、アイメイクで細かく化粧する場所でもありますので、その影響も大きいです。 そのため、目元・目の下のシワを解消するには、スキンケアでは肌摩擦が起きないように丁寧にお手入れをして、しっかりと保湿することが大切です。 その上で、即効性の高いスペシャルケアもあるといいます。 目元・目の下のシワが出る原因や解消法について、伊東先生に教えていただきました。 目次 ・目元は皮膚が薄くて乾燥シワが出やすい ・細かくお化粧してクレンジングでもこすりがち ・スキンケアや日常生活での肌摩擦も負担が大きい ・まばたきのシワが肌弾力の低下で固定化される ・眼精疲労も目元のシワの原因に ・クレンジングは肌摩擦を起こさずにアイメイクを落とす ・スキンケアは徹底保湿の上で目尻を押さえてケアをする ・目元のスペシャルケアにアイクリームからのホットタオル ・目元のツボ押しで血行促進 細かくお化粧してクレンジングでもこすりがち 目周りは顔の中でもいちばん皮膚の薄い場所です。 その一方で、アイシャドウやマスカラなど もっとも細かくお化粧する場所でもあります。 お化粧をするときに、 触る回数も格段に多いです。 そのため、 過度なアイメイクも、皮膚の薄い目元には負担になって、それがシワの原因になります。 しかも、アイメイク化粧品には、ウォータープルーフ(水に強いメイク化粧品)のものが多いです。 そういったものは、クレンジングでも落としづらいです。 そうすると、アイメイクを落とすために、 クレンジングで目元をゴシゴシとこすったりしがちです。 それは、皮膚の薄い目元には、特に大きな負担になります。 そうした 肌摩擦によっても、目元にシワが出やすくなります。 スキンケアや日常生活での肌摩擦も負担が大きい 肌摩擦という点では、 スキンケアや 日常生活にも同じことがいえます。 普段のお手入れで、 目元を内側から外側にこするようにケアしていると、やはり肌摩擦が起こりますし、皮膚を引っ張ってしまうのでシワにもつながりやすいです。 後は、普段、 目をこするような癖にも気を付けていただきたいです。 まばたきのシワが肌弾力の低下で固定化される それから、目は、 一日に約1万5000回もまばたきをして動かしています。 目元には、その回数分のシワが刻まれます。 そのシワも、子どもの頃は、お肌に弾力があるため、ほとんど残りません。 ただ、加齢とともに、お肌の「コラーゲン(皮膚の弾力成分)」などは減少していきます。 そうして お肌が弾力を失っていくと、まばたきで刻まれたシワが残って固定化されていきます。 眼精疲労も目元のシワの原因に 後は、 眼球の疲れも、目元のシワの原因になります。 特に現代社会は、スマホ・パソコン・デスクワークなどで目を酷使しやすい時代です。 それに、コンタクトも目の負担になります。 そういったことも、目元のシワにつながりますし、クマの原因にもなります。 目元・目の下のシワの解消方法 (クレンジング・洗顔のポイント) ・ 濃すぎるアイメイクを控える ・ 顔全体のクレンジングとは別に、アイメイクは綿棒で落とす(こすりすぎを防ぐ) ・ アイメイク専用のポイントメイク落としを使用する など スキンケアは徹底保湿の上で目尻を押さえてケアをする 目元は皮膚が薄く乾燥しやすいので、 スキンケアでしっかりと保湿していただきたいです。 普段お使いのスキンケアのラインに、 アイクリームを加えるもいいですね。 アイクリームは、通常の保湿クリームよりも、お肌への負担が少なく作られていますし、目元のケアに特化した成分が配合されています。 ですので、目元のケアには、アイクリームを取り入れるのもおすすめです。 そして、目元をお手入れを行うときは、 片手で目尻のあたりを押さえた状態で、外側から内側に動かすようにするといいですよ。 そうすることで、皮膚が引っ張られることもありません。 それによって、目元のシワを防ぐこともできます。 目元・目の下のシワの解消方法 (スキンケアのポイント) ・ スキンケアでしっかりと保湿する ・ アイクリームを使用する ・ 目元のケアは、片手で目尻を抑えて、外側から内側に動かす(それによって、皮膚が引っ張られるのを防ぐ) など 目元のスペシャルケアにアイクリームからのホットタオル 目元のシワを解消するのに、おすすめのスペシャルケアがあります。 それは、 目元にアイクリームを塗って、その上からホットタオルを1~2分当てることです。 ホットタオルは、あらかじめラップや袋に包んでおくと、目の上に当ててもアイクリームが取れる心配もありません。 それによって、アイクリームの浸透を高めることができます。 そして、さらにその後の仕上げで、 冷タオルを当てることもおすすめです。 冷タオルは、タオルを濡らして絞り、それを冷蔵庫に入れておくだけで作ることができます。 それによって、お肌を引き締めることができ、 アイクリームの成分をお肌の中にギュッと閉じ込めます。 この目元のスペシャルケアは、スキンケアの仕上げのクリームを付ける前に行うといいですよ。 目元・目の下のシワの解消方法 (目元のスペシャルケア) 1. アイクリームを塗る 2. その上からホットタオルを乗せる(アイクリームの成分の浸透を高める) 3. 最後に冷タオルを当てる(アイクリームの成分を肌に閉じ込める) 蒸しタオルの作り方 「キレイの先生」編集部です。 伊東先生には、。 ホットタオルは、「温かいおしぼり」のことをいい、顔に当てることで、エステのスチーマーと同じように 毛穴を開いてスキンケア化粧品の浸透を高めることができます。 目元にアイクリームを塗ってからホットタオルを当てることで、美容成分をしっかり浸透させられて目元のシワの解消になりますし、眼精疲労にも有効です。 それに、目元が温まって眼精疲労にも良いです。 ホットタオルは、 タオルをお湯に浸(ひた)して絞るだけで作ることもできますし、電子レンジで作ることもできます。 タオルをぬるま湯にひたして絞る 2. それをラップや袋で包む 3. 電子レンジで1分くらいチンする 伊東先生もおっしゃっていましたが、目元のスペシャルケアにホットタオルを使用する場合は、 あらかじめラップなどに包んでおくと便利です。 電子レンジでホットタオルを作るのであれば、ラップなどに包んだまま使うといいですね。 そうすれば、そのまま目元に当てても、タオルにアイクリームが付くこともありません。 では、目元のシワの解消方法について、伊東先生のインタビューに戻ります。 目元ケアに美容家が保湿力を絶賛した洗顔後すぐのミルク! キレイの先生 ブースターミルク うるおいが肌奥までギュッと引き込まれて、乾燥知らずに!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生) キレイの先生 ブースターミルク うるおいが肌奥までギュッと引き込まれて、乾燥知らずに!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)• 目元のツボ押しで血行促進 目周りには、たくさんのツボが集まっています。 ですので、目周りを 優しく押してあげるだけでツボ押しになり、血行促進にもなります。 お肌に必要な栄養は、血液から届けられています。 血流が良くなれば、肌細胞にまで栄養が行き渡り、 お肌も活性化されてシワの解消にもつながります。 目元のツボについて 「キレイの先生」編集部です。 伊東先生のおっしゃったように、目周りにはたくさんのツボが集まっています。 下は、その代表的なツボです。 1 晴明(せいめい):目頭と小鼻の間のくぼんだ場所 2 攅竹(さんちく):眉の下を触ると骨のくぼみがあって、その眉頭(まゆがしら・眉の内側)の位置 3 魚腰(ぎょよう):眉下の骨のくぼみで、眉の真ん中の位置 4 糸竹空(しちくくう):眉下の骨のくぼみで、眉尻(まゆじり・眉の外側)の位置 5 承泣:(しょうきゅう)目の下を触ると骨のくぼみがあって、目の真ん中あたりの位置 これらのツボを押すことで血行促進にもなるので、目元のシワにもいいですし、たるみなどにも有効です。 ツボをひとつひとつ丁寧に押さなくても、 目周りを優しく全体的に押していくだけでも、ツボを刺激することができますよ。 編集部の選ぶ目元・目の下のシワにおすすめの化粧品 「キレイの先生」編集部です。 ここまでが、伊東先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。 ここからは、編集部の選んだ目の下のしわをご紹介します。 キレイの先生 ブースターミルク 目元にうるおいがギュッ!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク! この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。 みずみずしいミルクが うるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がその うるおいを抱き込み、乾燥知らずの肌に整えて 目元ケアにもおすすめです。 目元ケアにおすすめのアイクリーム 目元とまつ毛のご褒美 目元の保湿にクマやむくみにもアプローチできるアイクリーム! コスメや楽天の各部門のランキングで第1位を獲得したアイクリームです。 目元とまつ毛の両方を一本でケアすることができ、 目元のコリの緩和と保湿にフォーカスし、めぐり改善成分やうるおい成分が目元本来の美しさを引き出します。 美容のプロがアイクリームを比較しました アイクリームは、 皮膚の薄い目元に適した処方で作られていて、目元のケアにはアイクリームもおすすめです。 美容のスペシャリストの先生方にアイクリームをお試しいただき、おすすめの商品をまとめました。 ご覧ください。 まとめ 今回のインタビューで挙がった、目元・目の下のシワを解消する方法をまとめます。 濃すぎるアイメイクを控える 2. 顔全体のクレンジングとは別に、アイメイクは綿棒で落とす 3. アイメイク専用のポイントメイク落としを使用する 4. スキンケアでしっかりと保湿する(アイクリームを使用するのも良い) 5. 目元のケアは、片手で目尻を抑えて、外側から内側に動かす 6. アイクリームを塗ってからホットタオルを当てる(さらに、最後に冷タオルで仕上げるのもおすすめ) 7. 目周りのツボ押しを行う 目元は、顔の中でいちばん皮膚の薄い場所です。 だからこそ、丁寧にお手入れを行いたいですし、乾燥もしやすいのでしっかり保湿してあげることが大切です。 伊東先生に教えていただいた「アイクリームとホットタオルのスペシャルケア」は、特に乾燥による目元・目の下のシワには即効性が高いそうです。 普段のお手入れでは基本をきちんと押さえつつ、イベント前などにはスペシャルケアを行うのもおすすめですよ。

次の

乾燥小じわを消す方法ってある?正しい目元ケア法で対策を!

乾燥小じわ 目元 消す方法

特に30歳を過ぎると皮脂の量はがくんと減ってくるので余計に乾燥しやすくなり、小じわができやすくなるんです。 目元に小じわを作ってしまう原因 そんな皮膚の薄い目の周りに刺激を与えていたら、それはシワになりますよね。 でも日常生活の中でそのシワを作るような行為を結構やってしまっているんですよ。 この中に思い当たることはありませんか。 疲れやかゆみで目をこすりすぎている 花粉症やアレルギーで目がかゆくなる、目が疲れている、などの理由で目をよくこする人は要注意です。 02mmの薄い紙があったとしたら、それをこすればどういうことになるかわかりますよね。 ごしごしこすったらシワだらけですよ。 目がかゆい時には冷やす、疲れ目を感じたら温めるなど、こする以外の方法でケアしてあげましょう。 目を酷使して血行不良になっている 1日中パソコンの前で仕事をしているのに、プライベートな時間でもスマホを見続けていたら、目が休まる時間がありませんね。 眼精疲労も心配ですが、それだけ目を使うということは目の周りに力が入っていますから、筋肉を酷使していますよね。 そうすると、 目の周りの血行不良など肌への負担が大きく、小じわの原因になります。 また、• パソコン• スマホ のブルーライトも目にはよくありません。 ブルーライトのような波長の短い光は散乱しやすく、見づらい光。 見づらいと脳は一生懸命ピントを合わせようとするので、自分で思うよりも目の周りに力が入ってしまうのです。 濃すぎるメイクは落とすのにも肌に負担をかけるということをお忘れなく。 もう目元の小じわを作らない!今からできるシワ対策 目元に小じわを作らないようにするためには、毎日のスキンケアと、目元を乾燥させない、刺激を与えない生活習慣が大事です。 しわは対策次第で薄くすることも可能です。 目元の小じわを改善していく方法をご紹介しましょう。 アイメイクは専用のリムーバーを使う 塗るだけでスルッと落ちるというメイク落しはそれだけ洗浄力が強いということです。 そんな洗浄力の強いメイク落しをデリケートな目の周りに使ってしまっては刺激が強すぎます。 シートタイプのメイク落しも同じですね。 クレンジング力が強すぎて、肌に負担がかかります。 シートタイプはあくまでもちょっとしたメイク直しに使ったり、旅行に持っていくというように「緊急用」として使うようにした方がいいでしょう。 アイメイクは肌に優しい成分でできていて、かつ汚れもしっかり落とすことができる専用のリムーバーを使って落とすようにして下さい。 タオルをそっと当てて水分を吸い取らせるだけで十分です。 決してこすらないように気をつけて下さい。 シワに効く医薬品の力を借りる ロスミンローヤルは国内で唯一小ジワへの効能が認められている医薬品で、• 13種類の有効成分• 9種類の生薬成分 が小ジワの一因である血行不良を改善し、肌ダメージを回復させます。 35を過ぎてから急に目元を中心に小じわが目立ち始めたので、半信半疑な気持ちで注文してみました。 ピンクの光沢のある箱に入っています。 1ヶ月分の270粒が一瓶に入っています。 中の粒を確認してみました。 一粒の大きさは1cm弱といったところで、臭いはありません。 一度に3錠服用します。 粒が丸みを帯びていてコーティングされているので、飲みやすく感じました。 今までシワ対策として口コミ評価の高い化粧水や美容液を試してみましたが、敏感肌なので肌に合わないこともあり、同じスキンケアを長くは続けられませんでした。 あれこれ試すのも時間と手間がかかるし…。 ロスミンローヤルは食後に飲むだけなので手間もかからないのが魅力!しかも 医薬品ということで、安心して服用できます。 飲み始めてまだ15日程度ですが、肌のターンオーバーが約28日なので、1ヶ月ほど使用すると薬効を感じ始める目安とのこと。 シミにも効果があるそうなので、年齢肌対策としてしばらく続けてみようと思います! アイクリームは蓋をして水分を閉じ込めるだけでなく、肌に栄養を与える役目もあるので、できるだけ防腐剤や余計な合成成分が入っていない、肌に優しいクリームを選びましょう。 とはいえ、クリームなどを塗る時に目の周りをこすりすぎてしまったら、それはまた皮膚への刺激になって小じわができますから、 いかにして刺激を与えずに保湿するかが重要なポイント。 アイクリームは伸びは良くてこすらなくてもしっかり塗れるものを選ぶこと。 アイクリームは高級なものが多いので、専用のものでなくても大丈夫。 塗りやすいこと• しっかり保湿できること この2点がクリアできていれば、普通の顔用のクリームでもOKです。 メイク直しのときはハンドクリームでもOK 朝しっかり保湿したはずなのに、会社でメイク直しをしようと思ったら目元がものすごく乾燥している! そんなときは、 応急処置としてハンドクリームを目尻など乾燥しやすいところに薄く塗りましょう。 オイルの効果を最大限に発揮するためには、肌が湿っているうちに塗ることです。 洗顔後すぐに、軽く水分を拭き取った状態でオイルを優しくなじませて下さい。 目元にもコラーゲンなどの栄養補給 保湿して効き目があるのは乾燥してできる縮緬小じわです。 真皮層まで深く刻まれてしまったシワは、乾燥対策だけでは消えにくいですね。 小じわと言いつつ、深くなってしまったシワには• コラーゲン• ビタミンC誘導体 など、コラーゲンの量を増やすための美容液など、シワ対策ができる化粧品を使った方が効果的です。 ホットアイマスクで血行促進 目の周りの血行が良くなれば、その分肌に栄養が行き渡るので、シワの改善に効果があります。 肌のターのオーバーも促進されて、潤いとハリが戻ってきますよ。 パソコン仕事などで目を酷使している人は眼精疲労の解消にもなるので、寝る前などにやるといいでしょう。 また、やり過ぎはかえってシワの原因になるので、毎日やる必要はありません。 2~3日に1度で十分です。 目の周りのツボを刺激する 目元のシワにはつぼを刺激して、血行を良くするという方法も効果的です。 攅竹(さんちく) 眉頭の少し下にあるくぼみの当たりのツボです。 目の周りの血行を良くするとともに、眼精疲労の解消にも効果があります。 瞳子りょう(どうしりょう) 目尻のやや外側にあるくぼみです。 目の周りの血行を良くし、目尻の小じわやたるみにも効果的です。 目の周りの筋肉を鍛える 年齢とともにまぶたの筋肉も衰えてきます。 加えて、コラーゲンの減少など、真皮層が弾力をなくしていることもシワが目立つ原因です。 <目の周りの筋肉を鍛えるエクササイズ>• 中指と人差し指でV字を作り目尻のシワに当てます。 2本の指でシワを伸ばして固定するようにします。 視線を斜め45度下に向けます。 その状態で上まぶただけを使って瞬きを30回します。 上まぶただけを使う(=下まぶたは使わない)というのは慣れるまで難しいかもしれませんが、これで眼輪筋が鍛えられます。 目の周りの筋肉を鍛えてハリと弾力を取り戻せば、シワは目立たなくなっていきますよ。 サングラスをして紫外線から肌を守る 目の周りはデリケートなので、あまり強い日焼け止めは塗りづらいところ。 UVカット効果のあるものでメイクするとともに、サングラスで紫外線から肌を守りましょう。 寒い時期でも以外に日差しが強い日があるので、サングラスはいつもバッグに入れておいた方がいいかもしれません。 肌の弾力を回復するものを食べる 外側からのケアももちろん大切ですが、内側からシワをなくしてくこともとても大事ですね。 コラーゲンを増やすには、ビタミンCや女性ホルモンが増えるものを食べるといいですよ。 ビタミンCは柑橘系の果物、野菜などに多く含まれていますし、女性ホルモンを増やすには、納豆やきな粉など大豆イソフラボンがとれる大豆製品を毎日食べるといいでしょう。 目元のシワがなくなれば自信を持って笑える! 目元に小じわがあるとどうしても老けた印象になってしまうので、笑ってシワが目立つのもイヤだなと思っている人もいると思います。 でも、目の周りは小じわができやすいデリケートな場所なんだということを知って、丁寧にスキンケアをしていけば、これからできるシワは予防できますし、今あるシワだって薄くすることができるんです。 続けていけば肌は答えてくれます。 自信を持って笑える日は必ずきます。 だからあきらめないで、がんばればシワは薄くなる!ということを信じてシワ対策を継続して下さい。

次の