っす 心理。 スタッフ紹介

「よいしょ」が口癖な人の心理とは

っす 心理

どうもそらっす。 今回は「無料の罠」 無料は私たちにどんな影響を与えるのかを見ていきたいと思います。 1と0ではこんなに違う。 例えば、 ・コンビニのレジの脇にブラックサンダーのような50円未満のお菓子が売っているのをよく見かけます。 もしあれが 無料!だったら皆さん買い物と同時に手に取りますよね?? ・一方で、お弁当コーナーで期限間際の商品(定価600円)が50円引きされていたとします。 こちらは、確かに魅力的だけどブラックサンダーに比べ、手に取る人は少ないと思います。 そうなんです。 このように 無料!というのは、私たちにいい面だけを見せ悪い面を見せないことで私たちの判断を鈍らせているんです。 これについて、こんな面白い実験があります。 行動経済学で有名なダン・アリエリーさんが行った実験で、テーブルに二種類のチョコを置きます。 一つはどこにでも売っている安いチョコ(Aとする)で価格は1セント もう一方は高級チョコ(Bとする)で価格は15セント 始めにこの価格で二つのチョコを売った時は 73%がBのチョコを選びました。 次に、Aのチョコを無料、Bのチョコを14セントとお互い1セントずつ値段を下げました。 すると、 69%の人がAのチョコを選びました。 つまり、AもBも値段が設定されているときは、合理的に値段と価値を比較して判断できたのに、一 方が無料になるだけで比較が困難になり不合理な決断をしてしまったのです。 私たちは損失を回避したい。 この結果から言えることは、私たちは 損失を回避したいという欲求が強いことです。 心理学では「損失回避欲求」と言います。 「14セントのチョコを買って、口に合わなかったらどうしよう。 」 「せっかく無料のチャンスがあるのに見す見す見逃したらもったいない。 」 私たちの心の中は、常にリスクを考えていて、失敗や損失をひどく嫌うのです。 それが無料!では、(表面上の)リスクはほぼなく、損はしないためしっかり考えることなく飛びついてしまうのです。 こんなとこでも!?無料の罠 最後に、陥りやすい無料!を紹介していきます。 また、利息が多かったり、特典が豪華だったかもしれません。 無料に踊らされず、自分が望むサービスを見つけましょう。 カロリーゼロだからと言って、多く買ってしまっていませんか?不必要なものまで頼んでしまっていませんか?無料の罠はこんなとこにも潜んでいます。 人は、手っ取り早くローコストで情報や技術を取り入れたいと思っているので、こういったうたい文句には飛びついてしまいます。 気を付けましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 無料は感情の引き金です。 無料!と言われただけで「試してみようかな」と思ってしまい、結局必要以上のコストをかけてしまうことが多くあります。 私たちは無料に弱いんだと知っておくだけでも、ある程度は不合理な行動は避けられるのではないかなと思うので、ぜひどこか頭に止めて生活してみてください。

次の

家族心理学のテキストを読んで

っす 心理

サバサバしていると思われたい 自分は他の女の子たちとは違うんだ!他の子と同じだと思われたくない、元カノたちと同じように扱ってほしくない!という思いからサバサバした女の子だと思ってほしい、という心理を彼女は隠し持っているのかもしれません。 もしそうだとしたら、あなたが彼女のことを特別に思っている、ということを言葉にしてはっきりと伝えてあげましょう。 「今までに出会ったことないタイプ」 「一緒にいると男友達よりも楽しい」 というように、他の異性とは一線を画しているという言葉がおすすめです。 付き合っても楽しい二人、友達みたいな関係でいたいと思っている いつでも二人で冗談を言い合っていたい、ということを彼女は望んでいるのかもしません。 二人が付き合う前、あなたと彼女は仲のよい友達でしたか? もしそうだとしたら、彼女はその延長を望んでいるのかもしれません。 ロマンチックな雰囲気もいいけど、でもやっぱりあなたとはいつも楽しく笑いあっていたい、という思いが口癖に現れていることが考えられます。 彼女に甘えたくなることもありますが、あまりその気持ちを全面に押し出さないように気をつけましょう。 あなたに彼氏だけでなく仲の良い友達でもあり続けてほしいと彼女は思っている可能性があります。 もっと親密な関係になりたいと思っている 二人が付き合い始めて、まだ日が浅い場合には彼女があなたともっと親密な関係になりたいと思っている可能性があります。 親しみを演出するために、くだけた雰囲気を出そうとして「っす」という口癖を意図的に使っているのかもしれません。 同性同士でも、特に仲の良い間柄でしか使いませんよね。 そんな風に、まずはあなたと同性の先輩後輩同士のように親密になりたい、という思いを彼女は持っているのではないでしょうか。 あなたとの距離感がまだ掴めていない 心理3同様に二人がまだ付き合い始めたばかりなら、彼女がまだあなたとの距離感を掴みきれていないということが考えられます。 あなたの方が彼女よりも年上である場合、さらにこの可能性は高くなります。 どこまで打ち解けてよいのかわかっていないのか、もしくはあなたにタメ口を使うのがまだ抵抗があるのかもしれません。 またあなたは距離を詰めようとしているのに対して、彼女の気持ちがまだ追いついていないため、少しまだ距離を取っていたいという思いが隠されていることも。 いずれにしても、彼女はあなたとの距離をまだ掴めていません。 彼女の様子を見ながら、二人の適切な距離感をあなたが調節してあげることをおすすめします。 「っす」に込められた意図を読み取る努力を! 普段から「っす」ということが自然な口癖となっている女子はほぼゼロと言い切っていいでしょう。 それでも「っす」と言っているということは、そこに何か意図や心理が隠されているという証拠です。 二人の今後の関係のためにもその意図を正確に読み取って、それとなく彼女の意向に合わせてあげるようにしてあげると、二人の仲が更に深まっていくこと間違いなしです。 その隠された心理を暴こうと、「なんで『っす』って言うの?女子はそんなこと言わなくない?」とストレートに聞くことはやめておきましょう。 彼女が本当の気持ちを正直に話してくれることはありません! いつも疲れてるよね?彼女の口癖で疲れたを繰り返す…女性の心理と特徴 彼女が「疲れた」ばっかり繰り返す…。 では彼女の「疲れた」という口癖に隠されている心理と特徴をご紹介します。 何もかもが面倒なの??彼女の口癖が「めんどくさい」心理と特徴 彼女の口癖が「めんどくさい」…。 では彼女の口癖が「めんどくさい」である場合に考えられる心理と特徴を紹介します。 それって一体どのパターン??彼女の口癖が「でも」心理と特徴 彼女がすぐに「でも」と言ってくる…。 では彼女の口癖が「でも」の時に考えられる心理と特徴をお伝えします。

次の

態度や仕草で分かるようになる!男性心理を知って恋愛上手になる方法 | 女性の美学

っす 心理

優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。 そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。 彼らは普段どんなことを思い、何を求めているのでしょう。 それを知ることで、アプローチに役立つはずです。 ここでは年上男性の心の奥に隠された恋愛心理について詳しくご説明します。 頼りになると思われたい 男性は、女性が思っている以上にプライドが高いもの。 特に年上男性は「頼りになると思われたい」という欲求が強く、本当は自信がなくてビクビクしていても、あえてクールさを装ってそれを隠そうとする傾向があります。 そんな彼を安心させるのは、女性が無邪気に甘える仕草。 全身で頼ってくる姿に自尊心が満たされ「守ってあげたい」という気持ちが芽生えるのです。 特に、恋愛で傷ついたことのある男性には効果的。 「もう傷つきたくない」という心理が働いてガードが固くなっているので、素直に甘えてくれる女性に接すると心が癒されます。 ガツガツしていると思われたくない 30代までの男性は、女性には想像もつかないほど性欲が強いもの。 しかし、年齢を重ねるごとにそれをあからさまに表に出すのを「恥ずかしい」と感じるようになるので「年上男性は性欲が薄い」と誤解してしまう女性もいるかもしれませんね。 もっとも、中には本当に性欲の薄い男性もいますが、たいていの場合、うまく隠しているだけです。 ですから、年上男性はあなたと恋愛してもなかなか手を出してこないかもしれません。 「ガツガツしていると思われたくない」という心理が働くので、必死に耐えているのですね。 もし、それがさみしいと感じるなら、その気持ちを素直に伝えてあげましょう。 きっかけさえ掴めれば後はスムーズなので「私もあなたとそうなりたいと思っている」と、ボディタッチなどの分かりやすい行動で示してあげてください。 癒されたいと思っている 年上男性は、仕事でもプライベートでも、上に立ってまとめていかねばならない立場に立たされることが多いもの。 「男性は外に7人の敵がいる」とはよく言ったもので、常に気を張って戦って、くたくたに疲れているのです。 ですから、普段は年上という仮面が邪魔をして強がっていても、本当はあなたに甘えてみたいと思っています。 優しく話を聞いてあげたり、膝枕で眠らせてあげたりして、思いっきり弱音を吐き出させてあげましょう。 男性は「この子といると安心できる」と思った女性とは、なかなか離れられないものです。 やっぱり、感謝されたい 年上男性は、自分のしてあげたことで女性が喜ぶ姿に無情の喜びを感じます。 デートの時は毎回家まで送り届けてくれたり、こまめにプレゼントを送ってくれたりと、恋愛中の彼の優しさには思わず感激してしまうことでしょう。 しかし、こうした行動の裏には「感謝されたい」という心理が働いているので「ありがとう」の気持ちが見られないと途端に拗ねてしまいます。 何かしてもらえることを当たり前と思わず、その都度感謝して自尊心を満たしてあげてください。 無邪気に喜ぶ姿を見て「もっと大切にしてあげたい」と思うはずですよ。 女性をリードする立場でいたい 年上男性は、いつだって女性をリードする立場でいたいと思っています。 彼にとって、それこそが「男」の証。 恋愛相手の女性を守り、導いてこそ、恋人という役目が果たせるのだと信じているのです。 ですから、女性のほうがリードしたがったり、積極的にアプローチしすぎたりすると、腰が引けてしまうこともあります。 そのあたりが複雑な男性心理で、あまり寄りかかられすぎても重いけど、女性が自分より優位に立つことには我慢できないのですね。 どんなに歯痒く感じても、黙って彼を立てるのが成功の秘訣。 かわいく甘えつつ、言いたいことはオブラートに包んでさりげなく伝えるようにしましょう。 自由を奪われたくない 年上男性は、恋愛はしたいけれど、そのことに縛られるのは嫌だと思っています。 ですから、メールの返事を強要したり、会っていない時の行動をしつこく詮索されたりするのには我慢できないのですね。 特に、結婚適齢期の男性は「いつまでこうして自由でいられるんだろう」といった強迫観念を持っているので、女性の束縛行動には嫌悪感を感じやすいのです。 彼に逃げられないためには、適度な自由を与えてあげることが大切。 お互いのプライベートも充実させながら、デートも楽しむという関係が理想です。 「そんなことしていたら、他の女性に彼をとられちゃうんじゃないの? 」という心配は御無用! むしろ「俺の微妙な心理を分かってくれるかけがえのない女性」と思われて株が上がり、なくてはならない存在となっていくでしょう。 気持ちを自覚するのに時間がかかる 年上男性には、毎日やるべきことがいっぱい!あれもこれもこなしていかなくてはならないので、若いころのように恋愛一筋の生活なんて考えられません。 そうこうしているうちに、女性を好きだと感じるセンサーが弱くなり、デートをしていても「自分は本当にこの子のことが好きなのだろうか」とつい考えてしまうのです。 そんな彼があなたのことをはっきり「好きだ」と自覚するのは、弱っている時に優しく慰めてくれたり、ピンチに遭っている姿を目の当たりにしたりした時。 つまり、無意識に「彼女を失いたくない」と感じる出来事に遭遇すると、恋愛センサーの感度が上がるのですね。 もし、彼の本当の気持ちが分からなくて不安な時は、やりすぎない程度に心配させてみると、意外な素顔を覗かせてくれるかもしれませんよ。 常識のある女性を求めている ある程度年齢を重ねた年上男性は、頭の隅にいつも「結婚」の2文字が散らついています。 もちろん、できればもう少し遊んでいたいという気持ちはあるのですが、一方で「早く家庭を持って親を安心させてあげたい」「社会で一人前として認められたい」という願望も抱いているのです。 ですから、恋愛相手の女性にも、自分の親族や友人、会社の人たちとうまくやっていけるかどうかを求めます。 どんなにかわいくても、自分のことしか考えていなかったり、結婚願望が全くなかったりする女性はNG。 一時の遊び相手としては良くても、本気の恋愛相手としては考えられません。 年上男性の複雑な恋愛心理、うまく伝わりましたでしょうか?プライドを傷つけないよう注意しつつ、かわいく甘えることがアプローチ成功の秘訣。 良い関係を保つためには、適度な自由も与えてあげることが大切です。

次の