いずも護衛艦。 「空母型」護衛艦「ひゅうが/いせ」の航空機運用能力を災害に活かす訓練を見る 自衛隊新戦力図鑑15|MotorFan[モーターファン]

F35B戦闘機、護衛艦「いずも」と「ひゅうが」での運用を調査していた。

いずも護衛艦

「いずも」型2番艦「かが」(DDH184)。 写真/海上自衛隊 日本を守る陸・海・空自衛隊には、テクノロジーの粋を集めた最新兵器が配備されている。 普段はなかなかじっくり見る機会がない最新兵器たち。 本連載では、ここでは、そのなかからいくつかを紹介しよう。 今回は海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦、「いずも」と「かが」だ。 F-35Bを搭載する空母へ。 将来はオスプレイの運用も ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」型1番艦「いずも」(DDH183)。 写真/海上自衛隊 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」は、現有護衛艦の中で最大の艦となっている。 全長248m、全幅38m、基準排水量1万9500トン。 就役したのは2015年3月25日、2番艦「かが」は2017年3月22日に就役している。 本艦より先に就役している「ひゅうが」と同様、艦首から艦尾まで平坦につながる「全通甲板」を備えているのが外観上最大の特徴だ。 全通甲板は飛行甲板であり、最大で14機のヘリコプターを搭載することが可能だ。 ちなみに「ひゅうが」型護衛艦と比べ「いずも」は全長で約50m、全幅で約5m、それぞれ拡大されたサイズとなっている。 「いずも」は、短距離離陸垂直着陸ステルス戦闘機F-35Bを搭載する航空母艦への改修が決まっている。 『空母いずも』を作るのだ。 ただし、海自は『空母』とは呼ばないだろう。 現在の「いずも」や「ひゅうが」は艦型や機能面で実質的に「ヘリ空母」だが、海自は「ヘリ搭載護衛艦」との認識と呼称で通している。 「いずも」は右舷外側に大きく張り出したエレベーターを装備するのが特徴だ。 ヘリや車両、オスプレイ、F-35Bも乗せることができる。 エレベーターは艦内格納庫と飛行甲板とをつなぎ、これらの機体を移動させられる。 写真/貝方士英樹 「いずも」艦内の格納庫。 サイズアップしただけ「ひゅうが」型よりさらに広大で、3. 5tクラスのトラックなら約50台を収容可能だ。 写真/貝方士英樹 空母化改修では、飛行甲板に耐熱処理を施すなどの工事を行なう必要がある。 2019年夏、防衛省の概算要求では約30億円の改修費用と、2022年度内での工事期間が必要との見積もりがあった。 ここで想像できるのは、艦艇としての定期検査を2022年に控えている「かが」から、この定期検査に合わせて空母化改修工事を開始することだ。 つまり、2023年頃には工事を終えた『海自の空母』が登場していることが考えられる。 ちなみに「いずも」の定期検査は2024年に予定されているというから、「かが」の後に空母化改修工事を受けるのかもしれない。 2017年3月22日、横須賀港へ入港する「いずも」型護衛艦2番艦「かが」。 就役したその日に造船所であるJMU磯子工場を出港、横須賀へ入港した光景だ。 「ひゅうが」「いせ」「いずも」に続く全通甲板型護衛艦の4隻目のフネの向こうには、米空母「ロナルド・レーガン(CVN76)」が見える。 写真/貝方士英樹 「いずも」は航空機の運用能力が高い。 本艦は「ひゅうが」型護衛艦をもとに、その能力を大幅に増強した拡大発展版といえるものだ。 将来的には陸上自衛隊に配備予定のティルトローター機「V-22オスプレイ」も艦上運用可能な能力を持つと思われる。 本艦は各部隊とリアルタイムでの情報共有を可能にするC4I(情報通信)システムを搭載しており、陸海空3つの自衛隊を統合して動かすオペレーションの拠点能力を持つ。 艦内の多目的室には統合任務部隊司令部を設置可能だ。 自衛隊の統合運用では、航空優勢が確保された海域・地域に前進展開し、搭載した哨戒ヘリコプターで対潜行動を行いながら、そのエリアの海上優勢を確保する役目を担う。 また、大型・高機能艦であることを活かし、大規模自然災害時の災害対応にも有用だ。 艦内にはICU(集中治療室)や35床の病室、歯科治療室などを備え、総合的な緊急時医療態勢の充実が図られている。 災害時には積極的に投入・運用される護衛艦でもある。

次の

名実ともに「空母」へ。ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」「かが」のすごい実力 自衛隊新戦力図鑑④|MotorFan[モーターファン]

いずも護衛艦

「いずも」は、平成22年度計画におけるいずも型護衛艦の1番艦として2012(平成24)年1月に起工され、2015年3月に就役したヘリコプター搭載護衛艦で、母港は神奈川県の横須賀基地です。 「いずも」のベースとなった同じヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」型に比べて、空母を意識した設計となっています。 満載排水量は2万6000t、寸法は全長248m、幅38mと「ひゅうが」型に比べて全長は51m長く、ヘリコプター搭載量は「ひゅうが」型においてSH-60J哨戒ヘリコプターなどが最大10機なのに比べて、「いずも」型には14機が搭載可能となっています。 また、格納庫のスペースも拡大されており、F-35Bであれば最大で20機程度が搭載可能だと言われています。 一方、F-35Bは全長15. 4m、幅は10. 67m、最大離陸重量は27. 2tで、「いずも」のエレベーターでも機体の昇降は可能となっています。 F-35Bは短距離で離陸と垂直着陸が可能なSTOVL機で、アメリカ海兵隊の強襲揚陸艦に搭載して運用されており、各国の空母にも搭載されると見られています。 「いずも」の甲板は「オスプレイ」の着艦に対応するため、エンジンの排熱に耐えられる耐熱素材となっていますが、F-35Bを運用するとなると耐熱用の改修は必要になるかもしれません。 へり運用艦「空母化」の論議は、昔からの日本の悪い習性から脱却していない。 保守&補給&維持等支援体制の重要さを全く無視し、又艦隊というものも認識せずに1隻の艦についてのみ論じている。 個々の艦についても又各任務部隊についても、必ず運用期間・保守整備期間・再教育訓練期間を経て再び運用に入る。 この為同一艦種は最低でも3隻は必要で、複数の弾力運用目途すると現行の同型4隻&4部隊体制でもやりくりはギリギリと思われる。 出雲型を改造したとして、それだけ費用と時間をかけて今まで通りの運用という訳に行かないが、ようやく整ったヘリ部隊による哨戒監視・警戒・情報収集の体制に穴をあけてどう繕うのか?結局代わりのヘリ運用艦が必要になる。 そもそも改造というのは全く割に合わない行為で、現代の目的を特化して精緻に作られた艦に手を加えるくらいなら、そして本当に「空母」が必要なら新造した方がはるかに良い。 母艦タイプは大きさの割にはイージス艦より安価なのを認識していない方が多いようだが、逆に空母運用には護衛艦群はもとより、補給部隊(給油+武器・武具・備品)の整備、寄港時の航空隊の基地確保等多方面のインフラが必要な事も心得るべきである。 そもそもその航空隊が未整備で、これについても戦闘機だけでは役に立たない。 現代は電子戦闘指揮機は不可欠、偵察機・空中給油機等全てチームで機能する。 艦艇と同様、保守・訓練等予備機がやはり必要である。 重ねて記すが空母部隊も最低3個、現実運用では4部隊必要となる。 何よりも「空母」論議には戦略・戦術面からも根幹に及ぶ認識を共有する必要が有り、その上で費用対効果を含めて可否を論ずべきである。

次の

いずも (護衛艦)

いずも護衛艦

出典:海上自衛隊 いずも型護衛艦 F-35Bの運用に限定された日本の空母と、米海軍が保有するニミッツ級やジェラルド・R・フォード級空母との大きな違いは、固定翼機運用のための航空支援装備や、船首方向に対して斜めに配置された飛行甲板(アングルド・デッキ)の有無が挙げられる。 日本がF-35Bを運用するため「いずも型護衛艦」に施す改造は、主にF-35Bのジェットエンジンが排出する高温の排熱に飛行甲板が耐えられるよう耐熱強化を行ったり、着艦時に加わる衝撃に耐えられるよう構造を強化したり、F-35Bに補給するための燃料や搭載兵器を貯蔵する燃料タンクや兵器庫を設置することで、カタパルトやアレスティングワイヤなどの航空支援装備やアングルド・デッキなどを採用する予定はない。 米国の防衛企業で、米海軍の最新鋭「ジェラルド・R・フォード級空母」に採用された「電磁式カタパルト」や「新型着艦制動装」を開発したゼネラル・アトミックス社が作成した、海軍仕様のF-35Cが運用出来るよう航空支援装備を装備し、アングルド・デッキまで取り入れた「いずも型護衛艦」の改造案がネットに流出した。 ゼネラル・アトミックス社が作成した「いずも型護衛艦」の改造案では、アングルド・デッキを取り入れ、エレベーターは全てデッキサイド式に変更し、艦載機を射出するための「電磁式カタパルト」が2基設置(全て船首向き)されており、イラストでは描かれていないが「新型着艦制動装(アレスティングワイヤ)」も搭載されていると見られ、資料には海軍向けのF-35Cや早期警戒機のE-2Dなどを運用できると書かれている。 問題は、このような改造が本当に可能なのかという点だ。 出典:public domain 空母「ジェラルドR. フォード」 いずも型護衛艦の基準排水量は2万トン程度で全長は約250mしかなく、ジェラルド・R・フォード級空母は基準排水量約10万トンで全長は337mもある。 しかも、いずも型護衛艦はアングルド・デッキを取り入れた設計になっていないので、これを後から取り付けるとなると重心や重量バランスが崩れるので大掛かりな改造が必要となり、重量が大きく増え、そうなると速力が低下することになるので、機関の増強も必要になってくるのは目に見えており、ここまで手をいれるのなら、新しく建造し直したほうが早いだろう。 仮に、船体の改造が上記通り完了しても、搭載できる艦載機(恐らく20機程度)が少なすぎて、本格的な航空支援装備が宝の持ち腐れ(費用対効果が悪い)になる可能性が高く、このような改造案が防衛省に提案されても採用されることは無いだろう。 ただ「ロマン」だけは十二分に伝わってくるので、このような改造は個人的に嫌いではない。

次の