ボスニア ヘルツェゴビナ 対 イタリア。 [EURO2020予選]グループJ日程&結果

ボスニア・ヘルツェゴビナ vs イタリア

ボスニア ヘルツェゴビナ 対 イタリア

イタリア代表が快勝【写真:Getty Images】 【ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-3 イタリア EURO2020予選J組】 EURO2020予選J組のボスニア・ヘルツェゴビナ対イタリアが現地時間15日に行われた。 試合は3-0でアウェイのイタリアが勝利を収めている。 8戦8勝でJ組の首位が確定しているイタリアは、プレーオフ進出の可能性を残すボスニア・ヘルツェゴビナとアウェイで対戦。 前半はどちらもチャンスをつくるが、先制したのはイタリアだった。 21分、左サイドから中に侵入したベルナルデスキの折り返しを、最後はアチェルビが決めてリードを奪う。 37分にはインシーニェの反転シュートでリードを広げ、2-0で折り返した。 後半立ち上がりの52分、ベロッティのミドルシュートで3点差としたイタリアは、試合の主導権を渡さずに予選9連勝を達成している。 J組では2位のフィンランドも同じ日に試合を行った。 ホームでリヒテンシュタインと対戦したフィンランドは、3-0で快勝し、3位ギリシャとの勝ち点7差を維持。 この結果、最終節ギリシャ戦を待たずにフィンランドのJ組2位が確定している。 FIFAランキング55位のフィンランドは、これが本大会初出場だ。 【得点者】 21分 0-1 アチェルビ(イタリア) 37分 0-2 インシーニェ(イタリア) 52分 0-3 ベロッティ(イタリア) 【了】.

次の

イタリアがボスニアに競り勝つ、ドイツは8発大勝 欧州選手権予選 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News

ボスニア ヘルツェゴビナ 対 イタリア

ボスニア・ヘルツェゴビナの基本情報 Bosnia and Herzegovina ボスニア・ヘルツェゴビナは、英語ではBosnia and Herzegovinaと表記します。 東ヨーロッパに位置し、サラエボを首都とする、人口3,829,307人、面積51,197km 2の国 地域 です。 世界銀行により1人あたりのGNIにもとづいて定義されたボスニア・ヘルツェゴビナの国民の収入レベルは「普通」となっています。 4倍 首都 サラエボ 言語・公用語 ボスニア語、セルビア語、クロアチア語 宗教 イスラム教、セルビア正教、カトリック 収入レベル 普通 国旗 ボスニア・ヘルツェゴビナの獲得メダル 獲得メダルとは、各ランキングで1~3位に入賞した国に贈られるメダルです。 優れた評価 S、A、B でランクインした国はもちろんですが、世界平均より劣った評価 C、D、E でランクインした国についても、劣悪な環境や国際的な批判に耐える国民を讃えてメダルを贈ります。 評価対象ではないランキング 評価が「-」 でランクインした国についても、とりあえずメダルを贈ります。 ボスニア・ヘルツェゴビナは、世界No. 1の金メダルを15個、世界No. 2の銀メダルを5個、世界No. 3の銅メダルを8個獲得しています。 ボスニア・ヘルツェゴビナの獲得メダル 種類 獲得した項目 世界No. 1 金メダル A B B E E E E E E E E E E E E 世界No. 2 銀メダル D E E E E 世界No. 3 銅メダル A D E E E E E E ボスニア・ヘルツェゴビナの特徴 良し悪しの判断が可能なランキング(評価対象ランキング)での評価によると、ボスニア・ヘルツェゴビナには、極めて良い特徴が24点、少し良い特徴が273点、少し悪い特徴が324点、極めて悪い特徴が86点あります。 は、平均と比べて、とても優れる項目です。 たとえば、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける、CO2排出量に占める液体燃料による排出割合は13. 反対に、は、平均と比べて、とても劣る項目です。 たとえば、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける、生き方の自由度は0. 404でランキングでの順位は156位、CO2排出量に占める固体燃料による排出割合は83. 平均と比べ、やも一覧になっています。 「」にて、評価対象となっていない良悪の判断が困難なランキングを含め、すべてのランキング順位を確認することができます。

次の

[EURO2020予選]グループJ日程&結果

ボスニア ヘルツェゴビナ 対 イタリア

【ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-3 イタリア EURO2020予選J組】 EURO2020予選J組のボスニア・ヘルツェゴビナ対イタリアが現地時間15日に行われた。 試合は3-0でアウェイのイタリアが勝利を収めている。 8戦8勝でJ組の首位が確定しているイタリアは、プレーオフ進出の可能性を残すボスニア・ヘルツェゴビナとアウェイで対戦。 前半はどちらもチャンスをつくるが、先制したのはイタリアだった。 21分、左サイドから中に侵入したベルナルデスキの折り返しを、最後はアチェルビが決めてリードを奪う。 37分にはインシーニェの反転シュートでリードを広げ、2-0で折り返した。 後半立ち上がりの52分、ベロッティのミドルシュートで3点差としたイタリアは、試合の主導権を渡さずに予選9連勝を達成している。 J組では2位のフィンランドも同じ日に試合を行った。 ホームでリヒテンシュタインと対戦したフィンランドは、3-0で快勝し、3位ギリシャとの勝ち点7差を維持。 この結果、最終節ギリシャ戦を待たずにフィンランドのJ組2位が確定している。 FIFAランキング55位のフィンランドは、これが本大会初出場だ。 【得点者】 21分 0-1 アチェルビ(イタリア) 37分 0-2 インシーニェ(イタリア) 52分 0-3 ベロッティ(イタリア)• 関連記事.

次の