トゲデマル 育成。 【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

トゲデマルとは (トゲデマルとは) [単語記事]

トゲデマル 育成

マルヤクデの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお、むし 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 特性は 現環境に多いほのおタイプに有効なもらいびを採用しましたが、物理受けを考えている場合は特性をほのおのからだ、持ち物にゴツゴツメットを採用するのがおすすめです。 おすすめ技構成 フレアドライブ 確定技 高火力のタイプ一致技で採用しました。 最も火力が高く命中も安定していますが、HPを削られる副作用があるので体力には注意しましょう。 とびかかる 確定技 相手の攻撃を1段階下げることができます。 自身の被弾を抑えられるだけでなく、後発のポケモンの負担を減らすことができます。 パワーウィップ 確定技 高威力のくさ技です。 相性を考慮して相手がみずやいわタイプを出してきた場合に使っていきましょう。 きゅうけつ 選択技 タイプ一致のHP回復技です。 フレアドライブのHP減少をカバーすることができます。 かみなりのキバ 選択技 マルヤクデが唯一覚えるでんき技です。 パワーウィップで対応できないひこうタイプへの使用がメインです。 現環境で使用率の高いギャラドスに対しても有効です。 はたきおとす 選択技 エスパーやゴーストに対して有利をとれるので、ミミッキュやドラパルト対策になります。 マルヤクデの与ダメージ計算 フレアドライブ いじっぱり、攻撃の努力値が252のマルヤクデがフレアドライブを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 パワーウィップ いじっぱり、攻撃の努力値が252のマルヤクデがパワーウィップを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 マルヤクデの弱点・対策 いわ技で攻めよう マルヤクデは「ほのお」「むし」タイプなのでいわ技が4倍で刺さります。 タイプ一致でなくても4倍が刺されば大抵倒すことができるので、マルヤクデ対策を行う場合はいわ技を覚えさせておきましょう。 おすすめポケモン ポケモン おすすめ理由 ギャラドス ・いかくで攻撃を下げることができる ・ストーンエッジで1発(乱数)で落とせる ドリュウズ ・いわなだれで1発(乱数)で落とせる ・先制を取りやすい ・ほのお技には注意が必要 関連スレッド.

次の

トゲデマルの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トゲデマル 育成

Contents• レベル1ココドラって? ココドラ 対戦で活躍出来る進化前ポケモンとして、最初にこいつが思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。 特性の「がんじょう」と技「がむしゃら」を合わせることでどんな強いポケモンも体力を1~12にすることが出来る最強のポケモンですね。 初出はBW。 頑丈の仕様変更があったのがこの世代。 例えレベル1であろうと絶対に相手の攻撃を耐えることが出来るようになり、がむしゃらの「自分と相手の体力を同じにする」という攻撃との相性が抜群によくなりました。 さらに「きのみジュース」を持たせることで、体力がMaxになるので頑丈を復活させることが可能です。 砂嵐が吹いていればそれだけで相手はバタバタ倒れていく。 トリル下で味方の範囲技と合わせると絶対に攻撃を耐えられない。 なんて恐ろしいポケモンなのでしょう・・・。 BWの発売が2010年なので、7年間もの長い期間、この王者の座が揺るぐことはありませんでした。 ココドラとトゲデマルの比較 というわけでついにレベル1頑丈がむしゃらポケモンの2匹目が登場してしまいました。 この新ポケモン、いったいどれだけのスペックを持っているのか、ココドラと比較してみようと思います。 ステータス レベル1ココドラ HP12 素早さ4 見慣れた数値ですね。 レベル1トゲデマル HP12 素早さ5 素早さが1高いものの誤差の範囲。 ステータスについてはほとんど差がないことがわかりました。 タイプについても電気タイプなので麻痺しないぐらいで基本大差なし。 どっちも砂嵐無効が強力ですね。 使える技 レベル1ポケモンに有用な技は限られています。 攻撃技はがむしゃら以外ほとんど意味をなさない為、補助技をどれだけ使えるかがカギとなっています。 元々がむしゃらがあればそれだけで強いので、自身を守るための技を入れたり、トリル返しを防ぐほえる、あとはりんしょうギミックを入れるぐらいでしょうか。 シングルならステロとか。 かつてのトリプルバトルでは「技がなさすぎてココドラを採用すると自然と構築が輪唱パになる」なんて言われていましたね。 まあもともとが強すぎるのでこれでも十分でした。 さてさて、トゲデマルの技を見てましょうか。 ちょっと一つ一つ詳しく見ていきましょう。 がむしゃらをすると相手の体力は1or12になるので、がむしゃらを食らった後にニードルガード状態のトゲデマルを触れた瞬間即死。 しかし攻撃しないと2発目のがむしゃらが隣に飛んでくるかもしれない…でも攻撃したらやられるかもしれない…そんな恐ろしい二択を迫ることの出来る技。 がむしゃらとねこだましが出来る。 これが何を意味するのか。 そう、トリックルーム始動のサポートをすることが出来るのです。 《例》 ドータクンとトゲデマルを並べます。 がむしゃらを食らった相手はHP12になるのでいわなだれを耐えられません。 強い!! この流れが「相手に猫騙しがいない限りほぼ100%成功」という恐ろしさ。 トリックルーム使いは火力不足なことが多いですが、この戦法をする上では全く関係ないのもグッド。 これまでねこだましを使えるがむしゃらポケモンはドーブルやヒコザルなど限られたポケモンしかいなかったのですが、なんとまさか特性頑丈のこいつで可能になってしまうとは…。 レベル1がむしゃら要員にとっては「がむしゃらにより火力サポートが決まらない時の第二の火力サポート枠」という扱い。 具体的には ・相手がゴーストタイプ…がむしゃらが効かないので ・トリルに失敗…がむしゃらと全体技を重ねられないので とかですね。 手助けは優先度が非常に高いので、死に際に撃つことも出来るしあるだけでとても便利な技です。 今作ならZ技に手助けするなんてことも出来ますね。 ツンデツンデというS実数値が16とかしかないポケモンが登場したので、そのさらに下に潜り込める低レベルおさきにどうぞはちょっと価値が上がったようなそうでもないような。 《その他》 なげつける…王者の印を持って怯ませたり出来る。 レベル1ドーブルなどと違って持ち物枠にタスキを割かなくていいのがここで輝く。 アンコール:とりあえずのつよ技。 他の技が優秀だから枠が厳しいかな…? じゅうりょく:えっなんでこいつ重力出来るの。 味方の濁流とか吹雪、催眠術のサポートとかに。 いやあ!技枠が最大4つしかないのが本当に悔やまれますね!! その他 頑丈前提で話を進めてきましたが、実はトゲデマルは残る二つの特性も非常に有用だったりします。 ひらいしん レベル1ポケモンにとって、相手の攻撃を無効化出来るかどうかは非常に重要です。 半減でもワンパンされる一方、無効ならどんなにレベル差があってもダメージは0ですからね。 そういう意味で無効タイプが1つ増える避雷針は超強力。 そして何より味方を電気技から守れるので、例えばヤドランなどの電気弱点トリラーと組み合わせてねこだましトリル、なんてのが出来てしまいます。 味方の放電とがむしゃらを合わせるなんてことも出来ますね。 てつのトゲ これまた強力な特性。 がむしゃらをされた後のポケモンはトゲデマルに触れた瞬間即死! なんだかトゲデマルが物騒なポケモンに思えてきました。 これまではテッシードぐらいしかてつのトゲがむしゃらが出来なかったので現実的ではなかったこのコンボですが、補助技が揃っているトゲデマルならば現実的な戦法として展開することが出来そうです。 まあがんじょうとひらいしんに比べると見劣りしますが…。 ちなみにココドラの残り二つの特性はいしあたまとヘヴィメタル。 まとめ 改めてまとめてみましたが、トゲデマルやばいですね…。 っていうかレベル1だと強すぎ!!って話の記事ですけど別にレベル50でもめっちゃ強いんですよねこの子。 なんかアイアンヘッド貰ったし。 こうなってくると逆にココドラを生かすにはどうすれば?という気分になってきます。 天候技、ステロ、ほえる辺りを採用したい場合はココドラを選択することになる…かな…。 っていうか早い人はもう手を出してそう。 ちょうどぴったりな新ポケモンも登場しましたンデしましたンデからね。 ウルトラサンムーンの教え技配布で色々なアローラポケモンたちが新しい顔を見せてくれてとても面白いです。 ではウルトラレート ? で会いましょう ミ・3・ミ<good bye! ちなみにWCSルールだとレベル1は使えないから注意 追記 構築完成しました!.

次の

トゲデマル

トゲデマル 育成

Contents• レベル1ココドラって? ココドラ 対戦で活躍出来る進化前ポケモンとして、最初にこいつが思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。 特性の「がんじょう」と技「がむしゃら」を合わせることでどんな強いポケモンも体力を1~12にすることが出来る最強のポケモンですね。 初出はBW。 頑丈の仕様変更があったのがこの世代。 例えレベル1であろうと絶対に相手の攻撃を耐えることが出来るようになり、がむしゃらの「自分と相手の体力を同じにする」という攻撃との相性が抜群によくなりました。 さらに「きのみジュース」を持たせることで、体力がMaxになるので頑丈を復活させることが可能です。 砂嵐が吹いていればそれだけで相手はバタバタ倒れていく。 トリル下で味方の範囲技と合わせると絶対に攻撃を耐えられない。 なんて恐ろしいポケモンなのでしょう・・・。 BWの発売が2010年なので、7年間もの長い期間、この王者の座が揺るぐことはありませんでした。 ココドラとトゲデマルの比較 というわけでついにレベル1頑丈がむしゃらポケモンの2匹目が登場してしまいました。 この新ポケモン、いったいどれだけのスペックを持っているのか、ココドラと比較してみようと思います。 ステータス レベル1ココドラ HP12 素早さ4 見慣れた数値ですね。 レベル1トゲデマル HP12 素早さ5 素早さが1高いものの誤差の範囲。 ステータスについてはほとんど差がないことがわかりました。 タイプについても電気タイプなので麻痺しないぐらいで基本大差なし。 どっちも砂嵐無効が強力ですね。 使える技 レベル1ポケモンに有用な技は限られています。 攻撃技はがむしゃら以外ほとんど意味をなさない為、補助技をどれだけ使えるかがカギとなっています。 元々がむしゃらがあればそれだけで強いので、自身を守るための技を入れたり、トリル返しを防ぐほえる、あとはりんしょうギミックを入れるぐらいでしょうか。 シングルならステロとか。 かつてのトリプルバトルでは「技がなさすぎてココドラを採用すると自然と構築が輪唱パになる」なんて言われていましたね。 まあもともとが強すぎるのでこれでも十分でした。 さてさて、トゲデマルの技を見てましょうか。 ちょっと一つ一つ詳しく見ていきましょう。 がむしゃらをすると相手の体力は1or12になるので、がむしゃらを食らった後にニードルガード状態のトゲデマルを触れた瞬間即死。 しかし攻撃しないと2発目のがむしゃらが隣に飛んでくるかもしれない…でも攻撃したらやられるかもしれない…そんな恐ろしい二択を迫ることの出来る技。 がむしゃらとねこだましが出来る。 これが何を意味するのか。 そう、トリックルーム始動のサポートをすることが出来るのです。 《例》 ドータクンとトゲデマルを並べます。 がむしゃらを食らった相手はHP12になるのでいわなだれを耐えられません。 強い!! この流れが「相手に猫騙しがいない限りほぼ100%成功」という恐ろしさ。 トリックルーム使いは火力不足なことが多いですが、この戦法をする上では全く関係ないのもグッド。 これまでねこだましを使えるがむしゃらポケモンはドーブルやヒコザルなど限られたポケモンしかいなかったのですが、なんとまさか特性頑丈のこいつで可能になってしまうとは…。 レベル1がむしゃら要員にとっては「がむしゃらにより火力サポートが決まらない時の第二の火力サポート枠」という扱い。 具体的には ・相手がゴーストタイプ…がむしゃらが効かないので ・トリルに失敗…がむしゃらと全体技を重ねられないので とかですね。 手助けは優先度が非常に高いので、死に際に撃つことも出来るしあるだけでとても便利な技です。 今作ならZ技に手助けするなんてことも出来ますね。 ツンデツンデというS実数値が16とかしかないポケモンが登場したので、そのさらに下に潜り込める低レベルおさきにどうぞはちょっと価値が上がったようなそうでもないような。 《その他》 なげつける…王者の印を持って怯ませたり出来る。 レベル1ドーブルなどと違って持ち物枠にタスキを割かなくていいのがここで輝く。 アンコール:とりあえずのつよ技。 他の技が優秀だから枠が厳しいかな…? じゅうりょく:えっなんでこいつ重力出来るの。 味方の濁流とか吹雪、催眠術のサポートとかに。 いやあ!技枠が最大4つしかないのが本当に悔やまれますね!! その他 頑丈前提で話を進めてきましたが、実はトゲデマルは残る二つの特性も非常に有用だったりします。 ひらいしん レベル1ポケモンにとって、相手の攻撃を無効化出来るかどうかは非常に重要です。 半減でもワンパンされる一方、無効ならどんなにレベル差があってもダメージは0ですからね。 そういう意味で無効タイプが1つ増える避雷針は超強力。 そして何より味方を電気技から守れるので、例えばヤドランなどの電気弱点トリラーと組み合わせてねこだましトリル、なんてのが出来てしまいます。 味方の放電とがむしゃらを合わせるなんてことも出来ますね。 てつのトゲ これまた強力な特性。 がむしゃらをされた後のポケモンはトゲデマルに触れた瞬間即死! なんだかトゲデマルが物騒なポケモンに思えてきました。 これまではテッシードぐらいしかてつのトゲがむしゃらが出来なかったので現実的ではなかったこのコンボですが、補助技が揃っているトゲデマルならば現実的な戦法として展開することが出来そうです。 まあがんじょうとひらいしんに比べると見劣りしますが…。 ちなみにココドラの残り二つの特性はいしあたまとヘヴィメタル。 まとめ 改めてまとめてみましたが、トゲデマルやばいですね…。 っていうかレベル1だと強すぎ!!って話の記事ですけど別にレベル50でもめっちゃ強いんですよねこの子。 なんかアイアンヘッド貰ったし。 こうなってくると逆にココドラを生かすにはどうすれば?という気分になってきます。 天候技、ステロ、ほえる辺りを採用したい場合はココドラを選択することになる…かな…。 っていうか早い人はもう手を出してそう。 ちょうどぴったりな新ポケモンも登場しましたンデしましたンデからね。 ウルトラサンムーンの教え技配布で色々なアローラポケモンたちが新しい顔を見せてくれてとても面白いです。 ではウルトラレート ? で会いましょう ミ・3・ミ<good bye! ちなみにWCSルールだとレベル1は使えないから注意 追記 構築完成しました!.

次の