アイコス 互換品。 【新型】アイコスの互換性品で一番おすすめな加熱式タバコとは?

glo(グロー)互換品とは?ネオスティックが使える加熱式電子タバコ

アイコス 互換品

もうすぐ私が最後に購入した4代目アイコスのサポートが終了します。 残念ではありますがこれは揺るぎの無い真実。 ということはですよ。 そのあと故障しても無償交換してもらえれずに1万980円もする新品を買いなおさなきゃならない!ってことなんです!分かります?私の言いたいこと! つまり故障率が高いアイコスは1年に1回は必ず買わなきゃいけないってこと! 1年に1回、1万980円・・・ よくよく考えてみると高すぎる。 ただでさえVAPEで散財してるのに・・ なので決めました。 私、互換品を買います。 ちょうど今、アイコス代用品がワラワラ出てきてるので、タイミング的に良いかもしれない。 主にアマゾンか楽天ね。 自分、は多くしてるのにアイコス互換品はレビューしてないんです。 つまりこの記事は、 紹介するページじゃなくて私が買うつもりで考察するページだということ。 なのでみなさんも一緒に物色してきましょう。 大丈夫です、私はそこらのトレンドブロガーではありません。 2015年から過熱式タバコ関連の記事を書き続けているプロです。 大概の良し悪しは理解しているつもりですから。 ではちょっくらアマゾンと楽天でおすすめできそうなIQOS(アイコス 互換品を洗ってきますね。 この記事のコンテンツ• 知らない間にIQOS互換機がお祭り状態・・・ ちょっとamazon覗いたらブワーっ!て、オレがオレが状態。 いやね、プルームテック互換品は既に飽和状態なのは知ってます。 私も相当試してきたし、。 ただアイコスって「構造が電子タバコ改良型」のプルームテックと違ってほぼほぼ特許製品じゃなくて?。 だからPMIから訴えられるんじゃないかな~と思って様子見してたんです。 ところがそんなことはおかまいなし。 ブレードだろうが、デザインだろうが見境無くパクりパクられあれよあれよでどこが本家さえか分からない・・・。 まさかこれほどとは・・・ 恐るべし中華勢マーケットプレイス! それでは、この互換大海から選抜するのは至難のワザだがとりあえず勘で選んでみました。 ちなみにHERBSTICKのようなベポライザー系は特化型じゃないので載せてません。 ホントに人気なの?iBuddy アイバディ i1 昨年の秋ごろに登場したiBuddy。 中国の中堅VAPEメーカーですね。 連続吸い 1回の充電で15本 を謳っていて、味もアイコスの出方に近いのだとか。 だが、その連続吸いで稀に誤作動が起きることなどから敬遠しがちな方もいるかもしれない。 連続使用可能について 連続使用(連続加熱)による電源制御不良報告が相次いでます。 本家加熱タバコと違いiBuddyは連続使用可能がメリットですが、従来の加熱タバコは1本使用するたびに充電する必要がある反面iBuddyは1本使用後も再充電する必要なく使用出来ることから連続使用可能とし1本使用し終わってすぐに加熱可能ではありません。 うーん・・さすがVAPE専門ショップ「VAPE STEEZ」さんだけあって注意喚起はしてくれています。 どこもそうなんですが、互換機というやつは全て中国で作られていると思われる。 よって VAPE同様に個体差があるのかもしれません。 デザインも良く、サイズもグロー並。 だけど高い! 2ヶ月くらい前なら5,000円台くらいだったのに今や7,000円以上ばかり。 このくらいの価格だったらアイコス買ったほうがいい。 0 Plusでもう一花咲かせたいKamry 2ヶ月くらい前に出たばかりの初代Kecigの改良版。 KeCig 2. 0 plusとかよく言うわ。 初代は結構ヤバかったみたいです。 メーカーはX6とかで一世風靡した中国のKamrytech。 本業のVAPE関連製品はほとんど出てません。 アイコス激似VAPE「カシエル」とか日本で流行ってる過熱式タバコに目をつけたんでしょうね。 そしてコレに似ている製品がメッチャあります!超オンパレード!。 故にKeCigに似たものはほとんどOEMかパクりだろうと思われる。 これはamazonに対する独断と偏見ですが、製品説明の日本語がおかしいのはほぼ中華ショップ。 品物自体はどこで購入しても一緒です。 少ないレビュー 10人以下 で星5つばかりなのは気を付けて。 購入タイミングはレビューが最低20人以上になるまで待ったほうがいいかと存じます。 おそらく中身はKeCigだろう。 だから良いのか悪いのかどっちだよ!って話ですが、 Kecigは実勢4,500円あたりが相場。 一応ちゃんとしたVAPEメーカーだし初代のバッテリー不具合も解消しているらしい。 機能は1回の充電で12回までOK。 1回は3分半とグロー並。 このあたりが現在のIQOS互換基準だ。 ただ、ヒートブレード?じゃないセラミックヒート?が単体販売されてるところから 破損しやすいとみた。 だけど、 アイコスでいえばホルダー単体で動作するようなものだし使い勝手も良さそう。 まずは第1候補。 でも最新版のKecig4が出ちゃったの・・・ Ocean-C N1 700mAH あのP3でプルームテック互換バッテリーのキングの座を得たOcean-CブランドがIQOS互換品に食指を伸ばした。 注目すべくは一時停止機能。 アイコスでも途中電源OFFはあるが、それ以上は吸えない仕様だ。 しかし、ただそれだけ。 1回の充電で11本、使用は約3分半と互換標準値はクリア。 ただ 私がこの製品を気にしているのはOcean-Cというブランドの信頼性だ。 色々な機能を謳っていてもすぐに故障したら意味はない。 だがOcean-C P3の作りをみればパッケージも含めてしっかりしている。 そのDNAがこのIQOS互換機にも存在するのではないかということ。 安全性の確保と故障しにくい製品だったら「買い」だろう。 いうなればベポライザーをアイコス用に特化したものだろうか。 360度ヒートテクノロジーはご存知BATの売り文句。 そこも敢えて知らぬ存ぜぬで貫き通す男気GeeMo。 そのうちglo互換アダプタも絶対ヤッてくるに違いない。 耐久性に優れる・・・。 どうなっても知らんぞ。 しかも三種類の加熱モードを備え、フレーバーの網羅性さえもアピール。 満充電で約20本。 1回の使用時間は3分半。 マジか。 容量が2800mAhあり、iBuddyの1800mAhを軽く抜く。 サイズもグローとほぼ同程度。 やはりブレードを使わないので加熱ムラが少ないのかもしれない。 しかしベポライザーもそうだが、加熱具合で真っ黒コゲなこともある。 だが、そこを見越しての3パターンの加熱モードなのか。 GeeMo、テッペン取りにきてます。 ただ7,300円は無いわ・・。 EFOS E1(イーフォス イーワン)!コレ買うなら普通にIQOS買うだろ EFOS E1。 昨今バリバリに互換界隈へ進軍中のイケメン。 まず見た目がスマート。 だが、ヒートスティックが斜めに入ってるので抜けやすいかも。 このイーフォス最大のウリはバイブレーション機能を搭載していること。 ほぼグローと同じタイミングでブルっとくる。 バッテリー容量2000mAhに対して本数は10本とやや少ない。 Low-Highの2種類加熱モードも装備しているがLowモードで吸える本数が増えるわけではないのか・・。 しかしよくよくIQOS互換機を眺めていると「よくもまぁヌケヌケと言えるなぁ」と思いますね。 「 未来の技術が終結した次世代の過熱式タバコ!」ってどの顔でいうてんねん。 そして気になるお値段はなんと8,980円! まず流行らない。 あと2,000円ちょい我慢すればIQOS買える。 そういうのじゃないんだって互換機に求めるものは。 あくまでIQOSが1万980円もするからソレを抑えたいのと、まさかの故障のための予備ということが互換機に対する我々ユーザーの思いなのだ。 少なくとも私は。 プルームテック互換品が流行ったのは価格の安さと品薄が拍車をかけたから。 現状、公式通販で金さえ払えば余裕で手に入るIQOSに対抗するには価格勝負しかない。 そして時は経ちEFOS E1をレビューすることになりました。 宜しければどうぞ。 こんだけコケおろしてるのに実際は・・・ まとめ:アイコス互換界隈を見渡してみて考慮できそうな製品は「KeCig2. 0」 やはり価格が取っ付きやすいのと、ホルダー単体での動作のみということが大きい。 もし最後のアイコスが故障してサポートが受けられない状態が待ち構えようとも、4,500円あたりの価格帯ならば「しょうがない・・買うか・・」になりやすい。 いや、買わざるおえない。 1万980円はキツイから! Kamryが作っているというのも他の無名よりはまだマシなほうであり、若干ではあるが安心感もある。 Ocean-Cも気になるのだが大手に比べたらほぼ無名に近い。 特に中華製品は「作れるが検品が甘い」という傾向があり、これはVAPEにハマってる方なら私でも誰でも知ってる。 この辺りが唯一の問題であり、製品自体はどこも変わらないと推測する。 だとすれば一時期大手VAPEメーカーだった「 Kamryが作ってるなら」ということだけ。 ただそれだけ。 特にリチウムイオン充電池に負荷をかけそうなアイコス互換機。 加熱バランスがくずれたら暴発だって十分ありえる。 ヘタをすれば余計に高くつくこともあるかもしれない。 正直、まだまだ途上なIQOS互換品なだけに慎重にならざるおえないのが本音だろう。 しかもこれらは知的財産権侵害物品ギリギリだしね。 一夜にして全て撤退することも無いとは言いきれない。 しかし、純正アイコスはガチで突然故障することがあるから念頭に置いておかねばならないと思うのです。

次の

アイコス互換品人気おすすめランキング!最新製品や連続吸引可能な機種まで徹底評価!

アイコス 互換品

アイコス互換機とは アイコス互換機とは 「ヒートスティックが吸えるデバイス」の総称で、とくに規格が決められているなどの取り決めはありません。 加熱式タバコでヒートスティックを楽しめれば全て「アイコス互換機」となります。 アイコスは爆発的なヒットを飛ばし、2016年末には通販サイトで定価の2倍以上で取引されていたこともあり、その他メーカーがこぞってアイコス互換機の開発に乗り出しました。 しかし粗悪品はすぐさまに姿を消し、今では数種類の販売に留まっています。 なお、アイコス販売元のフィリップモリス社は 「アイコス互換機を黙認している状態」で、特に特許侵害などのニュースは今のところ確認できていません。 アイコス互換機の登場で アイコス本体が売れなくてもヒートスティックはバンバン売れるから良し!ってとこでしょうか。 アイコス互換機の種類 現在販売されているアイコス互換機はシリーズを含めると多岐に渡りますが、基本的には以下の4種類になります。 (他にもあったらぜひ教えてください) ホルダーだけの簡易タイプ【シガレッソ】 発売されたばかりのアイコス互換機。 形状は簡易的でなんだか大き目のUSBメモリのような外見ですが、 実はかなりの高性能。 ホルダー単体で充電できる• フル充電で11本まで喫煙可能• 充電なしで連続吸引OK• ブレード部分が切り離せて掃除が楽• 加熱制御システムが秀逸 本体が小さいのでポケットにも入りますし、長財布などにも入れることができます。 それでいて1回の充電で11本まで喫煙が可能です。 また、 シガレッソは他の互換機にはない「加熱制御システム」が搭載されています。 これにより常に均一な吸いごたえと風味を味わうことができ、チェーンスモーク時の味の劣化もありません。 1本当たりの吸える時間は互換機最長の6分間(アイコスと同じ)。 加熱方式もアイコスとまったく一緒なので、 互換機特有の「あれ?ちょっとアイコスと少し味が違う…」なんてこともなく、スムーズに移行をすることができます。 コスパ最強!グローも吸える【ハーブスティック】 そして満を持して登場したのが2017年12月末に発売開始した 「EFOS E1」です。 基本システムはi Buddy(アイバディ)を踏襲しながらも、さらに低温・高温モードを搭載。 丸みを帯びた可愛らしいフォルムで、販売会社は「かなりの自信作です!」と太鼓判を押しています。 シチュエーション別おすすめアイコス互換機 アイコス互換機の種類が把握できたところで、今度は シチュエーション・用途別のおすすめアイコス互換機をまとめてみました。 アイコス代替品をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。 デスクのお供に、アイコスサブ機が欲しい アイコスは充電がないと吸えませんよね。 したがって常に充電をしておきたいものですが、つい 「仕事場に充電したまま帰宅」してしまい、家に帰っていざ一服 -。 - y-゜゜゜と思ったらアイコスがない!なんてよくあるケースです。 仕事場のデスク周りで喫煙可能な方や近くに喫煙ルームがある方は、パソコンからをUSBケーブルでつないでおくと便利です。 アイコスは鞄の中に入れて外出時などに使用、カムリは常に仕事場に置いておけば「会社にアイコス忘れた!」なんてこともありません。 とにかく貧乏性、ランニングコストを抑えたい アイコスは現在1箱460円です。 タバコはいつの日も増税対象で、近々さらに値上げすることも予定されており、 電子たばこ関連銘柄も値上げ対象といわれています。 1箱1,000円とか一気に値上げしてくれた方が諦めがつくのですが、真綿でじわじわと締められるようにゆっくりと、しかし確実に値上げをしていきます。 ならば1本で数回吸えばいいじゃない!ということをできるのが です。 このようにちょん切って使用するので、1本のヒートスティックで2~3回分楽しむことができます。 ハーブスティックは他のたばこ(グローもOK)も使えるので、利便性はかなり高いですね。 アイコスが壊れた!もう3台目(涙 何を隠そう、ボクはアイコス3台目です。 最近は 「アイコスは壊れるもの」と認識しているため、常に互換機をセットに持ち歩いています。 0plusになってからはやや故障が少なくなった気もしますが、それでも一度交換しています。 最近は「アイコスをサブ機」として使用するようにしていて、メインはもっぱら です。 2017年9月の発売から使っていますが、今のところ故障もなく快適に使用できています。 新しいものに目がない人の食いつきがハンパないです。 そして先日手に入れた を早速友人との飲み会に持って行ったところ、かなりの注目を浴びました。 特に内心「イーフォスよくやった!」と思ったのが、女子受けが非常に良かったことです。 ボクが持っているのはイーフォスのホワイトなんですが、 パールがかったカラーと丸いボディが可愛らしく感じたんでしょうね。 早速「イーフォスをメイン、アイバディをサブ」に切り替えて、アイコスは車内に取り残されています。 おすすめのアイコス互換機まとめ アイコスのヒートスティックが吸えるおすすめの互換機を4つ紹介してみましたが、いかがでしたか? 使い道によってはどれも良いですが、 やはり使い勝手が良いのは「イーフォスとシガレッソ」です。 イーフォスは性能・デザインともに申し分なしでメイン機として活躍しますが、サブ機を持つのならシガレッソのほうが持ち運びも便利です。 どちらも吸いごたえ・使い勝手は良好なので、使うシチュエーションに合わせて選んでみてくださいね。

次の

iQOSユーザーの不満を解消したアイコス互換機とは?種類・性能比較まとめ

アイコス 互換品

「プルーム・テック」の互換品(提供社名は伏せています) たばこメーカーがサードパーティーを訴え、大規模な訴訟に発展したという話はあまり耳にしないが、各社は現状をどう捉えており、どう対処していくのだろうか。 PMJとJTの広報担当者に見解を聞いた。 PMJは互換品をどう捉えている? PMJの広報担当者は、現状について「現在、当社が販売しているもの以外のアイコス関連製品が多く販売されていることは認識しております。 ただ、製品のタイプはさまざまで、特許などの知的財産権を侵害しているかどうかはケース・バイ・ケースであり、個別に調べてみないと分かりません」と説明する。 悪質なケースへの対策としては「知的財産権を侵害する場合には、親会社であるPMI(米Philip Morris International)に確認し、しかるべき対策を取っています」という。 ただ「アイコスの互換性がある製品というだけでは知的財産権を侵害しているとはいえず、知的財産権の侵害であるという確証がない段階で、互換性製品メーカーに対してクレームを入れると、逆に当社が権利の乱用や販売先への営業妨害を行っていると捉えられる可能性もあります」とし、安易に知的財産権侵害を主張できないというジレンマも明かした。 また同社はこれまで、安全性を証明するため「アイコスが発する有害物質は紙巻きたばこよりも約90%少ない」といった研究結果を相次いで発表してきたが、互換品はその限りではないという。 PMJの広報担当者は「発表している科学的な実証はアイコス本体とアイコス用たばこの組み合わせで実証されているものです」と指摘し、互換品を使った場合は健康に悪影響を及ぼすリスクが増大する可能性もゼロではないとした。 関連記事• JTが「Ploom TECH」スターターキットを購入した顧客に対し、同キットをもう1つ提供するキャンペーンを始める。 同社の決算資料から狙いを探った。 フィリップ モリス ジャパンが新型「アイコス」を発表。 うち「アイコス3 マルチ」は、初の連続使用に対応し、ヒートスティックを約10本連続で喫煙できる。 新端末を出す狙いは、日本の加熱式たばこ市場でシェアを伸ばし、再び圧倒的首位に立つことだ。 JTが、プルーム・テックの安全性を調べるための臨床試験結果を発表。 紙巻きたばこから同商品に切り替えた場合、体内の有害物質は禁煙した場合と同じくらい低減することが分かったという。 来春までに発売予定の新モデルの安全も今後検証していく方針。 レストランでアイコスを使用しながら飲食する試験などを行ったが、大気中の有害物質の濃度は平常時とほぼ変わらず。 非喫煙者の体内からも、こうした物質はほぼ検出されなかったとしている。 フィリップモリスが、紙巻きたばこから「アイコス(IQOS)」に切り替えると疾病リスクが下がるとの試験結果を発表。 切り替えた人は、喫煙を続けても体内から発がん性物質などが減っていたという。 結果はFDAに提出済みで、米国での販売許可獲得につなげる狙い。

次の