立花 孝志 党首。 ホリエモン新党

威力業務妨害などで起訴も…N国・立花孝志氏、コロナ禍で逮捕免れた?

立花 孝志 党首

名前: 立花 孝志 たちばな たかし 生年月日:1967年8月15日 出身: 大阪府泉大津市 所属政党: NHKから国民を守る党、 ホリエモン新党 終戦記念日に生まれているのですね。 肩書もたくさんあります。 NHKから国民を守る党党首、ホリエモン新党党首、 立花孝志ひとり放送局代表取締役、 マツコ・デラックス被害者の会代表取締役などです。 NHKから国民を守る党は、NHKの受信料が不当であると考える人を中心に人気ですし、ホリエモン新党では、堀江貴文さんの考えを実現させていくことに注力しています。 選挙をハックするという意味で、立花孝志さんは、突出しているのではないでしょうか。 学歴・経歴 大阪府立信太高等学校 卒業 1986年4月に、教師の勧めで 日本放送協会(NHK)に入局。 和歌山放送局庶務部に配属され、1991年7月に NHK大阪放送局経理部に異動になる。 この 経理部に配属されたことで、NHKのお金の流れをつかんでいきます! 2005年4月、 週刊文春でNHKの不正経理を内部告発したことで、同年7月に不正経理で懲戒処分を受けNHKを依願退職することになります。 NHK退職後8年間はパチンコで生活費を稼いでいました。 かなりうまいらしいです。 スポンサーリンク 政治活動 2013年6月、代名詞でもある政治団体 NHKから国民を守る党を設立。 設立当時は、わかりやすく NHK受信料不払い党でした。 そこから、ますますYouTubeで再生数を伸ばしていき、人気を集めます。 過激な表現もあり、何度かバンされています。 選挙にも出馬しだします。 2013年9月 大阪府摂津市議会議員選挙、落選• 2014年2月 東京都町田市議会議員選挙、落選• 2015年4月 千葉県船橋市議会議員選挙、当選• 2016年7月 船橋市議会議員を任期中に辞任。 東京都知事選挙に立候補し、落選 NHKの政見放送で「 NHKをぶっ壊す! 」などとNHK批判を繰り広げ、ネットだけではなく、知名度を上げていきます。 政見放送は見ていて楽しかった人も多かったようです。 2017年1月 大阪府茨木市議会議員選挙、落選• 2017年7月 東京都議会議員選挙(葛飾区選挙区)、落選• 2017年11月 東京都葛飾区議会議員選挙で、当選。 2019年7月 第25回参議院議員通常選挙 比例区で当選• 2019年10月 第24回参議院議員補欠選挙、落選• 2019年11月 海老名市長選挙、落選• 2019年11月 桜井市長選挙、落選• 2019年12月 小金井市長選挙、落選 そして、2020年6月、 東京都知事選挙に出馬します。 他にも、2018年4月、埼玉県さいたま市に本社を置く芸能事務所「渡邉エージェンシー」と専属契約し、2018年6月にはYouTubeに「立花孝志」名義でチャンネルを開設しました。 家族 以前結婚していて、娘さんと息子さんがいらっしゃいます。 今は、結婚していた女性とは別に彼女がいて、YouTubeなどで映ることがあります。 政策・公約 考え方• NHKのスクランブル放送化• インターネットを使った直接民主主義の導入• 消費税減税 立花孝志さんは、党名にもなっている通り、NHKから国民を守るために、 NHKのスクランブル放送化をし、受信料を支払っていない人には見せないように仕掛けをすることで、NHKも国民も幸せになるといっています。 スクランブル放送は技術的に可能で、コストも、受信料徴収にかけているコストより全然安く仕掛けることができます。 緊急的なものや教育や福祉の番組についてはスクランブルをかける必要はないと主張しています。 終戦の日にあたる2019年8月15日、 靖国神社に私人として参拝しています。 憲法改正については、 安倍政権がNHKのスクランブル放送の実現をするのなら交換条件で賛成するとしています。 当初、憲法改正の是非については、思想を語っていませんでしたが、2019年10月の補欠選挙の際に、憲法9条は改正し、自衛隊の存在を明記すべきだが、教育の充実を図るための改正は不要という考えを示しました。 NHKのスクランブル放送化を達成したら、NHKから国民を守る党を解党し、議員を引退するといっています。 結党目的 結党目的については、公式サイトから一部抜粋します 1 NHKの受信料制度について、多くの国民及び視聴者が真剣に考える機会を提供すること。 2 受信料制度に疑問や不満を感じている国民に、同制度に関する法律や条例を制定または改廃する機会を提供すること。 (省略) 要は、「あまり考えないで支払っているNHK受信料について、もう一度考えてみませんか?」ということが主張です。 nhkkara. html ・集金人が悪質 ・ウソの番組を放送している と主張しています 嘘の番組とは、一時話題になった戦時中の話を台湾の方にインタビューした番組( NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」)などがいい例だと思いますが、恣意的にカットされていて、インタビューを受けた台湾の方の意思とは逆の印象を植え付けるような放送されました。 参議院埼玉選挙区補欠選挙での候補者アンケートの内容についても触れておきます。 ベーシックインカム制を導入するべき• アベノミクスは成果を上げていると思う• 年金や医療、介護といった社会保障制度は国民負担を増やして維持すべきだ• 外国人労働者の受け入れに反対• 今後の原子力発電所の存続に賛成• 普天間飛行場の移設に向けた名護市辺野古の埋め立て工事を政府がこのまま進めるのはやむを得ない(工事を中止すべきでない)• トランプ米大統領の米国第一主義の外交は理解できる• 日朝首脳会談は無条件で行うべき• 今後の国際情勢によっては日本の核武装を検討すべきだ• 同性結婚を制度的に認めるべき• 女性宮家の創設に賛成 こう見ると、保守ですね。 山本太郎さんとは対照的ですが、消費減税だけは同じ考え方でしょうか。 スポンサーリンク.

次の

立花孝志の評判が悪い理由を調査!N国党首へのヤバい意見が続々!!

立花 孝志 党首

より NHKから国民を守る党(N国)党首でホリエモン新党代表の立花孝志氏が、東京都知事選に出馬し、大立ち回りを演じている。 衆目を集めることに関しては天才的とも評される立花氏だが、今回は森友学園の籠池泰典前理事長を引っ張り出した。 補助金不正事件で2月に懲役5年の判決を受け、現在は控訴中の身である籠池氏だが、立花氏の選挙ポスターにも登場しており、24日には応援弁士として上京し、都内各所で応援演説を繰り広げた。 さらに立花氏は18日に、自身のツイッター上で政見放送の収録を行ったことを明かし、こう呟いた。 「NHKの政見放送の収録終わりました。 NHKと揉めました。 NHKは放送しないかもしれませんが、その場合は、NHKを相手に裁判します」 なぜNHKと揉めたのか。 23日のツイートで、その内容をこう明かしている。 「今回の東京都知事選挙 立花孝志のNHKでの政見放送は、不倫路上カーセックスの実演でした(笑)。 コントじたてのアンジャッシュを上回る、六本木ヒルズの多目的トイレの紹介や、NHKが隠蔽している不祥事の暴露や喘ぎ声など、見どころいっぱいの6分間 6月29日月曜日22時42分~48分 NHK総合テレビです」 このツイートを見たフォロワーたちからは、「面白すぎる」「絶対に放送を見る」と面白がる人が続出。 立花氏の政見放送の収録が終わると、「NHKのスタジオは凍り付き、担当者から『これは放送できません』と物言いがつけられた」とも報じられており、実際にどのように放送されるのかは、29日までわからない。 立花氏本人も「今回の立花孝志の政見放送は、放送されたらかなりヤバイと思います」と述べている。 だが、政治離れが懸念されている若者たちが、今回の都知事選に興味を持つきっかけになっているのは間違いない。 また、19日にジャニーズ事務所を退所した手越祐也に対し、ホリエモン新党の公認候補として政治家デビューを打診する意向を明かし、政治の世界に誘うと宣言した。 広末涼子などの芸能人をはじめ、高知東生、清原和博といった薬物使用で逮捕された著名人、パワハラ問題などで一躍有名になった元衆議院議員の豊田真由子氏などに、選挙出馬を打診したことが報じられてきた。 そんななか、自ら出馬した立花氏。 破天荒な選挙戦を繰り広げているが、YouTubeやブログ、ツイッターなどで主張している内容を見ると、実は緻密な戦略を練っていることがわかる。 今回の都知事選は過去最多の22人が立候補しているが、メディアなどでは現職の小池百合子氏、れいわ新選組代表の山本太郎氏、元日本弁護士連盟会長の宇都宮健児氏の3人が大きく取り上げられることが多い。 自民党の二階俊博幹事長が「小池氏に勝てる候補はいない」と公言するなど、ほかの候補の主張はかすみがちだ。 だが、候補者が多いからこそ、それぞれの公約や都政への取り組みなど、さまざまな角度からじっくり検討する貴重な機会になるのではないだろうか。 (文=編集部).

次の

立花孝志

立花 孝志 党首

立花孝志の評判が悪い理由を調査! 立花孝志さんは、在職中にNHKの不正経理を告発し、退職をしています。 また、退職後はYoutube等で 「NHKの受信料は払うな!」 といった過激な活動をし、注目を集めていました。 そんな立花孝志さんですが、悪い評判が世間に蔓延しているようなんです。 ここではその理由と内容について、詳しくみていく事にしましょう。 立花孝志は評判が悪い? 「すべての選挙は売名目的」 これは2019年5月に大阪府堺市長選挙に党公認で立候補した際に述べられた、立花孝志さんの選挙に対する考え方だそうです。 立花孝志さんは、NHK在職中の2005年4月に、週刊文春で不正経理を内部告発。 同年7月に自身の不正経理で懲戒処分を受けNHKを依願退職しました。 その後、フリージャーナリストとして活動する傍ら、政治活動を始めますが、それが何とも独特なものだったのです。 「すべての選挙は売名が目的となります。 その目的が、当選ではなくていいのです。 政治的な売名ならOKです。 商品の宣伝などの売名はダメなのです。 」 この奇抜な発言が波紋を呼びました。 Twitter上でも批判と受け取れる投稿が相次いでいます。 それは政治への冒涜だよ。 — こわさん kowappadodesyou 確かに、このような発言を目にすると、本当に市民のために親身に動いてくれるのだろうかと、不安になるのも分かりますよね。 しかしながら、このような擁護をする意見もありました。 立花孝志氏。 なんか、むちゃくちゃキレ者なんじゃ、、 — SAKURANOSADA SNosada 立花孝志は言うまでもなく全く評価しないけど、奴は意外にクレバーだから侮れないんだよな。 — ちくわぶ大将軍 萬年ウデマエB帯 Kirokuro このように、支持をするツイートでは、立花孝志さんは賢いとする意見がみられました。 そこで学歴を調べてみると、最終学歴は意外にも、大阪府立信太高校学校との事。 偏差値も30台だそうです。 幼い頃に両親が離婚し、生活が苦しかった事もあり、小学校5年生の頃から新聞配達のアルバイトをしていたんだとか。 しかし元々頭が良く、勉強もあまりせずにとも常に高校ではトップクラスの成績を修めていたようです。 高校の先生の推薦によりNHK和歌山放送局へと入社した立花孝志さん。 採用面接の際には、貧しいためにNHKの受信料を支払ってこなかった事を指摘されましたが、 「払ってないからこそ、払ってない人の気持ちの分かる集金ができる。 」 と、高校生とは思えない切り返し。 見事に内定を勝ち得たそうです。 この当時から、咄嗟に機転が利く発言が出来るのは流石ですよね。 悪い評判が目立ちますが、苦しい生活をしてきたからこそ、弱い立場の人に寄り沿った政策を実行してもらいたいものです。 評判が悪い理由とは? 評判が悪い理由はいくつかあるようです。 最近では、Youtubeに公開された動画の中で、 「アホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう」 などと発言をしていたといいます。 このジェノサイド(集団虐殺)を容認するかのような発言が、批判がを呼んでいます。 戦争を防ぐには世界の人口を抑制しなければならないとの持論を述べた上で、 「ある程度かしこい人だけを生かしといて、後は虐殺して」 などと語ったそうです。 これは批判を招く要素に成り得ますよね。 この件に関してメディアで報道されると、それに反論。 「どっかの国の人たちを殺してしまおうとか、そんなつもりはさらさらない」 と釈明しましたが、謝罪や撤回はなく、 「書いてくれる事によって話題は尽きないので、それはそれで全然いい」 と開き直るかのような発言をしたそうです。 立花孝志さんは、Youtubeでの動画配信を主な発信ツールとして使用されていますが、 「閲覧数と広告収入を考えて、この様な発言を繰り返しているのでは?」 との見方が強まっています。 スポンサード・リンク N国党首へのヤバい意見が続々!! N国党首としての、立花孝志さんへのヤバい意見もたくさん聞かれています。 果たしてそのN国党とはどのようなものなのでしょうか。 また、どのような意見が寄せられているのか見ていきたいと思います。 N国党とは? 「NHK撃退シール」というのをご存知でしょうか? 「NHKから国民を守る党」略して「N国党」が、無料で配布しているNHKの集金人が来なくなるというシールの事です。 N国党は2013年に発足し、第25回参院選の全国比例で党首の立花孝志さんが当選したことから国政に進出しました。 主な政策として、 「NHK受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようになる、『NHK放送のスクランブル化』を目指す」 としており、達成された際には党を解党、立花孝志さん自身も議員を引退することを明言しています。 内容の賛否はありますが、単一論点政治でとても分かりやすいですよね。 その政策の一環で作られた「NHK撃退シール」には、党関係者の連絡先が書かれているそうです。 NHK側は、 「シールの有無に関わらず、NHKは契約・支払をしていただくため、まだ契約をいただけていないお客様や未納となっているお客様のお宅を訪問しています。 」 と述べており、シールが貼ってあるからといって本当に撃退できるという事でははなさそうです。 NHKからの集金に困っている一人暮らしの学生や社会人が多そうな自治体や、「浮動票」の確保を目的として過去に「みんなの党」が議席を持っていた選挙区を、立候補者擁立の指標にしているとの事ですが、果たしてその行く末はどうなるのでしょうか。 ヤバい意見が続々!! Twitter上で、N国党首へのヤバい意見が続々と見られたので紹介していきます。 立花孝志とか、一目見ただけでも完全にヤバい「政治家にしちゃいけない人」だし、色々掘り下げれば掘り下げるほど「人間としてもダメな人」なのに、いまだにあれを支持している人たち、どういう思考回路なんだろう。 ここまで来て、引くに引けなくなってるの? — おなか HNamachiri これは酷いな!千葉の被災対応最中の小西議員に対して先日別件で「子供は虐殺したらいい」と発言し問題になったN国党首の立花孝志が事務所に乗り込んで回答してるのにも関わらず執拗に討論しろと迫ってる。 NHKの集金よりもシツコイし酷いしやる事が国会議員としても人としても最低。 N国の立花党首は、脅迫の疑いで書類送検されたとき、「有罪(後に実刑に変更)になったら議員辞職する」と明言したが、今回の辞職・埼玉補選立候補との関連はどうなっているのか。 話題を集めさせすればよいと、その場その場で言動を変える脈絡のなさが酷すぎる。 — 舛添要一 MasuzoeYoichi 確かに、勝てる選挙だけを戦っていくという自身の方針で、話題集めに勤しむ政治家に一票を投じる有権者は、果たしているのでしょうか。 批判的な意見が飛び交う一方、「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文さんは、立花孝志さんが議員辞職し、参院埼玉選挙区補欠選挙に出馬することについて、「頭良すぎてやばい。 」と、ツイートしました。 頭良すぎてやばい。 夕方くらいにこの件の解説動画アップします。 頭硬い新聞社のバカが検討外れのこと書いてて笑える。 更に、自身のYoutubeチャンネルでも動画をアップしています。 「立花党首の議員辞職について解説します」 と題した動画内で、 「選挙と政治を分離することを、彼は自分でやるという選択に出た。 しかも、N国党は、同党の浜田聡氏が繰り上げ当選することから、議席を失うことはない。 埼玉県前知事の上田(清司)氏が無風で当選すると思われていたところに、彼がやってくるとういうことは、僕はすごい事だと思う。 」 と評価しています。 これを受けて立花孝志さんは、 「堀江貴文さんからTwitterで、『頭良すぎてやばい』とコメントを頂いた事は光栄です」 と話していたそうです。 続けて、 「堀江さんの能力、実績を考えれば、私が代表職を退いてお任せしたい。 それくらい、ウチの党としては来ていただきたい。 」 と語っています。 お互いにリスペクトし合っているこの二人。 近い将来、この二人が同じ政党で活動するような事もあるかもしれないですね。 スポンサード・リンク まとめ 「すべての選挙は売名目的」という独特の世界観を持ち、過激な発言で注目を集める立花孝志さん。 様々な方面から評判の良くない意見が相次いでおり、N国党の党首としてもヤバい意見が度々聞かれています。 しかしながら、学生時代から賢くて、堀江貴文さんを始め、一定の層からの支持がある事も事実です。 今回見てきた立花孝志さんの発言には疑問の残るものもありましたが、小学生の頃からアルバイトを強いられるような苦しい生活を経験してきた政治家は、今の政界にとって貴重な存在だと思います。 弱い立場の国民に寄り沿う政策を期待していきたいと思います。 参考サイト 日刊ゲンダイ Yahoo! ニュース 東スポWeb.

次の