格闘技 動画。 プロレス・格闘技・ボクシングの情報配信|カクトウログ

堀口恭司 vs イアン・マッコール » 格闘技動画・無料視聴

格闘技 動画

異なった格闘技の格闘家や武闘家が共通のルールの下で一戦交える、それが異種格闘技だ。 基本的には個人の戦いだけに、周囲を巻き込んで乱闘になることはほとんどありえない。 だが、それでも起きてしまった乱闘の中で、史上最悪レベルの動画を今回はご紹介したい。 YouTube にアップされた動画のタイトルはだ! ・ムエタイ vs キックボクシング 事件は1989年6月9日に行われたサクソン・ジャンジラ(ムエタイ)vs ロッド・ケイ(キックボクシング)の異種格闘技戦で勃発した。 悶着状態のため、レフェリーが間に入って引き離そうとしたその瞬間、ロッドの顔面にサクソンがヒザ蹴りを叩き込んだのである! 試合は止められ、リング内は不穏な空気。 結局、反則行為の判定がサクソン・ジャンジラに下った。 この直後、前代未聞の大乱闘が始まった。 納得のいかないセコンドたちが飛び出し、さらには客席からイスがぶん投げられ、もう試合はメチャクチャだ。 ちなみに YouTube のコメント欄では、世界中の格闘ファンたちによって「ムエタイ選手とキックボクシング選手、どっちが悪かったのか」や「ムエタイとキックの基本的ルールの違い」などについて熱く議論されている。 モニタの向こうも場外乱闘だ。 参照元: 執筆者:.

次の

【衝撃格闘動画】異種格闘技で起きた史上最悪レベルの大乱闘

格闘技 動画

異なった格闘技の格闘家や武闘家が共通のルールの下で一戦交える、それが異種格闘技だ。 基本的には個人の戦いだけに、周囲を巻き込んで乱闘になることはほとんどありえない。 だが、それでも起きてしまった乱闘の中で、史上最悪レベルの動画を今回はご紹介したい。 YouTube にアップされた動画のタイトルはだ! ・ムエタイ vs キックボクシング 事件は1989年6月9日に行われたサクソン・ジャンジラ(ムエタイ)vs ロッド・ケイ(キックボクシング)の異種格闘技戦で勃発した。 悶着状態のため、レフェリーが間に入って引き離そうとしたその瞬間、ロッドの顔面にサクソンがヒザ蹴りを叩き込んだのである! 試合は止められ、リング内は不穏な空気。 結局、反則行為の判定がサクソン・ジャンジラに下った。 この直後、前代未聞の大乱闘が始まった。 納得のいかないセコンドたちが飛び出し、さらには客席からイスがぶん投げられ、もう試合はメチャクチャだ。 ちなみに YouTube のコメント欄では、世界中の格闘ファンたちによって「ムエタイ選手とキックボクシング選手、どっちが悪かったのか」や「ムエタイとキックの基本的ルールの違い」などについて熱く議論されている。 モニタの向こうも場外乱闘だ。 参照元: 執筆者:.

次の

格闘技は全くの素人ですが、最近、よく動画を見るようになりま...

格闘技 動画

空手、柔術、プロレス、ボクシング……世界にはさまざまな格闘技が存在する。 そしてそれらが共通ルールのもとで拳を交えるのが「異種格闘技戦」だ。 意地とプライドのぶつかり合う戦いは見どころ十分。 どちらが強いのか、拳で語り合う姿はワクワクするものがある。 そんな見ている方までアツくなる異種格闘技戦だが、今回はその中でも激レアな勝負「カンフー vs テコンドー」をご紹介しよう。 華麗な足技を得意とする両者の軍配は、どちらに上がったのだろうか。 その結果は、動画「Very rare fight kung fu vs taekwondo Master Ehsan Shafiq 」で確認可能だ! ・どっちもスゴい さっそく、動画を再生してみたところ……ど、どっちもスゲえぇぇぇ! 一般人なら瞬殺されているレベルの鋭い蹴りで一進一退の攻防を繰り広げる両者。 赤の胴着を着たカンフー選手と白い胴着のテコンドー選手は、お互いに譲らない。 その対戦が9分間にも及んだというのも納得してしまう内容だ。 ・徐々にカンフー優勢 だが、徐々に相手の動きを見切り始めるカンフー選手。 閃光のような蹴りをスレスレで交わし、なおかつ相手にダメージを与えていく。 そして決着がついたのは、テコンドー選手が回し蹴りを放った次の瞬間であった。 なんとカンフー選手は恐るべきカウンターを発動! テコンドー選手が放った渾身の蹴りを体を回転させながら交わすと、その勢いでハイキックを相手の顔面へ。 美しすぎる流れからのクリーンヒットで相手を KO してしまうぞ。 ・カンフー勝利 動画でそのシーンを確認していただけたらわかるが、極限の状態から繰り出す蹴りは何度見てもスゴいとしか言いようがない。 勝利したカンフー選手ほどズバ抜けた反射神経があれば、この異種格闘技戦に限らず、どんな格闘技でもそう負けることはないだろう。 参照元: 執筆:.

次の