ガンダム グ シオン リベイク。 1/100 ガンダムグシオン/グシオンリベイク

ガンダム・グシオン

ガンダム グ シオン リベイク

グシオンリベイクという機体名ですが本体に関してはバルバトスに近め。 ただ外装の流用はなく造形は新規。 グシオン、バルバトスどちらにも似ておらずメインカメラが大きくアンテナが横に広がってるのが特徴。 フェイス部分や細かい白など色は大半がシールでの再現。 照準モードの別頭部も付属。 こちらはメインカメラの位置とアンテナの角度が変更。 カメラが中央に来たことで若干グレイズに近くなった印象。 下からも。 各部位など。 設定上バルバトスのパーツを流用してるということで胴体はそちらに酷似。 ただ造形は微妙に違ってるので新規。 腰回り。 こちらも同様。 オレンジ部分は大体色分けされてました。 腕や足。 肩は全然違いますが他はバルバトスにかなり近め。 肩の白ラインや膝の白はシール。 足の甲の白いパーツは可動。 バックパックはグシオンの脛を流用した2つのユニット。 基部は可動し向きや角度を調節可能。 また隠し腕が内蔵されており基部をスライドし展開が可能。 腕はグレイズの物を簡略化した作りで可動部位は肘と手首のみ。 付け根の軸の径は同じなのでそのままグレイズの腕を付けることも可能でした。 リアスカートはグシオンの背面装甲を使った物に。 ただ造形はこちらも新規。 色分けが全くなくなったのは残念。 オプション。 フル装備状態。 ハルバードはオプションセット3の物を使用。 ロングレンジライフル。 設定上はグレイズからの流用ですがキットではモナカ割になってフォアグリップが固定に。 シールド。 こちらはリアアスカートを外しジョイントの取り付けを変えることで腕に装備することが可能。 一応穴の径は全て同じなのでピンはどこにでも取り付け可。 ハルバード。 こちらは別売りのオプションセット3から。 短い柄に交換しそちら付属のアタッチメントを使うことでリアスカートの裏側に装備することが可能。 シールド装備、サブアームを展開した状態でも一応。 見た目のイメージだけなら敵メカっぽい雰囲気。 フレームはガンダムフレーム3となっておりバルバトスとは一部異なる造形ですが構造的にはほぼ同じでした。 グシオンと。 諸説ありましたが中身や変形ではなくパーツが再利用された新機体という結果に。 流用されてる背面装甲は微妙に形が違ってました。 同じく設定上パーツが流用されてるバルバトスとも。 キット上での流用はないですが形はどこも似た感じに。 バックパックは交換可能。 またフレームも胸部、腰部、脛部などは形が変わらないので一部外装を付け替えたりも可能でした。 適当に何枚か。 フレームがほぼ同じなので可動もバルバトスと概ね変わらず。 ただリアスカートはほぼ固定なので干渉大きめ。 照準モード。 ライフルは両手持ちも出来ますがフォアグリップが固定なのでグレイズの時よりやりにくくなってました。 バルバトスと同じで脛が長いバランスなので膝立ちはやや不格好ですが一応可能。 接地性もかなり高め。 シールドを手持ちして予告で出てきた射撃ポーズ。 シールドは単色なので見栄えはいまいち。 オプションセットのハルバード装備。 柄が長いのでこちらも両手持ちは余裕。 斬り下ろし。 ライフルはサブアームで保持。 別売り品ですがこれがないと近接武器ゼロなので本編でも使う機会はありそう。 同じオプション3のグシオンアックスとグシオンチョッパー、ガンダムグシオンのグシオンハンマーも装備して近接主体に。 グレイズからライフルとアックスを借りて射撃近接バランス良く装備。 他のグレイズからライフルを借りて射撃主体に。 サブアームのおかげでやれることはかなり豊富。 サブアームが使われそうな一例みたいな。 終わり。 以上、HG ガンダムグシオンリベイクのレビューでした。 頭部がかなり複雑なのでシールの割合が多いのとリアスカート兼シールドが単色な点はちょっと気になりましたが、グシオンとバルバトスの2機を混ぜて作ったようなデザインが面白く、カラーリングも独特でなかなかの格好良さに仕上がってました。 可動もフレームがほぼバルバトスと同じなのでどこも良好で頭部交換やシールドの装備、サブアームとギミック面も充実しておりプレイバリューも鉄血シリーズの中でトップクラスだと思います。 本編での登場はまだですがサブアームなど実際に劇中ではどう使われるのかも気になる所です。 (プレミアムバンダイ) (あみあみ) METAL BUILD ソードストライカー 6月26日 16時~ CONVERGE EX サイコザク SHF ブラザーズマント ROBOT魂 ジム改宇宙戦仕様 SHF エボル ブラックホールF フェーズ4 SHF トニー・スターク -《Birth of Iron Man》 METAL ROBOT魂 ダブルオーザンライザー ねんどろいど 嘴平伊之助 ねんどろいど 斉藤恵那 IMAGINATION WORKS 孫悟空 METAL ROBOT魂 ガンダムヴィダール SHF 孫悟飯-少年期- DBアドバージ ポルンガセット【PB限定】 SHF 真骨彫モモタロス SHF ピッコロ SHF ワンダーウーマン WW84 S. ファイズ SHM リオレウス SHM ナルガクル DX超合金 YF-29フルセット 超合金魂 トライダーG7 ネクスエッジ 煌龍丸 ネクスエッジ 龍虎丸 GUNDAM UNIVERSE ゴッド GUNDAM UNIVERSE トールギス MB ゴールドフレーム天ハナ バージョン華 SHF アイアンマン マーク1 SHF IG-11(The Mandalorian) SHF ホール・オブ・アーマー【6次】 figma 兵馬俑 アルター 宮本武蔵 私服Ver. SHF 真骨彫 仮面ライダーイクサ SHF バルカン アサルトウルフ GUNDAM CONVERGE 20 DBアドバージ13セット タケヤ式置物トルメキア装甲兵 ねんどろいど アスナ創世神 SHF 仮面ライダーサウザー SHF 仮面ライダー001 SHF シャイニングウルトラマンゼロ ROBOT魂 ダンバイン SHADOW FINISH ねんどろいど 紺野純子 ねんどろいど 我妻善逸 SHF キャプテン・アメリカ CAP VS. ホットトイズ ホークアイEG ホットトイズ マーク85 ホットトイズ サノス ホットトイズ キャプテンマーベル アルター 穂乃果 ホワイトデー ALTAiR プロトアーサー.

次の

ガンダム・グシオンリベイクフルシティ

ガンダム グ シオン リベイク

物語も大きく動きはじめ、さらなる盛り上がりを見せる『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。 また、アニメ本編で明らかになった驚愕の新武器・シザース可変型リアアーマーや照準モードヘッドパーツ、隠し腕やナックルガードといった固有のギミックもしっかりと再現されており、プレイバリューの高い「遊べる」キットとなっています。 このHG ガンダムグシオンリベイクフルシティですが、組んで一番最初に気になったのが、身長です。 設定上、小さな機体だと思うのですが、HG ガンダムバルバトスルプスと並べると身長差が気になり、もう少し大きいほうが武装や他パーツとのバランスが良くなると感じたので、くるぶしのフレーム関節部分で3mmほど延長しました。 また、この工作により、スネの装甲をはめても関節が丸見えとなってしまいますので、外側になる面だけ装甲の下端を延長しています。 内側は可動の関係上、そのままとしました。 さらに脚部ですが、まっすぐに伸ばしたときに、ヒザが干渉して少し曲がって見えてしまうので、ヒザ裏の装甲とフレームを2~3mm削り、まっすぐ伸ばしても干渉しないよう調整しました。 それにより素立ちの時に、シュッとした印象になりました。 そして股間ブロックですが、上下幅が薄く浮いた感じになっていたので、中央下部を延長しガンダムバルバトスルプスと同じようなシルエットに変更しています。 腕部はオルフェンズシリーズ他キットと同様に、合せ目が発生してしまいますので、分割ラインを変更し、合せ目を処理しています。 また、背部バインダーや肩アーマーなどは受け軸を「コ」の字にカットし、合わせ目を処理したあとで軸パーツをパチンとはめ込む方式を取っています。 もし、それによりユルユルになってしまった場合は、受け軸の内側、または軸パーツに瞬着を塗り、少し太らせてあげるときつくすることができますので、調整してみてください。 コの字カット方式だと保持力に心配がある部分は、分割ラインと反対側に同じようにスジ彫りを加えて、モールド化する方式をとっています。

次の

HG ガンダムグシオンリベイクフルシティ レビュー

ガンダム グ シオン リベイク

目次はこちら• HG ガンダムグシオンリベイクフルシティの基本情報 鉄華団の頼れる僚機を新型として強化! 劇中に登場するギミックを再現可能! シールドのほか、差し替え用頭部パーツが付属。 砂の色をした機体カラーは男の戦闘用メカというイメージにピッタリです! 部分組み 部分的に組み上げた状態。 パーツの多さとグシオンリベイクフルシティ独自の構造をした付属品もあり、少し時間がかかってしまいました。 実は一番苦労したのはシール貼りで、数の多さと精密さでキレイに貼るのが難しかったです。 (汗) 仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング) スミ入れはおなじみの「ガンダムマーカー スミ入れ用・極細」を使用。 色はブラックとグレーがありますが、ブラックだと色が濃い感じがしたので、メインはグレー、ポイント的にブラックを使用しました。 ガンプラ・ポージング・ギャラリー 鉄血のオルフェンズシリーズならではの可動域の広さと、迫力満点の武器でポージングが楽しいです! 武器は大型のハサミやシールドに変形するので、ギミックも楽しいですね。 過去に作成したガンダムフラウロス(流星号)やグレイズリッター・カルタ機と比べると色が地味ですが、ダイナミックなポージングで地味さは全くありません。 HG ガンダムグシオンリベイクフルシティのガンプラレビュー 今回は 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より ガンダムグシオンリベイクフルシティのガンプラを制作しました! 箱のサイズは他の鉄血のオルフェンズシリーズとさほど変わらないので、サクサク作れるのかなと思いきや少し時間がかかりましたね。 (汗) ランナー数は4つですが、一枚一枚が大きく、細かいパーツも多いので意外とパーツ切りが大変。 組み立ても他の鉄血シリーズと形状が異る部分もあり、組み間違えもして手間取ってしまいました。 さらにシールを貼る箇所も多いので、シール貼りが苦手な人は苦労します。 (自分のことです) 組み立てまで2. 5~3. 5時間くらいです。 他の鉄血シリーズのガンプラと比べるとやはり時間がかかりますね。 スミ入れは「ガンダムマーカー スミ入れ用・極細」のグレーをメインに行いました。 ベージュ色のパーツはスミ入れ用のグレーかブラックかで迷いましたが、個人的にはブラックだと濃く感じました。 この辺りはお好みで。 パーツが多く、制作に時間がかかるだけあってボリューム感があるボディデザインです。 ベージュのボディカラーも戦闘向きの機体の雰囲気があり、どちらかと言えば男の子が好きそうですね。 背中のパーツには腕が仕込まれていて、引き出すことにより合計4本の手になります。 大きく広げるとさらに強そう!天津飯の技でこういうのありましたよね。 (笑) 付属品の武器はハサミ型の大型武器がインパクトがあります!しかも変形して大型のシールドにもなるので、どのポージングで持たせてもカッコ良いですね! ビームサーベルも良いですが、他のガンプラにはない個性的な武器は作っていて楽しいです。 全体的にボリューム感のあるデザインですが、可動域はあるので問題なし。 ポロリとパーツ落ちもなし。 鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラは可動域が広くて安心です。 ポージングも色々とできますが、背中に背負っているパーツが重いのでバランスは少し取りにくいかもしれません。 足が大きいのである程度は大丈夫です。 大きなサイズの機体デザインなので、他の鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラと並べても遜色ありません! 今後の改造予定としては、ベージュのボディカラーを活かしたウェザリングを行っていきたいですね。 泥臭い感じがガンダムグシオンリベイクフルシティに合っていると思います。 大きな機体とギミックのある割に安いのも嬉しいポイントですね。

次の