アスペルガー テスト。 大人のASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など) : 発達障害とは

アスペルガー症候群チェック・診断テストでわかるアスペルガータイプ&隠れアスペルガー【子供&大人でも診断できます】

アスペルガー テスト

アスペルガー症候群には大きく分けて3つの症状があります。 「コミュニケーションの障害」「対人関係の障害」「限定された物事へのこだわり・興味」の3つです。 コミュニケーションの障害 表面上は問題なく会話できるのですが、その会話の裏側や行間を読むことが苦手です。 明確な言葉がないと理解がむずかしく、比喩表現などをそのままの意味で鵜呑みにしてしまう傾向があるため、人の言葉を勘違いしやすく、傷つきやすい面があります。 対人関係の障害 場の空気を読むことに困難さがあり、相手の気持ちを理解したりそれに寄り添った言動が苦手な傾向にあります。 そのため、社会的なルールやその場の雰囲気を平気で無視をしたような言動になりがちで、対人関係を上手に築くことが難しいです。 限定された物事へのこだわり・興味 いったん興味を持つと過剰といえるほど熱中します。 法則性や規則性のあるものを好み、異常なほどのこだわりを見せることがあります。 その法則や規則が崩れることを極端に嫌う傾向があります。 一方、この特性は逆に強みとして活かすこともできます。 アスペルガー症候群に気づくタイミングは? アスペルガー症候群について、気になる症状がある場合は医師に相談し、診断を受けることもできます。 医療機関では、診断基準に基づいたテスト、その人のライフスタイルや困難についての質疑応答など、しっかりと話を聞いた上で総合的に判断されます。 原因や治療は「自閉症」と共通するパターンが多いです。 個々のニーズにあった療育や支援、投薬が必要となってきます。 なお、DSM-5ではアスペルガー症候群は自閉症スペクトラム障害と診断されるようになったため、今後アスペルガー症候群の診断が下ることは少なくなると考えられます。 しかしICD-10によって診断を行う医師もおり、またすでにこの障害名での診断をうけた当事者も多いことから、本記事ではICD-10におけるアスペルガー症候群の診断基準をご紹介します。 表出性・受容性言語や認知能力の発達において、臨床的に明らかな全般的遅延はないこと。 診断にあたっては、2歳までに単語の使用ができており、また3歳までに意思の伝達のための二語文(フレーズ)を使えていることが必要である。 身辺処理や適応行動および周囲に向ける好奇心は、生後3年間は正常な知的発達に見合うレベルでなければならない。 しかし、運動面での発達は多少遅延することがあり、運動の不器用さはよくある(ただし、診断に必須ではない)。 突出した特殊技能が、しばしば異常な没頭にともなってみられるが、診断に必須ではない。 社会的相互関係における質的異常があること(自閉症と同様の診断基準)。 a 視線・表情・姿勢・身振りなどを、社会的相互関係を調整するための手段として適切に使用できない。 b (機会は豊富にあっても精神年齢に相応した)友人関係を、興味・活動・情緒を相互に分かち合いながら十分に発展させることができない。 c 社会的・情緒的な相互関係が欠除して、他人の情動に対する反応が障害されたり歪んだりする。 または、行動を社会的状況に見合ったものとして調整できない。 あるいは社会的、情緒的、意志伝達的な行動の統合が弱い。 d 喜び、興味、達成感を他人と分かち合おうとすることがない。 (つまり、自分が関心をもっている物を、他の人に見せたり、持ってきたり、指し示すことがない) C. 度はずれに限定された興味、もしくは、限定的・反復的・常同的な行動・関心・活動性のパターン(自閉症と同様の診断基準。 しかし、奇妙な運動、および遊具の一部分や本質的でない要素へのこだわりをともなうことは稀である)。 次に上げる領域のうち少なくとも1項が存在すること。 a 単一あるいは複数の、常同的で限定された興味のパターンにとらわれており、かつその内容や対象が異常であること。 または、単一あるいは複数の興味が、その内容や対象は正常であっても、その強さや限定された性質の点で異常であること。 b 特定の無意味な手順や儀式的行為に対する明らかに強迫的な執着。 c 手や指を羽ばたかせたり絡ませたり、または身体全体を使って複雑な動作をするなどといった、常同的・反復的な奇異な行動。 d 遊具の一部や機能とは関わりのない要素(たとえば、それらが出す匂い・感触・雑音・振動)へのこだわり。 障害は、広汎性発達障害の他の亜型、単純型分裂病、分裂病型障害、強迫性障害、強迫性人格障害、小児期の反応性・脱抑制性愛着障害などによるものではない。 医療機関で診断を受けるかどうか、決めるのは本人や家族の判断となります。 ですが、上記で述べた症状や特徴が多く当てはまる場合や、気になることがある場合には、一度身近な専門機関で相談するとよいでしょう。 チェックポイントなどで、ある程度傾向をみることができますが、アスペルガー症候群は診断が非常に難しい障害です。 インターネットなどでもセルフチェックできるサイトもありますが、信頼しすぎて素人判断をしないようにしましょう。 また、子どものことを思いすぎるあまり、偏った目でチェックしてしまう場合もあります。 本人にとって適切な支援をするためにも、主観的な判断にならないよう自己判断をせず、きちんとした専門機関で診断してもらうことが大切です。 いきなり専門医に診てもらうことは難しいので、まずは無料で相談できる身近な専門機関の相談窓口を利用するのがおすすめです。 子どもか大人かによって、行くべき機関が違うので、以下を参考にしてください。 【子どもの場合】 ・保健センター ・子育て支援センター ・児童発達支援事業所 など 【大人の場合】 ・発達障害者支援センター ・障害者就業・生活支援センター ・相談支援事業所 など アスペルガー症候群の診断は医師の問診がメインとなります。 問診で本人が自宅や学校でどのような日常を送っているのかを詳しく聞き取ったり、直接本人の様子を見たりして症状や特性などを判断します。 また、親との面談の時にこれまでの生育歴・既往歴・家族歴などを聞かれます。 子どもことを医師が正確に知るために親や担任にチェックリストを記入してもらうことがあります。 それ以外にも必要な場合には心理テストや知能テストを行い、総合的に判断します。 大人の場合には、医師の問診でまず現状の確認をします。 この時に日常的に困っていること、普段の生活の様子、得意なことや他の病院にかかっているかどうかを伝えるようにします。 次にこれまでの経緯を聞かれます。 子どもの頃の様子、家族から見た印象やこれまでの病歴などについて 次に心理検査・生理学的検査などが行われます。 そうしてひとまずの診断が下されます。 1回の受診で診断が下されることはありません。 時間をかけて慎重に診断が下されます。 受診の際に必要な準備や持ち物 受診する医療機関によっても変わりますので、準備や持ち物については予約時に確認しましょう。 問診がありますので、分かりやすく説明できるよう、参考になる資料を用意しておくとスムーズでしょう。 日常生活での行動や様子も診断する際に参考にします。 専門機関を受診する前に、アスペルガー症候群の特性がどの程度あるか、本人の状態を把握しておくことが大切です。 資料として役立つことがあるので、日常生活での行動や様子の具体的なメモを持参するとよいでしょう。 子どもの場合 ・担任に記録してもらった学校での様子のメモなど ・母子手帳 ・保育園や幼稚園時の連絡帳 ・通知表 ・子どもの自筆のノートなど 大人の場合 ・家族に聞いた子どもの頃の様子のメモ ・小学校の通知表など子どもの頃が分かるもの など 問診に合わせて行われる検査.

次の

アスペルガー【積極奇異型】の特徴は?

アスペルガー テスト

こんにちは、内向型をとことん活かすライフスタイルを提案するブロガーゆうにゃん()です。 あなたは、 ・「他人とのコミュニケーションが下手すぎる」 ・「何をやっても自信が持てない」 ・「なんだかとても生きづらい」 学校生活や社会の中で、そう感じることはないでしょうか。 隠れアスペルガー、聞きなれない言葉ですよね。 実は、わたしも最近知った言葉で、吉濱ツトムさん著書「 」で詳しく知ることが出来ました。 隠れアスペルガーとは、「アスペルガー症候群」までいかないけれど、ある程度似たような症状が出ている言わば、 「グレーゾーン」の人たちのこと。 アスペルガーと聞くと、「発達障害のこと?」と自分自身が「隠れアスペルガー」であることを認めることに抵抗を感じる人も多いでしょう。 でも、認めて、理解を深めることで、 自分らしい生き方が出来ると思うんです。 なぜなら、劣等感がとても強く「自分なんてどうせ…」と自己否定ばかりをしてきたことが隠れアスペルガーという障害のせいだったとわかれば、恐怖心から自分を救ってあげることが出来るからです。 もう、 人とうまく関われない自分を責めなくて良くなってくるのです。 あなたには、あなたの活かし方があることを知れば、人生をもっとハッピーにすることが出来ますよ。 そこで、今日は吉濱ツトムさん著書「隠れアスペルガーの才能」を参考に、隠れアスペルガーの特徴と、HSP(超敏感な人)との関係についてご紹介していきます。 ここで、HSPとの関係についてご紹介するのは、隠れアスペルガーの特徴とHSPの特徴がとてもよく似ているためです。 その共通点についても触れていこうと思います。 ・他者とのコミュニケーションが異常に苦手 ・他者より自分は劣っているという気持ちが強い ・不安や恐怖感を抱えやすい ・なんだかとっても疲れやすい という「生きづらさ」を強く抱えている場合がほとんどなんですよね。 アスペルガー症候群とは 隠れアスペルガーを知る前に、アスペルガー症候群について解説していきます。 wikipediaによりますと、アスペルガー症候群とは、 知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる、ヒトの発達における障害。 より引用 と記載されています。 発達障害の一種なのですが、 発達障害とは、脳の異常によって起こる障害のことです。 異常というのは、 物質的な損壊をしていたり、変形していることで正常に機能出来ない状態のこと。 つまり、 脳の異常によって発達障害が起こり、興味やコミュニケーションにおいて特異性を持つ障害のことを、アスペルガー症候群というわけです。 では、 興味やコミュニケーションにおいて特異性をもっているというのは、具体的にどういうことなのでしょうか。 アスペルガー症候群の特異性については具体的に4つあります ・他者の感情を読み取りにくい ・劣等感が強く、傷つきやすい ・関心の域がとても狭い ・ルーティンワークを好む 1つずつ、解説していきますね。 これは、他者の感情を読み取ることが苦手だからです。 たとえば、失恋して泣いている友人が横にいたとしても、「なんかお腹空いたね!」と 友人を心配するよりも、自分本位のことを言ってしまったりします。 いわゆる、KYな人である場合が多いのです。 これは、脳の構造上に問題が生じているからなんです。 脳内伝達物質に 「セロトニン」という物質があるのをご存知でしょうか。 セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、 精神のバランスを保つ重要な物質です。 アスペルガー症候群の人には、このセロトニンシステムが機能不全を起こし、セロトニンの産生や需要量が少なくなっていると言われています。 このため、 情緒不安定に陥りやすく、抑うつ状態や、強い劣等感を生み出してしまうのです。 さらに、傷つきやすいという側面もあり「わたしなんて…」と ネガティブに考えてしまいがちです。 アスペルガー症候群の人の傷つきやすさは脳の構造上のものであり、一般的な人よりも何倍も傷つきやすいようになっているそうです。 色んなことに あまり興味を示さず、興味を示したかと思えば、独特なものであったりします。 そしてハマったら、めちゃくちゃハマる!というのも特徴です。 規則性を好み、 1つのことを延々とすることが出来る、という特徴があります。 いつもと違うことに不安や焦りを感じ、パニックになることもあります。 アスペルガー症候群チェックテスト ここまで、アスペルガー症候群についてご紹介してきました。 「もしかしたら自分もアスペルガー症候群かもしれない…」 そう感じた人もいるかもしれません。 ウェブ上で、アスペルガー症候群の簡易的なチェックテストを見つけましたので、気になる方は是非、チェックしてみてくださいね。 やっぱり!という感じですけどね。 隠れアスペルガーの特徴 ここまで、アスペルガー症候群について詳しく解説してきましたが、 「ここまではないけど、当てはまる部分がある」と感じている人もいるでしょう。 先ほどの診断テストで、15~35点の人は隠れアスペルガーの可能性がとても高いです。 日本では約100万人の人がアスペルガーと診断されています。 とても多いですよね。 アスペルガー症候群の特異性をご紹介しましたが、 マイナスなイメージが強いですが、実はプラスの面も特徴として持っています。 隠れアスペルガーであれば、マイナスな面が少なく、 プラスの面を多く持っている場合もあるのです。 そのプラスの面を活かしていくことで、独特の強みとなり、隠れアスペルガーゆえの才能を発揮していくことが出来ます。 隠れアスペルガーゆえの才能は数多く存在している事は、吉濱ツトムさん著書「隠れアスペルガーという才能」の中でもいくつも紹介されています。 その中でも代表として5つ挙げていきます。 また、子供のころから「人と自分はなんか違う」と自覚していた人は、「変わろう」という思いから、勉強やスポーツに熱心になり、学習能力が上がるパターンもあるようです。 また隠れアスペルガーの人は基本的に 秀才型が多く、IQが一般的な人よりも高いこともよく知られてるんですよ。 この特徴が学習に関しても発揮され、情報収集が得意である場合が多いです。 また、「これをしらないとダメだ」と勝手に自分を追い込み、 色んな方面への知識を求めます。 視覚情報を記憶することが得意といいましたが、アスペルガーの人は、 驚異的なスピードで目で見たものを記憶することが出来ます。 耳からの情報ではなく、あくまでも目で見た情報のみを得意とします。 このように、視覚情報を記憶するのに長けているので、 既存のものをコピーする能力は非常に高いと言われています。 わたし自身を思い返してみると、確かに言葉で教えられるよりも、目で見て覚えることの方が得意だと感じます。 アスペルガーの人は、ゼロからアイデアを生み出すことは苦手なのですが、すでに存在しているものに規則性をみつけ、それを形にしていくことが出来るのです。 アスペルガーの人にとって 規則性があることはとても重要で、規則性がないと気持ち悪い、ストレスを感じる原因となるという特徴を持つためでもあります。 白か黒か。 0か100か。 「極端だ」とよく言われるのですが、やる気のON・OFFもとても極端です。 やる気がないときは、周りが心配するくらいダラけますが、一度やる気を出すとものすごいパワーを発揮します。 一度「こうと決めたら」とことんやる強い意志力を持っています。 「障害」と聞くとマイナス面ばかりがクローズアップされがちですが、こんなにも素晴らしい才能を持っています。 ご紹介したのはほんの一部であり、著書の中にはたくさんの才能がご紹介されています。 隠れアスペルガーの特徴とHSPの共通点とは 今回ご紹介している「隠れアスペルガー」という言葉は、実は HSPについて調べていた時にたまたま見つけた言葉でした。 そして今回、隠れアスペルガーについて調べていくうちに、 HSPとの共通点がとても多いなと驚きました。 HSPとは、high sensitive person=とても敏感な人のことを指しています。 HSPについては以下の記事でもご紹介しているので、是非、参考にしてみてください。 関連記事:「」 関連記事:「」 関連記事:「」 具体的にどのような共通点があるのか、挙げてみます。 ・自己否定感、劣等感が強い ・コミュニケーション能力が低い ・人の目が気になる ・環境の変化を極端に嫌う ・ネガティブな感情への共感性が高い ・真面目である ・責任感が強い このように、共通点がとても多いことがわかりますね。 しかし、相違点もあります。 それは第一に、それぞれの 障害や気質の元となる脳の仕組みに違いがあります。 HSPを提唱したエレイン・N・アーロン博士は、 「HSPは発達障害ではない」と明言しています。 では、その原因はなんのかというと、 脳のホルモン分泌による可能性が高いと言われているんですね。 実は、まだHSPの原因については明確なものは分かっていません。 ですが、様々な研究が行われていて、原因究明に近づいている、というのが現状なのです。 発達心理学の専門家であるハーバード大学のジェローム・ケイガン教授の研究によりますと、とても敏感な赤ちゃんの脳では神経を高ぶらせる働きを持つ、 「ノルエピネフリン」というホルモンが多く分泌されていることがわかりました。 また、 わたしたちが警戒心を強めているときに多く分泌される「コルチゾール」というホルモンの分泌が多いこともわかっています。 出典: 保坂 隆 このように、アスペルガーの人は脳が物質的な損壊をしていたり、変形していることで正常に機能出来ない状態であるのに対し、HSPの人は脳のホルモン分泌によるものであるという可能性があるということで、根本的に違うことがわかります。 ですが、素人目ではその違いというのはわかりにくいですよね。 診断テストでは、「HSP」も「隠れアスペルガーの人」にも当てはまる… 「一体、わたしは何者なんだーーー」 と言いたくもなってきます。 ですが、 わたしの結論としては「どっちでもいい」ということになりました。 自分が何者であるかよりも、何者になるか。 の方が100倍くらい大事なので、大した問題ではないと思っています。 ただ、色んな本の中で紹介されているHSPや隠れアスペルガーについての知識を深め、もっと学んでいこうと思っています。 隠れアスペルガーの特徴とHSPとの共通点のまとめ 今日は、隠れアスペルガーの特徴とHSPとの共通点についてご紹介してきました。 ですが、それが脳の障害のせいである可能性があるとわかれば、少しホッとするのではないでしょうか。 『障害』となると受け入れがたい気持ちもわかります。 わたしもそうです。 でも、 隠れアスペルガーには、多くの強みや、才能に溢れています。 例えば、診断テストで高得点でアスペルガーや隠れアスペルガーの可能性を指摘されたのなら、知識を深めてみるのも、これからのために必ず役に立ってくると思います。 なので、 「自分は障害じゃない」と頭ごなしに否定するのではなく、 可能性として知識を植え付けることをおススメしたいです。 そして、マイナス面はしっかり対処し、プラスの面はとことん、伸ばす。 自分を知っていくことがい「生きづらさ」を解消する唯一の鍵だとわたしは思います。 知るためにはまず、受け入れることからはじめましょう。 わたしも、まだまだ勉強していきたいと思います。 最後に、アスペルガーや隠れアスペルガーの書籍についていくつかご紹介します。

次の

アスペルガー症候群の子供の特徴<<チェックテスト法>>

アスペルガー テスト

アスペルガー症候群の原因 アスペルガー症候群は、自閉症と同じく、 はっきりとした原因は不明ですが、研究に 先天的 生まれつき の脳の機能障害が原因と考えられているのですが、残念ながら特定はされていません。 アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の検査方法・診断方法 2019年現在アスペルガー症候群や自閉症を 確実に診断する検査方法・診断方法は、 ありません。 しかし、これからご紹介する3つの症状をもとに、最終的には専門医により 総合的に診断・判断することは可能です。 成長するにしたがって、他の人との会話や作業で「あれ、どうしてうまくいかないんだろう・・・」と 悩んでいくことも多いです。 ・予定外のことが起きると、急に混乱する。 ・友達をさけたり、初対面の人に親しく話しかけるなど、社会的な距離感をつかめない。 ・人の話を誤解したり、質問と違う答えをすることが多い。 あれ?この特徴ある。 と思われた方は、一度専門医に相談することをおすすめします。 アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の診断チェック・診断テスト アスペルガー症候群かどうかの最終診断は、 「病院の精神科」や地域の「発達障害者支援センター」などで行っています。 インターネット上で手軽に診断をすることもできますが、ネット上は医師の判断ではなくあくまでチェックのみの段階ですので、本格的な処置は病院やクリニック、支援センターなどを利用するようにしましょう。 アスペルガー症候群の診断チェックが出来るサイト一覧 確定診断はできませんが、アスペルガー症候群の診断・チェックができるサイトには以下のようなものがあります。 より具体的に、行動に見られる特徴を理解できるでしょう。 今一度しっかり情報を整理したい方におすすめ。 アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の治療方法・治療法・トレーニング アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の原因ははっきりしていないため、 2019年現在では、 医学的な、根本的な治療方法はありませんが、緩和させるための治療・療育方法・トレーニング方法をご紹介します。 医師・専門家による診断後、トレーニングを行える専門家を相談しながら決めてたあと、以下のような治療・療育が行われます。 社会生活を行う上で不足している内容に対して、適切な治療を行っていきます。 障害の度合いは個人差がありますし、個性と捉える見方もあります。 成長するにしたがって、症状が軽くなる方もいますし、重くなる方もいらっしゃいます。 重要なのは、 できる限り早くこれらの症状に気づき 早期発見 、適切な対応を取ることです。 症状を緩和し、本人の生きづらさを軽くしていける可能性が高まります。

次の