インド レイ ぷ 事件 バス。 【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)

outage.smeco.coop : インドのバス強姦殺人、男4人の絞首刑執行 事件から7年

インド レイ ぷ 事件 バス

サティシュ・クマル()裁判官は、22日午前7時に4人の死刑を執行する命令書を発行した。 死刑の日時が決定された後も、4人の死刑囚には最高裁に最後の再審請求を行うか、大統領に恩赦を請願する道が残されている。 大学で理学療法を学んでいた被害者の女子学生ジョティ・シン()さん(当時23歳)は2012年12月16日の夜、男友達と映画を見た帰りに走行中のバスの車内で男6人から性的暴行と鉄パイプによる暴行を受け、同じく暴行を受けた男友達とともに路肩に放り出された。 シンさんは専門家による治療を受けるためシンガポールに航空搬送されたが、暴行を受けてから約2週間後、重傷を負ったことが原因で死亡した。 この事件を受け、インド各地では大規模な抗議デモが起こり、性的暴行に関する法律の全面的な見直しへとつながった。 シンさんの遺族は裁判所の決定を喜んでいる。 母親のアシャ・デビ()さんは報道陣に対し「この裁判は、司法制度に対する女性の信頼を回復させるだろう」「娘もようやく正義を得ることができる」と語った。 また、父親のバドリナート・シン()さんは、「この国全体にとって良い決定だ」と述べつつ、「だが、似たような状況にいるインド全土の多くの娘たちを思えば、私たちの闘いは今後も続く」と語った。 現地メディアの報道によると、死刑囚4人が収監されているティハール()の刑務所では最近、絞首台の動作確認のために人形を使った試験が行われたという。 c AFP.

次の

【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)

インド レイ ぷ 事件 バス

ブッダガヤで起きたショッキングな事件 から1か月しか経たないうちに、また、ひどい事件が起きてしまいました。 インド西部・ジャイプルで20歳の日本人女性が性的暴行される被害にあったというものです。 その後、女性を乱暴した男をほう助したとして、7人が逮捕されましたが、主犯の男はいまだに逃げているようです。 「もうこれ以上、被害者が増えませんように」と願いながら、前回同様、現地の新聞報道の内容をまとめておきます。 主犯の24歳の男は、依然逃走中 ・逃走中の男とその友人たちは、ジャイプル郊外モザマバード近くの建物の一室に女性を閉じ込めて繰り返し乱暴しようと計画していた ・警察は「7人は、逃走中の男の友人やいとこで、部屋を用意したり、逃走を手助けした容疑がある」と述べている ・男は、ジャルマハルの近くで女性に、「写真を撮ってあげる」と言い、近づいたようだ ・男の英語が上手だったことから、女性は男をガイドとして雇うこととした ・男は女性をいとこの家に連れて行き、いとこの妻を妹として紹介して写真を撮ったり夕食をごちそうしたり、非常に親切にもてなした。 その後、女性は、ホテルに送ってもらうことになった。 再発を防ぐヒントを得られればと思い、インド人の知人に話を聞いてみました。 50歳の女性には、「インドでは『Respect,but suspect』を常に意識することが重要」と言われました。 他人に敬意を払わなくてはならないけれど、簡単に信用してはならない、ということです。 彼女は、自分の娘に、初めての人はいわずもがな、親戚のおじさん・学校の先生・どんなに偉い人に対しても、『Respect,but suspect!』と言い聞かせているとのことでした。 彼女は、「こういう事件が起きて、インド全体のイメージが悪くなるのが、とても残念。 法整備が不十分で、また同じような事件が起こる可能性がある。 インド内、特に観光地を旅する人は、よりいっそう注意してほしい」とも話していました。 一方、29歳の男性は、「インドは男性と女性があいさつで握手するのもはばかられるほど男女関係においては潔癖な国。 インド人女性は、いくら親切にされた相手でもバイクの後ろにはなかなか乗らない。 インド人女性には何もできなくても、外国人なら大丈夫ではないかと考えてしまうインド人男性は結構いると思う」と話していました。 12億人の暮らす国。 心優しい人やあたたかい人も多い一方、腹黒い人や怪しい人もたくさんいます。 きゅうくつと感じるかもしれませんが、自分の身を守るために「SUSPECT」をお忘れなく。

次の

アングル:インド身分社会の闇、レイプ殺害事件で村が分裂

インド レイ ぷ 事件 バス

Hindustan Times via Getty Images NEW DELHI, INDIA - DECEMBER 16: People lit candles and held solidarity marches in remembrance of the horrific December 16 Delhi gang-rape that shook the nation at the munirka bus stand where she boarded that bus on the second anniversary on December 16, 2014 in New Delhi, India. On December 16, 2012, a 23-year-old physiotherapy student was brutally gang raped and by six men, including a juvenile, in a bus. それは、未だに伝統的な家父長制度によって支配されている国での恥と汚名に包まれた問題であります。 つまり、性的暴行を受けた女性は過激な反発と社会的村八分を恐れて、警察に報告することを依然としてちゅうちょしています。 何百万もの女性たちにとってダイレクトソース(直接の情報源)になる24時間365日メディアの登場やインターネットへのより良いアクセスで、個人の安全、ヘルプライン、啓発キャンペーンへの意識が高まり、より多くの女性が今やレイプを報告することについての権利が与えられたと感じるようになったからです。 2012年にニューデリーのバス内で若い女性が残忍な手段で集団レイプされて殺害された後、未成年者に対するレイプや殺害も含めて、メディアは性的暴力事件を強調し始めました。 ソーシャルプラットフォームがこれらの物語を強調することに大きな役割を果たしてきたことで(政府に対する)圧力を加えることになり、当局が行動をとらざるを得なくなってきたのです(政府省庁がそうであるように、多くの警察官や派出所はアクティブなツイッターハンドルを有しています)。 特に過去5年間で発生した犯罪総数と比較して、女性に対する犯罪率は2009年の9. レイプ事件数が最多だったのはインド中央部にあるマディヤ・プラデーシュ州であり、若い女性の人身売買が最多だったのは東部の西ベンガル州であると報告されました。 誘拐や拉致事件、そして、持参金不払い殺人数が最多だったのは、インドで最も人口が多い「北の州」であるウッタル・プラデーシュ州であると報告されました。 金融センターであるムンバイ(5. 農村の数字は、一般的に過小報告されています。 さらなる厳罰は、実際には有効なのでしょうか? ニューデリーでの集団レイプ事件後、インドは植民地法を精査し、性犯罪に関する法律の見直し作業を委託された元最高裁裁判長J. バーマ率いる特別委員会の勧告をすべて採用して、レイプの定義を変更、拡大することを余儀なくされました。 さらに量刑を厳しくすれば一定期間、街から犯罪者を遠ざけておく効果は現れるでしょう。 しかし、それは、安全性の全面見直しにはほとんど影響を与えないでしょう。 また、感受性の促進、教育や啓発プログラムを通じて社会構造を変化させていくことにもほとんど影響を与えないでしょう。 検察の訴追の遅れや、被害者が脅迫や威嚇に無防備にさらされたままでの長引く裁判、警察の無関心、さらには屈辱と時代遅れの医療処置を通じた生存者へのさらなる迫害……こうしたことが犯罪者をつけあがらせ、犯罪を繰り返させているだけなのです。 2012年12月の事件後、強姦犯に対する死刑を求める声が高まっています。 それは、逆に、厳罰化によって、犯罪者が身元確認を逃れるために被害者を殺害することにつながると主張する人々によって反論され、1つの論争となっています。 しかし、ストーカー行為やのぞき見の有罪化や、人に酸をかける攻撃を最高で10年の禁固刑や終身刑までの「凶悪犯罪」とするような厳しい手段は歓迎されるステップなのです。 ヒンドゥー愛国主義のインド人民党に所属するナレンドラ・モディ首相は、「寺院の前にトイレ」を自身の選挙スローガンとして使用して、2019年までに20万室のトイレを作ることを約束しました。 デリー警察と内務省は最近、夜間一人で動いている女性が警察の通信指令室に救助信号を送信するスマートフォンへアクセスできるモバイルアプリ「Himmat(勇気)」を立ち上げました。 ニューデリーでの集団レイプ事件後、迅速な裁判を進める裁判所が、このような事件をスピーディーに処理するために設立されました。 2013年度予算で、チダンバラム前財務大臣は、100億ルピー(190億円)のニルバヤー(Nirbhaya)特別基金を発表しました。 (これは、集団レイプ事件の被害者にちなんで命名されました。 レイプ被害者の名前を明かすことはインドの法律では許可されていないため、主要メディアは被害者のことをニルバヤーと呼びました。 )この基金は、公共車両にCCTVsとGPSを設置することを含め、女性の安全を守るためのプロジェクトを支援するものです。 2014年初め、インドはレイプ生存者を医学的に検査するための侵襲的な「2本指テスト」や処女テストを禁止しました。 映画館やラジオスポットで映画に先行して流される啓発ビデオは、女性に対する暴力犯罪に取り組むために政府により採用された多くの措置の中の1つとなっています。

次の