大学生 が 読む べき 本。 大学生が読むべきおすすめの自己啓発本9冊を紹介

大学生が絶対に読むべきおすすめ本12選!読書家の僕が教えます。

大学生 が 読む べき 本

夢をかなえるゾウは大ベストセラー作品で、今では第三シリーズまで発売されています。 名前の通り、 ガネーシャというゾウの神様が、ダメ人間を成功させていく話です。 毎回ガネーシャが、ダメ人間に指令を出します。 それをこなしていくことで次第と、ダメ人間が成功していくという内容です。 ガネーシャがいうことは、できそうで普段できないことを言っています。 今の自分にそれができているのかを気にしながら読むと、自分のためになるでしょう。 またこの本を進めるもう一つの理由は、 単純に内容が漫才みたいで読みやすいです。 ところどころ笑いの要素を入れてくるので、読書初心者でも読みやすいと思います。 金持ち父さん 貧乏父さん この本はメタップスの佐藤 航陽さんが書いた本です。 今流行りの言葉、 仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評論経済などがありますが大学生の皆さんは理解出来ていますか? この本では、フィンテック企業の社長であるメタップスの佐藤さんが、これから 何十年後の世界がどうなっているのかを予想して書いています。 フィンテック企業の社長ならではの観点から、 未来がどうなるのか、それに向けてどのようなことをしなければいけないのかを教えてくれます。 薄っぺらい流行りの言葉を解説した本ではなく、その流行りから未来がどのように変わるのかわかります。 これから就職活動をする学生には、是非この本を読んで世の中の流れをつかむといいでしょう。 生涯投資家 この本はベストセラーで、どの 本屋に行ってもランキングが1位なので知っている人も多いと思います。 人生で人間がなぜ生きるのか、社会において自分は何なのかを教えてくれます。 主人公はまだ小学生ですが、彼と彼のおじさんの日記のやりとりから、多くのことを学べます。 当たり前のことだけど、当たり前のことって以外と分かっていないものです。 漫画形式なので、読みやすく数時間で読み終わるでしょう。 しかし読み終わった後、 心の中で何かが変わっているはずです。 大学生が本を買うならPrime studentがお得 ここまでオススメの大学生が読むべき本を紹介しました。 皆さんも購入したい本があるでしょう。 でも ちょっと待ってください。 もしAmazonで本を買うなら、 Prime studentに登録すると、かなりお得になります。 合わせて読みたい.

次の

大学生におすすめのビジネス本・自己啓発本【神18選】|HORONBLOG

大学生 が 読む べき 本

大学生が読んでおくべき「お金」の本を厳選して教えてほしい。 何を読んでいいか分からない。。 今回は、こういった疑問に答えます。 「お金」それは人間が社会生活を営む上で、最も重要な道具であるといっても過言ではありません。 お金は、私たちの人生を決定的に変えるだけの力を持っています。 ところが、学校ではそんな大事な「お金」について一切教えてくれません。 本当に「全く」教えてくれないのです。 ではどうすればいいのでしょうか? 答えは簡単です。 自分で勉強すればいいのです。 そこで今回は、僕が今まで読んできた「お金」についての本の中から、おすすめのものを、目的別に4冊厳選して紹介します。 「 この4冊を読めば、お金の基礎については大丈夫!」といえる4冊を選んだので、ぜひとも手に取っていただけたら嬉しいです。 では、始めます!• 「金持ち父さん貧乏父さん」で、お金に対する「マインド」を学ぶ• 「池上彰のお金の学校」で、株や不動産、金利等、お金の「基礎」を学ぶ• 「詳しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えて下さい!」で具体的な「投資」のイメージをつかむ• 「お金2. 0」でお金や経済の「未来」について学ぶ この手順で学んでいったら、お金についての基礎的な部分はOKです。 このあとは、自分で枝葉を広げて、より深いところまで学んでいっていただけたらなと思います。 おまけ【無料の動画や講座】 本の紹介・解説は以上ですが、お金をかけずに勉強したい大学生向けに、 無料で学べる動画や講座を紹介しておきたいと思います。 以下の二つです。 YouTube動画• YouTube 動画 YouTubeでもお金について学ぶことができます。 個人的におすすめなのは 「両」という方が運営しているチャンネルです。  マインドマップを用いて、かなり詳しくお金について解説してくださっているので、勉強になること間違いなしです! また、この両さんは、 「」というWebサイトも運営されていて、こちらもマネーリテラシーについて分かりやすく解説されているのでオススメです。 大学生のうちから金融リテラシーを身に付けておくことは重要 始めのところでも述べましたが、 大学生のうちに「お金」について勉強しておくことは非常に重要です。 なぜなら、 お金について全く勉強しないまま社会に出てしまったら、間違いなく搾取されてしまうからです。 例えば 「生命保険」ですが、あれは独り身であれば、基本的には入る必要がないものです。 それは、少しでもお金について勉強している人なら誰でも分かります。 しかし勉強していなかったらそんなこと分かりませんよね。 なんとなく「みんな入っているから」という理由で保険に入ってしまって、お金を吸い取られてしまうのです。 それらの危険性を排除して、お金と賢く向き合って人生を豊かにしていくためにも、社会に出るまでに「お金」について学んでおくことは重要なのです。 「周りがやっているから正しい」は、間違いだらけの考え方です。 とはいえ、「金融商品への投資」はしなくていいと思う 「お金について勉強する」ことは必須ですが、 「個別の金融商品」への投資は、あくまで個人の意見ですが、 しなくていいと思います。 なぜなら 「投資」とは基本的に「余剰資金」でするものだからです。 大学生がなけなしのお金を払って投資したところで、たいして増えることは無いのであまり意味はないと思います。 ただ、実際に投資をしてみることで「投資の勉強」になるのは事実なので、お金を稼ぐのが目的でなく、「勉強」が目的ならありだとは思います。 その辺は個人の判断にお任せします。 なけなしのお金は「自分の頭」に投資する 以下、ぼくのツイートです。 個人的には、大学生は『お金の勉強』はすべきだけど、『金融商品』に投資する必要はないと思う。 元本がないのに投資しても、得られるリターンは少ないしね。 それなら、自分の『頭』に投資しまくる方が、圧倒的に良いと思う。 自分の『頭』ほど、ローリスクハイリターンの商品はない。 😌 — ヒデト Hideto 🌔ブロガー hideto1939 世の中には、ローリスクハイリターンの商品は少ない。 というかほぼ無いと言っていい。 その中で、ローリスクハイリターンの投資がある。 それは、『自己投資』 自分の脳に対する投資は、どう考えてもリスクゼロ。 つまり、リターンの大きさは無限大。 😌 — ヒデト Hideto 🌔ブロガー hideto1939 ぼく一押しの投資商品があります。 それは、「自分」です。 つまり、 「自己投資」ですね。 結局、 「自分で稼ぐ力」があったら、お金に困ることは無いんですよね。 ちまちま投資をする必要もないわけです。 大学生や20代は、とにかく「自己投資」にお金を回すことが一番です。 その辺の優先順位は間違えないようにしたいところですね。

次の

大学生が絶対に読むべきおすすめ小説10選!

大学生 が 読む べき 本

本を読まない大学生の中には、「読書は無駄で意味がない」と考えている方もいるかもしれません。 しかし読書は、人生に大きな影響を与えます。 特に大学生は、人生で一番時間がある若い時期です。 将来のために時間を使うのか、刹那的に今を過ごすのかによって大きな違いが生まれます。 社会人になってから読書しはじめた私は、大学時代に読書してこなかったことを激しく後悔しました。 「なぜ俺はあんな無駄な時間を…」 と、スラムダンクの三井寿ばりに後悔したことを忘れられません。 今回は、読書をしないで大学生活に後悔が残った私が考える、 私が大学生に戻れたら絶対に読む、大学生が読むべきオススメの本をまとめてみました。 大学生全員が必読の読書すべきおすすめ本 まずは大学生全員が読書したら良いなと思うおすすめの本をまとめてみました• 人生は20代で決まる• 深夜特急• 読書について• 読んでない本について堂々と語る技術• 嫌われる勇気 人生は20代で決まる 大学生活は親元から離れている人もいるでしょう。 授業も少なく時間も自由なので、自分で時間をコントロールできなければ大学生生活を無駄に過ごしてしまいます。 「人生は20代で決まる」を読んで、 大学生の方に20代の大切さを実感して欲しいです。 人生を決定する出来事の80%は35歳までに決まる• 20代の気晴らしは現代のアヘンである 人生は20代で決まることをしらなければ、無駄に過ごしてしまう可能性があります。 大学生の自分にアドバイスするなら、まずこの本を読ませるでしょう。 「20代は自由に人生を謳歌する時」なんて思っていたらあとできっと後悔する! あなたのキャリア、生涯賃金、パートナー、パーソナリティーは20代のあいだにほぼ決まってしまうのだ。 引用:Amazon 深夜特急を読んで旅に出よう 「深夜特急」を読んだ大学生には旅にでて欲しい。 深夜特急はバックパッカーのバイブルとも言われている本です。 深夜特急を読むと世界を旅したくなります。 あてもなく放浪したいと思ったときは既に社会人で不可能でした。 しかし、大学生であれば、休学や長期休みを使えば、バックパッカーの旅ができます。 今であれば、UBERやGRABなどのタクシーやAirbnbも使えますし、スマホがあればいつでも地図を確認できます。 その気になればクラウドソーシングで海外にいながら日本円を稼ぐことも可能です。 旅のコストがかなり下がった現代です。 大学時代に20万円くらい貯めてバックパッカーすると良いかなと思います。 ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。 途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。 マカオでは、「大小」というサイコロ博奕に魅せられ、あわや…。 1年以上にわたるユーラシア放浪が、今始まった。 いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ。 引用:Amazon 「読書について」を読んで自分の思考を整理しよう 「読書について」を大学生の読書おすすめ本に入れたのは、読書しすぎて、自分の思想がなくなって欲しくないからです。 読書は他人の考えがあなたの中に入ってくることになります。 読書ばかりしている人は、自分の思考を育てられず、自分の意見がなくなります。 たえず本を読んでいると、他人の考えがどんどん流れ込んでくる• たくさん読んでいると、何も考えずに暇つぶしができて骨休みになるが、自分の頭で考える能力がしだいに失われていく 自分で考えた意見の検証としての読書や、もやもやした言葉にならない思考を明らかにするための読書は非常に有益だと思います。 読書の悪影響も書いてある本です。 たくさん読書をする前に読んでおくと良いでしょう。 読書をしても著者の意見に流されすぎずに、批判的な精神を持って考えたいものですね。 読書好きのみなさんにとって、本書の内容は耳の痛い話ではありませんか? なにを、どう読むか。 あるいは読まずにすませるか。 読書の達人であり一流の文章家だったショーペンハウアーが贈る知的読書法。 引用:Amazon ちなみにを使えば無料で読めます! 読んでいない本について堂々と語る方法 「読んでなくても本を語って良いんだぜ!」 本は最後まで読まないと意味がないと考えるのが普通ですが、最後まで本を読むと、本の内容の細部にとらわれて、教養を身につきません。 教養とは読書した本の世界の位置付けを捉え、比較して判断することです。 大学生は読書時間があまり持てません。 最後まで読まなくて良いと分かれば、読了にプレッシャーを感じずに気軽に読めるでしょう。 ちなみに、この本の著者は、読んでない本について、本書で堂々と引用しています。 本は読んでいなくてもコメントできる。 ヴァレリー、エーコ、漱石など、古今東西の名作から読書をめぐるシーンをとりあげ、知識人たちがいかに鮮やかに「読んだふり」をやってのけたかを例証。 テクストの細部にひきずられて自分を見失うことなく、その書物の位置づけを大づかみに捉える力こそ、「教養」の正体なのだ。 そのコツさえ押さえれば、とっさのコメントも、レポートや小論文も、もう怖くない! すべての読書家必携の快著。 大学生のうちに、早くから課題の分離の考えなどを学べば、人間関係に悩まされることが大分減りますよ。 大学時代に学びたかった考えですね…。 しかたないですよね。 その頃はまだ発売していなかったから。 本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想 アドラー心理学 を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。 この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか? もしくは、なにも変わらないのか…。 引用:Amazon 大学生がグループ運営を学ぶときに読書すべき本とは? 学業以外のサークル・部活・インターンなどを頑張る大学生向けのおすすめ本をまとめてみました。 人を動かす• 世界一やさしい問題解決の授業• 孫子の兵法 人を動かす 「人を動かす」は団体で行動する人は、読んでおいて損がない本です。 人間関係の問題の原因はコミュニケーションのミスです。 人を動かすは、目次だけ見ても勉強になります。 例えば、• 人の立場に身を置く• 聞き手にまわる• しゃべらせる• まずほめる 「人を動かす」を読み、定期的に目次を見返すだけでも、人間関係の問題のほとんどを避けられるでしょう。 日本で500万部突破の歴史的ベストセラー。 人が生きていく上で身につけるべき「人間関係の原則」を実例豊かに説き起こした不朽の名著。 何かしら問題が起きた時に解決する能力は社会人になってからも求められる能力です。 世界一やさしい問題解決の授業は、問題解決の考え方をイラストでわかりやすく教えてくれます。 問題解決をやったことがない人でも、簡単に問題解決ができるようになるでしょう。 物事の本質を見極め、打ち手を考え、具体的な行動に落とし込む「問題解決力」がシンプルにわかる本として、世界25カ国以上で続々翻訳・出版! Business Week、USA Today、New York Post等、米主要メディアでも話題沸騰! 孫子の兵法がなぜ団体行動に大切なのかというと、戦わずして勝つ戦略を学べるからです。 孫子の兵法が大切な点は負けないことと情報戦を制することです。 大学生にとって負けないことは、自分が譲れない線をしっかりと持ち、自分が負けないように努力すること。 そして、情報戦を制するとは、いろいろな人と仲良くしておき、情報が入ってくるようにしておくことの重要性を物語っています。 孫子の兵法で大切な点は社会人になってからも有効です。 大学生活から負けないことと情報戦を制すること意識すると良いでしょう。 『孫子』13篇は、中国最古の兵書である。 そこには、現実的な戦術が深い思想的裏づけを得て、戦争一般、さらには人生の問題として、広い視野の中に組みこまれている。 竹簡の新資料との照合も経て、またさらに読みやすくなった新訂版。 原文・読み下し文・現代語訳に平易な注を加え、巻末には重要語句索引を付した。 TOEIC公式問題集 年収を上げるのに手っ取り早い方法はTOEICで点数を800点以上とっておけば、良い企業に就職できる可能性があります。 TOEICは資格としてまだまだ優位性があるので、大学時代にTOEIC800点以上とっておけば、それだけで就職活動に有利です。 ベンチャーでインターンするとか、外資系でインターンするとか言う前にTOEICやって海外留学しろと言いたいですね。 いろいろとTOEICの問題集はあるので、自分で選ぶと良いですが、個人的にはTOEICの公式の問題集が良いでしょう。 インデックス投資のバイブル的な本は下記の記事で紹介しています。 興味がある方はどうぞ。 大学生から読書すべき本を読みまくろう 大学生におすすめ本をまとめてみました。 大学生はノウハウの自己啓発本を読むより、• 海外旅行・起業・インターン・お金を稼ぐなどの時間が必要な経験をする• 古典文学・ベストセラーを読んで思考力を鍛える• 部活・サークルなど打ち込めるものに打ち込む この3つが、後の人生に役に立つ経験だと思います。 大学時代は時間十分にあり、若さも十分にある時期です。 月額400円かかるところを、学生は200円• 書籍のポイントが10%還元(2000円の本を購入すれば200円ポイント還元)• 映画が見放題(昔の映画をわざわざレンタルで借りる必要がない)• TV番組も豊富(過去のM-1グランプリが全部見れる)• 6カ月無料で試して途中解約もOK• 有料会員登録後2000円のクーポンプレゼント 「実質タダじゃねぇか…」 読書が好きな人はPrime Studentになって、書籍を購入するとポイントの還元率が高いのでオススメですよ!月額会員なら途中解約も簡単にできます。 読書講座はブログで開催しているインターネットでの無料講座です! 読書が始められない人・読書嫌いな人・読書が継続できない人、もっと読書を楽しみたいすべての人向けに 読書が楽しめるような情報やノウハウを解説してます ちなみに、これから読書家になろうとしている人は、Kindle Unlimitedがおすすめです。 膨大な種類の本があり、しかも初回30日間無料です。 読書家の人は絶対にチェックしておいた方が良いでしょう! 読書講座ガイダンス:読書の圧倒的なメリットを理解しよう 読書講座第1回:ビジネス書は意味がない?ビジネス書は初心者にとって一番継続しやすい読書 読書講座第2回:あなどってない?小説の魅力は圧倒的だった… 読書講座第3回:メリットを実感しやすい本とは?本の選び方 読書講座第4回:読書でメリットを得る超具体的な方法 読書講座第5回:忙しいサラリーマンには本の選び方は超重要?良書の選び方は? 読書講座第6回:読書のメリットが得られるのはどのくらいから?本を読む量の目安とは? 読書講座第7回:本を買うお金がない人におすすめの節約術は? 読書講座第8回:読書のメリットを最大限にする?読書ノートの書き方とは? 読書講座まとめ:読書が楽しくなるまとめ記事!.

次の