バッテリー 上がり しばらく 待つ。 バッテリー上がりのその後【対処】

バッテリー上がりのその後【対処】

バッテリー 上がり しばらく 待つ

こんにちは、ライターの宮澤です。 ほとんど乗ることのない車がお家にあったら、どうやって管理していますか?とりあえず保管しておきたいと思っても、放っておくと車の バッテリーって上がってしまうんですよね。 私の実家でも親が高齢となって、最近では、ほとんど車の運転はしなくなりました。 そこで、バッテリー上がりを防止するために、メンテナンスを考えたのですが、何から手をつけたらいいのか悩んでいました。 親がいざ乗ろうとした時に動かない!そんなことがないように、しっかりとした対策方法をこの機会に調べてみました。 あまり使わないけど、 月に一度くらいは運転するといった場合や、 半年から一年などの長い期間乗らないという場合など、今回は「使わない車のバッテリー上がりの対策には何をすればいいのか」を、状況別に分かりやすく解説していきたいと思います! あまり使わない車のバッテリー上がり対策にはアイドリング! 運転する機会があまりない車のバッテリー上がりの対策としては、定期的に アイドリングを行うという方法が1番簡単でおすすめです。 アイドリングとは、エンジンを無負荷で稼働するということです。 これを一定の期間で行うことで、使っていない車から日に日に減っていくバッテリーを、また増やすことができるんです! アイドリングのやり方 バッテリー上がりを防止するには、アイドリングを3日に一度は行うことがいいようです。 キーを刺してエンジンをかけ、車は走行させず、そのままの状態でしばらく置きます。 この時に、余計な電力が消費されないように、エアコンやオーディオ、ライトなどはオフにして下さい。 バッテリーの状態や、車の年式にもよりますが、通常は 30分から1時間ほど行うと充電されます。 ただし、アイドリング中に車を離れる場合は、盗難や事故の危険があるので十分に気をつけて下さいね。 時間がない時は、アイドリング中に少しアクセル踏んで、 空ぶかしをすると充電効率は良くなり、短時間で済むようです。 これはアイドリング中のエンジンが、必要最低限の500から1000回転で動いているところに、空ぶかしをすることで、バッテリーの充電に最適な走行時のエンジン回転数の2000から2500回転になるからです。 ただし、空ぶかしを行う際は、ギアがパーキングになっていて、サイドブレーキがしっかりとかかっている事を確認してから行ってください。 また、騒音や排気ガスの問題もあるので、周囲をよく確認してから行うようにしてくださいね。 SPONSORED LINK 本当に長期間使用しない車はバッテリーのマイナス端子を外しておく 本当に長期間使用しない車のバッテリー対策は、 マイナス端子を外しておくことをおすすめします。 マイナス端子を外すことによって、車の電流回路は成立しなくなるので、車内の時計や、オーディオのメモリーなどで減っていくバッテリーの消耗を防ぐことができます。 マイナス端子を外すやり方 エンジンを停止してボンネットを開ます。 次にバッテリーのマイナス端子を見つけます。 赤いカバーが付いている方はプラス端子で、それとは別の方がマイナス端子です。 マイナス端子を外す際には、レンチが必要になるので、あらかじめ用意しておいてくださいね。 ナットをレンチで回して緩めたら、そっと端子を 上に持ち上げて外します。 その後は、バッテリーの本体側の端子と、外した端子がショートしないように、それぞれの先をビニールテープで巻いておくと安全です。 これで車を長期間使用しない場合は大丈夫です!ただこれをすることによって、ナビの設定や時計などがリセットされてしまうこともあるので、事前に問題がないか確認しておく事をおすすめします。 定期的にバッテリーに充電器を使用して防ぐ方法 そしてもうひとつ、 充電器を使う便利な方法をご紹介します。 マイナス端子を外したバッテリーで、しばらくは消耗を食い止めることができるのですが、実はその後も自己放電していくので、完全に外した時の状態を保っていくことはできません。 バッテリーの容量が十分ではない場合は、少しずつ減っていき、バッテリー自身が劣化していきます。 しかし充電器を使って定期的にバッテリーを蓄電していけば、 バッテリーの寿命を延ばすことが可能です。 充電器を使うと、エンジンをかけなくても確実に充電できますし、 バッテリー容量も教えてくれるので、状態を把握するのにはとても便利です!オートショップやホームセンターで高くても1万円ぐらいで買えます。 一家に一台あったら本当に便利だと思いました! 充電器を使用するやり方 充電器には100Vの電圧が必要です。 ガレージにコンセントがあれば差し込み、スタンバイして下さい。 車のエンジンは止めたまま、ボンネットを開けます。 バッテリーの場所を確認したら、まず、マイナス端子から外してください。 その後にプラス端子を外し、充電器の端子を接続していきます。 接続する順番ですが、電流のショートを防ぐため、 プラス端子から繋げるにして下さい。 次に、充電器の電源をオンにします。 機種によっても異なりますが、現在のバッテリー容量が表示されるので、確認した後、いよいよ充電スタートです。 もし充電する電圧を変更できる機種であれば、バッテリーに負担を与えない6A(アンペア)に設定することをおすすめします。 接続して充電を開始したら、後は待つだけです。 容量によって1時間~3時間かかります。 完全に充電ができたらFULLと表示されるので、端子を外して下さい。 充電器を使用してバッテリー上がりを防ぐ、分かりやすい動画があるので、参考にしてみてください。 私の実家は、アイドリングは、ご近所に気を使うということで、マイナス端子を外して対策をしていました。 最近、運転する機会があったので、久しぶりにエンジンをかけたところ、問題なくかかったので、両親も喜んでくれました。 また、こういった機会に車を走行させると、自己放電で消費したバッテリー分も回復させることができるので、たまには車を動かしてあげることも重要ですね。 もし、あなたも、長い期間使わない車がガレージにあるなら、是非、状況に合ったやり方で試してみて下さい!.

次の

バッテリー上がりはしばらく待つと復活する?対処方法と対策を紹介!

バッテリー 上がり しばらく 待つ

>どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろうというところまで充電できますか? 他にも回答がありますが、原則「バッテリーは、エンジン始動用」です。 エンジンが始動すれば、発電機からの電気で充分賄えますからね。 じゃ、どの位走れば良いの? 発電機は、エンジン回転数で2500回転前後(一般走行)が発電量が大きい様です。 ですから、30分程度走行して下さい。 アイドリングの場合(エンジン回転数700回転前後)は、オーディオ・ナビ・空調など全てOFFにして約60分。 一番良いのは、充電器で3時間程充電する事ですが・・・。 その後、2時間程エンジンを停止。 再度エンジン始動でOKでしたら、問題ありません。 >新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。 2年程度だと、一度のバッテリー上がりでは交換の必要はありません。 もちろん、バッテリ上がり前よりも性能が若干落ちますが・・・。 エンジンスターターは回らないが、室内灯は薄暗く点灯する放電状態から、ジャンピングスタートでエンジン始動しました。 その後、エアコン・オーディオOFFで、 ライトを点けずに済む 明るいうちに2時間ほど、 近所を走り回ってきました。 Dレンジ走行では1,000回転もいかないようなので、Sレンジ・Lレンジを使って エンジン回転数が2,500~3,000をキープできるようにし、 赤信号で停止時は、ニュートラルでサイドを引いて2,500回転空吹かし という充電走行を行いました。 こんな時に限って赤信号だらけ、渋滞気味で、けっこう大変でしたが、 その後2日間、ごく普通に乗ってエンジンを止めては始動するのに 何の支障もない状態となっています。 ひとまず安心できそうですので、このまま様子を見ることにします。 アドバイスありがとうございました。 >コンパクトカーで、丸2日室内灯を点けっぱなしで放置し 室内灯が全く点灯しない状態(深放電)で丸2年なら 新品のほうが良いです。 一度、深放電すると著しく寿命が縮むので。 薄暗いが点灯していて、テスターお持ちなら 電圧計測してみるといいです。 比重計あるなら比重がどの程度かでかなり正確な充電率が分かります。 充電器があれば低い電流で一晩か5時間率で逆算し適正電流て充電。 欧州車を除けば、国内四輪は5時間率です。 (バイクは10時間率) 知り合いに車・バイク好きな人がいれば借りてもいいです。 当方なら、最低30分は走行し次の日の朝、電圧が12. 5Vで セル回れば良しとして、しばらく様子見ます。 問題は、来年の真冬を越せるかどうかでしょうね。 こんにちは。 一般的なエンジン始動用バッテリーは、鉛蓄電池ですから短時間の急速充電より10時間程度掛けた緩充電のほうが満充電になります。 そもそも、充電とは化学反応を起こした「電解液と電極の電気分解」ですから、急速充電のように無理な電気分解を行うと電極を傷めてバッテリー寿命を縮めることになります。 また、千回転程度のアイドリング回転数では急速充電のような充電電流は流れないので、エンジン回転数が2千回転から3千回転程度の走行充電のほうが充電電流は大きくなります。 これは、アイドリング回転時にウインカー点滅をして、アクセルを吹かすとウインカー点滅が明るくなることを実際に経験すれば容易に理解出来ると思います。 但し、セルスターターが廻れば良いという程度なら、30分から1時間ぐらいの通常走行をすれば充電回復はしますが、満充電には程遠い回復状態です。 以上、過去40数年間に亘り数多くの自動車バッテリーを魚釣り 夜釣り 用に日常的に充電して来た経験と実績を元にした回答ですが、今後の参考程度にしてください。 A ベストアンサー 冬季、朝一の始動時に最大電力(電圧と電流)を必要とします。 それでも1分間もあれば十分回復します。 走ってもよいですが、走る必要はありません。 下記のサイトは信用できるものです。 asahi-net. htm 「バッテリー電力の消費量はガソリン車で平均0. 23Wh、ディーゼル小型車で0. 10Wh、同大型車で0. 21Wh程度であり、すべて始動後10~30秒以内に消費量の90%が充電されている。 この事実から見て頻繁なエンジン停止、再始動によるバッテリーの消費電力は殆ど問題とはならないと考えられる。 」 「0. 23Wh」は実験値ですが、計算して確認しますね。 5秒ほどで始動完了です。 始動時のバッテリ電圧はかなり変動(上下)しますが、平均すれば10Vほどです。 電流も同様に変動しますが、計算しやすいように160Aとします。 10V X 160A X 0. 5秒 = 800W秒 これを3600秒で割れば、0. 22Wh となります。 寒冷時、朝一の始動時では、電流も時間も倍ほどかかるので、1Whくらいでしょう。 この1Whを充電するには、1分もあれば十分です。 寒冷時には、ファーストアイドルで回転数は高くなり、例えばエンジン1200rpmとします。 オルタネータでは、倍の2400rpmくらいです。 この回転数では、オルタネータは定格出力の80%くらいは発電しています。 バッテリの充電受入性(経年変化で悪化)にもよりますが、アイドリング1分間で十分回復します。 実際、ディーラーや整備工場では、お客様の車を狭い構内で何回も移動させたり、点検のために始動・停止を繰り返していますが、充電してからお客様に渡すようなことはまず、ないですね。 バッテリメーカーでも、実際の通勤路で赤信号ごとにアイドリングストップを実施して、それでもバッテリの充電状態が良好であるとのレポートを出しています。 暖機後の始動電流は、小型車では100A少しです。 20年前の小型車でも、エアコンを使用していても、アイドリングで充電できることを、設計思想としていました。 冬季、朝一の始動時に最大電力(電圧と電流)を必要とします。 それでも1分間もあれば十分回復します。 走ってもよいですが、走る必要はありません。 下記のサイトは信用できるものです。 asahi-net. htm 「バッテリー電力の消費量はガソリン車で平均0. 23Wh、ディーゼル小型車で0. 10Wh、同大型車で0. 21Wh程度であり、すべて始動後10~30秒以内に... Q クルマに1ヶ月ちょっと乗っていない間にバッテリーが上がってしまいました。 バッテリーは1年~1年半くらいまえに交換したものです。 けっこうハイパワーのものだと思います。 クルマは1ヶ月に1度乗るか乗らないかみたいな感じで 使ってきました。 現在の状況は、キーレスエントリーは反応してドアが開きましたが、イグニッションキーを回すと、「カタカタカタ」という音が鳴るだけで、エンジンが始動しません。 質問です。 ・クルマに1ヶ月乗らないと、バッテリーは上がってしまうのでしょうか?(特に今は寒いから?) ・バッテリーの充電を、近所のガソリンスタンドでやってもらおうと思います。 充電したら、これまでと同じようにこのバッテリーは使えるのでしょうか。 A ベストアンサー バッテリーは日本語で言うと蓄電池ですよね。 つまり1ヶ月に何回乗ったかはあまり関係なくて1度でも乗った時に充分、、充電できたかどうかによります。 夜、雨、エアコンを使った、10分位しか乗らなかった、では蓄電するよりも放電する方が多くて、次に乗る時にセルモーターを回すだけの電力が足りない。 と言う結果になります。 セルモーターを回すのにはかなりの大電力が必要 新しいバッテリーなら1度乗った時に充分、充電出来た 昼間1時間以上乗った 状態でなら、次の1ヶ月位は充分エンジン始動できるはずです。 充電出来たと思われる位乗ったのにダメになっていたとすれば、発電機に問題があるかも、あるいは発電はしているけどバッテリーまでの系統に問題があると考えられますね。 一度修理工場で診断してもらう必要がありますね。 Q 放置車(半年以上)を修理、整備、処分の判断をする為の見積りに出そうと思い、ジャンプスタートによるエンジンスタートを試み、失敗しました。 再度、試みましたが、救援車からの送電自体、受け取っていない様子で対処に困っています。 救援車は問題なし。 ケーブルは変色や焼ききれた様子なし(一応新品購入済み。 日が暮れたので警報音で近所迷惑になるので今日は再挑戦見送り) 放置車救援車双方共、焦げあとなどはなし。 ヒューズの知識はほぼ皆無(理屈は理解しているがびっしり並んだヒューズを見たら脳内真っ白)。 基本ビビリ もういちど新しいケーブルで試みようと思いますが、予備知識なく初めての領域に手を出すのも怖い為、詳しい方、何か気づいたことや原因や対処方法で助言がございましたら御教授お願いいたします。 よろしくお願いします。 放置車(半年以上)を修理、整備、処分の判断をする為の見積りに出そうと思い、ジャンプスタートによるエンジンスタートを試み、失敗しました。 再度、試みましたが、救援車からの送電自体、受け取っていない様子で対処に困っています。 A ベストアンサー まともなバッテリーのバッテリー上がりのみなら、ちゃんと手順踏めば相手8リッターでも軽で大丈夫です。 何度かやったことあるし。 つないだあと救援車の回転上げてやるのが本来のジャンピングスタートです。 完全放電でもかかるよ。 軽でかからないって言ってるのは、回転数上げないですぐかけるのが当たり前って思っているんでしょう。 多分? でも今回のケースは、エンジンオイル下がりきってるでしょうから、プラグ外して少し556でも吹き込んでからじゃないとピストンがダメになる確率が高いですよ。 まともに修理する業者は、一年放置したような車のエンジンいきなりかけたりしません。 って考えます。 あとで修理呼ぶと、やっちゃったね~って言われるのがオチになったりします。 この手の強行ジャンピングって放置してる割と価値のある車に、ろくでもない業者がとどめ刺すのに使う手なんだそうな。 ワザとやってオーバーホールとピストンリング交換やら研磨で修理代とか、廃車で引き取って、あとでオーバーホールついでに補修して売るんだってさ。 まともなバッテリーのバッテリー上がりのみなら、ちゃんと手順踏めば相手8リッターでも軽で大丈夫です。 何度かやったことあるし。 つないだあと救援車の回転上げてやるのが本来のジャンピングスタートです。 完全放電でもかかるよ。 軽でかからないって言ってるのは、回転数上げないですぐかけるのが当たり前って思っているんでしょう。 多分? でも今回のケースは、エンジンオイル下がりきってるでしょうから、プラグ外して少し556でも吹き込んでからじゃないとピストンがダメになる確率が高いですよ。 まともに... A ベストアンサー バッテリーが怖いと思う方は、無理に本体を外そうとしたり マイナス端子を外そうとしない方が良いです。 きちんとした手順 注意を払って作業すれば 問題は起きませんが バッテリーの危険性を知らないまま マイナス端子を外せば良いとか思って作業していると いつか爆発する可能性もあります。 バッテリーとは ミスをすれば簡単に爆発するくらい危険性のあるものです。 わたしも知り合い整備を好き慣れていたのですが 知識として頭で判っていても 実際にはその危険性を全く判っていなかったのです なにか常時電源の部品がオンになっていたのかマイナス端子のケーブルを外した後 そのままにして作業してて 何度かケーブルの端子が バッテリーの端子に当たっては 火花が出ていたらしく 気にせず作業して 突然爆発しました。 バッテリー内には 水素など可燃性のガスが発生します。 端子のところの火花がそれに引火すれば バッテリーのふたは飛び 中の希硫酸が飛び散り大変危険です。 作業手順 安全性の確認など しっかりやらないと車の整備は常に危険が隠れいいます。 さて 質問の答えですが 夜間 雨の日 エアコン 除湿のため使用 など 電気を使う電装が稼動させない 昼間の走行なら10キロでも十分です。 特に夜間ばかりなら まずたっぷりと毎日使っていてもバッテリーが上がることもあります。 バッテリーなんて 外すのが怖い素人の方は外さないでいいです。 プロの目からみれば 車の整備の怖さをしらない方々の方が むしろ心配になりますが・・・苦笑 怪我をするより バッテリーが上がって動かなく方が 遥かに良いですから。 バッテリーが怖いと思う方は、無理に本体を外そうとしたり マイナス端子を外そうとしない方が良いです。 きちんとした手順 注意を払って作業すれば 問題は起きませんが バッテリーの危険性を知らないまま マイナス端子を外せば良いとか思って作業していると いつか爆発する可能性もあります。 バッテリーとは ミスをすれば簡単に爆発するくらい危険性のあるものです。 わたしも知り合い整備を好き慣れていたのですが 知識として頭で判っていても 実際にはその危険性を全く判っていなかったのです な... A ベストアンサー 一般的に、バッテリー充電というのは、小電流で時間をかけて行います。 「急速充電」というのがありますが、大電流で一気に充電する方法(1~2時間程度)で、コレはあくまでレスキュー、バッテリー寿命を縮めるのでお勧めできません。 充電器をお持ちなのであれば、一晩から二晩といった長い時間かけてください。 満充電の目安ですが、比重計でバッテリー液の比重を計ることができれば、1. 25以上になればOK。 電圧を測る場合には、負荷電圧といって、エンジン始動時(クランキング中)の負荷をかけたときの電圧が10V以上ならOKです。 アイドリングで充電は、上記のように長時間かけることになるので、環境的にも経済的(?)のもやめたほうがいいでしょう。 電気代の節約以前にガソリン代の無駄ですから。 走行で充電するには、2000rpm以上で6時間とかの走行が必要です。 2000rpmというのは、オルタネーターの最大発電能力がその回転以上で発揮されるからです。 長距離走行の予定があるなら、この方法が使えなくもないですが、行った先でまたバッテリー上がりしてしまう恐れもありますから、やはるバッテリー単体での充電をお勧めします。 ちなみに、4年とか5年とか経っているバッテリー、完全放電してしまったバッテリーでは、満充電できないこともありますので、寿命と考えたほうがいいですよ。 一般的に、バッテリー充電というのは、小電流で時間をかけて行います。 「急速充電」というのがありますが、大電流で一気に充電する方法(1~2時間程度)で、コレはあくまでレスキュー、バッテリー寿命を縮めるのでお勧めできません。 充電器をお持ちなのであれば、一晩から二晩といった長い時間かけてください。 満充電の目安ですが、比重計でバッテリー液の比重を計ることができれば、1. 25以上になればOK。 電圧を測る場合には、負荷電圧といって、エンジン始動時(クランキング中)の負荷をかけたときの電圧が1...

次の

バッテリー上がりで車を往生させない対処法!寒い時期は要注意

バッテリー 上がり しばらく 待つ

前回、またバッテリーが上がって、 1週間でバッテリーが上がるようになってしまいました・・・。 これは、確実に何かが少しずつ電気を使っているに違いありません。 直近では、 し、 のも怪しいか・・・。 配線は全て自分でやっています。 一生懸命考えてみました。 クルコンスイッチの配線方法は自分で考えて、 クルコンスイッチのアースを車側に配線しました。 それがダメ?!・・・ でも、クルコンスイッチの配線を車側にアースしても、 その配線元は pivot のクルコン 3DA-T からで、車にアースしたからって、常時電源を食ってしまうようになるとは思えない・・・。 よくバッテリーが上がってしまう原因で言われているのは、OBD2に何かをつなげていると、常時電源を使ってしまう場合があるということ。 確かに今は2つ、OBD2につないでいます。 ヘッドアップディスプレイの方は、常時電源にならないように、けっこう気を遣っている製品のように見えます。 エンジンのスイッチを切ると、数分後にはしっかりと表示が消えます。 ちょっと変な気もしますが、私のミスで何度かバッテリーを上げてしまっていたので、 バッテリーが弱ってきていて、1週間の少しずつの漏電?に絶えられなくなってしまったのかもしれません。 週末シエンタに乗った後、OBD2を外して、次の週末を待つことにしました。 そして緊張の1週間後。 スマートキーからのアンロックは正常にできました。 スライドドアも電動で普通に開きました。 ブレーキも軽く踏めます! バッテリーが上がるようになって気づいたのですが、バッテリーが上がっていると、メインスイッチを入れても、 ブレーキペダルがすごく重いんですね。 電気を使って、軽く踏めるようにしてくれているようです。 この対策でいこうと思います。

次の