オーガニズム 和訳。 「女性のオーガズムとは何か?」を2分のムービーで解説するとこうなる

【歌詞和訳・解説】「Sorry」ジャスティン・ビーバー で英語を学ぶ

オーガニズム 和訳

スーパーオーガニズムは、アメリカのハイスクールに通っていた日本人のオロノ(ヴォーカル)が、ニュージーランドのジ・エヴァーソンズというバンドのメンバーと交流を重ねるなかで、2017年に結成されたバンドだ。 彼らは凄まじいスピードで注目を集めていったが、その過程で音楽性についてはあまり語られてこなかった。 イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、韓国、日本という様々なバックボーンを持つ8人が集結した多国籍バンドであること、あるいはフランク・オーシャンやエズラ・クーニグ(ヴァンパイア・ウィークエンド)のラジオ番組で曲がプレイされたなど、いわゆる周辺情報が先行していたように思う。 そんな彼らの音楽の全容を知る意味でも、デビュー・アルバム『Superorganism』はとても楽しみにしていた。 本作のレコーディングやプロデュースは彼ら自身が担い、作業はメンバー全員で共同生活を送るイーストロンドンの自宅でおこなわれたという。 さっそく聴いてみると、ほのかにサイケデリックで、どこか気だるさも感じるローファイ・ポップといったサウンドが耳に入ってきた。 サンプリングを多用した音作りはヒップホップ的だが、ダークな感情も顔を覗かせる歌詞に、ポジティヴなフィーリングをまとった音が乗るという形は、筆者からすると『Oracular Spectacular』期のMGMTを連想させるものだった。 しかし、曲のディテールは凝ってる。 ポップ・ソングにおいては王道とされるヴァース/コーラス形式にとらわれない曲も多く、それでいてキャッチーというのがなんとも面白い。 歌詞も興味深いものが多い。 こうした様々な事象を自然に受け止め、それらに関する素朴な気持ちを歌う感性は、自分自身をさらけ出したり、何かしらの主張をすることに抵抗感がないSNS以降の若者たちによく見られる傾向と重なる。 そんな本作を聴いていると、強迫的にオリジナリティーを求めるより、自分たちが良いと思える曲を作ることに重きを置く8人の姿が目に浮かんでくる。 膨大な量の情報が行き交う現在においては、かたくなに新しさを求めずとも、自分の好きなものを詰め込めば、自ずと独自の音楽を作れるということを彼らは理解している。 ただ、その感覚自体は最近のものではない。 そこには新しさよりも、やりたいことをやるという姿勢がラディカルな形で示されていた。 もっと遡れば、「僕らは自分たちの好きなものすべてを採り込もうとしている。 適切だろうがそうじゃなかろうが、ね。 そして、独創的なものを作りたいと思う」とライアーズを生みだした、2000年代前半のNYポスト・パンク・シーンにその萌芽を見ることもできる。 そう考えるとスーパーオーガニズムは、2000年代以降のポップ・ミュージックが生み出した果実と言えるだろう。

次の

スーパーオーガニズム、ペイヴメントの“Cut Your Hair”のカヴァー音源が公開

オーガニズム 和訳

今ごめんって言うのは遅すぎるかな? Yeah I know that I let you down 僕が君を失望させてるのはわかってる Is it too late to say sorry now? お互い謝ってこのことを水に流せないかな? Yeah is it too late now to say sorry? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? Yeah I know that I let you down 僕が君を失望させてるのはわかってる Is it too late to say sorry now? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? Yeah I know that I let you down 僕が君を失望させてるのはわかってる Is it too late to say sorry now? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? ここでの「and」は理由の「and」で和訳すると「〜だから、〜なので」となります。 なので「You gotta go」の原因は「you get angry at all of my honesty」となります。 時間切れじゃないといいけど、誰かレフリーを呼んでくれない? hope … 望む run out of … 〜を使い果たす call … 呼ぶ 「call a referee」を和訳すると「レフリーを呼ぶ」ですが、ここでは比喩として使われており、ニュアンスとしては「仲良くない二人の中立の立場で仲立ちしてくれる人はいないか?」となります。 Is it too late now to say sorry? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? Yeah I know that I let you down 僕が君を失望させてるのはわかってる Is it too late to say sorry now? お互い謝ってこのことを水に流せないかな? both … 両方の forget … 忘れる、水に流す ここでの「say the words」を直訳すると「その言葉を言う」となりますが、ニュアンスとしては「ごめんって言う」となります。 Yeah is it too late now to say sorry? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? Yeah I know that I let you down 僕が君を失望させてるのはわかってる Is it too late to say sorry now? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? Yeah I know that I let you down 僕が君を失望させてるのはわかってる Is it too late to say sorry now? 今ごめんって言うのは遅すぎるかな? これで終了です。 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

Superorganism『Superorganism』|近藤 真弥|note

オーガニズム 和訳

『Same Thing feat. Superorganism 』あたらしい星野源、はじまりました。 それがポップ・ミュージックで起ころうとするときは特に。 星野源。 インスタを新しく始めたり、Apple Music で全楽曲解禁、同じくApple Music のラジオ番組Beats 1 で自身の番組「Pop Virus Radio 」を放送したり…。 そして極め付けが、他のアーティストとのコラボであるこの、突如としてApple Muiscで配信された楽曲。 『Same Thing feat. 日本でも2018年から何度か単独ライブやフェスで来日済み。 今の時代を如実に表しているそのサウンドや日本人ヴォーカリストのOrono Noguchiのユニークなヴォーカルで人気を博し、あたらしもの好きな人、ハイプ好きな人にとっては既におなじみのバンドかもしれません。 そして今年4月2日には『星野源のオールナイトニッポン』にOronoがゲスト出演していました。 『Same Thing feat. Superorganism 』はApple Musicの独占先行配信 もうね、源さんファンは音楽のサブスクはApple Musicでもう間違いないと思いますよ。 全シングル全アルバム楽曲は、他のサブスクでも聴くことができます。 Beats1のラジオ番組「Pop Virus Radio」• 星野源、Kanye Westの「ノー・ミステイクス」を語る(映像)• 星野源が「Pop Virus」について語る 予告編(映像) といったコンテンツはApple Musicのみで視聴可能ですからね。 「Pop Virus Radio」について詳しくはこちら• 『Same Thing feat. Superorganism 』詳細 『Same Thing』EP まず、驚くことに全部英詞です。 星野源オフィシャルサイトで、英語詩、和訳、ともに全文掲載されています。 英訳がスーパーオーガニズムとなっているので、源さんが作った元々の和訳の歌詞を、スーパーオーガニズムが英詞にし、それを歌っているということなのでしょう。 『Same Thing feat. Superorganism 』サウンド いや、とにかく今までの星野源の作品と全く異なるベクトルの作品です。 当たり前ですよね、本人がそれを望んで作ったのですから。 人と繋がっていきたくて、新しい風を吹き入れたくて、コラボレーションして作ったんですからね。 この調子で、『Same Thing』EPは他アーティストとのコラボ第2弾、第3弾と続いていくようです。 まずサウンドはスーパーオーガニズム色が濃く、打ち込みの音全開のポップなもの。 作詞作曲は星野源とあるので、メロディは源さん、後の色付けをスーパーオーガニズムが担当したのでしょう。 で、このメロディ。 覚えやすいし、シンプルだし、気がつけば口ずさんでいるような状態。 事実うちの小学低学年男子のちびすけも、3回くらい聴いたあと、すぐに鼻歌でうたっていましたw 子供心をくすぐる楽しさが音から出てるような曲なんですよね。 『Same Thing feat. Superorganism 』歌詞・和訳 そして歌詞がまた秀逸。 詳細は今後明らかになることはあるでしょうか。 そっかぁ!気付かなんだ!(納得) いかがでしたでしょうか。 星野源のあたらしい音楽旅行記。 最初こそ、星野源が歌う「英語のうた」にとまどうかもしれませんが、すぐこの曲の持つ楽しさ、アナーキーさ、ポップさ、開放性に打たれ、口ずさみ、身体を動かしていることでしょう。

次の