ライオン キング ハイエナ 声。 超実写『ライオン・キング』吹き替え声優キャストまとめ

ライオン・キング

ライオン キング ハイエナ 声

takochiは、幼い頃から絵本やビデオで何度も「ライオンキング」を観ましたし、大人になってからは、たった一度だけですが劇団四季の舞台も鑑賞しました。 何度この作品に触れても、全く飽きないのは映像やビジュアルの美しさもさることながら、声優さんたちや、挿入歌の素晴らしさにあるのではないかと感じています。 では、アニメ版の声優さんたちと、挿入歌を一覧にしてご紹介しますね^^ 目次• 。oO(プレミアム吹替版も、大和田伸也さんが担当🎵) — ディズニー・スタジオ disneystudiojp 大和田伸也さんは、2019年8月に公開された 実写版でもムファサの声を担当しています。 アニメ版のムファサの吹き替えから数年経過していますが、ますます重厚な王を演じていただいています^^ ムファサの声は大和田さん以外に考えられない!というファンも多いですよね。 毎日胸が痛むニュース。 大切な人を亡くす人がどれだけ多いか。 こんな今だから、「星を見よ。 過ぎ去りし偉大な王たちが我らを見守っていてくれる」という ムファサの言葉に励みと希望をもらえる。 大和田さんありがとう。 また花丸な笑顔で笑いあえますように。 — 三日月 ボーバトン聴講生 becomeswind シンバ 子供 中崎達也 中崎達也さんは1982年4月生まれの声優さんで、俳優としてドラマにも出演しています。 アニメ版のシンバの吹替えをした当時は12〜13歳で、まだ声変わりの前だったようです。 声優としての吹替えはライオンキングだけでなく「アニメ・ジャングルブック」ではモーグリ役、「ライオンキング・ハクナマタタ」では再びシンバを演じています。 また、ちょっと成長した声で「こどものおもちゃ」の羽山の声を吹替えていました。 やっぱり!!! 」 こどものおもちゃの羽山~!! animatetimes. 宮本充さん。 「こち亀」の中川巡査と、「ルパンレンジャーvsパトレンジャー」のドグラニオ・ヤーブン。 — 令和の土星人@現場全滅 4568Ts ナラ 子供 山本 純子 山本純子さんについての詳しい情報は、見つけることができませんでした。 ナラ 大人 華村 りこ 現在はRIKOさんとして活動中。 宝塚出身の俳優・声優さんです。 ライオンキングシリーズでは全てナラの声を担当していますが、RIKOさんはアニメよりドラマの吹き替えを中心に活動されているようです。 スカー 壤 晴彦(じょう はるひこ) 「麦草平」の芸名でも出演作があります。 俳優として舞台での活躍が多いのですが、吹き替えはアニメより映画が中心のようです。 『パイレーツ・オブ・カリビアン』のヘクター・バルボッサや、『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュを演じています。 スカーは霊体として登場します。 マグマに霊体が混じって復活します。 animatetimes. 三ツ矢雄二さんが吹き替えた作品は、一体何作あるのか数しれず…。 アニメやドラマ・映画など、どのジャンルでも出演しています。 現在は、声優育成のための後進指導も行っています。 アニメライオンキングのブンパァだけでなく、劇団四季での舞台でもブンパァを担当していました。 20周年!!!👏 ロングラン、本当にすごいなあ。 もう1回、あと1回でいいから観たいな。 小林アトムのプンバァ。 ラフィキ 槐 柳二 さいかち りゅうじさんとお読みします。 2017年に87歳でお亡くなりになっていますが、1960年代(30代)の頃から。 お爺さん・老人の役が多く、しわがれ声を活かした役が中心だったようです。 ライオンキングのラフィキさながら、娘を持ち上げてソファーの上に立ち、息子とサークルオブライフを高らかに歌いあげるという遊びにはまってる、愉快な我が家。 — よすこす agentY16 ザズー 梅津 秀行 本日はアニメ声優コース一年生のオータムセミナーです! 81プロデュースの実力派声優、ライオンキングのザズー役でお馴染み、梅津秀行さんのアテレコ授業です! 細かい演技のポイントをアドバイス、時には実演もして頂きました! — 放送芸術学院専門学校 bacoas 梅津秀行さんは東京医科歯科大学を卒業しています。 出演作品もかぞえきれません。 戦隊ヒーローシリーズにも数多く出演!!獣拳戦隊ゲキレンジャー(四幻将サンヨの声)など^^ 現在は声優養成のためにも尽力されています。 一度聞いたら忘れられない声ですよね。 ライオンキングの声優さんたちは、皆さん個性的で表現力豊かな方ばかりです。

次の

ライオンキング実写版吹き替えの声優が最悪?キャスト俳優の評判は?

ライオン キング ハイエナ 声

32番目のディズニーアニメーション作品。 公開を待たずに事故死()した社長(当時)で冒険家でもあるに捧げるとするメッセージで(スペシャル・エディションは『』『』と同じオレンジ色のシンデレラ城のロゴで)物語が始まる。 にはも公開された。 反響 と呼ばれる時期に作られた成功作のうちの1本である。 9億8千万ドルという興行収入を上げ、これは『』『』に次ぎアニメ映画史上NO. 3である(参照)。 しかしインフレ調整版では『アナと雪の女王』よりも上であり、2016年現在映画史上最も観客動員数が多かったアニメ映画となっている。 セルビデオの売上は2003年夏で5500万本 で、全てのを含めても世界一の記録である。 日本の出荷数は200万本。 の売上は1500万枚 で、アニメ作品としてはの記録である。 ストーリー 動物たちの王国、プライド・ランド。 その王として尊敬を集めるのムファサとサラビの間に次期王となる息子シンバが誕生した。 シンバ誕生の儀式に大勢の動物たちが集まりシンバを称える。 一方、シンバの叔父かつムファサの弟 敵 で次期王に選ばれなかったスカーは儀式を欠席し、王になる事ができない自分の立場を呪っていた。 その後、ムファサはシンバに自然界を支配するバランス、サークル・オブ・ライフ the Circle of Life, 生命の環 について、また王としての心構えについて教えた。 シンバは叔父のスカーに自分が王になれることを話すとスカーは思わず口を滑らせてシンバに「ゾウの墓場」のことを話してしまい、「あそこへは行くな」と忠告するが、シンバはその忠告を無視しガールフレンドで幼馴染のナラを誘い、の執事・ザズーの目を盗んでゾウの墓場へ遊びに行ってしまう。 しかしそこはなんと、ハイエナ達の住処だったのだ。 シンバとナラはハイエナ達に襲われるが、助けに来た父のムファサに命を救われる。 帰りにムファサはシンバを厳しく叱り、約束を破ってしまったことを反省したシンバは「父さんみたいな勇敢で怖いもの知らずなライオンになりたかった」と打ち明ける。 ムファサはそれに対して「勇気と無謀は別だ。 王にだって怖いものはある」とシンバを失う不安があったことと王としての誇りを教え、更に星空を見上げて「歴代の王が見守っている」と諭した。 その頃、火山の噴火口のハイエナ達の住処で傷だらけになったハイエナ達の前にスカーが現れた。 実はスカーは自分が王の座に就くためにムファサとシンバを亡き者にしようと、ハイエナ達と手を組んで暗躍していたのだった。 今回の作戦が失敗したスカーはハイエナ達に自分の餌を与え、再び作戦を練り直す。 ある日、スカーはシンバに「お前を驚かすものがあるから待っていろ、それから吠え方も練習した方が良い」と嘘をつき、荒野に取り残す。 シンバは言われた通りに吠える練習をすると、突然地面が揺れ出した。 シンバがふと見上げると崖の上のの群れが暴走しだしたのだ。 必死にヌーから逃げるシンバだが、とうとう追い詰められてしまった。 ムファサは何とかシンバを救いあげるが、今にも崖から滑り落ちそうだった。 崖をあがくムファサはスカーに助けを求めるがスカーに裏切られ、そのまま突き落とされてしまった。 シンバが崖から降りるとムファサは既に死んでいた。 父の死に途方に暮れるシンバの前にスカーが現れ、シンバはスカーに濡れ衣を着せられ追放されてしまった。 ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドは完全にスカーに支配されてしまった。 父親を失い、故郷を追われ、絶望に打ちのめされていたシンバは砂漠で行き倒れになり、ハゲワシに食べられかけた。 そこにのティモンとのプンバァが現れ、偶然にも助けられた。 当初は肉食のシンバを敵視していたティモンだったが、シンバを味方にすれば敵に襲われなくても済むと考えたプンバァの提案を受け入れ、彼を仲間にすることにした。 しかし、過去のことで元気のないシンバは2匹と一緒に「ハクナ・マタタ(Hakuna Matata, スワヒリ語で『くよくよするな』の意味)」をモットーとした暮らしを続け、立派なオスライオンへと成長する。 しかし、シンバは未だに過去を引きずっていたため、星空について話あった時に2匹にからかわれたため落ち込んでしまう。 すると、偶然にもフケが飛び散り、遠くプライド・ランドまで届いたその臭いを嗅いだのラフィキはシンバがまだ生きていることを確信した。 一方プライド・ランドは、スカーによって荒廃していた。 もう食料も残っておらずみんな飢え死に寸前だったが、スカーは王位に就いたことに満足し現状を変えようとしなかった。 シンバは、助けを求めて故郷を出てきたナラと偶然にも再会し、王国の現状を知らされる。 過去と向き合うことに躊躇し、葛藤するシンバはナラの説得に応じずにその場を出て行ってしまう。 落ち込む彼にラフィキと父の幻に導かれ、スカーと対決して王国の平和を取り戻すことを決意する。 自由な暮らしが奪われる不安を抱いていたティモンとプンバァもナラからシンバが王国へ戻りに向かってることを聞き、彼の後を追った。 帰還したシンバはスカーと対決しようとした。 しかし、スカーは「お前のせいで父親が死んだ。 その父親をお前が殺した!」とシンバをなじって崖に突き飛ばし、燃え上がる炎に落とそうとした。 その光景を見たスカーは冥途の土産に「俺がムファサを殺した」と耳元で暴露する。 それを聞いて激怒したシンバは崖から脱出してスカーに襲いかかる。 みんなの前で真実を言わざるを得なくなったスカーはハイエナ達に後詰をさせて逃げ惑うものの、とうとうシンバに追い詰められてしまった。 弱気になったスカーは「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをして見逃してもらうとするが、シンバにはそんな見え透いた嘘は通じなかった。 「無力な叔父を殺す気か?」と弱音を吐くスカーにシンバは「お前とは違う」と言い放つ。 それを聞いて命拾いしたスカーは何でもすると言うが、シンバが言い渡したのは永久追放だった。 スカーは出ていくフリをしてシンバを油断させ襲いかかるが、一瞬の隙を突かれそのまま崖から突き落とされた。 スカーが起き上がるとそこにはハイエナ達が待ち伏せしていた。 ホッとしたスカーは「真実の友よ」とつぶやくが、前述の命乞いを全てハイエナ達に聞かれており、ハイエナ達からも愛想を尽かされ、食い殺されてしまった。 スカーが倒されたことでプライド・ランドに平和が戻り、シンバは勝利の雄たけびを上げた。 そして、シンバはプライド・ランドの新たな王となり、ナラと結婚して、その間に子供が産まれた。 主要キャラクター シンバ Simba 本作のである、子供のオスライオン。 プライド・ランドの王であるムファサと女王サラビの息子。 アハディとウルの孫。 茶色と黄色の中間的な体色と赤い鬣(たてがみ)と目を持つ。 一人称は幼少期の頃は「僕」と統一していたが、成長してから「俺」・「僕」と使い分けていた。 ムファサとサラビの愛情を一心に受けて育つ。 幼少期はやんちゃで、スカーにそそのかされた事にも気づかず、勇気を示そうとムファサの命に背いて危険なゾウの墓場へ行ってしまい、「勇気と無謀は違う」と叱られたこともあった。 ある時に叔父のスカーに乗せられ何も知らないまま遠吠えの練習をしていた際にの大暴走に巻き込まれ、その事でシンバを助けたムファサが死亡してしまい、スカーの発言もあり故郷であるプライド・ランドから追放されてしまう。 その後はティモンとプンバァに出会い、二匹に助けられながら共に育っていき、立派なオスライオンへと成長していく。 その後、再会したナラにプライド・ランドがスカーとハイエナに乗っ取られたことを聞き戻るよう誘われるも、自暴自棄で自分の過去を忘れたいと思ったがために彼女の説得に応じなくなってしまう。 しかし、ラフィキや父の幻に励まされ、ナラや自分を案じて合流したティモン達と共に帰還。 一度は追い詰められるがスカーが父の仇であると知ると激怒し態勢を立て直す。 スカーを撃破後、プライド・ランドの新たな王となった。 『』及び『』では召喚獣として登場する。 『』ではプライド・ランドでの仲間キャラクターとして登場する。 名前はスワヒリ語で「ライオン」を意味する。 ナラ Nala サラフィナの娘で、シンバとは幼馴染で一番の親友。 本作のヒロイン。 真っ白の体毛で青い目をしている。 一人称は「あたし」または「わたし」。 プライド・ランドの危機の際には、群れを離れ、単身で助けを求めにきた。 子供の頃はお転婆で活発な女の子であった。 勝ち気なメスライオンであり、シンバとの取っ組み合いで圧倒することがあるなど、体力もある。 ひょんなことから成長したシンバと再会し故郷に戻るよう誘うも、シンバが自暴自棄になってたため彼の消極的な態度に腹を立ててしまうが、シンバがプライド・ランドへ戻る決意をしたと知り、和解した。 スカーとの決戦時にはハイエナの群れに立ち向かった。 平和が戻ってからシンバと結ばれ、プライド・ランドの王妃となる。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「贈り物」を意味する。 ムファサ Mufasa プライド・ランドの王で、シンバの父親であり、アハディとウルの長男でスカーの兄であるオスライオン。 息子同様の体色と鬣をしている。 一人称は「私」(シンバの前では「父さん」)。 シンバの良心的な父親であり、誰からも信頼されている誠実で誇り高い王であった。 王である責任から厳格にふるまっており、ゾウの墓場へ立ち入ったシンバに事の重大さや、勇気と無謀の違いを厳しく説いたり、弟のスカーが取った不敬行為も贔屓せずに冷徹に対応した。 しかし、最期はスカーの策略により、ヌーの大暴走に巻き込まれたシンバを助け、崖をあがくが、スカーに崖から落とされて殺害された。 その後、シンバを天から見守り自分を見失いかけた彼を励ます。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 仲間 ラフィキ Rafiki 年老いた(見た目は)。 であり、王の最初の子供の誕生の儀式では欠かせない存在となっている。 ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドがスカーによって支配された時は落ち込んでいたが、偶然にも風に飛ばされたシンバのフケの臭いを嗅いでシンバが生きていることを確信する。 自分を見失って悩んでいたシンバを導いた。 また、プンバァとティモンにハクナ・マタタを教えた人物でもある。 年は取っているものの格闘技術は相当なもので集団で襲ってきたハイエナを仕留めたほどである。 一人称は「ワシ」。 なお、3でティモンは最初に彼に会っているが、当時その設定がなかったため、ラフィキがナラやティモン達に「王(シンバ)は戻られた」と言う場面で初対面という設定になった。 『キングダムハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「友」を意味する。 ザズー Zazu プライド・ランドの王に仕えるの。 幼少期のシンバ、ナラの面倒をみることもあり、そのやんちゃぶりには手を焼いていた。 王に忠実である故かムファサの命令には逆らえず、彼にシンバの狩りの練習相手になるよう押し付けられている。 シンバ誕生の儀式を欠席したスカーに対して「出来損ない」「家族の恥さらし」「敷物にしてひっぱたいてやります」などと陰口を叩いていた。 ムファサの死によってスカーが王となってからもプライド・ランドへ残ったが、スカーによって骨で作った檻に幽閉され、彼の傍若無人な振る舞いに辟易していた。 しかし、ティモンとプンバァによって解放された。 礼儀正しく、ツッコミ役を担うことも多い。 一人称は「わたくし」。 ティモン Timon 砂漠のに住む。 陽気な性格でお調子者。 一人称は「オレ」。 プンバァと共にシンバを助けたことが縁で親友になった。 当初は肉食のシンバを怖がっていたが、シンバを味方にすれば外敵に襲われずに済むと考え仲間として歓迎した。 シンバの子育ての時にはザズー同様、やんちゃぶりに手を焼き、その苦労を「子育て地獄」と称した。 口は悪い上気が小さく、危機に陥ると保身に走ることもある一方、プライド・ランドへ戻ることを決めたシンバを放っておけずに協力するなど面倒見が良い。 頭の回転が非常に速く、様々な作戦を思いつく。 以前は穴掘りの仕事が嫌になったのが災いして、ハイエナに故郷を襲われた折に仲間から除け者にされてしまい、自ら故郷を出た。 放浪中にラフィキにハクナ・マタタの精神を学び、プンバァと出逢う。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 プンバァ Pumbaa ティモンの相棒の。 大変な大食いで虫が大好物。 一人称は「オレ」。 砂漠で倒れていたシンバを見つけ、助けたことが縁で親友になった。 ティモンと違い、シンバを恐れずにペットとして飼おうとした。 気が優しく力持ちで、成長したシンバがナラと再会したことでオアシスでの生活が終わることを危惧するティモンの妨害に協力するが、彼らに感動して共にプライド・ランドへ渡る。 のんきでおっとりしてはいるもののと呼ばれるのが嫌いで、ハイエナたちに「ブタ」と呼び捨てにされ激怒した勢いでハイエナの群れを蹴散らした。 ティモンと出会う前は、体臭やおならの臭いが酷く群れから追い出され、そのせいで友達がいなかった。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「にぶい」を意味する。 敵 スカー Scar アハディの次男で、ムファサの弟 敵 であるオスライオン。 シンバの叔父。 黒く長い鬣と痩躯、左目の傷が特徴。 本作の。 一人称は「俺」。 モデルは。 王位継承順位はムファサに次いで第二位であったが、王子であるシンバの誕生によって第三位になってしまった。 その事を不快に感じムファサとシンバを殺害しようと画策する。 影で、ライオンの敵であると組んでおり、言葉巧みに自分の計画に加担させるなど陰険かつ狡猾な性格であり、目的のためなら血の繋がった兄であるムファサを殺害するなど冷酷な心の持ち主である。 「力比べではひとかけらの自信もない」と発言しているが、シンバと互角の戦いを繰り広げるなど戦闘力は高い。 しかしながら、追い詰められた際には「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをし、王位についてからは自分の保身しか考えずムファサの名前を耳にするだけで癇癪を起こし、更に反乱を起こしたシンバ達からの戦いのさなかに逃げ出そうとするなど小心者な面もある。 ゾウの墓場に立ち入ったシンバを襲うようハイエナ達に指示するもムファサの妨害で失敗。 その後シンバをヌーの大暴走に巻き込ませ、助けに来たムファサを崖から突き落として殺害した。 そしてシンバに責任を負わせ、プライド・ランドから逃げ出すように仕向けた(この際にハイエナたちにシンバの殺害を命じているが、ハイエナ達はシンバが茨の森に落ちたことで深追いが厳しいと悟り、またシンバが生きているわけがないと高をくくったことで彼を逃がしてしまった)。 その後はプライド・ランドの王になり、ハイエナとメスライオン達を支配下に置いて傍若無人な生活をしていた。 だがハイエナ達が食い物を食べ荒らすそのやり方は早々にプライド・ランドの生態系を壊し 、次第にそのしわ寄せはメスライオン達を含めた他の動物はおろかハイエナ達にも影響し、ジェンシらからも「ムファサの頃の暮らしが良かった」と愚痴を言われる程だった。 その後、プライド・ランドに帰還したシンバをムファサと見間違えていたが、正体がわかると一進一退の闘いを繰り広げるも一瞬の隙を突かれ崖から突き落とされてしまう。 最後はシェンジらハイエナたちに助けを乞うが、前述の命乞いを聞かれていたせいで彼らの怒りを買い食い殺されるという、自業自得の最期を遂げた。 シンバらの人生に大きな影響を及ぼし、物語において最大の敵として描かれた。 暗い歌よりも明るい歌の方が好きだが、『』だけは聞きたくないらしい。 なお、本名は「タカ」であり、父のアハディが次期王をムファサに選んだため彼を見下すようになり、その時に自ら「スカー」と命名したらしい。 「スカー Scar 」とは英語で「傷」を意味する。 「タカ」とはスワヒリ語で「汚れ」「欲望」という意味がある。 続編となるテレビアニメの『』では、ライオン・ガードのリーダーとして仕切っていたが、力を持ったことで、プライド・ランドの覇権を得るためにムファサを倒そうと当時のライオン・ガードの仲間たちに計画を持ち掛けたが悉く断られたため、雄たけびの力で当時のライオン・ガード達全員を倒してしまったことが明らかになった。 『キングダム ハーツII』にも登場している。 ハイエナトリオ スカーの協力者であるのトリオ。 サイドストーリー『』では、ティモンの故郷を襲ったのも彼らであり、ティモンにとって彼らはトラウマにあたることが明らかになった。 スカーの命令には忠実で王に就いた彼に意見できる数少ない存在だった。 しかし終盤でシンバに追い詰められた彼が自分たちに罪をなすりつけたことを許せずにスカーを食い殺した後、プライド・ランドから逃走した。 『キングダム ハーツII』ではボスキャラクターとして登場する。 シェンジ(Shenzi) メスのハイエナでリーダー。 鬣が前に少し垂れていて、顔つきは彼女の声を担当する女優本人。 一人称は「アタシ」。 姉御肌でしっかり者、頭の回転が速い。 実質的にバンザイとエドを従えていて、色気が少し目立つ為、ティモンに告白されたこともある。 冷静さを欠くこともなく、スカーの治世でプライドランドが食料不足に陥った際は、感情的になるバンザイを抑え、落ち着いてスカーに現状報告をしていた。 「シェンジ」とはスワヒリ語で「獰猛」。 バンザイ(Banzai) オスのハイエナ。 一人称は「俺」。 気が荒っぽくぶっきらぼうだが、冷静なため仲介役。 感情は抑えられなくて口が悪くなっていくが、よくシェンジに口止めにされる。 ドジが多く喧嘩早いトラブルメーカー。 「バンザイ」とはスワヒリ語で「こそこそする」。 エド(Ed) オスのハイエナ。 いつも笑っていて何を考えているのかわからない無口で、犬みたいに鳴いている(一人称は、もしも喋っていたら「僕」)。 かなり子供っぽい行動もあるが、意外と頭の回転が早い。 その他 サラビ Sarabi ムファサの妻で、シンバの母親である心優しいメスライオン。 ムファサの死(シンバが死んだと思い込み、ショックを受けた)により未亡人になった後、王位に就き独裁政治を振るった義弟スカーに諫言するなど気丈な性格だったが、悉く撥ねつけられた。 大人になった息子のシンバと再会した時は、一瞬ムファサと見間違えたが、最愛の息子だとわかると喜んだ。 ムファサが死んだのは「自分のせいだ」と聞いた時に青ざめたが、スカーから「俺がムファサを殺した」との一言でシンバと共にハイエナ達と戦った。 名前はスワヒリ語で「蜃気楼」を意味する。 サラフィナ Sarafina ナラの母親であるメスライオン。 彼女の夫(ナラの父親)と思われるオスライオンも登場しているが、出番は少なかった。 なお、彼は自身がサラフィナの枕になって眠っていた。 コパ Kopa シンバとナラの息子(ムファサとサラビとサラフィナの孫息子)で、新しい次期王。 スカーを倒した後やエンディング前で登場するが、『』は登場せずに妹のキアラが登場する。 家系図通り、最初に生まれた子はコパという名前だが、映画版では名前が出て来ない。 名前はスワヒリ語で「心」を意味する。 モグラ ザズーにハイエナがプライド・ランドに現れたことを伝えた。 ヌーの群れ スカーの計画でシンバを襲ったヌーの大群。 一頭だけ転倒した。 絵本オリジナルキャラクター テレビではなく、絵本のみで登場している。 アハディ Ahadi ムファサとスカーの実父で、シンバとは父方の祖父にあたる。 体の色はムファサと同色、鬣はスカーと同色である。 ウル Uru ムファサとスカーの実母で、シンバとは父方の祖母にあたる。 体の色はスカーと同色である。 モハツ Mohatu ムファサとスカーの母方の祖父で、シンバとは父方の曽祖父にあたる。 Mheetu ナラの実弟で、シンバとは義弟にあたる。 挿入歌• "Circle of Life" サークル・オブ・ライフ 冒頭の歌詞は。 1994年度にノミネートされた。 "I Just Can't Wait to Be King" (王様になるのが待ちきれない)• "Be Prepared" 準備をしておけ• "Hakuna Matata" ハクナ・マタタ 1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされた。 "The Lion Sleeps Tonight" この歌は映画オリジナルの歌ではない。 "Can You Feel the Love Tonight" 愛を感じて 1994年度アカデミー歌曲賞を受賞した。 以下は日本語版クレジットのない挿入歌である。 I've Got a Bunch of Coconuts• It's a Small World• Hawaiian War Chant ハワイの戦争の歌 スペシャル・エディション 公開から9周年を迎えた後のに発売されたスペシャル・エディションのDVDは2枚組で、オリジナルの他に新たにスペシャル・エディション版本編(挿入歌に「朝のご報告」が加わり、開幕と終幕にオレンジ色の眠れる森の美女の城のロゴが登場する)や新作ゲーム(DVDのみ。 本編ディスク収録分はプレイランドと呼ばれる。 特典ディスク収録分は『ティモンとプンバァのバーチャルサファリ』)等が追加された。 またその翌年の7月に10周年を迎えると共に、日本で5周年を控えたのスペシャル・エディションが発売された。 その年の11月3日にはの短編集のDVDが発売された。 トリビア この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2013年2月)• ムファサの声を担当しているは、『』のの声を担当しているが、本作の中でシンバに語りかけるセリフのひとつに「お前は私の息子だ」というのがある。 これは『』の中でベイダーが息子であるに語りかけたセリフと同じである。 挿入歌"I Just Can't Wait to Be King"(早く王様になりたい)は当初、ムファサも参加する予定だったが、ジェームズ・アール・ジョーンズの声質に合わなかったため実現には至らなかった。 挿入歌"Be Prepared"(準備をしておけ)は、スカーの歌であるが、の声帯に異常が見られたため、後半部分のみが代役を担当している。 挿入歌"Hakuna Matata"(ハクナ・マタタ)では、プンバァがハクナ・マタタ精神に目覚めるまでの経緯が語られているが、制作段階ではティモンのミーアキャットの群れでの生活や、群れを離れるまでの経緯を描いた"ティモン・バージョン"が用意されていた。 ピクサー映画『トイ・ストーリー』の中で1フレーズだけ引越しの時に車の中で"Hakuna Matata"(ハクナ・マタタ)の曲が流れるシーンがある。 音楽を担当したは、作曲をする際にを使用している。 Mac内で録音されたパーツを融合させて作っていた。 終盤のシンバとスカーの対決シーンは、始めは「スカーがシンバをプライド・ロックの下へと投げ飛ばし、シンバは運よく下に在った木に捕まり、スカーはシンバが死んだと思い込んで高笑いし、その間に火がプライド・ロックの上へと燃え移りスカーが焼け死ぬ」というシナリオだった。 しかし、スタッフは「キャラクターが生きたまま焼かれるのはディズニー映画にしては怖すぎる」と反対意見が一致し、シーンの内容が変更された。 吹替版では、ムファサが死んだ事に関しスカーがシンバを「悪党め! 」と糾弾し、それがスカーの策略だったことがわかった際にシンバは「卑怯者! 」と糾弾し、逃げるスカーを追い詰めた際もシンバは「卑怯者め! 」と言っているが、いずれのシーンも原語版では「Murderer! 」と言っており本来は「人殺し、殺人者」という意味で、ディズニー映画としては過激な言葉である。 版ミュージカルでは原語版同様「人殺し」と言っている。 字幕スーパーではキャラクターに人間がいないこともあり、「父殺し」「卑怯者」「汚い奴」と訳されている。 キャスト 役名 原語版声優 日本語吹き替え シンバ 台詞: 歌: (鳴き声) シンバ(子供時代) 台詞: 歌: () ナラ 台詞: 歌: () ナラ(子供時代) 台詞:ニキータ・カラム 歌: ムファサ (鳴き声) サラビ () スカー 台詞: 歌(一部のみ): ティモン プンバァ () ザズー ラフィキ バンザイ シェンジ サラフィナ ジリス 宮本充 エド 原語版流用 ノビ 朝のご報告 役名 原語版声優 日本語吹き替え シンバ(子供時代) ムファサ 大和田伸也 ザズー 梅津秀行 スタッフ• 監督:、• 製作:• 脚本:、、• 音楽:• 主題曲:『』( Can You Feel the Love Tonight )歌・作曲:、作詞: 日本語版• 演出:• 音楽演出:• 翻訳:• 訳詞:/• 録音・調整:• 録音制作:• 制作監修:/• 制作: 功績• 1994年。 アニメーション賞。 1994年 作品賞(ミュージカル・コメディ部門)。 1994年 ゴールデングローブ賞 音楽賞。 1994年 ゴールデングローブ賞 歌曲賞。 盗作騒動 本作発表の前後、による1960年代のテレビアニメ『』とプロットやキャラクター、またいくつかのシーンが酷似しているという指摘がアメリカのファンやマスコミから提示された。 日本からはディズニー側の態度に疑念を抱いた漫画家のが、配給を行うブエナ・ビスタ・インターナショナルへ国際宅配便で質問状を送り、漫画家82人を含む計488人が質問の趣旨に賛同して署名を添えた。 これに対しディズニーは当初、製作者は『ジャングル大帝』を知らず、『ジャングル大帝』に似ているのは偶然の一致に過ぎないと反論した。 しかし、が主要スタッフにインタビューを行ったところ、8名中3名が『ジャングル大帝』を知っていると答えた。 また、で銀獅子賞を受賞している『ジャングル大帝』を、アニメ映画に携わる者が知らない方が不自然とも指摘された。 ディズニーは反論として、ライオン・キングは『』やの『』から着想を得たと説明した。 また、アフリカを舞台にすれば登場する動物の種類は限られることや、逆に相違点なども多く提示された。 この騒動は、が「もし手塚本人が生きていたら、『自分の作品がディズニーに影響を与えたというのなら光栄だ』と語っただろう」という声明を出したことにより沈静化した。 1994年7月13日の『』は、企画時の『ライオン・キング』のタイトルが「King of the Jungle」だったと報道した。 ライオンの生息地はサバンナであり、ジャングルに生きるライオンという設定は特殊なもので、『ジャングル大帝』では冒頭部で「たったひとつの例外」 と書かれている。 しかし、これによって騒動が再燃することはなく、当事者同士が主張を戦わせなかったために騒動は収束した。 なお、手塚治虫のディズニー作品『バンビ』への影響については、この映画が日本で公開されたのは1950年、漫画『ジャングル大帝』の連載はこの1年前であり、弁護士のは両作品間の影響については懐疑的である。 しかし、『ジャングル大帝』は連載期間が3年であり、当初構想していたものと内容が変化したのは、連載中に見た『バンビ』に非常に感銘したからだと、手塚自身が影響を認める回想を書き残している。 なお、による手塚治虫パロディ漫画集『』単行本の帯において、は(表紙絵の吹き出し「お願いです訴えないでください!! 」に応える形で)「訴えます!! (怒」「ライオンキングは許せても田中圭一は許せません!! 」という文を寄稿している。 田中と手塚るみ子は旧知の仲であり、これは『ライオン・キング』が『ジャングル大帝』に似ていることを前提としたジョークである。 『神罰』の増補版である『神罰1. 1』には、手塚プロ公認のパロディ作品として「ジャングル小帝」が新たに収録されている。 ディズニーによる盗作問題は『』 、『』でも発生している。 ミュージカル 詳細は「」を参照 ディズニーが舞台として制作、11月13日、ニューヨークので初演された。 演出を担当した芸術家のは、アフリカン・アートとやといったアジアの伝統芸能を融合し、やマスクを駆使した舞台美術を生み出した。 のでは、最優秀演出賞、最優秀衣裳デザイン賞を受賞。 ニューアムステルダム劇場での公演は2006年6月4日まで続き、同月13日からはに舞台を変えて引き続き中。 2012年4月8日にライオンキングの興行収入は8億5,384万6,062ドルとなり、それまでトップであった『』の8億5,312万2,847ドルを抜き、史上最高記録となった。 また2014年9月22日には興行収入6700億円を超え、史上最も成功を収めた娯楽作品となった。 なおこれは、ミュージカルのチケットのみの売上で、映画やグッズ販売の売上を含まない。 10ヶ国、8カ国語の公演での観客動員数は計7千万人を突破した。 日本でもがからの劇団四季専用劇場「」などで上演を続けており、連続19年目という前人未到のを樹立している。 に、第10回のミュージカル大賞を受賞した。 また2013年3月24日に『ライオンキング』の公演回数は8450回となり、それまで日本国内公演最高記録であった『』の記録を塗り替え 、2015年7月15日には公演回数10000回を突破した。 他にも上演地は、ドイツやオランダ、韓国など8カ国12都市(閉幕した公演地も含む)に広がっている。 ミュージカルにおける逸話 ミュージカル版『ライオンキング』は大掛かりな舞台装置を使うことでも有名で、その最たるものに高さ4メートルを誇る「プライドロック」がある。 王国を象徴する巨大な岩であり、王位や王の権力を示す目的でも使われ、映画でもミュージカルでも観る者の目に非常に強い印象を残す。 奈落から迫り出して使うため、当然、奈落収納時は深さ4メートルの奈落が必要になるが、ニューヨーク初演で使用されたニューアムステルダム劇場の奈落には、プライドロックを収納するに足るだけの十分な深さがなかった。 そのため、プライドロックを3段に畳んで収納することにした。 しかし、たたみ目が段になっているのが外見で分かってしまうため、美術面の点で制作スタッフには不満が残った。 世界で2番目の公演地となった東京、での公演では、奈落にプライドロックを収納できる十分な高さを確保できたため、本来考えられていた姿形そのままのプライドロックが製作された。 それを見たディズニーの制作スタッフは「これが我々の求めたプライドロックだ」と喜んだという。 こういった舞台装置を使うために、『ライオンキング』を公演する際には劇場の舞台の床の構造や骨組みを一度取り払わねばならない。 しかし、このような贅沢な工事が行える劇場は限られており、また費用の面でもツアー公演を行うには大きな課題があった。 ツアー公演の需要が高いアメリカでこれを実現させるため、劇場がビルの中にある福岡公演()では、盆やせりを使わず、プライドロックを小さくして舞台袖から出し入れするなど、大掛かりな工事を伴わない「リニューアル版(ツアー版)」での上演が試みられた。 このツアー版公演の成功によって、アメリカでは2002年に「ガゼルツアー」、翌2003年には「チーターツアー」という二つのツアーカンパニーが結成され、全米ツアー公演が実現した。 基本的に、劇場が本来の演出で上演を行えない構造の場合にのみツアー版で上演されるようで、福岡公演閉幕後の名古屋公演(、本来の舞台装置を設置できるだけの舞台機構を有していた)では、オリジナル版での上演が行われた。 アメリカでのオリジナルでニューヨークの訛りで話される台詞の部分(主にティモンとプンバァ)は、日本版では各上演地の方言(、、、、)にそれぞれ「翻訳」された。 とある番組内で、ミュージカル版『ライオン・キング』でスカーを演じていた劇団四季(当時)の俳優が「スカーの左目の傷は幼い頃ムファサにつけられたもの」と語ったことがある。 この設定がディズニーによる公式なものなのかは定かではないが、俳優という立場の人間による公の場での発言という点を考慮すれば、信憑性は高いといえる。 しかし、アニメ映画でも同様の設定なのかどうかは不明である。 歴史の長いミュージカルであるため、ヤングシンバ役を務めていた子役が成長を経て、ムファサや成長した後のシンバの役を演じることが少なくない。 グラミー賞 最優秀キャストアルバム賞• 1998年 グラミー賞 最優秀ミュージカル賞• 1998年 NY演劇批評家賞 最優秀ミュージカル賞 歴史 劇団四季• 5月15日 「ライオンキング」日本版製作発表• 12月20日 東京公演開幕( こけら落し公演、無期限ロングラン上演、東京初演)• 4月18日 大阪公演開幕( こけら落し公演、大阪初演)• 4月14日 総入場者数100万人突破• 9月20日 ()が『』の企画で東京公演に出演• 1月14日 大阪公演千秋楽(公演期間21カ月、公演回数673回、入場者数約67万人)• 4月1日 東京公演入場者数100万人突破(日本最短記録)• 4月17日 福岡公演開幕(、福岡初演)• 8月18日 東京公演通算公演回数1000回達成(日本最短記録)• 3月23日 福岡公演千秋楽(公演期間24カ月、公演回数700回、入場者数約70万人)• 5月10日 通算公演回数3000回達成(日本最短記録)• 6月8日 名古屋公演開幕(、名古屋初演)• 8月21日 東京公演入場者数200万人突破(日本最短記録)• 10月23日 通算公演回数4000回達成(日本最短記録)• 1月9日 名古屋公演千秋楽(公演期間31カ月、公演回数930回、入場者数約85万人)• 6月7日 ・公演製作発表• 7月30日 通算公演回数5000回達成(日本最短記録)• 10月28日 ソウル公演開幕(シャルロッテ劇場、韓国・ソウル初演)• 7月20日 東京公演通算公演回数3000回達成• 1月6日 福岡公演(第2期)開幕(、福岡凱旋)• 10月30日 国内通算公演回数6000回達成(日本最短記録)• 12月20日 東京公演10周年達成• 8月30日 福岡公演(第2期)千秋楽(公演期間約20カ月)• 9月26日 国内通算公演回数7000回達成(日本最短記録)• 3月27日 札幌公演開幕(、札幌初演)• 6月26日 国内通算公演回数8000回達成(日本最短記録)• 9月8日 札幌公演千秋楽(公演期間約18カ月)• 10月28日 大阪公演(第2期)開幕(、大阪凱旋)• 3月24日 国内通算公演回数8450回達成(『』を抜き日本最多)• 1月10日 国内通算公演回数9000回達成• 4月24日 日本公演総入場者数1000万人突破(大阪公演昼の部にて、日本最多記録)• 7月15日 国内通算公演回数10000回達成• 5月15日 大阪公演(第2期)千秋楽(公演期間約43カ月)• 6月5日 東京公演通算6000回を達成• 3月5日 札幌公演(第2期)開幕(北海道四季劇場、札幌凱旋)• 5月28日 四季劇場[春]の所在する竹芝エリア再開発に伴う同劇場の一時閉館により、東京公演が一旦千秋楽• 7月16日 場所を移し東京公演(第2期)開幕()• 5月27日 札幌公演(第2期)千秋楽(公演期間約15か月)• 3月24日 福岡公演(第3期)開幕()• 1月13日 福岡公演(第3期)千秋楽予定• 3月26日 名古屋公演(第2期)開幕予定(、名古屋凱旋)• 1月3日 四季劇場[夏]の所在する大井町エリア再開発に伴う同劇場の閉館(夏頃予定)により、東京公演(第2期)が千秋楽予定• 4月 再度場所を移し東京公演(第3期)開幕予定(、こけら落し公演) 日本公演でのオリジナルキャスト• ラフィキ -• ムファサ -• ザズ -• スカー -• ヤング・シンバ -• シェンジ -• バンザイ -• エド -• ティモン -• プンバァ -• シンバ -• ナラ - 関連作品 テレビアニメ• 1995年10月 - 1999年10月に、とで全米放送された。 ティモンとプンバァを主人公にしたスピンオフ作品。 2016年1月からで全米放送開始し、日本では4月から放送。 シンバの第2子(実際には第3子)のカイオンが主人公の作品。 リメイク• 2016年9月にディズニーがフルCG映画化を発表。 監督はが担当。 ゲーム ライオン・キング• 1994年12月9日に用ソフトとして発売。 販売は。 シンバを操作してステージをクリアしていく。 その他• ストーリーについて製作者達は、の『』、のとの物語、のディズニーアニメ『』から影響を受けた(もしくは、題材とした)と語っているが、の『』にキャラクター設定が酷似していると批判を受けた。 を参照のこと。 どちらもディズニーらしく、悲劇に終わらないようストーリーを変更している。 アニメでプンバァの吹き替えを担当した小林アトムは、劇団四季のミュージカルでもプンバァの日本オリジナルキャストとして出演した。 脚注 [] 注釈 出典• 2010年5月1日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)534頁• 2012年5月15日閲覧。 Impress Watch Corporation. 2009年5月5日閲覧。 SoundtrackNet:• ライオン・キング3において、二匹でハイエナ達をシンバから引き離して、母親と叔父がトンネルを何本も掘った落とし穴へ誘い込んだのが一例。 小説版ではプライド・ランドが折からの旱魃に見舞われたことも重なっている。 「『ライオン・キング』の独自性 漫画家ら疑問呈す 映画配給会社にメッセージ送付」『朝日新聞』1994年8月20日付夕刊• 「里中満智子さんら488人、ディズニー側へ抗議文」『読売新聞』1994年8月21日付• 『ジャングル大帝』、1977年• 手塚治虫「手塚漫画の主人公たち 第4話 ジャングル大帝」『赤旗』1974年1月12日付• 手塚治虫『手塚治虫 ぼくのマンガ道』新日本出版社、2008年、pp. 18-19。 『赤旗』連載の「手塚漫画の主人公たち」を収録• 渡辺泰「アニメーションに魅せられたマンガの神様」『誕生! 手塚治虫 マンガの神様を育てたバックグラウンド』霜月たかなか編朝日ソノラマ、1998年、pp. 119-122• 『観たり撮ったり映したり 増補・改訂愛蔵版』( )• シネマトゥディ2012年4月10日• AFP BB NEWS ミュージカル「ライオンキング」、史上最高の興行収入]2014年9月23日• com2014年6月16日• 朝日新聞デジタル 2013年3月24日• - 劇団四季最新ニュース・2015年4月27日• 2015年7月15日アクセス• スポニチアネックス 2015年10月28日. 2015年10月29日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年5月16日. 2016年5月16日閲覧。 ステージナタリー. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 - 劇団四季最新ニュース、2016年7月29日• - 劇団四季最新ニュース、2016年7月5日• 映画ナタリー 2016年3月7日. 2016年3月7日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。 参考文献• 「盗作騒動」項• 福井健策『著作権とは何か』新書、2005年。 、p100-110「3. ディズニー『ライオン・キング』をめぐる論争から」 関連項目• 外部リンク• - (英語)• - (英語)•

次の

ライオンキング実写版吹き替えの声優が最悪?キャスト俳優の評判は?

ライオン キング ハイエナ 声

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 実写版「ライオンキング」の日本語吹き替え声優は? まずは物議をかもしている日本語吹き替えのキャストを確認していきましょう。 今作日本語吹き替えの声優に選ばれたのは以下の方達です。 ・シンバ役・・・賀来賢人 ・ナラ役・・・門山葉子 ・スカー役・・・江口洋介 ・ティモン役・・・亜生(お笑いコンビ「ミキ」) ・プンバァ役・・・佐藤二朗 まだ、発表されていないキャラクターも多いですが、主となるメンツはこの方達に決定したようです。 (発表され次第追記します) 主に舞台やドラマ、日本映画で活躍する俳優女優さんというメンツになっていますね~。 ここに異色の芸人さんがいるのがちょっとビックリですw 予想の斜め上を行く配役に若干戸惑っている方も多いのではないでしょうか? 世界のディズニーの関係者が選んだ人達ですので変なことにはならないと思いますが、ライオンキングファンとしてはかなりの違和感がw 誰が正解ということもないのですが、この謎の違和感は一体なんなんでしょうかね~。 とくにティモン役の亜生さんは芸人さんですが、良い方向のアクセントになってくれれば良いですが・・・。 2019年7月12日追記・・・ ほかのキャラクターの吹き替え声優さんも発表されました! キャラクターと担当声優さんは以下の通りです。 若さ溢れるヤングシンバ&ナラの吹き替えを担当しているのは下のお二人。 ・ヤングシンバ・・・熊谷俊輝さん ・ヤングナラ・・・小林星蘭さん 下の方で改めてお二人について書きますが、とにかく子供時代のシンバとナラの歌声が可愛すぎますw とくに主役のヤングシンバの吹き替えを担当する熊谷俊輝さんの歌声はかなり聴き応えがありそうです! ライオンキング実写版吹き替えの声優が最悪?がっかりしたとの声も 実は実写版「ライオンキング」の吹き替えが発表されてから、ツイッターにも多くの 不安や不満の声が呟かれています。 そっちの方が断然馴染みあるし、ライオンキングなんてずっと昔からあってファン付いてるんだからさ?? 絶対字幕でいきます。 このメンバーが悪いわけじゃない。 先程も書いたように誰が正解ということもないのですが、人気の俳優さんやお笑い芸人さんを選んでいることに引っかかります。 オーディションを受けた結果ということになっていますが、ここまで最近 人気の人達が揃うのもおかしな話ですw 今作のライオンキングはほとんどがCGのため歌の上手いミュージカル俳優&女優さんやプロの声優さんを想像していた人が多かったようですが、見事に今話題の芸能人ばかり。 本場アメリカのキャストでは、 俳優・歌手・作曲家など世界的に活躍する ドナルド・グローバーがシンバ役。 世界トップクラスの歌唱力を持つ 歌姫ビヨンセ・ノウルズが幼なじみのナラ役に選ばれました。 本場でのガチの人選があったからこそ、「日本ではどんな歌ウマガチ勢が選ばれる?」と皆さん期待していたようです。 日本語吹き替えで選ばれた人選が悪いとかではなく、ファンからしたら 「もっと上を目指せるよね?」ってことだと思います。 僕もライオンキングは子供の頃から観まくっているので、その気持ちがすごい分かります。 実力派揃いのアナ雪などの人選はかなり評判が良かったですが、ライオンキングでは早くも不満が多いのが気になります。 なぜ有名芸能人が選ばれるのか ディズニー映画の吹き替え役はオーディションを通して人選しているとのことです。 その理由とはいくつかあり、どれもシンプルなものでした。 その記事に書かれていた理由は簡単にまとめるとこんな感じです。 ・話題になる ・マスコミも取り上げる ・知名度があるので広報、宣伝がしやすい ・アニメファン以外の層も取り込める ・・・要は客集めということですねw 興味がない人も有名芸能人が吹き替えをするとなったら、作品に注目する可能性があり話題になりやすいですからね~。 また、映画は莫大なお金がかかるので、お客さんがこないと大赤字。 絶対に失敗できない制作側は、なんとしても映画を話題にしなくてはいけないので、有名芸能人の起用に走るのだとか。 一方でプロの声優さんを使わないのは、一般的な知名度が低い、顔出しNGなどがあるということで、非常に宣伝がしづらいということがあるようです。 ディズニーはオーディションでキャストを決めているということですが、少なからずこのような意図もあるのかもしれません。 キャスト俳優の声優としての評判は? もう選ばれてしまったのですから、文句を言っても今更くつがえることはありません。 潔く腹をくくって今回選ばれたキャスト達の声優としての評判を見ていきましょうw もしかして、実績がありすごい作品になるかもしれません。 ちなみに、評判が明確にでる主要キャラを演じる方たちを中心に書いています。 では順番に見ていきましょう! 賀来賢人 まずはシンバ役の賀来賢人さんから。 映画 ライオンキング プレミアム吹き替え版 にて シンバ役をやらせて頂くことになりました。 全身全霊で演じ、歌いました。 今まで見た事の無い映像美、スケールになっています。 かなり本格的な演技をすることで有名です。 気になる声優の評判ですが、まだ声優は未経験。 このライオンキングが初めてということのようです。 アフレコは難しいとよく聞きますが、いつもの演技を吹き替えでも発揮してくれれば評判も高くなりそうです。 実は賀来賢人さん歌もかなり上手いようで、それもディズニーのオーディションを突破した理由の一つかもしれません。 賀来賢人さんについては、映画公開後に追記していきます! 2019年8月9日追記・・・ 超実写版公開日になりちょこちょこと各声優さんの評判が上がってきました。 少しずつですがアップしていきますね! まずは主人公シンバの吹き替えを担当した賀来賢人さんの評判から。 ライオンキング観てきたぞ。 いくつかよくわからんカットがあったけどなにより映像がすごかったよ。 吹き替えのシンバの声がやっぱり宮本さんで慣れてると違和感強いかも。 でもみんな上手だったかなと思った。 ミュージカルを主にやっている方のようですが、2017年にスマホゲームの「レジェンヌ」で声優デビューしたようです。 現在、門山葉子さんの声優としての評判も情報が全くないので、こちらも映画公開後に追記していきます。 2019年8月9日追記・・・ 門山葉子さんの評判もSNSに上がってきていますね~。 「愛を感じて」の生歌もよかったけど、それ以上に「スピリット」に感動した。 何かを演じるという意味では声優も舞台も変わらないから吹き替えも全く気にならなかったし、ナラの芯の強さが声に良く出ていたと思いました。 イベントの様子はニュース参照 — おがT othercarrion SNSの評判通り門山葉子さんのナラはアニメよりも性格が強い雰囲気が出ていた感じがしました。 今どきの女性の強さを表現したかったのかもしれませんね。 アニメ版とはまた違ったナラでしたが、そこまで違和感はなかったかなと思います。 賀来賢人さんと同じく吹き替えの ナラの歌声はとても良かったです! 個人的には歌以外は可もなく不可もなくって感じでした。 (上から目線ですいませんw) 江口洋介 ディズニーヴィランズ(悪役)スカーを演じる江口洋介さんはベテラン俳優さんで、数々の映画やドラマなどに出演しています。 江口洋介さんは2017年3月18日に公開された「ひるね姫~知らないワタシの物語~」でモモタローという役で声優を務めています。 佐藤二朗さんのプンブァはイメージがなんか出来る。 賀来賢人くんと門山葉子さんが愛を感じて歌うのか。 江口洋介さんはひるね姫のお父さんの声が上手かったからスカーももしかしたら… — Little? 。oO ひるね姫 の円盤視聴。 やっぱりこれ唯の夢落ちじゃいないよなぁ。 普通に良い作品だしなんでこう評価低いのか判らん。 あと江口洋介、ちゃんとアニメ向けのメリハリつけた演技してて旨い。 — 偽物 nisemono661119 『ひるね姫』73点。 『君の名は』かと思ったらトヨタだった(何言ってるか分からねえと思うが本当にそうなんだよ)なんでこんなストーリーにしたのかよくわかんないけど嫌いじゃないですこれ。 登場人物全員状況適応能力ありすぎワロタ。 あと声優初挑戦らしい江口洋介が普通に上手くてびっくりした。 — NORA nora912 「ひるね姫」みました?。 これは夢なの?現実なの???となって、ちょっと混乱しましたが、子供と一緒に見られるいい作品でした。 俳優さんがメインの声優を務められてる作品ってなかなか……なことが多いんですが、違和感なく、江口洋介さん、めっちゃカッコよかった!! —? C・>竹美 低浮上中 mimiko1004 江口洋介さんの 声優としての評判はかなり良いようですね~。 長年の演技がやはり光っているようです。 プンバとティモンはナイスな感じで、ハクナマタタも最高でした。 一瞬美女と野獣要素が出たりして…。 だがなぜスカー、スカーなぜ… — 蟻さん kurakura42 江口洋介さんが吹き替えを担当するスカーはかなり賛否両論ありますね~。 SNSの評判にもあるように、スカーというキャラクターに対する解釈がアニメ版とかけ離れています。 関連: 関連: 佐藤二朗 佐藤二朗さんも長年俳優さんとして活躍し、様々な映画やドラマで活躍されています。 独特な性格とクセのある演技で最近人気がすごい俳優さんです。 佐藤二朗さんは実はディズニー映画の声優は2回目なんです。 1回目の声優は2015年に公開された「インサイド・ヘッド」でビンボン役を演じています。 ビンボン役ではかなり評判が良く、今回のプンバァ役も不安がないという声が結構多いです。 インサイド・ヘッドのビンボンが佐藤二朗さんと知ってびっくりした めっちゃ上手い…… — ななお?? ただ佐藤二朗さんが演じるフラナガンは最高でした!! — みさっぺ@今夢中なバンドはnoovy misachi627 誰かと思ったらフラナガン佐藤二朗さんなのか。 うまいな。 これだけ評判が良いと佐藤二朗さんが演じるプンバァを観てみたくなってきますね! 2019年8月9日追記・・・ 佐藤二朗さんが吹き替えをしているプンバァの評判も見ていきましょう! ライオンキング良かった…開始5分でなんかもう感極まってウルウルした。 幼シンバのお腹パンパンな感じとかめっちゃ可愛いしムファサは威厳があってかっこいくて、プンバァとティモンも愛おしいしなにより吹き替えが思ったより良かった!! — まめ HumKORo プンバァの評判についてはまだ多くないので随時追記していきます。 個人的な評価するなら、佐藤二朗さんが吹き替えを担当したプンバァはかなり良かったです! アニメ版をリスペクトしつつ、佐藤二朗さんのプンバァをしっかり演じていたような気がします。 佐藤二朗さんのプンバァはかなり良かったと思いますので、 プンバァ好きの人は安心し観れると思います。 ただ、プンバァがリアルすぎてちょっと・・・w 関連: 関連: 亜生(お笑いコンビ「ミキ」) はい、問題はこの方です。 ティモンとプンバァといえばライオンキングの名脇役ですからね~。 佐藤二朗さんのプンバァへの不安は解消されましたが、亜生さんのティモンってどうなんでしょうか? 調べてみたら、亜生さんは声優としての経験があるとのこと。 この映像を観た人からは早くも高評価の声が・・・。 歌も普通に上手いし、これは本当にダークホースとなってしまった感がありますね~。 SNSでも絶賛のコメントが多く、亜生さんの声優としての質の高さが分かります。 今日のディズニー実写の中で一番忠実に作られてた。 最高でした。 個人的に亜生さんのティモンと佐藤二朗さんのプンバァの良さをぜひ観てほしいと心から思います。 映画 ムファサです。 愛を込めてやらせていただきました。 ぜひご期待ください 本日 新たな日本語版予告も解禁 — 大和田 伸也 oowadashinya 大和田伸也さんはアニメのライオンキングでもムファサ役を演じていますので、今の所唯一の続投声優さんということになります。 大和田伸也さんは俳優のほかにも、劇場版アニメやゲーム、海外ドラマなど多くの吹き替えをやっています。 俳優としても声優としても実績がありますし、大和田伸也さんに関しては何も心配ないですね! ツイッターには早くも喜びの声が沢山呟かれています。 大和田伸也さまがムファサァァァア!!!!!! あああああむちゃくちゃ嬉しいムファサのあの貫禄、気品溢れる感じが大和田伸也さまのええ声とほんと、ぴったりで、ほんと、叫んだわ。 8月9日追記・・・ アニメ版からの続投でムファサの吹き替えをした大和田伸也さ評判はどうでしょうか? そういや、最近動物系の動画で泣いちゃう歳になったから、ライオンキングかなり涙してしまった アニメ版は涙しないんだけど、CGがリアルすぎてうぅーってなってしまった。 「ムファサの吹き替えはあんたしかいないよ・・・」というのが満場一致の意見でしょうw 想像通りのムファサで、声が観ている人の心の奥に響いてきて心が揺さぶられるのが分かります。 カラオケバトルなどのテレビにも出演しているので知っている方も多いかもしれません。 小林星蘭さんはタレントや女優、声優として幅広く活躍する14歳。 超実写版・ライオンキングの公開まであと僅かですが、2人が吹き替えを担当するヤングシンバとナラの最新映像が公開されました! 透き通るかわいい声と素晴らしい歌声が最高ですね~。 SNSでも早くも高評価の意見が多いようです。 熊谷俊輝さんの歌声はもちろん凄いのですが、ヤングナラの吹き替えを担当した小林星蘭さんの歌声も個人的には良かったです。 正直2人ともセリフでは棒読み感がたまに出ていましたが、歌唱力でそれらをカバーしている感じですねw 声質もアニメ版のヤングシンバとヤングナラに似ていたので、違和感はあまり感じませんでしたよ! 関連: 2019年8月9日追記・・・吹き替え版のライオンキングは思っていたほど最悪ではなかった? 公開前は落胆と不安の声が多かった実写版ライオンキングの吹き替えですが、観てみると意外に悪くありませんでした。 吹き替え全体の評判もそこそこ良いようで、皆さん思っていたよりも楽しめているようです。 ただ、ムファサとティモンとプンバァに関しては、 今回の吹き替えのキャストで良かったので、吹き替えでも楽しめるのは間違いないです。 僕は吹き替えのあとに字幕版もはしごして観てきたので、各おすすめポイントを比較した記事も書いて後ほどアップします。 江口洋介さんや佐藤二朗さん達は声優としての評判も良いので、記事を書いている内に観たくなってきましたw しかし、声優未体験の方もいるので公開されるまでどうなるか分かりませんね~。 大好きなライオンキングだけにこのキャストで良かった~ってなることを本当に願っていますが一体どうなるでしょうか。 ジャングル大帝レオとの関係もなんかまた再燃しているようですし、色々と話題になりそうですw 公開後はすぐに追記していきますので、評判の方も是非楽しみにしていてください! 関連:.

次の