おかき あられ せんべい 違い。 「おかき」と「あられ」と「せんべい」の違い

「せんべい」「あられ」「おかき」

おかき あられ せんべい 違い

Q 実は以前から思っていたのですけれど 「おかき」と「おせんべい」の違いは何でしょうか? 私は生まれてこのかたずっと関西在住ですが 【「おかき」は米の粉、或いは餅米を原料として焼いたり揚げたりして作り 醤油味、塩味で調味して食べる物。 】 【「おせんべい」は小麦粉を主原料として少し甘い味付けを施し こんがりと焼いた和風クッキー状の物。 】 という認識できました。 ところが関東の方の人はそうでない気がして。 「草加せんべい」は私に言わせると「おかき」です。 と言っても「Google」で検索しただけですが。。。 で,現代については皆さんお書きの様に,「せんべい」は「粳米(普通のお米)」が原料で,「あられ・おかき」は「糯米」が原料との事です。 が,私も関西出身で「せんべい」と言えば「神戸の瓦せんべい」と「宝塚の炭酸せんべい」が直ぐ頭に浮ぶ口ですので,小麦粉を使ったせんべいも検索してみました。 ヒットした中で面白そうなサイトを上げておきます。 チョットした知識にはなるかもしれません。 nifty. asahi. yamakosenbei. 『餅』はピンと読み、中国語では小麦粉を原料としたもののこと。 本来、せんべいは小麦粉で作った』との事です。 また,『煎餅は江戸の末期までは小麦粉で作られたものが主流』だったそうですが,『農家がご飯に炊くには向かない低質の米を粉にし、塩水で練って焼き、おやつにしたのが原型』になって草加煎餅ができたらしいです。 一方,『関西は、うるち米もおいしく、もち米を作るのにも適してた。 農家では餅を薄く掻(か)いて、「かき餅」にし、保存食にした』事から,おかきができたそうです。 で,『小麦粉せんべい』が『関西で独自の展開をみせ』たのが,神戸の「瓦せんべい」らしいです。 そう言った背景からか,『関西では(京文化)おせんべい20%、あられ80%,関東では(江戸文化)おせんべい70%、あられ30%で食されています。 』と言う事です。 html 各サイトへは参考 URL(OKWeb のこの質問)のハイパーリンクを御利用になると便利だと思います。 php3? と言っても「Google」で検索しただけですが。。。 で,現代については皆さんお書きの様に,「せんべい」は「粳米(普通のお米)」が原料で,「あられ・おかき」は「糯米」が原料との事です。 が,私も関西出身で「せんべい」と言えば「神戸の瓦せんべい」と「宝塚の炭酸せんべい」が直ぐ頭に浮ぶ口ですので,小麦粉を使ったせんべいも検索してみました。 ヒットした中で面白そうなサイトを上げておきます。... A ベストアンサー 2です。 早速のお礼、ありがとうございます。 「冷やし中華」と「冷麺」の違い・・・決定的なのは、麺の材料です。 冷麺はそば粉を原料としています。 moriokareimen. htm 一方の中華麺は原料に小麦粉を使用しています。 nifty. 噛んでも噛み切れない・・・感じです。 一方、冷やし中華の麺は、ラーメンでお馴染みの、 薄っすら玉子の香りのする、黄色い麺です。 こちらは説明は不要ですね。 「冷やし中華にも酢が入ってますよね?」 多くの場合は入っていますね。 冷麺のトッピングの一例 ・スイカ ・チェリー ・チャーシュー ・もやし ・茹で玉子・・・ 冷やし中華のトッピングの一例 ・刻みハム ・刻み薄焼き玉子 ・ 刻み胡瓜 ・刻み椎茸 ・刻み紅生姜・・・ 再度のご参考までに。 moriokareimen. nifty. 早速のお礼、ありがとうございます。 「冷やし中華」と「冷麺」の違い・・・決定的なのは、麺の材料です。 冷麺はそば粉を原料としています。 moriokareimen. htm 一方の中華麺は原料に小麦粉を使用しています。 nifty.

次の

「せんべい」と「おかき」と「あられ」の違い・見分け方

おかき あられ せんべい 違い

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ! 「短冊焼海苔巻」 赤坂「柿山」の「短冊焼海苔巻」です。 こちらは以前、御紹介した 赤坂「柿山」の「みずほづつみ」という 食べ切りサイズの個別包装のあられ。 「みずほづつみ」は全部で16種類あります。 前回、御紹介したのは「さきわい」と「はなやぎ」。 みずほづつみ「はなやぎ」 赤坂「柿山」 今日は、「短冊焼海苔巻」の御紹介です。 「短冊焼海苔巻」に使用している海苔は 有明産の焼き海苔だそうです。 この有明産の焼き海苔、特製の醤油タレ、 もち米の香りの三つが一体になって 美味しさを醸し出しています。 私は最初に赤坂「柿山」のおかきを紹介する時に 「おかき」と書かずに思わず「おせんべい」と 書いてしまい、その後、気づいて直しました。 短冊焼海苔巻 赤坂「柿山」 この「おかき」と「おせんべい」って どのように違うのでしょうか? また「おかき」と「おせんべい」だけではなく 「あられ」などというものもありますしね。 原料の違いによる区別 「おかき」「あられ」「おせんべい」 私はそれらの正しい区分けがわからずに その時々で適当に呼んでいるような気がします。 そこで赤坂「柿山」のサイトで教えてもらうことに。 短冊焼海苔巻 赤坂「柿山」 これらの「おかき」「おせんべい」 「あられ」は、ともに日本では最も古い 「米菓」、お米から出来たお菓子でその歴史は なんと千年以上にわたると言われています。 それらの違いでわかりやすいもの といえば、まず原料の違い。 原材料の違いを示すと次のようになります。 「おかき」と「あられ」…… もち米 「おせんべい」……………….. うるち米 こちらはもち米 ですから先ほどの「みずほづつみ」の 「短冊焼海苔巻」の原料として 「もち米」があげられていたのです。 「もち米」とは黐稲(もちいね)からとれる お米のことで粘り気のあるお米のこと。 いわゆる「お餅」や「お赤飯」等 のおこわに使われますね。 一方、「うるち米」は「もち米」の ように粘り気はなく、いつも私たちが 頂いている御飯は、この「うるち米」。 そしてこちらがうるち米 「おかき」と「あられ」の違いは? ここまではとってもわかりやすいのですが、このあとの 「おかき」と「あられ」の違いがちょっと曖昧です。 おせんべいの業界では、一般的に 「大きさの違い」といわれているそうです。 大きいもの……「おかき」 小さいもの……「あられ」 というようにね。 これは柿山のサイトではなく、以前 「あぷりのお茶会」で紹介したことのある 金吾堂製菓のサイトに出ていたものです。 おせんべいの分類って、こんな感じなのですね。 例外もいっぱいあるそう ただし、これはあくまで一般的にはということであって 実際の名前のつけ方が、必ずしもこの通りではないそう。 例えば、関西では 「おかき」も「あられ」も 共に「おかき」と呼ぶそうです。 また原材料を見るともち米なのに 「おせんべい」と書かれているものも あるなど、かなりいろいろのようです。 短冊焼海苔巻 赤坂「柿山」 そこで赤坂「柿山」のおかきですが 原料のもち米は、富山県地方特産の 「新大正もち米」を主原料としているそうです。 (赤坂「柿山」の季節限定商品の中には 「おかき」以外に「おせんべい」や 「玉子せんべい」などもあります) ということで赤坂「柿山」の「おかき」 を、私が最初「おせんべい」と書いて しまったのは、明らかに間違い。 原材料がもち米ですから、赤坂「柿山」 のものは「おかき」と表記することが 正しいということですね。 検索 Search カテゴリー• アーカイブ• 最近の投稿• 人気の投稿とページ• 最近のコメント• に より• に YUKARI より• に より• に より• に チップママ より.

次の

「せんべい」と「おかき」と「あられ」の違い・見分け方

おかき あられ せんべい 違い

あられ、かきもち、せんべい(米菓)の違いは用いる米の違いとなります。 あられ、かきもち、おかきは粘り気の多い糯米(もちごめ)を用い、せんべいには粘り気の少ない粳米(うるちまい)を使用します。 簡単に言えば白米とおこわの違いのようなものです。 その名の由来を紹介すると、かきもち(欠餅)は正月に供えられた鏡餅からとされ、正月の11日の鏡開きにお下げした鏡餅を食す際、餅に刃物を入れて切ること忌み嫌い、餅を手で欠いた(割った)ことから、手で欠いた餅、かきもちと呼ばれるようになったとされております。 おかきはかきもちの女房詞(にょうぼうことば)で、お米や、お茶のようにおかきもちから餅の字が省略され、おかきと呼ばれるようになりました。 つまりかきもちとおかきは同じものです。 一般的にかきもちは5センチ以上の大判のものをさし、製造過程において、搗いた餅をのし箱(四角に形作った木箱)に入れて固め、その四角に固まった餅を切り、干して焼き上げることから、かきもち、おかきは四角いものが多いのです。 あられはかきもちに比べて小さなものを指し、丸く細かに焼きあがったものが、冬の空から降ってくる霰に似ていたことや、煎るときに音をたて跳ね上がる様子が霰に似ていたことからあられと呼ばれるようになりました。 せんべいは大きく三つに分類されます。 米を用いたせんべい(弊店では「紹巴(しょうは)」や「綟(もじり)」)に、瓦せんべいのように小麦粉を使ったもの(弊店でいえば丹波黒豆せんべいの「緞子(どんす)」)。 そして海老せんべいのように馬鈴薯澱粉を使ったもの(弊店でいえば「朱珍(しゅちん)」の器)の三種類です。 あられ、かきもちの主原料である糯米の生産地が関西や九州に多いためあられ、かきもちは関西に、粳米(うるちまい)を主原料とするせんべいは関東圏の食文化として拡がります。 また味付けの大きな違いは、出汁(だし)の文化が強い関西では、醤油にかつおや昆布、みりんや砂糖を混ぜた、その店ごとに秘伝の醤油たれを作り、あられ、かきもちに用います。 逆にせんべいは醤油の生産地が日本一である千葉に近いこともあり、醤油たれは作らず、醤油をそのまま用いて味付けするところがほとんどです。

次の