扁桃 腺 白い 治し 方。 扁桃腺の腫れに!おすすめ市販薬7選と3種の処方薬!

喉の奥に白いできものが!3つの原因と対処法をご紹介!

扁桃 腺 白い 治し 方

熱はないのに扁桃腺が腫れる原因 喉の乾燥 発熱はしていないのに扁桃腺が腫れるという症状の場合、喉の乾燥によって引き起こされていることが考えられます。 喉の粘膜が乾燥してしまうことで、外部から侵入してきた細菌やウイルスによって扁桃腺が腫れやすい状態になってしまうのです。 そもそも扁桃腺とは、舌の付け根の両サイドにある小さなこぶのようなもののことを言います。 主に、喉から入ってくる細菌やウイルスを体内に侵入させるのを防ぐ免疫器官の役割があるのです。 喉の乾燥により扁桃腺の粘膜が乾燥するにつれて、そのバリア機能も低下し扁桃腺について病原体の増殖により炎症が起こり、腫れてしまうのです。 ドライマウスで喉が乾燥してしまう原因は口で呼吸をしてしまっていることが多いです。 人間の体は鼻で呼吸するようにできているのですが、鼻づまりを起こしていたり、癖になってしまっていると口呼吸をしてしまい喉の乾燥につながるのです。 ドライマウスや喉の乾燥の具体的な原因については以下の記事で解説していますのでぜひ参考にしてください。 参考: 急激な気温変化 特に季節の変わり目など気温の変化が激しい時期は、体調を崩しやすく扁桃腺が腫れる原因にもなってしまいます。 人間は恒温動物なので、周囲の気温に関わらず一定の体温を保つことができます。 しかし、体温を保つためには多くのエネルギーを必要とします。 気温変化が激しい時期は、エネルギーの消耗が激しく、免疫力も低下し体調を崩しやすくなってしまうのです。 扁桃腺は上述したように、病原体が外部から侵入してくることを防ぐ免疫器官でした。 しかし、急激な気温変化により抵抗力が低下し扁桃腺が腫れてしまうのです。 なので、気温の変化が激しい時期は脱いだり着たりしやすい服装にしたり、ビタミン類など体の免疫系を助ける栄養素をしっかりと摂取することが大切になります。 ストレス 精神的ストレスがたまることも熱はないのに扁桃腺が腫れる要因になります。 精神的ストレスを受けることで、体の生理機能をつかさどる自律神経系が乱れてしまいます。 自律神経系は、活動する神経である「交感神経」と休息する神経である「副交感神経」から成っています。 ストレスにより自律神経系が乱れ、交感神経が副交感神経より優位になることで扁桃腺の腫れにつながってしまうのです。 疲労 睡眠不足や十分な休養が取れていないことで体が疲労状態にあると、免疫系は著しく低下します。 このような慢性的な疲労続く生活続けていると、外部からの細菌やウイルスに対抗することができなくなり扁桃腺が腫れてしまうのです。 そして、さらに悪化すると発熱や喉の痛み、鼻水などの風邪症状を伴うことも多いです。 特に睡眠時間は、体が正常に機能するためにとても重要です。 忙しい時期でもうまく時間を管理して、6〜8時間の睡眠時間を取れるようにしましょう。 喫煙 喫煙をする方はタバコの煙が原因で扁桃腺が腫れている可能性が疑われます。 特に、タバコの煙に含まれるタールという成分は扁桃腺や喉の粘膜を刺激し、炎症を起こしやすくしてしまうのです。 扁桃腺の腫れや喉の痛みがある場合は喫煙は必ず控えるようにしましょう。 飲酒 アルコールの過剰摂取も扁桃腺の腫れにつながります。 アルコールによって扁桃体の粘膜が刺激され炎症を起こしてしまうのです。 特に、ほぼ毎日飲酒しているような方はアルコールによる扁桃腺の腫れである可能性があるため控えるようにした方がいいでしょう。 病気による発熱のない扁桃腺の腫れ 風邪 風邪とは上気道(喉や鼻)の炎症の総称のことを言います。 風邪症状では一般的に発熱を伴うことが多いです。 しかし、扁桃腺が腫れているのに熱は出ていないときは、風邪を引き起こす病原体(細菌やウイルス)の潜伏期間であることが考えられるのです。 つまり、喉から侵入してきた病原体によって扁桃体で炎症を起こし、体内に侵入しているけれども、まだ風邪の症状が表れる前の状態であるということです。 なので、扁桃腺が腫れているのに発熱がないときは、風邪の初期症状であることが疑われ、少し時間が経過してから徐々に熱も出てくることがあるのです。 このように熱はない扁桃腺の腫れは放っておくと、発熱や咳、喉の痛みなどの症状が表れてくることもあるので内科や耳鼻咽頭科を受診するなどの対処をしていきましょう。 急性扁桃腺炎 急性扁桃腺炎は、喉にある扁桃腺が赤く腫れることが代表的な症状である病気です。 初期症状では、喉の違和感や扁桃腺の腫れだけが表れ発熱は伴わないこともあります。 しかし、症状が悪化するにつれて以下のような症状が表れてきます。 喉の痛みがさらに激しくなる• 倦怠感 急性扁桃腺炎は風邪と似ているので、症状が悪化するまでなかなか自覚することが難しい病気となっています。 このような扁桃腺の腫れを治す方法については以下の記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 慢性扁桃腺炎 慢性扁桃腺炎は年に数回、扁桃腺が腫れる病気です。 慢性扁桃腺炎は急性扁桃腺炎とは違い、熱が高くならないことも多く、喉の腫れや痛みといった症状が中心になります。 しかし、扁桃腺炎が慢性化すると扁桃の摘出などにつながる恐れもあるので、早めに医療機関で検査してもらうことをおすすめします。

次の

喉の奥に白いものが見えたらそれは口臭の元です。正しく取る方法とは?

扁桃 腺 白い 治し 方

膿栓って一体何なの? 1-1. 膿栓 臭い玉 について 膿栓とは、俗に臭い玉と言われるもので、喉の奥にできる白い塊です。 通常は 1ミリくらいですが、大きいものでは 5ミリくらいになることもあります。 咳をした拍子などに外へ出てくることがあり、その臭いは下水やドブ川みたいな臭いと例えられることもあります。 1-2. 膿栓ができる原因と臭いの元 膿栓は、扁桃腺とも言われる喉の奥の左右両側にあるリンパ組織、扁桃に発生します。 扁桃は喉から侵入するウイルスや細菌を防御するための器官で、ここに付着した細菌を退治してくれます。 この細菌の死骸などが塊となることで膿栓ができます。 いわば、白血球の残骸や細菌の死骸でできる膿と同じようなものなので、その臭いも膿に近いものになります。 扁桃の表面にはたくさんの小さなくぼみが存在していて、膿栓はそのくぼみにたまっていきます。 1-3. 膿栓は口臭の原因になる? 膿栓は扁桃腺を持っていたら基本的にできるものです。 多くの場合、咳やくしゃみにより外へ排出されたり、つばや食べ物と一緒に飲み込まれたりするので、口臭に大きな影響を及ぼしません。 しかし、口腔内が乾燥している場合など、細菌が溜まりやすく膿栓ができやすい状況になってしまうと、口臭の原因になることもあります。 1-4. 歯垢と膿栓の違い 膿栓のほかに口腔内にできる塊として、歯垢があります。 歯垢は、歯の表面に付着した食べ物の残りカスなどから細菌が繁殖することで発生します。 歯垢は歯周病などの疾患を引き起こす原因にもなり、お口の中の清掃を丁寧に行うことで発生を抑制することができます。 膿栓がたまってしまう原因は? 2-1 扁桃腺のくぼみの大きさの違い 膿栓が溜まるところは、扁桃腺の陰窩(いんか)と呼ばれるくぼみです。 このくぼみが小さい人は溜まりにくく、大きい人は溜まりやすくなります。 これは、扁桃腺の形状の先天的な違いによるものです。 2-2 扁桃腺の炎症 扁桃腺が細菌やウイルスなどにより炎症を起こし、絶えず細菌と戦っている状態が続けば、より多くの細菌の死骸が出ることになります。 こうなると自然な排出が間に合わず、膿栓が溜まりやすくなります。 2-3 口呼吸 鼻呼吸をしていれば、鼻のフィルターによって細菌が侵入しにくくなります。 しかし、口呼吸が習慣となっている人は、直接喉に細菌が侵入するので、膿栓が溜まりやすくなります。 2-4 ドライマウス 唾液が十分に出ていれば、自然に扁桃腺を洗い流すことができますが、唾液の分泌量が少ないドライマウスは、膿栓がたまりやすい一因となります。 溜まった膿栓は自分で除去できる?治療したほうがよい? 3-1. 膿栓は放置しても大丈夫? 通常の膿栓の場合、放置していても問題はありません。 しかし、膿栓が溜まり続けることで慢性扁桃炎が引き起こる場合もあります。 そのため、喉の違和感が続く、風邪のたびに喉を痛めやすい、扁桃炎になりやすい方などは医療機関を受診することを検討してみてください。 また、口臭が気になってしまう場合にも、無理せずに医療機関に相談してみましょう。 3-2. 自分で除去することはおすすめできません 溜まった膿栓は口臭を引き起こすだけでなく、喉に違和感を覚えるものですが、病院に足を運ぶのも面倒だし、自分で手軽に取りたいと考える人もいるでしょう。 綿棒や注射器のようなもので取り除く方法なども紹介されていますが、根本的な治療にならないばかりか、扁桃腺や喉を傷つける危険もあるので、おすすめできません。 3-3. 気になったら耳鼻咽喉科や歯科口腔外科のある歯医者さんに相談 膿栓は耳鼻咽喉科や歯科口腔外科のある歯医者さんなどで、除去してもらうことや洗浄してもらうことが可能です。 ただし、膿栓を一時的に除去しても、根本的な治療にはならず、また溜まってしまう可能性もあります。 どのような原因によるものなのか、こうした医院に相談し、原因を診断してもらう必要があります。 膿栓の根本的な改善策は? 膿栓は、単に取り除くだけでは改善できないもので、喉への細菌の侵入を減らし、常に口内の衛生環境を保つことが、膿栓への予防や根本的な改善策となります。 4-1 イソジンなどで頻繁にうがいする 口内の衛生環境を保つ上で、作用が期待できる方法の一つが、イソジンなどのうがい薬を使ってうがいをすることです。 食事の後や外から帰ってきた後などのうがいを習慣づけましょう 4-2 鼻呼吸を心がける 口呼吸をやめて、鼻呼吸を心がけることも、膿栓の改善につながります。 鼻で呼吸することで、喉への直接的な細菌の侵入を避け、さらに空気を加湿してくれる作用があるからです。 また、慢性的に鼻が詰まっていて、鼻呼吸が難しいという方は、マスクの着用もよいですが、一度、耳鼻咽喉科に相談してみましょう。 4-3 鼻うがいを行う 鼻うがいをすることで、鼻の通りを良くすると、鼻呼吸をしやすくなります。 鼻うがい専用薬などを用い、片方の鼻の穴を塞いで、もう片方の鼻から吸い込みます。 真水で行うとツーンと痛みますが、専用薬では、こうした不快感がありません。 鼻の奥の喉の付近まで、すっきりと洗浄することができます。 4-4 扁桃腺の切除手術をする 扁桃腺手術によって取り除くことで、膿栓自体を溜まらなくすることも可能です。 長年、膿栓に悩まされてきた方は、こうした手術によって大きく改善するケースもあります。 ただし、手術後も症状が出てしまったという報告もあるので、まずは歯科医師に相談しましょう。 まとめ 膿栓ができるのは、喉から侵入する細菌を防いでいる証しですが、膿栓が長く喉に溜まりやすい人にとっては口臭の原因となります。 改善するポイントは、喉への直接的な外気の侵入を軽減することです。 鼻呼吸を心がけ、うがいや鼻うがいをすることで、口内環境を清潔に保つことが改善するための基本となります。 【監修医 貝塚 浩二先生のコメント】 特に予防が重要です。 膿栓は乾燥している口腔内にできやすいため、だ液の分泌を促して口腔内を潤すことが大切です。 また、だ液には抗菌・殺菌の作用もあり、だ液を出すことで口腔内の細菌の繁殖が抑えられ、膿栓や口臭の発生を抑えることができます。 膿栓の予防におすすめなのが、だ液腺マッサージです。 口の中にあるだ液腺を刺激することで、だ液の分泌を促し、口腔内を潤します。 ただ口腔乾燥が有る場合、他の病気があることもあるので、良くかかりつけ歯科医院に相談して下さい!.

次の

扁桃腺に白い斑点ができたけど熱はなく痛くない場合は自然治癒はできるの?

扁桃 腺 白い 治し 方

扁桃腺の役割 まず扁桃腺の役割がどういうものなのか知っていますか? 扁桃腺という呼び方は実は正式なものではなく、正式名称は口蓋扁桃(こうがいへんとう)と言います。 扁桃腺は体の中で免疫細胞を沢山持っていて、 体の中に入り込もうとする菌やウイルスから、体を守ってくれている役割を持っています。 扁桃腺は自分の体の免疫力が正常に働いているかを知ることのできる器官です。 様々な原因と治し方 この扁桃腺が腫れてしまうということは、免疫力が落ちているサインです。 免疫力と言っても体調だけでなく、ストレスや自律神経の乱れも関係してきます。 基本的に人間はストレスをため込まないように、ある程度は睡眠をとったり、ストレスを発散したりストレス解消のために趣味に時間を使ったりして、自分の体が正常に働くようになっています。 ですがそれはある程度はそうやって自力でなんとかできる、ということです。 過剰なストレス負荷が長期間で続いてしまったりすると体がストレスの処理に追い付かなくなってしまい免疫力が下がったり、体調を崩す結果になってしまいます。 ストレスが原因の場合治し方はストレス解消をすることが一番です。 運動など体を動かすことがいい人もいれば、静かに本を読んだり休息をしている方がいい人もいます。 自分が思うストレスの発散方法でストレスを発散させるようにしましょう。 他にも食生活が乱れていたりすると、扁桃腺が腫れる原因になったりもします。 ジャンクフードを食べる生活が続いていたり、同じものばかり食べていたり、反対に多忙な生活が続いていて何も食べていなかったりすると 栄養バランスが取れておらず体調が崩れて扁桃腺が腫れます。 食生活を意識してみると バランスのとれた食事ができていないことがあります。 普段から栄養バランスの取れているものを摂取している場合は食生活が原因ではないのかもしれませんが、健康にいい食事をしておけばもし扁桃腺の腫れを感じたときも早く治せることに繋がると思います。 栄養バランスを考えて食事をする為には野菜を多く摂る必要があります。 野菜不足になりやすくなってしまっている人は多いですが、 野菜不足は簡単に対策をすることが可能です。 一番手軽な方法は青汁を飲むことですが青汁を飲んだことがない人もとても多いです。 そんな青汁初心者の人は少なからず青汁にいいイメージを持っていないと思います。 ほとんどの人が 苦そう、まずいという考えかもしれませんが、最近では おいしく飲める青汁も増えているんです。 オーガニックフルーツ青汁って知っていますか?青汁なのにフルーツを使用しているから 苦みが少なくフルーティーな風味で飲むことができるんです。 青汁の効果はそのままに味は美味しくなっているので飲みやすいと口コミでも高評価。 その口コミが本当なのかどうかを調べるために 実際に飲んでみた記事もありますので是非見てください。 こういった自分の体調が関わってくるようなことが原因になっている場合もありますが、 気温の変化や乾燥した空気が関わってくることもあります。 時間帯によって気温の変化が激しい時期などは特に注意です。 寒暖のにも注意が必要! 寒暖差が激しいと自分の体が外の温度の変化についていけず、風邪を引いて扁桃腺が腫れてしまうことがあります。 寒さ対策、熱さ対策をしっかりするようにして、 汗をかいた時はそのままにせずしっかりと拭いて体が冷えないようにしておくことが大切です。 お風呂上りに濡れた髪をそのままいにしておくのもNGです。 夏でも夏風邪を引き起こす原因になったりするのでできるだけ早くドライヤーで乾かすようにしましょう。 また空気が乾燥していると空気が通る道である喉は、乾燥しやすくなってしまいます。 人によっては部屋の中にいても空気が乾燥している時は、乾燥を肌で感じたりすることもあるようです。 扁桃腺は乾燥が大敵と言っても過言ではないほど乾燥に弱いです。 喉が乾燥しているということは喉に乾燥した空気が入ってきているので、空気と一緒に体に悪影響な菌が入り込んで、扁桃腺を刺激していることがあります。 冬になると乾燥で風邪菌が繁殖しやすくなって風邪が流行することと同じですね。 いつでも部屋の湿度を保っておくと部屋の中の乾燥で扁桃腺が腫れることがあまりないように対策ができます。 外出時は加湿器をもって歩くことは難しいですしできるだけ水分を摂るようにして、 喉に潤いを与えて乾燥を防ぎましょう。 扁桃腺は本当に様々な理由から腫れることが原因とされています。 また扁桃腺が腫れたときはお風呂などに入るのはやめておきましょう。 ただ熱がまだ出ていない状況や症状が軽いときなどは入っても大丈夫ですが自分の体と相談するようにしてください。 風邪の時も高熱時にはお風呂に入らないようにしたりするように、お風呂に入るのには体力が必要です。 安静にしていたほうがいい時は無理に体を動かさないようにするのも早く扁桃腺の腫れを処置できる治し方です。 特に免疫力が落ちて風邪を引き始めたときに腫れて熱がでたりします。 その場合は風邪が悪化してきている証拠なので水分と休息をよくとりましょう。 熱が出るのは扁桃腺炎症を起こしていて、扁桃炎になっている可能性があります。 扁桃腺の炎症は危険! 扁桃炎にも段階があり、初期段階では「扁桃腺が赤く腫れる」「痛みを感じる」「食事の際に喉に違和感がある」などです。 この症状は軽い症状で、 風邪を引き始めたときに扁桃腺が腫れている、と言われるのはこの症状の時が多いです。 扁桃腺が腫れて高熱が出てくることを「急性扁桃炎」といわれています。 急性扁桃炎の症状• 高熱がでる• 関節痛• 初期段階よりも食事をするときに喉に違和感があり飲み込むときに痛みがる また扁桃腺が腫れて急性扁桃炎になると、中耳炎などの耳の病気も併せて引き起こすことがあります。 急性扁桃炎になると何をしていなくても扁桃腺が痛み食事をするのも億劫になってしまいます。 そうすると栄養失調や脱水症状になったりすることもあるので注意をしてください。 扁桃腺が腫れる原因の根本は先ほどお話したようにストレスや気温などのせいで免疫力が落ちることが原因です。 でも急性扁桃炎になるほど扁桃腺が腫れてしまうのはどんな原因があるのでしょうか? 早めに処置をしておかないと危険なものもあるんです。 急性扁桃炎は扁桃腺が腫れ始めた際に 常在菌が増殖して炎症を起こしていることが原因です。 私たちの体には常在菌がいくつも存在しています。 その常在菌はいつもなら免疫細胞を多く持った扁桃腺が増殖しないようにしてくれていますが、免疫力が下がってしまって扁桃腺が上手く機能しなくなって増殖をしてしまいます。 常在菌は様々で良く耳にする「インフルエンザ菌」も常在菌として私たちの体に潜んでいます。 扁桃腺の腫れが原因で インフルエンザ菌が増殖してインフルエンザになってしまうんです。 インフルエンザって重い症状の出る病気の一つですよね。 常在菌が増殖して酷い症状になるよりも早く扁桃腺の腫れを処置をするようにしましょう。 早くからの処置が治療への近道 1度扁桃炎になってから1年以内に扁桃炎に3~4回ほどかかってしまうのは「慢性扁桃炎」という扁桃炎にかかっている可能性があります。 この慢性扁桃炎も症状によっていくつかに分かれています。 「慢性単純性扁桃炎」と呼ばれるもので急性扁桃炎程の高熱は出ませんが、喉が痛くなったり違和感が続くものです。 扁桃炎を何回も繰り返すことで扁桃腺が大きく腫れてしまうので 小さい子供よりも大人に症状が出ることが多いです。 扁桃腺そのものにはあまり症状はでず、喉に違和感や軽い痛みがあるものを「扁桃病巣感染症」というものです。 これは皮膚や関節など扁桃からは遠いところに症状が出ます。 他の病気も併発したりするので併発にも注意が必要な病気です。 小学校入学前の子供に多いのが「習慣性扁桃炎」というもので 急性扁桃炎を年に5回ほど繰り返すことがある病気です。 慢性扁桃炎はこの3つにだいたい分けられていて、原因は常在菌による炎症が原因になっています。 この炎症にはうがいや薬などで喉を清潔にしておくことが重要で、炎症が酷い場合には抗生剤の使用をしたりすることが有力です。 あまりにも扁桃炎がひどくなっていて、扁桃周囲膿瘍などにまで発展している場合は体にとってもすごく危険なので扁桃腺を摘出したりすることも考えなくてはなりません。 でも摘出ってちょっと怖いですよね。 体の1部がなくなってしまって他にどこか悪いところが出てきたりしても嫌だし、扁桃腺が腫れても酷くならないように初期段階で扁桃腺の腫れが引くように処置をするようにしましょう。 治し方を知らないと早く処置ができない 扁桃腺が腫れる原因、そして扁桃炎の種類についても結構理解ができたんじゃないでしょうか? 原因が違えば治し方や予防の仕方も変わってきますが、扁桃腺が腫れる原因を知って原因から治すことができれば、慢性扁桃炎のように繰り返すことも少なくなると思います。 逆に治し方を知らずに放っておくと扁桃線の腫れはどんどん酷くなっていきます。 酷くなればなるほど治りも遅くなるし症状も重くなります。 最終的には摘出という言葉まで出てくるぐらいです。 風邪の引き始めのサイン程度にしか思っていなかった扁桃腺の腫れってものすごく怖いことなんですね。 高熱がでたり、何度も繰り返すようになる前に早くからの処置をすることが大切です。 扁桃腺の腫れが見られるときには激しい運動などをせず安静にしていることが1番の治し方かもしれませんね。

次の