大阪市立大学 webclass。 「マイクロソフト Office 包括ライセンス」および「教職員向けOCUメール」提供について

大阪市立大学

大阪市立大学 webclass

文系学部は森ノ宮に新キャンパスを設置するらしいですね。 大阪では最高の立地となります。 都市型キャンパスとなります。 工学部、理学部、農学部はおそらく今の府大キャンパスに統合されると思います。 堺市の中百舌鳥で広々としたキャンパスです。 医学部は阿倍野、獣医学部はりんくうキャンパスで変わりなしです。 就職は文系学部と理学部は今の市大の状態と変わりないと思います。 今の府大にはほとんど文系コースがありませんから。 工学部は市大以上、府大未満でしょうか。 入試がどうなるかで学生のレベルが決まるのでわかりません。 今の府大は中期入試の為、異常に偏差値が高く就職も阪大工学部並みです。 前期で入試をすれば偏差値は落ちると思いますし、就職の評価も今の府大よりは落ちると思います。 医学部と獣医学部は今と同じだと思います。

次の

大阪市立大学 大学教育研究センター 出版刊行物

大阪市立大学 webclass

研究科長・学部長あいさつ 坪田 誠 理学研究科長・理学部長からのメッセージ 自然を解明し世界に向けて発信しよう!理学はエキサイティングです。 理学とは 私たちを取り巻く自然は、不思議なこと・興味深いことにあふれています。 それらの現象を理解・説明しようとすると、その背後により普遍的な真理が隠れていることに気付きます。 ちょうどベールを剥がすように丁寧な考察と実験を重ねると、やがて自然はその本質を垣間見させてくれます。 自然科学はこのようにして発展してきました。 自然の奥底に潜むからくり、すなわち理 ことわり を探り出し、普遍化・体系化する学問が理学です。 この理学の基盤の上に、現代の科学技術が成り立っています。 理学無くして、科学技術の発展は無く、今の文明社会は存在しません。 自然は、我々に対し容易にその扉を開けてくれません。 自然の扉を開けるには透徹した深い思考が必要です。 理学部の勉強・研究はそのような方向を目指します。 それは、例えば、大学受験の勉強や、問題を解くスキルを身につけるという勉強とは本質的に異なります。 問題集に載っている問題は、それがどんな難問であれ、作問者がいて、その人は答えを知っています。 しかし、 理学が取り組むのは、まさに自然の謎で、誰も答えを知らない問題 教員も答えを知らないし、ネットにも正解は出ていない問題 に向き合うのです。 自分の力で、少しでも自然の奥底をのぞくことができたら、それは私たちに深い感動をもたらします。 そして、それがさらなる理学研究の大きな動機となります。 このような過程を経て、科学者は英知を積み重ね、自然科学を発展させてきました。 本学の理学部・理学研究科では、できるだけ多くの学生・大学院生の皆さんにその感動を体験し、自然科学の発展に貢献していただきたいと考えています。 大阪市立大学理学部・理学研究科とは 私たちの理学部は、数学、物理学、化学、生物学、地球学の5学科から構成されています。 大学院理学研究科は、これらの5学科が有機的に融合した、数物系、物質分子系、生物地球系の3専攻から成ります。 私たちの理学研究科は、全国的にも早くから博士課程を設置した大学院の一つであり、理学のほぼ全分野をカバーした、我が国でも有数の教育・研究拠点です。 そして、2008年の南部陽一郎名誉教授のノーベル物理学賞受賞に象徴されるように、世界をリードする、多数の秀れた研究が行われています。 大阪から世界へ発信 現在、様々な分野でグローバル化が要求されていますが、 自然の理を探求する理学は、本来国境が無く、グローバルです。 私たちはその研究成果の多くを国際学術雑誌に発表しています。 そして、教員はもとより、毎年100名程度の学生が、実験、調査、国際会議の発表のために海外出張を行います。 理学の研究に関わることが、そのまま国際的な活動を行い、グローバルな視野を持つことにつながります。 その一方で、公立大学の理学部として地域社会にも貢献しています。 本学部独自の「数学や理科の好きな高校生のための市大授業」やスーパーサイエンスハイスクール SSH 事業への協力などを通じて、地域の高等教育を支援しています。 様々な公開講座を行い、生涯教育事業を行っています。 地域の科学技術の応用を支援し、これらの活動を通じて様々な形で地域社会の発展に貢献しています。 大阪市立大学理学部・理学研究科のこれから 今、私たちの世界をめぐる状況は、不安定化・流動化しており、容易に将来を見通すことは困難になりつつあります。 急速な変化が求められるこの時代に、スピード感を持って適切な対応を行うことは必要で、私たちの理学部も時流に遅れること無く、むしろ時流を先導する意気込みで様々なことに取り組んでいきます。 その一方で、自然科学が千年の単位で我々人類の発展を支えてきたという事実を忘れてはなりません。 この混迷を深める時代だからこそ、刹那的な風潮や表面的な改革に流されることなく、物事の真理を見通すという理学部の矜持を保ち、その使命を貫きたいと考えます。 現在、大阪市立大学と大阪府立大学の統合に向けて、検討が始められようとしています。 それがどのような形になるにしろ、理学部は、総合大学の理系の教育・研究の基盤となる存在であり続けるべきだと考えます。

次の

【大阪市立大学】法学部の評判とリアルな就職先

大阪市立大学 webclass

こんにちは! 今回は大阪市立大学「法学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。 大阪市立大学「法学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は大阪市立大学のパンフレットを請求してみて下さい。 ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。 を使えば、大阪市立大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも大阪市立大学「法学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。 それでは、さっそく大阪市立大学「法学部」の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は大阪市立大学「法学部」法律学科の卒業生です。 この記事の目次• 私も含め、同じ学部の友人は大阪大学をセンター試験後に諦めたり、前期試験で落ちてしまった人もいました。 他には、神戸大学を目指していた友人もいました。 また、同じ学部の人には同志社大学の法学部、関西学院大学の法学部を蹴ってこの大学に来ている人もいました。 センター利用の試験では関西大学の法学部、同志社大学の法学部に提出し、合格している友人がいました。 大阪市立大学「法学部」の志望理由 私が大阪市立大学法学部を志望した理由は、大阪大学を第一志望で考えていましたが、センター試験の点数が良くなかったので、浪人しない程度にランクを下げて法学部を受験したかったからです。 また、一度親元を離れて一人暮らしを経験することも考えていたので、関西で大学を探して決めました。 現役で大学に合格することと法学部を受験することは決めていたので、法学部のある国公立大学のなかで自分の学力に合う大学を探しました。 高校の先生が関西出身で、大阪市立大学の歴史と学力をよく知っていて勧められました。 二次試験に他の大学の法学部には科目に数学が含まれるのに、大阪市立大学の法学部は英語と国語のみだったので、自分の得意な科目でもあったので、受験を決めました。 大阪市立大学「法学部」に入学してから感じたギャップ 私が大阪市立大学法学部に入学してから感じたギャップは、知名度の低い大学だと思っていたが、実際には関西では有名な大学で、知名度が高かったことです。 他の地方ではそこまで有名ではないですが、関東の方でも大企業に就職実績があり、そこまで知名度の低い大学ではないことを感じました。 また、名前が大阪市立大学なので、都会にあるように思えますが、市内の端にあるので、どちらかというと住宅や自然が多く、長閑な感じがあります。 大阪市立大学「法学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 大阪府内のアルバイト先で大阪市立大学法学部の学生だと自己紹介すると、歴史があり、勉強がそれなりにできないと入れない学校であり、そのなかで法学部は特に優秀だという印象を持たれました。 大阪市立大学法学部なら、司法試験を受け、弁護士や検事になるのかとよく尋ねられました。 また、公立大学として、サークル活動では地元の人と活動を行ったり、地元の方と授業を受けたりするので、地方に密着した大学だという印象を持たれています。 内部生からみた評判 法学部は大阪市立大学のなかでは、文系のなかでは一番賢いと言われていました。 法学部の授業はテストのみで、評価されることがほとんどなので、一番単位が取りにくく、難しいものが多いです。 法学部に在籍している学生は、大学が法学部は公務員試験に強いことを売りにしていることもあって、公務員志望の真面目でおとなしい人が多いです。 他の学部に比べて部活動に入っている人が少ないような印象でした。 ゼミナールの単位が必修ですが、卒業論文の単位は必修ではないので、突き詰めて研究したい人とそうでない人の差が大きいように感じました。 大阪市立大学「法学部」のそれぞれの学科で勉強すること 大阪市立大学法学部には学科は法学科しかなく、2年次にコース選択があります。 コースは司法コース、行政コース、政治コースがあり、将来どんな仕事をしたいかや、どんな学問をしたいかを選びます。 コースを選択することで変わることは特になく、必修の授業や単位があるわけではないです。 行政コースと司法コースは法律系なのでそんなに変わらない授業の取り方になりますが、政治コースは政治学など法律とは少し異なるので、あまり選択している人がいなかったように思います。 司法試験を目指す人は司法コースを選択し、厳しい教授や単位認定の厳しい授業を取っている印象があります。 コース選択と全く違う授業の取り方をしている人もいたので、自由度が高いと思います。 大阪市立大学「法学部」のリアルな就職先について 大阪市立大学法学部の就職先は、NTN、トヨタ自動車が優秀な人で、うまくいかなかった人は大阪の中小企業や、ベンチャー企業に行くことも多いです。 公務員では、国家公務員で官庁に勤める人から大阪国税局、大阪府庁に行く人、市町村役場に行く人もいます。 銀行に就職する人もいて、三井住友銀行などの大手銀行だけでなく、池田泉州銀行など地方銀行に就職する人もいます。 法学部は公務員になることが多いので、地方裁判所や、都道府県庁、官庁に行く人が多いです。 公務員になる人が40パーセント程度はおり、私たちの学年はコース選択の時点で、特に公務員志望の人が多かったような印象でした。 私の実感では、他の学部に比べて、東京で就職したいという人よりも地元で就職する、または大阪にそのまま就職するという人のほうが多く見かけるような感じがしました。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、大阪市立大学「法学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 大阪市立大学「法学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで大阪市立大学のパンフレットを請求してみて下さい。

次の