忍野 メメ 名言。 終物語の忍野扇の正体ネタバレ!阿良々木暦との関係と考察まとめ

終物語の忍野扇の正体ネタバレ!阿良々木暦との関係と考察まとめ

忍野 メメ 名言

『終物語』のキーパーソン・忍野メメとは? 忍野メメは『物語シリーズ』に登場しているキャラで、怪異の専門家です。 特に『化物語』では主人公・阿良々木暦や、怪異に困っているヒロインたちに力を貸していました。 怪異を調べて日本中を放浪する30代のオジサンですが、その身なりはワイルドさとチャラさを兼ね備えており、なんとも言えない程味があってかっこいいキャラです。 しかし 『化物語』の『つばさキャット』以降は街から姿を消しており、『偽物語』の『かれんビー』以降はほとんど登場することがなくなってしまいました。 どこかまた旅に行ってしまったと思われていたメメですが、なんと 『終物語』で再登場していました。 しかも ラスボスと関係する重要キャラとしての登場です。 一体メメはどこに行っていたのでしょうか。 そして何故今現れたのか、ラスボスとの関係など、『終物語』でのメメについて詳しく解説していきます。 忍野メメは南極に!その正体は「迷い牛」! 街から姿を消したメメはとある場所に飛ばされていました。 そこはなんと南極です。 人も住んでいないため怪異も存在しない南極で、 「迷い牛」の能力によって迷わされていました。 この時メメだけではなく、 同じ怪異の専門家である影縫余弦も迷い牛の能力で迷わされていました。 余弦はメメとは逆の北極にいたようです。 更に 街には結界が張られ、怪異の専門家が入ってこられないようにしていました。 ただし 臥煙伊豆湖は妖刀で結界を破り、無理やり街の中に入ってきていました。 怪異の専門家をことごとく街から遠ざけていた『終物語』のラスボス、本当に恐るべしといったところでしょう。 忍野メメを南極から連れ戻すファインプレー!羽川翼の活躍をご紹介 「迷い牛」で迷わされ、更に結界まで張られて動けなかったメメを暦の元まで連れてきた人物がいました。 それが 羽川翼です。 翼はメメを探して世界中を探し回っていました。 最初はメメが居そうな場所を転々と探していましたが、日本に戻ってきた際に貝木泥舟と出会いました。 そこでラスボスのことを聞きます。 ラスボスは「自分はメメの姪」と言っていましたが、 貝木によると「メメに姪はいない」ということでした。 このことに何かを察した翼は発想を逆転させます。 メメが居そうな場所を探すのではなく、 メメが絶対に行かなそうな場所を探すことにしたのです。 怪異の専門家であるメメが行かなそうな場所として翼が候補に挙げたのは 北極と南極でした。 この2か所は どちらも人が住んでおらず、また人が住まないところには怪異が存在しません。 つまり怪異の専門家が絶対に行こうと思わない場所なのです。 この二つから南極に行くことに決めた翼は急いでをジェット機を借りる手はずを揃え、メメの救出に向かいました。 そして見事暦のピンチに間に合うことが出来たのです。 ここまで翼はなんと 10日間不眠不休。 翼の活躍には本当に頭が上がりませんね。 一連の事件の黒幕!ラスボス・忍野扇とは? 忍野扇の正体とは? さて、ここまで「ラスボス」と表現させていただいたキャラをご紹介したいと思います。 それは彼女・ 忍野扇です。 『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』から徐々に顔を出し始め、『終物語』では「直江津高校の1年生として転校してきた」という設定で正式に登場しました。 異様な雰囲気全開の扇ですが、 その正体はなんと暦の自己批判が生み出した怪異だったのです。 扇が生まれる直前、暦とペアリングの関係にある忍野忍が初代怪異殺しを喰らいました。 その初代怪異殺しはキスショットの1人目の眷属です。 初代怪異殺しは自身の身体を修復するために、北白蛇神社で「よくないもの」を15年間喰らい続けてました。 そこには暦たちが今まで出会ってきた怪異も含まれています。 そんな初代怪異殺しを忍が喰らい、そのあと扇が生まれました。 そのため、 扇は「迷い牛」の能力を使うこともでき、また専門家が入ってこられないように 結界を張ることもできました。 アニメでは臥煙が「忍野扇はこの街で起きた怪異の性質を備えている」と説明しています。 つまり 扇は、暦が今まで出会ってきた怪異の能力を全て使うことが出来るということになります。 まさに最強クラスの怪異ですね。 忍野メメとの関係とは? 扇は当初「自分はメメの姪」と表現していましたが、その正体は怪異でした。 ということは 「姪」というのは嘘、本当のところは 何の関係もありませんでした。 自分の存在を偽り、そしてそれが周囲にバレてしまったことで「くらやみ」に飲まれそうになってしまいました。 暦も、扇は自分自身であると認識し、なんとか守ろうとしていました。 二人共「くらやみ」に飲まれそうになって絶体絶命!そこに登場したのが今回のキーパーソン・忍野メメでした。 「阿良々木くん、僕のカワイイ姪っ子を乱暴に押し倒して、何をするつもりだよ。 」その一言で「くらやみ」は消失。 メメが扇を自分の姪だということを認知して認めたことにより、この世の理に反する存在ではなくなったのです。 こうして扇は「くらやみ」に飲まれることなく 、「メメの姪」として存在することになりました。 『続・終物語』公開決定!今こそ『物語シリーズ』の復習をしよう! ここまで『終物語』での忍野メメについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。 イケメンの久しぶりの登場に胸が熱くなった方も多いのではないかと思います。 最後の最後で助けとなってくれるメメは本当に頼れるオジサマですよね。 素敵です。 そんな『物語シリーズ』ですが、『続・終物語』の映画公開が決定しています。 2018年11月10日(土)から全国でイベント上映が開始されるようです。 更に現在全国の上映劇場で特典付きの特別鑑賞券が販売中となっています。 数量限定となっていますので、気になっている方はお早めにチェックの方をよろしくお願いします。 みなさんもこれを機会に『物語シリーズ』を復習して、秋の『続・終物語』の公開に備えてみてはいかがでしょうか。 関連記事をご紹介!.

次の

【終物語】忍野メメはなぜ南極にいた?扇との関係をまとめて紹介!【ネタバレ注意】【物語シリーズ】

忍野 メメ 名言

終物語の試し読みは? 終物語を含む、物語シリーズは現在21巻まで続いている人気のラノベ作品です。 アニメを見ている方で続きも知りたいという方は原作を読んでみると良いですね。 以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。 「終物語」で検索。 扇の正体が明かされるのが下巻。 つまり今回のアニメでも正体が明かされることは無いということになりますね。 終物語は上中下巻の三部作で完結している物語シリーズの一つですが、巻数ごとに内容を伝えると• 上巻では阿良々木の過去• 中巻では忍の過去• 下巻では忍野扇の正体と決着 になります。 今回お伝えするのはこの下巻のおうぎダークで明らかになる、忍野扇の正体になりますね。 ここで突然ですが、最初に扇の正体の答えを言ってしまいます。 忍野扇の正体は 阿良々木暦です。 いきなり言っても意味が分からないかもしれませんので、順を追って説明していきましょう。 では、次にまいります。 西尾維新先生の作品「十二大戦」のネタバレはこちらから。 わかりやすく 5つの項目に分けてみました。 (それでもわかりづらかったらごめんなさい。 これに気づいていたのは、臥煙伊豆湖。 臥煙が気づいた理由としては、阿良々木と同じように怪異を生んでしまった知り合いが他にいたから。 それは、神原駿河の母親であり、臥煙の姉です。 臥煙の姉は他人にも自分にも厳しい人であった。 しかし、厳しいことを言う割には普段物を無くす人でもあった。 しかし、無くなる物の中である傾向に気づいた。 無くなる物は全て、娯楽用品や嗜好品だったのである。 ゲームや本やお菓子etc…。 欲しいけど、必要の無い物。 そして、無くしているのでは無く、自分で捨てているのだと気付く。 つまり、自分に厳しくあろうという心が、正しくないものを許さず、遊びたいという気持ちを抑制するために自分自身で生み、育て上げてしまった怪異。 それが神原の片腕に宿る怪異 「レイニーデヴィル」なのである。 これと同様に阿良々木から生まれたのが忍野扇です。 阿良々木の場合はさっき伝えた通りに自己批判精神。 阿良々木の• 誤魔化し• あやふや• いい加減さ これらを自分で責め続けた結果が忍野扇。 <第1段階> 忍野扇が生まれはじめたのは、八九寺が 『くらやみ』に襲われた事件である。 『くらやみ』は間違いを修正する現象。 ダメなものはダメ、間違っているものは間違っている。 そう裁く 『くらやみ』の存在を知ってしまった。 そして、八九寺を裁く 『くらやみ』を許せなかった半面、阿良々木は無害化されている自分と忍を許せなかった。 八九寺と同じように自分も罰せられたかった。 八九寺がダメなのに自分が大丈夫。 と言うような考えを膨らませていき、否定したくなる気持ち。 ここで、忍野扇という 種が植え付けられた。 <第2段階> 怪異を生み出すのは、そんなに簡単なことではない。 一介の高校生に生めるものでも、誰でも生めるようなものでもない。 阿良々木は、伝説の吸血鬼とリンクする存在ではあるが、それだけが完全にきっかけになった訳でもない。 そのきっかけは忍の初代眷属との対決にある。 ここで起こったことはまず、神原駿河と初代眷属が戦ったことです。 レイニーデヴィルの力を持つ 神原の力を初代眷属にエナジードレインされていたこと。 それにより、レイニーデヴィルの正体不明の原液が初代眷属に混ざってしまった。 次に起こったことが、この街の怪異を生み出した元締め、そして臥煙の姉の生んだレイニーデヴィルの原液の混ざった、初代眷属を忍が食べてしまったこと。 そして、阿良々木と忍は互いにリンクして通じ合っている。 それにより、 初代眷属に混ざったものが忍に入るとリンクしている阿良々木の体の中にも入ってしまう。 そして、忍野扇という正体不明の 『くらやみ』もどきの怪異を阿良々木は作り出してしまった。 その力は お化けのハイブリットと言われるほどの力である。 忍の持つ物質具現化のスキルも備え、更に初代眷属の持つこの街の怪異現象(蝸牛、蟹、蛇etc…)、神原の持つ猿の力も加わっている為、相当なスペックを持っている。 スペックが飛び抜け過ぎていたため、忍野扇自身も使いこなすのには時間がかかっていた。 阿良々木とリンクする、 忍野忍が由来となる。 阿良々木とリンクする忍はいわば、 扇を共同で制作した本人と言ってもいい。 そして阿良々木と言う姓を付けるのは、バレバレなので、もう一人の生みの親である忍野忍の姓を付けたのである。 元々は神原の前で臥煙が親戚関係を隠すために忍野姓を名乗ってしまったのが、先例とされている。 扇という名前は神原駿河のファン(扇)というプロフィールからつけられたとされている。 神原駿河を扇が支持する理由は、そもそも扇が生まれる時に神原の左腕 「レイニーデビル」の力が生んだものであったから。 終物語の下巻の最後に阿良々木が考えた扇の由来も出てきてます。 終物語では、扇VS羽川の戦いが結構あります。 そして羽川の知識の豊富さに対し、阿良々木自身も少しのコンプレックスを持っていたため、 忍野扇は羽川に敵対して、 羽の字の入った扇という名を付けたのでは? と阿良々木は言っています。 その5 忍野扇の退治の仕方 これが一番この物語の重要な問題なのですが、至ってシンプルです。 退治の仕方は、 「 正体を暴く」です。 理由としては、怪異というものは、得体のしれない状態にある間は、非常に厄介なのですが、正体がわかると対処の仕方があると言われています。 忍野扇の場合は正体が阿良々木の作った 『くらやみもどき』です。 本物のルール違反を裁く 『くらやみ』がいるにも関わらず、扇ちゃんは 『くらやみ』を装っていたので、オリジナルに裁かれることになるということです。 「くらやみ」は嘘を真実にすれば裁かれない? 正体を暴いても忍野扇は消滅していません。 その方法は忍野メメが 『くらやみ』の前で 忍野扇を自分の姪だと認めたからです。 忍野メメが姪と認めたということは、もう忍野扇は忍野の姪になった訳ですからルール違反ではなくなるのです。 以上が忍野扇の正体についてのプロフィールになります。 その1~その5(生まれ、時期、特性、名前の由来、退治の仕方)にわけて説明してみました。 これからアニメではどのように展開していくのか原作を読んでいても楽しみになってしまいますよね。 西尾維新先生の作品「十二大戦」のネタバレはこちらから。 終物語の関連記事 アニメ『終物語』のネタバレ記事はこちら 終物語キャラクター考察記事 他の物語シリーズも必見! 西尾維新先生の大人気作品「物語シリーズ」ですが、終物語以外にも「傷」「暦」「憑」など、色々な物語があり、各キャラのエピソードや伏線などがたくさん詰まっています。 以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。 「終物語」、もしくは他の作品も興味のある方は「物語シリーズ」で検索。 (僕も思ったんで。 笑) 紛らわしい名前だと思いますが、次巻として続・終物語がありますからまだ物語シリーズは続いていますよ。 あと、アニメの中でもすっ飛ばしてしまっている巻も存在していますので、いつかは放送されるのだと思います。 今回化物語の次巻になるはずの傷物語が劇場版で公開されることが決まったように。 まだまだ、西尾維新先生の物語シリーズは続いていくのでしょう。 これからも西尾維新先生のラノベを楽しんでいきたいと思います。 以上 「終物語の忍野扇の正体ネタバレ!阿良々木暦との関係と考察まとめ」でした。

次の

【物語シリーズ】忍野メメ【名言集】

忍野 メメ 名言

忍野メメとは、作のおよび、それをとした作品のの一人である。 : 概要 可らしいみたいな名前だが、 男である。 となった塾跡にしている代の。 では小汚くて中年の(評)だったはずが、に際し、作品一のとなった。 なハシャツにぼさぼさのという、あまり見られたものではない格好をしている。 軽薄かつ皮屋な性格で軽口が耐えない。 の使い方を知らないほどので、~の文化に詳しい。 たちにへの対処法、及びをする役割の人物。 を調し全を放浪している。 彼のモットーは「 自分は助けない、相手が勝手に助かるだけ」というもの。 その言葉からも分かるように「助ける」という言葉を嫌っており、どう見ても彼が手助けしている場面でも「を貸す」などという表現をする。 また、者自身の姿勢や原因そのものにも言及し、のを問うのも彼の姿勢である。 底した中立。 なお、その頃は周囲にいつもをらせていた事がある人物から明かされている。 多くの場面で先、布石、予防策、対抗手段、膨大な知識量を披露しており、には「みたいだ」と評されていたが、本人は「まで行的に事態をし、解決する事は自分には出来ない」と話している。 った見方をするなら、作品の多くが一人物からの単一で成り立っている手法なのに対し、の作品が複数人物の多で書いている事を併せ読むと深いである。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• ハシャツ•

次の